SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

THIALF STADIUM 1998/ERIC CLAPTON


THIALF-98.jpg

'92年、AUD、音質92点。音が近くサウンドボードのような音でバランスも最高。アコギセットで遠くに感じる拍手も臨場感が最高です。
98といえば、フィルコリンズのときと、また別の音の壁で、双璧のような音を出した年ですが、「DOUBLE IMAGE」というSBD音源が有名ですが、こちらもAUDの有名音源、しかし、今回はマスターからということで、これが最高ですかね。。 「My Father's Eyes」後半でしばらく、ザラザラとテープの傷み?なにか割れた感じになりますが、少しなので大きな問題話し。
「Driftin' Blues」「Tears in Heaven」などでは、弦をはじく音までリアル。「Tears in Heaven」は後半アレンジが初期のころからとは変わりますよね。。
「My Father's Eyes」「Pilgrim」はトリプルギターが重厚で凄い音。アンディーともう一人、アラン・ダービーという、エイジアなどにもいたギタリスト。こんなに重厚なキッチリした音を求めたのも意外でした。。
「Old Love」激しい。。後半のフィュージョン??チックなJAM、これも驚きでしたが、このへんなどほんとSBDみたいです。
こんなに弾くなら、エレキレイラを・・・笑。。なんて思わなくもありませんが。。
「Tearing Us Apart」も意外にも?演奏が多かったですねー。ヘンなの。。爆。
「Before You Accuse Me」はジミー・ボーン参加。前座だったんですねー。この年。
AUDの生々しさを堪能できる98を代表する超高音質音源。

Thialf Stadium, Heerenveen, Netherlands 23rd November 1998

Disc 1 (62:16)
1. Intro. 2. My Father's Eyes 3. Pilgrim 4. One Chance 5. River of Tears 6. Going Down Slow
7. She's Gone 8. Driftin' Blues 9. Tears in Heaven 10. Layla 11. Change The World

Disc 2 (53:45)
1. Old Love 2. Crossroads 3. Have You Ever Loved A Woman 4. Tearing Us Apart
5. Wonderful Tonight 6. Cocaine 7. Before You Accuse Me (with Jimmie Vaughan)

Eric Clapton - guitar / vocals Andy Fairweather Low - guitar / vocals
Nathan East - bass / vocals Alan Darby - guitar / vocals Tim Carmon - keyboards / vocals
Kenneth Crouch - keyboards Steve Gadd - drums Katie Kissoon - backing vocals
Chyna - backing vocals Charlean Hines - backing vocals
スポンサーサイト
  1. 2016/05/04(水) 10:52:08|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE FILLMORE 1994 WXRT FM CHICAGO BROADCAST MASTER/ERIC CLAPTON

141202200940.jpg

’95年、SBD,音質90点。ラジオ音源なので音質、バランスともに最高。お店のギフトタイトルですが、普通ならやや邪魔な、インタビューがはさまりますが、LIVEの性質上?このインタビューは貴重ですね。
残念ながら、ボツになっている、マーティン・スコセッシが監督を務めたクラプトンの映画「NOTHING BUT THE BLUES」に使われた演奏で、もちろん最高の演奏が選ばれており、そのDVDのNOTHING BUT THE BLUES -IN THE SPOTLIGHTのところで、紹介しているサントラ盤みたいな感じですね。”Reconsider Baby”、”Five Long Years”などなど、名演が!!
弾きまくりのクラプトンと、貴重なインタビュー。この年の音源、そして、映画、オフィシャルで出るべきものでは??お店のギフトタイトルですが、イイネ!!


Aired on 27th May 1995 Taken from WXRT FM Broadcast DAT Master

Live at the Fillmore, San Francisco, CA. USA 8th & 9th November 1994

Disc 1(46:01)
1. Intro 2. Blues Leave Me Alone 3. Eric Clapton Interview 4. Standing Around Crying 5. .44
6. It Hurts Me Too 7. Five Long Years 8. Eric Clapton Interview 9. Crossroads
10. Malted Milk 11. Motherless Child 12. How Long 13. Reconsider Baby 14. Sinner's Prayer

Disc 2(51:33)
1. Eric Clapton & BB King Interviews 2. Everyday I Have The Blues 3. Someday After A While
4. Crosscut Saw 5. Have You Ever Loved a Woman 6. Tore Down 7. Groaning The Blues
8. Eric Clapton Interview 9. Ain't Nobody's Business 10. Eric Clapton Interview
11. Early in the Morning 12. Driftin' 13. Eric Clapton Interview 14. Outro


Eric Clapton - guitar vocals Chris Stainton - keyboards Andy Fairweather-Low - guitar
Dave Bronze - bass Andy Newmark - drums Jerry Portnoy - harmonica

The Kickhorns
Roddy Lorimer - trumpet Tim Sanders - saxophone Simon Clarke - saxophone
  1. 2014/12/12(金) 17:31:45|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TERMINAL PORT /ERIC CLAPTON

clapton_terminal_port.jpg



'90年、AUD,音質89点、ややシャンシャンしていますが、ギターは最高の音。ベースがやや弱いですかね。
しかし、会場の盛り上がりも拾いつつ、臨場感たっぷりです。テープの傷みか?若干ですが左右に音が揺れる感じがあるところはありますが、それ程気になる感じではないですかね。
1990年「ジャーニーマン・ジャパン・ツアー」の最終日、12月11日の横浜アリーナ公演の音源で、会場はなかなかの盛り上がりですが音はわりと近く、”No Alibis”などからは歓声があまり聞こえなくなります。
ここでのソロも微妙に音の選びを感じるフレージングですが、90年、最高の演奏。
”White Room ”は、Phil Palmerがなかな良いですねーーー!
”Cocaine”ではファースト・ソロをフィル・パーマー、セカンド・ソロをグレッグ・フィリンゲインズ。。
???なにか事故?体調不良?なにがあったのかわかりませんが、見せ場の曲でこれは??
しかし、全体的に何かそんなことを感じる演奏でもなく、90のECの最高のステージを高音質で味わえます。。
音も広がりがあり、最高の90年、横浜!!


Live at Yokohama Arena, Yokohama, Japan 13th December 1990


Disc 1 (49:37)
1. Opening 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith 5. I Shot The Sheriff
6. White Room 7. Can't Find My Way Home 8. Bad Love

Disc 2 (75:48)
1. Before You Accuse Me 2. Old Love 3. Badge 4. Wonderful Tonight 5. Band Introduction
6. Cocaine 7. Auld Lang Syne / A Remark You Made 8. Layla 9. Crossroads
10. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton - Guitar, Vocals Phil Palmer - Guitar Nathan East - Bass Steve Ferrone - Drums
Greg Phillinganes - Keyboards Ray Cooper - Percussion Katie Kissoon - Backing Vocals
Tessa Niles - Backing Vocals
  1. 2014/08/22(金) 23:38:38|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

YOKOHAMA 1993 2ND NIGHT/ERIC CLAPTON

yokohama-1993.jpg

'93年、AUD、音質88点。バランスよく、マイルドな音で、程よい臨場感もあり、アコーギパートも良く、ナチュラルな音。
この音源。「YOKOHAMA 1993」と「FINAL BUDOKAN 1993」を2作のボーナスCDRになります。こちらは、同じテーパーさんがカセットレコーダーでも同時録音していたとのことで、このへんの数年間が、入れ替え時期でしたねー。
横浜30日はなかなかリリースされず、なぜこの日だけないのか?という感じでしたが、良好な録音です。内容はプレスのほうに書いてますが、”Groaning The Blues”良いですねー。
”Tell Me Mama”など、エレクトリックパートで、ごくわずかですがマイクの音圧負けか?レベルか?微妙に歪んだりしますが気にならないほどの、高音質。”Stone Free”聴こえるのは拍手?ですかね。拍手はしない派?なので。。しかし、この曲で拍手は・・・難しいですよね・・。。
”Stone Free”のソロは凄まじい迫力。ステレオ感がありますが、左右にやや触れるところもあり、やはりプレスのDAT音源のほうが上ですかね。しかし、これも高音質。
DAT,カセットもありますが、たぶん、マイクも違い音の違いも面白いですね。中域の迫力があるので、”Blues Leave Me Alone””Tell Me Mama””Stone Free””Groaning The Blues”の迫力の音。演奏の印象も変るのも面白いとところ。贅沢な聴き比べが出来ますね。。

Live at Yokohama Arena, Yokohama, Japan 30th October 1993

Disc 1 (53:33)
1. Opening 2. Malted Milk 3. Terraplane Blues 4. How Long Blues 5. 32-20 6. Kidman Blues
7. County Jail Blues 8. .44 9. Blues Leave Me Alone 10. Tell Me Mama 11. White Room
12. Badge 13. Wonderful Tonight

Disc 2 (57:42)
1. Stone Free 2. Circus Left Town 3. Tears In Heaven 4. Crossroads 5. Tearing Us Apart
6. Groaning The Blues 7. Cocaine 8. Ain't Nobody's Business 9. Layla

Eric Clapton - Guitar, Vocals Andy Fairweather Low - Guitar Nathan East - Bass, Vocals
Chris Stainton - Piano, Keyboards Richie Hayward - Drums Jerry Portnoy - Harmonica
Roddy Lorimer - Trumpet, Horns Tim Sanders - Tenor Saxophone, Horns
Simon Clarke - Baritone Saxophone, Horns Katie Kissoon - Backing Vocals
Maggie Ryder - Backing Vocals
  1. 2014/07/29(火) 12:17:40|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FINAL BUDOKAN 1993/ERIC CLAPTON

140513203847.jpg

'93年、AUD,音質91点、バランスが良くベースがやや弱い感じはありますが、武道館。音の回りもなく、適度に広がり
臨場感もあり、超高音質です。数日前の横浜ほどダイレクト感はないような気もしますが、これも素晴らしい
音質です。大音量だと、少しシャンシャン高域が強いですが、高域までクリアーとも言え、武道館のような
大会場では最高でしょうねー。。
東京で始まり、名古屋、大阪、横浜、そして最終日。後半は、けっこうな過密スケジュールのツアーですが、
気合は最高という感じです。アコギのブルースで穏やかに始まるツアーですが、”.44”から徐々に。
そして、ギターが唸る、”White Room””Stone Free””Groaning The Blues””Layla”と
なかなの弾きまくりをはさみ、最高の演奏。やはり、ブルース、魂がのっていないとね。。(笑)
気合が音に出ます。”White Room”のイトロはハイライト。 ”Circus Left Town”のイントロでは
観客から「日本一」お調子者?観客が笑いがおきるシーンなども。。”Stone Free”の出来は最高です。
90-92にのツアーは、ゴリゴリに押した感があり、このツアーはおとなしくなった?感じもありますが、
この日は気合の演奏、代表的な演奏だと思われます!
高音がややきつい感もありますが、アコギの多いSET、クリアーで気持ちの良い音、これは最高ですね。


Live at Budokan, Tokyo, Japan 31st October 1993

Disc 1 (55:29)
1. Opening 2. Malted Milk 3. Terraplane Blues 4. How Long Blues 5. 32-20 6. Kidman Blues
7. County Jail Blues 8. .44 9. Blues Leave Me Alone 10. Tell Me Mama 11. White Room
12. Badge 13. Wonderful Tonight

Disc 2 (58:11)
1. Stone Free 2. Circus Left Town 3. Tears In Heaven 4. Crossroads 5. Tearing Us Apart
6. Groaning The Blues 7. Cocaine 8. Ain't Nobody's Business 9. Layla

Eric Clapton - Guitar, Vocals Andy Fairweather Low - Guitar Nathan East - Bass, Vocals
Chris Stainton - Piano, Keyboards Richie Hayward - Drums Jerry Portnoy - Harmonica
Roddy Lorimer - Trumpet, Horns Tim Sanders - Tenor Saxophone, Horns
Simon Clarke - Baritone Saxophone, Horns Katie Kissoon - Backing Vocals
Maggie Ryder - Backing Vocals
  1. 2014/06/14(土) 10:43:24|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (35)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (18)
ROLLING STONES SOLO (27)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (39)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (129)
お出かけ (74)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (25)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR