SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

FUKUOKA 1978 PYROTECHNICAL GENIUS(Bonus CDR)//JEFF BECK with STANLEY CLARKE

160112211106.jpg
'78年、AUD,音質79点、やや距離があり、レンジがやや狭くベースの音がキンキンで、高音を絞りたい感じ?まあ、78はタラの超高音質2枚。それ以外はなかなか厳しく、録音がというより、クラークのベースの音の出し方がダメだったのでは??なんて思わなくも無く。。「Freeway Jam」のチョッパー以外は、なかなか良く聞こえたり。。
会場の音の反射も体育館の音という感じですが、まあ、時代的にこんな音が普通という感じも。
この日は、HEAVY WINDS 1978と、そうとう昔のCDで聞くことができますが、あちらも東京公演との組み合わせのおまけ的感じで、こじんまりした・・・まあ、ややしょぼい音。。こちらは、クリアーではありますが、キンキン、カンカン。
ただ、ドラムもキンンキンなので、この時代の音ともね。。
しかし、雰囲気はこちらのほうがぜんぜん上で。
この年の激しい「Freeway Jam」最高です。「Cat Moves」もBECKは最高で、後半の盛り上がりはさすが!!ここでもベンベンの音、まあ、クラークも音の出しかた?も知らなかったでは?なんて感じもあり、時代がこういう演奏を、とも。。
耳が痛くなるほどの「Star Cycle」のベース音が印象悪くしますが、小さいラジカセなどならいがいと聴けたり。。
「School Days 」のキッチリした演奏、そして絶好調なベック。「Scatterbrain」も高音を入れてくる、クラークなので
不思議なアンサンブルですが、演奏は好調。「 Blue Wind」もキンキンではありますが、BECKの超攻撃的なフレーズは熱くなりますね。。なにか、フランジャー??的な音が凄くて(BECKの音?)ものすごいですが、地方公演も熱い演奏はつたわります。
この音質は、なかなか厳しいいですが、HEAVY WINDS 1978よりは、上に来る福岡。地方公演もまだまだ出てくる??

Live at Shinnittetsu Otani Taiikukan, Fukuoka, Japan 28th November 1978


Disc 1 (40:45)
1. Darkness/Earth In Search Of A Sun 2. Star Cycle 3. Freeway Jam 4. Cat Moves
5. Goodbye Pork Pie Hat 6. Bass Solo/School Days 7. Journey To Love

Disc 2 (43:32)
1. Lopsy Lu 2. Diamond Dust 3. Scatterbrain 4. Drums Solo 5. Scatterbrain (reprise)
5. Rock 'n' Roll Jelly 6. 'Cause We've Ended As Lovers 7. Blue Wind

Jeff Beck - Guitar Stanley Clarke - Bass Tony Hymas - Keyboards Simon Phillips - Drums
スポンサーサイト
  1. 2016/02/04(木) 16:11:46|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DEFINITIVE PALLADIUM(Bonus CDR)/JEFF BECK

DEFPALLA.jpg
'80年、AUD、音質85点。バランスも良く高音質で有名なNY公演。
ここでは、DOUBLE PALLADIUMという、3枚組みの後半と同じもの。音的には、DOUBLE PALLADIUMのほうがクリアーで、ヒスノイズが少ないですね。こちらは丸い音という感じ。
昔ならSBD?なんていわれたくらいの高音質の音源。この日は、BECKも好調で、「Star Cycle」の切れ込むギター、「The Pump」は迷いなのか?わざとなのか?独創的?な、フレーズが。。後半のひきまくりが最高。
「'Cause We've~」は何かフレーズが外れているような気も。。笑。「Space Boogie」のド派手な演奏、BECKの早弾きは頂点ですかね。ものすごいです。ドラム・ベースのパワー。。最高の演奏。「Freeway Jam」の効果音は、ステレオ感抜群で、左右を飛び交っているような。。ここでもドラム、ベースの最高安定感のなか、強烈にスペーシーなBECKのギター。
抜群の臨場感なので、「Diamond Dust」の美しさもね。最高になります。
「Scatterbrain」は、スタジオらしい演奏が聞ける80年が最高に好きですが、この日は最初からギターが唸り、
ベースがキッチリ聴こえるAUD、迫力があります。「Blue Wind」の1分半過ぎは強烈で、これ聴きたさに。。リピート。
「You Never Know」がこの位置も不思議な気もしましたが、この日は最高に盛り上げ、フィードバックが驚異的な時間続きエンディング。
とにかく音の洪水を。。歓声も曲中はあまり聴こえなく、適度な臨場感があります。
beatleg誌 vol.101(2008年12月号)にこのCDRがのっているので、DOUBLE PALLADIUMのほうが、後発で、音が良いのですかね。。
こちらは、やや音が丸いですが、演奏の凄さは十分伝わります。こちらは、無料CDRですけどね。。。
DOUBLE PALLADIUMの音も、若干劣化がありますが。。。マスター?があれば最高なんですがね。。


Live at Palladium, New York, NY. USA 12th October 1980 Late Show


Disc 1
1. Star Cycle 2. El Becko 3. Too Much To Lose 4. The Pump 5. 'Cause We've Ended As Lovers
6. Space Boogie 7. Freeway Jam 8. Led Boots

Disc 2
1. Diamond Dust 2. Scatterbrain 3. Blue Wind 4. Goodbye Pork Pie Hat/You Never Know
5. Going Down

Jeff Beck - Guitar Tony Hymas - Keyboards Mo Foster - Bass Simon Phillips - Drums
  1. 2016/01/27(水) 17:54:09|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GREEK TO ME(Bonus CDR)/JEFF BECK

GREEK-TO-ME-1980.jpg
'80年、AUD,音質85点。バランスは最高に良く、ベースも近く聴こえる音ですが、オーディエンスのイズもなかなか拾ってはいて、盛り上る観客や録音者?がしゃべりなどもリアルに。。イントロが始まると、「all right」と入るところは、何が始まるか期待している声まで収録。ややまるいイコライズされた当時のLPの音という感じの音ではあります。
LP BOOTからスクラッチノイズも除去・ピッチあわと。80年の名盤、2枚組のオリジナルLP「GREEK TO ME」のものですね。
当時80年の日本公演なども無く、当時としては最高の音源でした。
現在は別音源 L.A. NIGHTSの8日9日を収録したもので聴けます。
クラッシック カーから顔を出すジャケとともに懐かしい音。そして、この日は演奏も最高で、「Star Cycle」
や「The Pump」「Space Boogie」「Scatterbrain」など、強烈なギターが。。
「Cause We've Ended As Lovers」の盛り上がり、響くギターの音は記憶に残る音。
「The Golden Road」が演奏されているので、そこも重要な聴き所でしたーー。なつかしのLP音源。。
LP名盤ーー。。

Live at Greek Theatre, Los Angeles, CA. USA 9th September 1980

(78:15)
1. Star Cycle 2. El Becko 3. Too Much To Lose 4. The Pump 5. Cause We've Ended As Lovers
6. Space Boogie 7. The Golden Road 8. Diamond Dust 9. Scatterbrain 10. The Final Peace
11. Blue Wind 12. Goodbye Pork Pie Hat 13. You Never Know
  1. 2016/01/19(火) 17:15:08|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HIS EXCELLENCY: YOKOHAMA 1980 NEW MASTER/JEFF BECK

YOKOHAMA80.jpg


'80年、AUD,音質89点、横浜、前日と同じ公演の別ソースです。
音が近く、NOW &などよりも近い音ですが、何かボワーンと丸い音でもあります。
クリアーさがやや落ちるという感じ。この時代に録音された音としては超高音質ですが、散々音源が出たあとなので、まあ、面白いなーと。。低音がやや拾いすぎ?微妙に割れています。「俺があんまりしゃべるとだめ・・・」と録音者?が言ったのにかぶって、SEが入りイントロが。。
苦労が伺えます。録音何度もしましたが。。。なかなかの苦労が・・。。。
マイクを帽子につけたり、肩につけたり、警備員にビビリながら座席に置いたり・・手すりにつけられるとこがあって、思わず良く録れたり。。。しかし、華々しく??
BOOTの世界に残るような音を録るのは、それなりの覚悟と根性と努力で。。。(笑)
この音源も、ほぼコンプで曲の欠けはなく、昔出てたら名音源??ははは。。
4つ5つ??マスターがある80年。札幌の完全盤でてくれーーーー!!(祈)


(Bonus 2CDR)

Live at Yokohama Bunka Taiikukan, Yokohama, Japan 16th December 1980

Disc 1 (51:43)
1. Intro 2. Star Cycle 3. El Becko 4. Too Much To Lose 5. The Pump
6. Cause We've Ended As Lovers 7. Space Boogie 8. The Final Peace 9. Led Boots
10. Freeway Jam

Disc 2 (50:25)
1. Keyboard Solo 2. Diamond Dust 3. Scatterbrain 4. Drum Solo 5. Scatterbrain(Reprise)
6. Blue Wind 7. Goodbye Pork Pie Hat 8. You Never Know 9. Going Down
  1. 2013/06/09(日) 11:11:06|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE DEFINITIVE FINAL PEACE/JEFF BECK

DEFINI-F-PEACE.jpg


'80年、AUD,音質96点。「THERE & BACK」日本ツアーより、9公演目、12月16日の横浜公演の超高音質盤。
「Now & Then」そして驚愕の音質を8CDそろえたサイクロンにも高音質である公演なので。。ウーン。。。また。。とも思いましたが。実際に見たLIVEでもあり、見たときよりも良い音??だったり。。
サイクロンの音源よりも、音源が近くエコー感がなく、「Now & Then」のような高音が硬い音でもありません。
現在までの最高音質と思われる「The Final Peace」のマスターテープのようです。
Star Cycleの一分過ぎ前半の音の揺れ、Too Much To Lose の1:14の揺れはもちろんありますが、それを除けば100点の音。。Star CycleのSEからイントロへの音の生々しさもものすごく、El Beckoのピアノの音もリアル。
Too Much To Loseもキーボードの余韻まできれいです。サイモンのタムの音もやたらリアルで、サイモンの音だなーとああらためて。。この日のベックは痛いところ?でのミスが比較的少ないし、Space Boogie
なども、リズム隊とあわない日もありますが、なかなか好調の横浜。そして静かーな、The Final Peaceをこの音質で聴けるのはうれしいです。完璧な音。2分過ぎのフレーズが。。。へへへ。。何回も聴いちゃうねー。。
やたら速いテンポのFreeway Jamはのってる証拠か?
そして最近では唯一の?ピック弾きのScatterbrainも音が凄いだけの、アタックの感じまで。。
Blue Windあたりから盛り上がりすぎ?てくる公演ですが、そこも何とか音質は保たれている感じ。
You Never Knowのこの音で聴くと、うねるようなギターの音が。。。Going Down でもこんなトリッキーなソロがあったんだっけな。。
やっぱり音のよさで、興奮度は上がりますね。。祝杯をあげたくなるような音。。ビールのも。。笑。。


Live at Bunka Taiikukan, Yokohama, Japan 16th December 1980

Disc 1 (51:44)
1. Intro 2. Star Cycle 3. El Becko 4. Too Much To Lose 5. The Pump
6. Cause We've Ended As Lovers 7. Space Boogie 8. The Final Peace 9. Led Boots
10. Freeway Jam

Disc 2 (50:46)
1. Keyboard Solo 2. Diamond Dust 3. Scatterbrain 4. Drum Solo 5. Scatterbrain(Reprise)
6. Blue Wind 7. Goodbye Pork Pie Hat 8. You Never Know 9. Going Down

Jeff Beck - Guitar Tony Hymas - Keyboards Mo Foster - Bass Simon Phillips - Drums
  1. 2013/06/08(土) 14:08:37|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (26)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (38)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (128)
お出かけ (73)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (77)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (152)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR