SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

TOO MUCH BLOOD /THE ROLLING STONES

170727232721JJH.jpg

'82-'83年、SBD、音質92点。ステレオでノイズも少なくアウトテイクとしては超高音質テイク集。
UNDERCOVERのアウトテイクは今までもありましたが、音が抜群に良く、「Heartbeat」など、はなうた?段階でも
音が良いのhq眼づらしいところ。FOXES IN THE BOXESというシリーズもありましたが、同等の音という感じです。
「THE VIRCHOV TAPE」に収録の短い30秒ほどのテイクも出てきてしまいました。。
ということで、内容もオフィシャル曲の前段階などだけではないのが凄いところ。
「I Can't Find Love」はBOOTではおなじみの曲ですがここでは2テイク。
「Heartbeat」は・・・時代的にナックで思い出して、キースがカバー?ふわんとした酔っ払いの
鼻歌のようなボーカルのキースの歌。「Eliza」キースの刻みとやや小さいボリュームのミックの声がリハっぽい。
「The Golden Mile」はゴーイングマッドみたいな曲。。
「Mick「's Idea (In Your Hand)」はフェイザーが効きすぎたキース??のギターが変な効果を。。
キースは何かついついフェイザーをかけすぎる傾向はSOME Gの頃から同じ??変。笑。。
「She Was Hot」はベースラインが目立って、ほんとビルは面白いベースラインで、ドライブが効いてるなーと。
「Tie You Up」はファンキーで、やややりすぎな効果音が多い感じがしますが、なんか良い感じで、別バージョン
として、PART 2にしたいくらい。。「Undercover Of The Night」は粗削りで、LIVEでやったら、こんな演奏が聴けたか?
という感じな、ラフでワイルドな演奏。「Too Much Blood」はホーンもバリバリで、もう完成形でド迫力。
曲により音の感じ持ちがったりしますが、音が良いと、ライフな演奏も、逆に迫力があり、こんなアウト
テイクも高音質の時代に?なんて思ってしまいますが。。「Heartbeat」が耳に残ってしょうがない・・・笑。
しばらくびっくりな音源が少なかったDACの強烈な音源。。専門レーベルが出せる音!


1. I Can't Find Love 1
2. Heartbeat
3. I Can't Find Love 2
4. Eliza 1
5. All The Way Down (runthrough)
6. The Golden Mile
7. Feel On Baby
8. Mick's Idea (In Your Hand)
9. She Was Hot (full version)
10. Tie You Up (The Pain Of Love)
11. Undercover Of The Night
12. Too Much Blood
スポンサーサイト
  1. 2017/10/09(月) 23:37:29|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE VIRCHOV TAPE/THE ROLLING STONES

VIRCHOV-TAPE.jpg

'82年、SBD、音質89点。「UNDERCOVER」のアウトテイクというか、出来立ての曲のミック、キース、
チャーリーの3名のみでの演奏で、この手のものにある強烈なヒスノイズやだらだら続く退屈な音がない
超高音質テイク。今までのスタジオ・セッションから新しい未発表テイクを集めたもののようで、とても出来の良い
もの。「Wanna Hold You」はキースのボーカルとミックのツインボーカルみたいな感じが聴ける楽しいテイク。キースのガイドボーカルに
ミックが重ねてるようにも聞こえますが。「She Was Hot」も2人のツインボーカルみたいなところもあり、良いテイク。
「Can't Find Love」はエレピとギターのレゲエ感ある曲ですよね。これはピアノの感じからミックの曲??
「FOXES IN THE BOXES」とは違う「Can't Find Love」「What I Am Saying Is True」がきっちり収録。
「What I Am Saying Is True」もボーカルがきっちりで、仕上げの段階まで来ているようにも 。
トラック8~15はアンダーカバーのセッションの未発表曲のサンプル音源??などと書かれていますが、それぞれ30秒
程度ずつ。これも、短いながら面白い!という感じです。すぐに進展が!!
「Undercover Of The Night」プロものためにラジオで流したものですかね。MCが入ります。「She Was Hot」は (full Version)
となっていて、7分以上もあり・・。。音も内容もきっちりしたものなのでこれもよいテイク。「 Keep It Cool」 (no Remaster 21 Min Version)
派表記通り、21分を超える重めのレゲエバージョン。フィールオンベイベーみたいなこの曲。こんなのもこの時期けっこう作っていたんですかね。
21分て・・・。。。笑。。
ジャケも出来もよい最高のアウトテイク。キースのポーズが凄いDACの優良音源!

Unidentified 8-track Basement Demo Studio, Paris, France, Mid October - November 7, 1982
1 Wanna Hold You
2 She Was Hot
3 Can't Find Love
4 Can't Find Love
5 What I Am Saying Is True
6 What I Am Saying Is True
7 What I Am Saying Is True
Pathe-marconi Studios, Boulogne Billancourt, France, October - November 1982 / January - February 1983
Compass Point Studios, Nassau, Bahamas / The Hit Factory, NYC, April - May 1983
8 The Golden Mile
9 Christine
10 Dance Mr .K
11 Forty
12 Heartbeat
13 Identification
14 In Your Mind
15 All About You (train Song)*
16 Undercover Of The Night (WYSP Radio Version)
17 She Was Hot (full Version)
18 Keep It Cool (no Remaster 21 Min Version)
RSP171006.jpg
  1. 2017/10/08(日) 01:24:40|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEY CLAUDINE DANCE BACK IN JAIL AGAIN/THE ROLLING STONES

HEY-CLAUDINE.jpg

'78-'79、SBD 音質86点、やや高音が丸くアナログ的なマイルドな音か。。「1982年ドイツでリリースされたアナログ盤ブートレッグ「Hey Claudine: Dance Back In Jail Again」を、オリジナル原盤より復刻。」というもの、FOXES IN THE BOXES VOL.3のオマケCDRですが、当時こんな高音質のLPがあったとは・・・
とはいえ、完成テイクに近い物が多くどこが違うの?みたい音が多いですが、”I Think I'm Going Mad”はコーラスが多いような・・。。”Dance”は印すとですが、ボーカルが乗ったテイクがほしいですね。
2つのテイクがあるんだから、ボーカルの違うテイクがもっとあっても。。。”Emotional Rescue”はミックスがぜんぜん違うのか?ロンのベースが目立ちます。しかし、「FOXES IN~」のような、ボーカルのかぶさりはなく、結構普通?7分弱のテイク、後半はやや間抜けなギターが。。
聴きやすいまともな?テイクだけを選んだLP?でも、当時は ”We Had It All”と”Let's Go Steady”というキースの名演だけで涙だった音。

Taken from original German LP (TAP 003)

(46:50)
1. Calidine (acoustic version) Pathe Marconi Studios, Paris, France Mid January - 2nd March 1978
2. We Had It All Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
3. Let's Go Steady Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
4. Indian Girl Pathe Marconi Studios, Paris, France 11th September - 19th October 1979
5. I Think I'm Going Mad Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
6. Let Me Go Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
7. Dance (instrumental promo version)
8. Emotional Rescue (long version) Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
9. Snd It To Me (diff version) Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
10. Summer Romance Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
  1. 2015/05/08(金) 23:54:45|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FOXES IN THE BOXES VOL.3/ROLLING STONES

FOXES-3.jpg
'79-'83年、SBD、音質93点、高音質でのスタジオアウトテイク1・2に続きリリースです。驚きの高音質で、ヒスノイズもなく超
高音質で1.2よりもさらに高音質。
「Vol.3」公開され、があちこちのレーベルから。。。。
「EMOTIONAL RESUCUE」1979年にレコーディングされた収録曲がメインで、「UNDERCOVER」音源がいくつか追加ですね。
”Indian Girl”はホーンが目立つバランス。”Emotional Rescue”が目玉ですかね。ミックのボーカルが重なったり、キースのボーカルも違い、別バージョンとして、オフィシャルと並べて聴けるテイク。”No Use In Crying”は完成少し前か?
”I Think~”もミックスが違い面白いです。”Where The Boys Go”もボーカルコーラスが違い。
”Undercover Of The Night”はギターのイントロが付き、はじまるぞーという感じ。カッコいい!!”We Had It All”も違うテイクのようで初期型?”She Was Hot”もボーカルが違い。
そして、”Keep It Cool”はボーナステイクですが21分、練っていたんでしょうねー。。長いテイク。
オフィシャル並みの音質で、オフィシャルと混ぜて楽しめる??オフィシャル並みの音。すごいですねー。

(56:59)
1. Indian Girl 2. Emotional Rescue 3. No Use In Crying 4. I Think I'm Going Mad
5. Where The Boys Go 6. Summer Romance 7. Undercover Of The Night
8. We Had It All 9. She Was Hot

Bonus Track
10. Keep It Cool (long version, pitch adjusted and remastered)

Emotional Rescue Sessions: Compass Point Studios, Nassau, Bahamas, January-February 1979 and Pathe Marconi Studios, Paris, France, June-October 1979

Undercover Sessions: Pathe Marconi Studios, Paris, France, November 1982-mid-March 1983 and The Hit Factory, New York, NY, early May-early August 1983
  1. 2015/05/02(土) 00:27:38|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FOXES IN THE BOXES VOL.1&2(VOL.2)/ROLLING STONES

FOX2.jpg
ネットに上がった音源からの、高音質アウトテイク音源2枚組、85年のDISC2を。。

'85年、SBD、音質88点、高音質でのスタジオアウトテイク集。。”Loving You Is Sweeter Than Ever”は有名な没曲ですが・・・・やや単調。。でも。頭に残るので・・・微妙にサンバ?明るいSYMPATHY的な感じ。。。。
”Talk Is Cheap”は当然、キースのソロにつながりますが、こんな曲があったんですね。。ピアノ主体のバラード。。
”What Am I Supposed To Do”は、この時期の没曲、"What Am I Gonnne Do"に似ていますがキースが作った原曲?その後ミックの歌に・・・ですかね。。"Invitation"ぽい、バラードですが、ボビー・ウーマックとドンコヴェイ?が参加。。。この音源でもボビー・ウーマックがでしゃばった感じが。。爆。。まあ、ボビーは、採用が少なすぎて怒ったそうですが、所詮はゲスト・・・当たり前です。。
”Stick It Where It Hurts”はルーズな没らしい曲??ロニーが歌うところが・・・・この時期のSTONESの状況か??
”Can't Cut The Mustard ”もキース。。ダーティーはキースの活躍??でも、これ・・・キースのソロのあの曲で使われた???原曲なのか??”Can't Cut The Mustard 2”はロニーのボーカルが主体。。”HAD IT WITH YOU”
みたいですが、キースとロンが歌うのも、この時期??ミック不在の象徴か???3はその切れ端??30秒ほど。。
8は爆笑没という感じです。。当時のミックのあだ名「ブレンダ」。歌詞にもミックへのイラつき???
歌詞のすべてがよくわかりませんが、詩人ビクトル・ユーゴー・・・?やや、やけっぱちの没曲、面白いです。。
キースが主役のアウトテイクという感じ、面白いですねー。。。音も良く内容も濃い音源です。。

Disc 2

Early Dirty Work Sessions: Pathe Marconi Studios, Paris, France, Feb 1985

1. Loving You Is Sweeter Than Ever / 2. Talk Is Cheap / 3. What Am I Supposed To Do /
4. Stick It Where It Hurts / 5. Can't Cut The Mustard 1 / 6. Can't Cut The Mustard 2 /
7. Can't Cut The Mustard 3 (fragment) / 8. Victor Hugo
  1. 2015/04/14(火) 01:08:38|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (35)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (20)
ROLLING STONES SOLO (27)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (39)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (129)
お出かけ (74)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (25)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR