SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

HEARTS OF FIRE SESSION 1986/BOB DYLAN & ERIC CLAPTON

HEARTS-OF-FIRE.jpg
'86年、SBD,音質96点。オフィシャル並みの超高音質で完成品のようです。
「この音源のマスターリールからダイレクトにデジタルコピーしたDATを入手しました。」との説明があり
ヒスノイズさえないような強烈な音で、曲頭などガガッと、突然始まったりはしますが、驚きの音質です。
「渡英していたディランが突如思い立って敢行した、彼主演の映画で
『「HEARTS OF FIRE』のサウンドトラック・レコーディング・セッションの全貌です、」とあり、
ディラン、クラプトン、そして、ベースになぜか?ロン・ウッド!爆。。そして、ドラムがヘンリー・スピネッティ。
もう、これは、ディランのBOOTシリーズでそのまま出せるような内容で、曲も仕上っており、
それと、クラプトンも、当然マジでソロなども決めており、ロンのベースも聞けるという、FANには
なかなかたまらない内容。
「The Usual」はディランのギターにフェィザー?がかかり、ECの音もすぐにわかり、アレンジを変えて。
「Some Kind Of Way」はロンも活躍のカッコイイ曲、ロンてこういうファンキーなR&R弾かせると抜群です。
「Had A Dream About You, Baby」はクリーンカットキッドみたいな曲。なかなかファンキー。
「Old Five And Dimer」はアコギでの弾き語り調。POPなロックアレンジ。ミディアムテンポにおとしての
ややブルージーなテイクと、最高のセッションの面白みが。13の「Had A Dream About You, Baby」は
POPなR&R。次のテイクは歌い方を変えて。「To Fall In Love With You」はミディアムバラード。名曲です。
ところで、その映画はどうなった???
これ、このままお蔵入り?とすると、ROCKのお蔵入りアルバムでも最強?笑。



Townhouse Studios, London, UK 27th-28th August 1986

(60:45)
1.The Usual #1 2.The Usual #2 3.The Usual #3 4. Some Kind Of Way (aka Song With No Name)
5. Had A Dream About You, Baby #1 6. Had A Dream About You, Baby #2
7. Had A Dream About You, Baby #3 8. Had A Dream About You, Baby #4
9. Had A Dream About You, Baby #5 10.Old Five And Dimer #1
11.Old Five And Dimer #2 12.Old Five And Dimer #3
13. Had A Dream About You, Baby #6 14. Had A Dream About You, Baby #7
15. To Fall In Love With You

Bob Dylan - Vocal, Guitar Eric Clapton - Guitar Ron Wood - Bass
Henry Spinetti - Drums
スポンサーサイト
  1. 2017/10/07(土) 00:24:40|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE ESSENTIAL 1984 TOUR REHEARSALS/BOB DYLAN Feat. MICK TAYLOR

BD1984RH.jpg
'84年、SBD、音質92点。リハでは珍しいほどの高音質か?ヒスもなくレコーディングのリハのよう。
まあ、リハ特有のラフな感じはありますが、このツアーの目玉、ミック・テイラーが自由に弾きまくる
様が聴けるのは最高です。曲数
も多く、まさにこのバンド向けのSETをリハをしながら構築しているような
音、演奏が聞くことができます。84リハ音源はこれまでもありましたが、リハにありがちなインストの
つまらないテイクなどもなく、リハのわりに?はきっちり演奏されてるテイクがあるのがいい感じ。
目玉もあり、「War Time, War Time, War Time 」などの、??これ新曲??みたいなものも含まれ。
「To Each His Own」いかにも適当な感じに聞こえるこんなテイク、これがやたら耳に残ったり。
そして、84はテイラーのギターがオフってる、残念なSBDがありますが、ここでは緊張感はやや薄いものの、
リアルなテイクが2つ、特に2個目は迫真のフレーズか??なんてね。「Shelter From The Storm」
などは、緊張感はないものの、ストレートな演奏がすごくよかったり。アナログのBOOTタイトルにもあっ
たかな。。「Man Of Peace」などはLIVEで最高の演奏ですが、リハでも最高のうねるスライド!!
「War Time, War Time, War Time」からウイリー・ネルソンの曲を歌った「To Each His Own」まで、
サンタナ??正直あまり面白くないギターですが(爆)そんな音も聞こえます。
リハの音源としては、最高の音で、内容も吟味されて、最高の仕上がり!!STONS fan??にも
テイラーのstones以降最良の音源でもあり、「All Along The Watchtower」「I And I」はぐっとね。。
最高のフレーズのキーボード、オルガンも最高で「Just Like A Woman」もベストテイク。
中期の重要音源ともいえる内容ですかね。

Beverly Theater, Los Angeles, CA. USA 23rd May 1984

Disc 1 (76:24)
1. Instrumental 2. Maggie's Farm 3. All Along The Watchtower take 1&2
4. Just Like A Woman take 1&2 5. When You Gonna Wake Up take 1&2
6. Shelter From The Storm take 1 7. Watered-Down Love 8. Masters Of War
9. Jokerman take 1 10. Simple Twist Of Fate take 1 11. Simple Twist Of Fate take 2
12. Man Of Peace take 1&2 13. I And I 14. It's All Over Now Baby Blue take 1
15. Ballad Of A Thin Man take 1 16. Heart Of Mine 17. Highway 61 Revisited take 1
18. I See You Around And Around 19. Leopard-Skin Pill-Box Hat
20. It's All Over Now Baby Blue take 2 21. Almost Done take 1 22. Always On My Mind take 1-3
23. Every Grain Of Sand 24. Girl From The North Country take 1

Disc 2 (65:07)
1. War Time, War Time, War Time 2. Almost Done take 2&3 3. Enough Is Enough 4. Dirty Lies
5. Why Do I Have To Choose 6. To Each His Own 7. Jokerman take 2
8. All Along The Watchtower take 3 9. Just Like A Woman take 3 10. Highway 61 Revisited take 2
11. I And I take 2 12. Girl From The North Country take 2 13. Shelter From The Storm take 2&3
14. License To Kill 15. Ballad Of A Thin Man take 2 16. When You Gonna Wake Up take 3&4
17. To Ramona
  1. 2017/08/19(土) 23:54:02|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jokerman Has Just Left The Stadium /Bob Dylan

JMANDYLAN.jpg
'84年、AUD,音質86点、音も近く歓声もそこそこ入りますが臨場感もあり、ディランのボーカルが
大きくクリアーで迫力あります。
「Jokerman」のギターソロ、ピッキングの強さまでわかり、テイラーのマイルドな歪んだ音が最高。
「Jokerman」のライブテイクでは一番好きなテイク。 終わりに、「ヘイ ミックテイラー」と歓声が。
「I And I」「License To Kill」もテイラーの聴かせどころ。最高です。「Blowin' In The Wind」は
バエズとのフォーキーなアレンジに、サンタナがエレキで登場でなんだか無理感がいい感じ。
そして、ボーナステイク?これもやや音質良好で、なかなかレア?「Enough Is Enough」の
ブルージーなテイクはカッコいい。。。「Knockin' On Heaven's Door」のレゲエアレンジでのアコギと
エレキのギターソロ。 「Blowin' In The Wind」はディランだけの歌で。エレキギターソロ。これは
テイラー?ご機嫌に観客と掛け合いをするディラン、ここまでご機嫌のディランも珍しい?
ディランもテイラーも満喫できる大好きな名盤。ボートラまで最高。


Olympia Stadion, Munich, West Germany June 3, 1984



Disc 1
Highway 61 Revisited
Jokerman
All Along The Watchtower
Just Like A Woman
Maggie's Farm
I And I
License To Kill
It Ain't Me Babe (acoustic )
It's Alright Ma (I'm Only Bleeding) (acoustic)
Don't Think Twice (acoustic)
It's All Over Now Baby Blue
Masters Of War
Ballad Of A Thin Man
When You Gonna Wake Up

Disc 2
Every Grain Of Sand
Like A Rolling Stone
encore:
Girl Of The North Country (acoustic)
Hattie Carroll (acoustic)
(Enter Joan Baez and Carlos Santana)
Blowin' In The Wind (acoustic / Carlos - electric)
I Shall Be Released
Tombstone Blues
Why Do I Have To Choose? (Willie Nelson)
Forever Young

Bonus: Minestadio, Barcelona, Spain June 28, 1984
Enough Is Enough
Lay Lady Lay
Knockin' On Heaven's Door
Senor
Blowin' In The Wind




  1. 2017/08/12(土) 23:51:09|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

at tramps tonight/BOB DYLAN


'99年、AUD,音質90点。バランスが良く高音質。かなり高音質ですがCDR何がちょっと。。
この年は、SETがころころ変わり、魅力的ですが、BOBのギターがやたら強引で、弾きすぎる
ギターが間奏をぶち壊すのが・・・笑。「Most Likely You Go Your Way」の勢いが最高です。ATTRAMPS99.jpg

「Not Dark yet」は結構演奏回数が多いですかね。。「Alabama Getaway」なんかも取り上げています。
この日は、Elvis Costelloがゲストで、「I Shall Be Released」を。
バンドの演奏が結構良いんだけど、弾き語りも多く、ボブのエレキのソロは・・・。。




July 27, 1999 New York, New York



Disc 1

Oh Babe, It Ain't No Lie (acoustic)
The Times (acoustic with harp)
Boots Of Spanish Leather (acoustic)
John Brown (acoustic)
Visions Of Johanna (acoustic)
Seeing The Real You At Last
Ballad Of A Thin Man
Most Likely You Go Your Way
Every Grain Of Sand
Tombstone Blues
Not Dark yet


Disc 2
Highway 61 Revisited
Love Sick
Like A Rolling Stone
It Ain't Me Babe (acoustic with harp)
Not Fade Away
Blowin' In The Wind (acoustic)
Alabama Getaway (Hunter/Garcia)
I Shall Be Released (w/Elvis Costello)

Love Minus Zero
Highlands
  1. 2017/03/26(日) 23:51:39|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONDON TRAIN COMING 1981/BOB DYLAN

170217222225.jpg
'81年、AUD,音質89点クリアーな透明感がある音。程よい距離で臨場感も最高です。
ややヒスが流れるところから、クリアーなゴスペル調コーラス。高音質の予感。。。ややベースが弱いですが、
高音質で臨場感抜群です。
3曲目までは、コーラス隊がゴスペル調のコーラスで、で、4曲目はリードボーカルが
男、そして、コーラスがつき「ハレルヤーー」などとうたっているので、本編だか何だかわからないはじまり方ですが。。
キリスト3部作の時期のLIVEですが、初期は有名曲を一切演奏としないう感じで、賛否が強かったツアーですが、
79.80と続き、このころは、声に負けたか?いろいろ織り交ぜて。。な81ですが、この日は特にすごいレア曲が!!
5曲目・・・なかなか待たされますが、歓声とともに。「Gotta Serve Somebody」
そして、きれいなオルガにのせて「I Believe In You」、そして、エレキの爽やかなイントロで、なんと「Here Comes The Sun」
ビートルズもレア。。ワンコーラスほどで「Girl From The North Country」へ、この美しさは感動的!
この時期よく演奏された、「Let's Begin」これも最高の出来で、響き渡るディランのボーカルは高音質
AUDの良さが!!
そして、大好きなデイブ・メイソンの曲と紹介し始まるのが、「We Just Disagree」好きだったのかよっ。。。
という感じですが、笑。まじな演奏です。ロンドン・コーリングのカバーくらい驚き!!
「Lenny Bruce」や「Heart Of Mine」のオルガンが響く音質が最高に良い感じ。ジム・ケルトナーのドラムもイイ感じ!
広がりのあるきれいな音と、クリアーで安定感のあるステレオで81の名盤になりますね。。

Earls Court, London, July 1st 1981

CD1
01. Come On In This House 02. It's Gonna Rain Again 03. Show Me The Way
04. Saved By The Grace Of Your Love 05. Gotta Serve Somebody 06. I Believe In You
07. Like A Rolling Stone 08. Till I Get It Right 09. Man Gave Names To All The Animals
10. Maggie's Farm 11. Here Comes The Sun 12. Girl From The North Country 13. Dead Man, Dead Man
14. Simple Twist Of Fate 15. Ballad Of A Thin Man 16. Slow Train 17. Walk Around Heaven All Day
18. Let's Begin

CD2
01. Shot Of Love 02. Lenny Bruce 03. Mr. Tambourine Man 04. Solid Rock 05. Just Like A Woman
06. We Just Disagree 07. Masters Of War 08. Forever Young 09. Heart Of Mine 10. Watered-Down Love
11. When You Gonna Wake Up 12. In The Garden 13. Band Introductions 14. Blowin' In The Wind
15. It's Alright, Ma (I'm only Bleeding) 16. Knockin' On Heaven's Door
  1. 2017/03/18(土) 09:50:50|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (35)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (18)
ROLLING STONES SOLO (27)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (39)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (129)
お出かけ (74)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (25)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR