SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

LIVE IN OAKLAND 1969/THE ROLLING STONES

180408222324HH.jpg
69年、Matrix、音質90点。ストーンズ初のブートレグ「LIVE'R THAN YOU'LL EVER BE」のマトリックス
バージョンが、制作され、その補正盤がリリース。
オリジナル「LIVE'R ~」と2010年に80年代半ばに現れたサウンドボード録音。これはビル・グレアムが
記録用に録音したもので、1972年に再度のストーンズのアメリカ・ツアーのプロモーションのためラジオ
で放送されたもの。この2つは合わせても、コンプではなく、ドロップなども。
そして、2010年に現れた、3つめの音源、これはなかなかの音で、「Under My Thumb」の前半なども含むため、
AUDとSBDの両音源が人気の中、それを補填するだけの優秀なものでした。
そして、今回、AUD音源をステレオに、そして、音圧の弱そうな、アコギパートなどをSBDからマトリで仕上げる
という、面白い取り組みが。
オークランドのSBD LPは、なかなか衝撃的でしたが、やはりその当時の素直な印象は、ザラザラな粗い音の迫力と
Prodigal Sonなどアコースティックパートの迫力でした。
今回、SBDが強くで出過ぎていたらいやだなと思いましたが、さすがのセンスで、AUDの良さを主体としている感じ
なので 「I'm Free」などの、幻想的な音の感じはそのままという感じ、しかし、わざわざ確認したくなる?笑、
ヘッドホンなどでは、ステレオ・・・左右違う音に、そもそも違う音源なので、歓声も全く違う感じではいるますが、
なぜかさほど違和感がありません。まあ、この音はスピーカで楽しむべきものという感じですが。面白い!!
ピンクフロイドなど、優秀なものがありますが・・・そもそも音源が複数なければできないこんな企画が69で
できるのも面白いですね。「Under My Thumb」はモノでつないでいたり、「Live with Me 」にボードを入れたりと、
オフィシャルがある音ですが、裏の世界観はまた別。制作者の緻密な作業を音源で聴くのも面白ですね。
ここまで緻密な作業ですが、ピッチはそうとう狂っていたので、そこはNET UPから補正されているとのこと。
STONESの古典音源、ほかにできるのあるかな?


Live at Oakland Coliseum, Oakland, CA. USA 9th November 1969 (2nd Show)


(75:54)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. Carol 4. Sympathy for the Devil 5. Stray Cat Blues
6. Prodigal Son * 7. You Gotta Move * 8. Love in Vain 9. I'm Free 10. Under My Thumb
11. Midnight Rambler 12. Live with Me * 13. Gimme Shelter 14. Little Queenie
15. Satisfaction 16. Honky Tonk Women 17. Street Fighting Man

Stereo Matrix of 2 mono audience recordings
(* with parts from soundboard tape)
スポンサーサイト
  1. 2018/04/22(日) 13:30:22|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GET YER YA-YA'S OUT! COMPLETE EDITION/THE ROLLING STONES

171107220551HH.jpg
’69年、SBD、音質100点。
GET YER YA-YA’S OUTと、GET YER YA-YAのDeluxeのボートラを合わせ、完全版としたもの、曲順も実際のライブ
のセットリストで。そして、「GET YER~」はラフ・ミックスを収録したアセテート盤から、2カ所を追加して、
最長のコンプとして。
ボーカルの多くに、吹き替えがあったりなど、今では当たり前?でも、「LIVE’R THAN~」と比較するにも
とうぜんこの方がよいわけで。。
「Sympathy for the Devil」の後半。約50秒強の補填、「Midnight Rambler」の演奏が始まる直前の部分。
ミックが曲名を告げて沸かせる直前の部分ですが、30秒超に及びアセテート盤の方が長く収録され、チャーリー
のドラム・ロールとミックの掛け声の間に0:15秒という微妙なカット(本盤のタイム0:42の部分)が有る事が判明
しました。アセテート盤ではカット無く収録されている事から、その部分をとあり、この辺がコンプの内容。
最高にカッコイイLIVEを、この形で出さなかったデラックスもなんだか・・。。BOOTを聞くものの感想か?笑。

Madison Square Garden, New York City, NY. USA 27th & 28th November 1969
Civic Center, Baltimore, MD. USA 26th November 1969


(67:23)
1. Intro
2. Jumpin' Jack Flash
3. Carol
4. Sympathy for the Devil 2:41 - 3:35 アセテート盤より補填
5. Stray Cat Blues
6. Love In Vain
7. Prodigal Son 
8. You Gotta Move
9. Under My Thumb
10. I'm Free
11. Midnight Rambler 0:00 - 0:44 アセテート盤より補填 ☆0:43のロールの最後はオフィシャルより0:15秒程長く収録されている
12. Live With Me
13. Little Queenie
14. Satisfaction
15. Honky Tonk Women
16. Street Fighting Man
  1. 2017/12/30(土) 23:56:24|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OAKLAND 1969 2ND SHOW RECORDER 2(CDR)/THE ROLLING STONES

170214230556.jpg
'69年、AUD,音質92点。ナチュラルでバランス最高の音。
この公演は高音質レコード音源、そして73分のディフソース、そしてサウンドボードと3種の音源が存在しています。
ということで、こちらはネット音源、約73分のセカンドソースをマスターリールから収録、とのこと。
Live with Me がテープチェンジにより前半が未収録ですが・・。。カットインの「Under My Thumb」 がフルで
聴けるという音源。そして、テープのヒスノイズとボコボコしたテープの傷みのよれ気味の音?なども少なく
リアルな音はすごいものが。。
このLIVEは「I'm Free」「Under My Thumb」がメドレーではないやつですね。。「Under My Thumb」の
キースのギターも最高。
「Sympathy for the Devil」はキースのソロの後のテーラーのソロ前、キースが誘うように、ギターを
ミュートしながら、なかなか入らないテイラー。オフィシャルのクロスしながら入れ替わるソロとはだいぶ違いますが、
リアルな緊張感も。。
クリアで鮮度最高の音、キースの音のリアルさは、SBDよりもリアルに感じるところも・・。。
テープの傷みの少なさや、音の上下、ヒスノイズの少なさもすごい音。。


Live at Oakland Coliseum, Oakland, CA. USA 9th November 1969 (Late Show)

(72:56)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. Carol 4. Sympathy for the Devil 5. Stray Cat Blues
6. Prodigal Son 7. You Gotta Move 8. Love in Vain 9. I'm Free 10. Under My Thumb
11. Midnight Rambler 12. Live with Me 13. Gimme Shelter 14. Little Queenie
15. Satisfaction 16. Honky Tonk Woman 17. Street Fighting Man
  1. 2017/03/10(金) 23:00:07|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STUTTGART 1970/THE ROLLING STONES

RS70.jpg
'70年、AUD,音質80点、中音域がきっちりでクリアーなところが聴きやすく、年代的には優良に
アップした音源が登場。70年は、テイラーが爆発寸前?な、アンサンブルを作り出す瞬間と、スパーな
フレージングを作り出す過程を見守るような、弱い輝き??そんな時期で・・・代表的な音源、エッセン
が最高峰で、それでも69のような奇跡の音源もなく、71のマーキーのような、アイテムもなく、
完璧な音がないの、BOOTが埋めてもらわないといけない年。その中で、「なかなか」の音源としての20日。。
この日がなんと1st Genのテープが。。DAC「GERMANY 1970」より、クリアーな中高音、クリアーな感じ
のビンテージ、高音に若干の歪がありビンテージな雰囲気はもちろん変わりません。。
ボーカル、ギターも良好なため、キースのキッチリ(こんな表現ができるのも70??)としたバッキング、
シンパシーの長いソロ、そして、テイラーのソロも良好に。。「Sympathy~」のキースはやる気を。。
「Stray Cat」は抑え気味。「Love In Vain」は着実に。。「Rambler」でも、ベースの音も良好で
バランスは最高。。
「Dead Flowers」のテイラーの
探り?感のあるフレーズも聴きどころ。。そして、ミックの好調なボーカル、光ります。。
この音源の発掘で、代表音源になるのは確実!!!

Killesberg, Stuttgart, Germany 20th September 1970


(62:26)
1. Intro. 2. Jumping Jack Flash 3. Roll Over Beethoven 4. Sympathy For The Devil
5. Stray Cat Blues 6. Love In Vain 7. Dead Flowers 8. Midnight Rambler 9. Live With Me
10. Let It Rock 11. Little Queenie 12. Brown Sugar 13. Honky Tonk Women
14. Street Fighting Man
  1. 2016/09/10(土) 02:22:07|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・ローリング・ストーンズ / スティッキー・フィンガーズ スペイン・ジャケット

SFINGERS.jpg
スペインジャケ。まあ、なぜ2枚組み?というか、オリジナル通りがよかったですが。。

まあ、ジャケが綺麗。。それだけでいい??
  1. 2015/06/24(水) 22:55:59|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (22)
ERIC CLAPTON 75~79 (43)
ERIC CLAPTON 80~89 (61)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (10)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (31)
ROLLING STONES72-73 (64)
ROLLING STONES75-79 (40)
ROLLING STONES 80-88 (36)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (42)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (29)
ROLLING STONES SOLO (30)
ROLLING STONES OUTTAKE (30)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (33)
BOB DYLAN 80-99 (41)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (24)
JEFF BECK 75~77 (33)
JEFF BECK 78~80 (25)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (43)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (46)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (18)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (17)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (44)
D~F (32)
G~J (29)
K~N (10)
O~R (38)
S~T (28)
U~Z (16)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (32)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (12)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (36)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (25)
オフィシャルR (18)
オフィシャルS (14)
オフィシャルT (24)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (21)
邦楽さ~た行 (10)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (16)
食べ物 (148)
お出かけ (82)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (23)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (20)
ROCK MAGAZINE (11)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (81)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (82)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (181)
ROCKの・・・・・・ (11)
面白い!! (3)
BLUES A-C (12)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (2)
BLUES M-P (3)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (11)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (25)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (36)
水槽 (10)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (3)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (3)
JAZZ (6)
Great performance! (6)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)
Pat Metheny (6)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR