SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

BLUE SKY / ERIC CLAPTON


'79年、AUD,音質、93点、音が近く、高音から低音まで輪郭のはっきりしたスーパーAUDです。この年は、「JUST ONE NIGHT」がありますが、これは日本公演の前、EURO,~JAPANのBacklessツアー初日、ウイーン公演を超高音質で録音されています。安定感も最高で、音のバランスも申し分ない、年代的に、これ以上は望めないほどの音です。
インフォには「オープンリールを持ち込んで・・・」などと。、この時代もまだ持ち込めたのか??「If I Don't Be~」では、ベースの音がブンブン。。このへんも録音機材のよさなのか?カットは「Double Trouble」でありますが、テープチェンジで、少しです。バックレスからの曲もこのあとあまりやりませんから、貴重な優良音源になります。
初日ですが、演奏葉のところが当然こなれていない感じはありますが、それが面白いです。オープニングが「Badge」で驚きますが、 へんてこりんな、オブリを入れたイントロからはじまりますが、ソロはいいですねー。ギターの音がナチュラルなブラッキー?の伸びのある音でかっこいいです。「Early In The Morning」は曲がはじまる前に、スライドをためしますが、はじまったらこけます。。この微妙なスライドの余韻も聞ける、かなりレベルの高い音源で、驚きます。「Sign Language」は、偶然終ってあわせたみたいな感じで、まだ不慣れ?「La La La」 というテンプスのマイガールみたいな??曲は珍しいいですね。
「Wonderful Tonight」「Knockin' On~」で聴ける、ナチュラルでとマイルドなトーンは感動てきだし、「Double Trouble」の泣くギターが耳に残ります。曲数もアルバートリーの2曲をはさみ18曲と多く、最高のCD。タイトルは、「IF I DON'T~」の前にBLUE SKYと紹介するところから。BLUE SKYだったのね。。。

LABEL BEANO

Live at Stadthalle, Vienna, Austria 6th October 1979

Disc 1
1. Badge
2. If I Don't Be There By Morning
3. Worried Life Blues
4. Tulsa Time
5. Early In The Morning
6. Lay Down Sally
7. Wonderful Tonight
8. Country Boy
9. Double Trouble

Disc 2
1. Blues Power
2. Knockin' On Heaven's Door
3. After Midnight
4. Sign Language
5. Setting Me Up
6. La La La
7. Motherless Children
8. Cocaine
9. Further On Up The Road

スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 01:14:56|
  2. ERIC CLAPTON 75~79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Flagging Down Double E's / BOB DYLAN

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2010/03/30(火) 23:09:06|
  2. BOB DYLAN 60'S-79

An Evening of the Blues / Eric Clapton


'91年、SBD、音質82点、完璧なステレオSBDのようですが、何か抜けがないというか?安いコンポで聴いているような音です。オーケストラナイト、などはたくさん出ていますが、BLESナイトはあまり出てませんね。
「Hideaway」「All Your Love」「Key to the Highway」など、重要な曲が並んでます。ただしECが目立つのはDISC1の9曲目まで。あとははゲストの皆さんです。ジョニージョンソン、アルバートコリンズ、ロバートクレイ、バディガイ。バディガイさん、ギターも吼えるし、ボーカルも吼えるし、吼え過ぎです。うるしぇー。。。
ジョニージョンソンのピアノは最高です。ブート業者も曲名がわからないのか、間違いだらけです。とか言ってる自分もDISC2の1.2は良くわかりません。。。アルバートコリンズさんの曲??


Imperial - IMCD-97001

London, England - February 25, 1991


Disc 1:
Watch Yourself
Hoodoo Man
Hideaway
Standing Around Crying
All Your Love
Have You Ever Loved a Woman
That's Alright
Key to the Highway
Wee Wee Baby
Tanqueray
Johnnie's Boogie
Travelin' South

Disc 2:
Lights Are On But Nobody's Home
MOTHER IN LAW BLUES
Black Cat Bone
I've Been Abused
Reconsider Baby
Stranger Blues
Hoochie Coochie Man
Little By Little
My Time After Awhile
Sweet Home Chicago

  1. 2010/03/29(月) 12:06:40|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Waiting For Columbus (Deluxe Edition)/ Little Feat


今日は6週間ぶりの休みなので、じっくり飲みまくり?音楽聴きたいと思い棚から取り出したのがこのCD。
初めて通して聞いてやろうかと(笑)。なんか高音質でくつろげるCDと思い、CDラックを凝視。なぜかこれでした。ビールは10本冷えてるし♪。ギターとつまみを用意して。家族に顰蹙なので、ドブロはさすがにやめておいて、響かないエレアコギターを持って。スタート。
しかし凄い曲数です。何曲増えたんだ。。。オリジナルより・・・・・・・
大好きなSkin It Back 、On Your Way Down までまともに聞けるか?いま、Oh Atlanta
朝まで聞きましょ。。。。


1 Join The Band (01:54)
2 Fat Man In The Bathtub (04:53)
3 All That You Dream (04:29)
4 Oh Atlanta (04:20)
5 Old Folks Boogie (04:26)
6 Dixie Chicken (08:53)
7 Tripe Face Boogie (07:09)
8 Rocket In My Pocket (03:57)
9 Time Loves A Hero (04:19)
10 Day Or Night (05:30)
11 Mercenary Territory (04:36)
12 Spanish Moon (05:36)

1 Willin' (04:42)
2 Don't Bogart That Joint (01:01)
3 Apolitical Blues, A (03:51)
4 Sailin' Shoes (06:23)
5 Feats Don't Fail Me Now (05:35)
6 One Love Stand (04:27)
7 Rock And Roll Doctor (04:17)
8 Skin It Back (05:40)
9 On Your Way Down (06:25)
10 Walkin All Night (04:12)
11 Cold, Cold, Cold (05:18)
12 Day At The Dog Races
13 Skin It Back (04:40)
14 Red Streamliner (04:59)
15 Teenage Nervous Breakdown (04:12)

  1. 2010/03/28(日) 02:11:07|
  2. オフィシャルLM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blackbushe 1978/ BOB DYLAN

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2010/03/26(金) 00:23:38|
  2. BOB DYLAN 60'S-79

TOKYO LEGAL / BOB DYLAN

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2010/03/25(木) 18:28:33|
  2. BOB DYLAN 60'S-79

HOLLYWOOD HIGH ROLLERS/ERIC CLAPTON


'08,AUD,音質85点、音もわりと近くバランスもよく、よくとれた音源ですが、客の声も結構拾っていて、いまどきの音としては最高までは行かない感じです。会場の特性かドンシャリの感じもあります。08年、デレクがぬけてぽっかり?んナことはないか・・・。。
ドミノスの曲はなんか物足らなさも感じますが。。。「Little Wing」はドイルお得意のフレース途切れ途切れ奏法?炸裂です。そのあとのECもややはずしてます。。。そしてこのツアー話題の「Don't Knock My Love」。ドリフの早口言葉?のフレーズマンマ出てきます。攻撃的なリードでなかなかの演奏ですが。日本人に浮かぶのは志村とカト茶?に当然なります・・・。。。「Rockin' Chair」「Travelling Riverside Blues」など魅力的、ドイルのスライドにあってます。「Motherless Children」はヘビーなドラムから珍しいっすねー。。
最後はランドルフさんが入ります。ランドルフさんも面白いだけで、全部あれだと。。。
気になるカバーがたくさんで、まあ優良盤。。。


MID VALLEY

Seminole Hard Rock Hotel & Casino, Hollywood, Florida, 5 May 2008

DISC.1:
01. Introduction
02. Tell The Truth
03. Key To The Highway
04. Hoochie Coochie Man
05. Little Wing
06. Outside Woman Blues
07. Double Trouble
08. Don't Knock My Love
09. Drifting
10. Rockin' Chair
11. Motherless Child
12. Travelling Riverside Blues
13. Running On Faith

DISC.2:
01. Motherless Children
02. Little Queen Of Spades
03. Before You Accuse Me
04. Wonderful Tonight
05. Layla
06. Cocaine
07. I've Got My Mojo Working (with Robert Randolph)


Eric Clapton - guitar, vocals
Doyle Bramhall II - guitar, backing vocals
Chris Stainton - keyboards
Pino Palladino - bass
Ian Thomas - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

  1. 2010/03/24(水) 20:25:35|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THERE'S ANOTHER ONE IN EVERY CROWD/ERIC CLAPTON


THERE'S ONEのアウトテイク集です。この手の中では高音質で整理された音源集です。MID VALLEYの「Archives Pathfinder」とだぶる感じですが、統一されたJAMからなので聞きやすいです。 「It Hurts Me Too」は正規BOXの物とほとんど同じですがイントロが違いますね。 「Swing Low Sweet Chariot」の危なっかしいスライドも良い感じ。ボブマーリー・ボブマリー,と???叫んでいます。。「Better Make It Through Today」なども完成された感じで、違いもあまりありませんが、煙が漂う中のレゲエは良い感じです。DISC2のRough MixesもBurial、MATCHBOXが入り、魅力的です。Chariotの途中右チャンネルからへん名が声が入ってたり・・これも、Rough Mixesだから??アウトテイクものとしては面白い優良盤です。

LABEL E.C.IS HERE

Jamaica 1974

DISC 1
1 Fools Like Me
2 Burial
3 I Found A Love(Version 1)
4 Better Make It Through Today
5 Watch GonnaDo
6 It Hurts Me Too
7 High
8 Don't Blame Me
9 Mtachbox
10 Opposites
11 Pretty Blues Eyes(No Vocal)
12 Swing Low Sweet Chariot(Version 1)
13 Singin' The Blues(No Vocal)
14 I Found A Love(Version 2)
15 The Sky Is Crying
16 Swing Low Sweet Chariot(Version 2)

Rough Mixes / Alternates
DISC 2
1 Fools Like You
2 High
3 Burial
4 Better Make It Through Today
5 Don't Blame Me
6 Singin' The blues
7 We're Been Told(Jesus Is Coming Soon)
8 I Founf A Love
9 It Hurts Me Too
10 Swing Low Sweet Chariot
11 The Sky Is Crying
12 Pretty Blue Eyes
13 Little Rachel

  1. 2010/03/23(火) 01:31:31|
  2. ERIC CLAPTON OUTTAKES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WILD BLUESY ROAD / ALLMAN BROTHERS BAND

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2010/03/22(月) 02:43:13|
  2. ALLMAN BROTHERS 88-

APPLAUSE FOR THE HARLOTS/ERIC CLAPTON


'77,AUD,音質85点、音もわりと近くバランスもよく、よくとれた音源です。「 Layla」などで、やや分離が悪いところがありますが、時代的にはかなり聴ける、優良音源です。アル中も、この日は調子がいいのか、演奏もよく、「Further On~」「Stormy Monday」のソロはブルージーで最高の演奏です。「All Our Past Times」までの流れが最高で、声もよく出て、オルガンの音も気持ちいいです。「Tell The Truth」で、だらだらと、長いソロでだるな感じですが、正規 「OLD GRAY WHISTLE TEST」なんかに比べても、調子の良さはまるで違う感じです。「Willie And The Hand Jive」は77もやってるんですね、ロニーレーンがゲスト、アンコールがカットなんですかね?
これで完全盤?クラプトンンのボーカルで終わらないと変な感じですが。。伸びのある美しいトーンが聴ける優良盤です。



Live at Hammersmith Odeon, London, UK 28th April 1977

Disc 1
1. Hello Old Friend 2. Sign Language 3. Alberta
4. All Our Past Times 5. Tell The Truth
6. Knockin' On Heaven's Door 7. Can't Find My Way Home
8. Crossroads 9. I Shot The Sheriff

Disc 2
1. Nobody Knows You When You're Down And Out
2. Further On Up The Road 3. Stormy Monday
4. Willie And The Hand Jive 5. Layla
6. All I Have To Do Is Dream

Eric Clapton : Guitar & Vocals George Terry : Guitar
Carl Radle : Bass Jamie Oldaker : Drums
Dick Sims : Keyboards Sergio Pastora
Rodriguez : Percussions Yvonne Elliman : Backing Vocals
Marcy Levy : Backing Vocals
Ronnie Lane on Willie And The Hand Jive

  1. 2010/03/21(日) 06:14:27|
  2. ERIC CLAPTON 75~79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART11)/ERIC CLAPTON


'09年、AUD,音質99点、もう書くネタも無くなった(爆)RAH22枚組み、いよいよ最終日、DISC21,22です。初日同様ものすごい高音質です。最初と最後が最高で気持ちがいいですね。22枚は多いですが。。。まあ、22枚でこの音質は立派です。凄いセットなのは確かです。最終日なので気合が入り、熱い演奏かと思いきや・・・オフィシャル盤の収録のような丁寧な演奏です。「Key To The Highway」が盛り上がる演奏で、この日が最高です。「Layla」もよい出来で、ドイルの入った曲の構成も同じです。まあ、良く録音したものです。毎回毎回。。。2ヶ月かかって聴きました。。。



Royal Albert Hall,
London, England MAY.31.2009



Disc 21
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Anything For Your Love
04.Old Love
05.I Shot The Sheriff
06.Driftin'
07.Noboby Knows You When You're Down And Out
08.Lay Down Sally
09.Somewhere Over The Rainbow

Disc 22
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Before You Accuse Me
04.Wonderful Tonight
05.Layla*
06.Cocaine*
07.Crossroads*

With Doyle Bramhall II (Guitar) *

  1. 2010/03/20(土) 00:55:27|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART10)/ERIC CLAPTON

09,RAH.音質92点、10回目の公演。この日もいい音質ですが、珍しく「Over The Rainbow」などで、客がしべリ続けてます。
それ程うるさいわけでもないですが。。リアルに聞こえすぎて。。
この日の日替わり「Got To Get Better In A Little While」はー・・・手癖が出すぎて。あんまり。それと、ベースソロまではいいのですが、30年前みたいな、せこい音のシンセソロは最悪です。なぞここまでいろいろな曲でシンセソロをとらせたのでしょうか??へんなのーーーー。。呆れます。。
「Three Little Girls」美しさに拍手パチパチ。。バッチリ決まってます。この日のLaylaも良い出来、ドイルもフレーズに強弱があり弾きすぎもないので。


ただ、そのあとの曲での、ビリビリしたブルーボックスみたいな・・・ぜんぜん、違うか。んなにかっこいいとは
思えない、奇妙な音で奇妙なフレージングのソロは同じです。ながーーーいです。
 
 

Royal Albert Hall,
London, England MAY,29.2009

Disc 19
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Anything For Your Love
04.Old Love
05.Got To Get Better In A Little While
06.Driftin'
07.Three Little Girls
08.Noboby Knows You When You're Down And Out
09.Lay Down Sally
10.Somewhere Over The Rainbow
Disc 20
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Before You Accuse Me
04.Wonderful Tonight
05.Layla*
06.Cocaine*
07.Crossroads*
With Doyle Bramhall II (Guitar) *
  1. 2010/03/19(金) 01:17:32|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART9)/ERIC CLAPTON


09,音質92点、またまた、RAH09です。9回目の公演。この日もいい音です。「Noboby Knows~」などのアコーステックの響きがきれいでイイネー。この日の演奏も丁寧で、これはいつもと・・・という感じはないです。。この日もドイル3曲です。ははは。「Layla」のインスト部分は、ドイルのスライドがなりっ放し。面白いヤツ。「Cocaine」も流れるようなわけのわからんフレーズ(爆)。クリスステイントンのテンテンなるピアノが、スタッカートきいててなんだな。。ながーいソロが続き12分を超えます。
CrossroadsのECのソロもなんだか面白い。今までと違うような変わらないような。。。
 
 
 
Royal Albert Hall,London, England
 
28.May.2009
 
Disc 17
01-Going Down Slow
02-Key To The Highway
03-Anything For Your Love
04-Old Love
05-Got To Get Better In A Little While
06-Driftin'
07-Noboby Knows You When You're Down And Out
08-Lay Down Sally
09-Somewhere Over The Rainbow
Disc 18
01-Badge
02-Little Queen Of Spades
03-Before You Accuse Me
04-Wonderful Tonight
05-Layla*
06-Cocaine*
07-Crossroads*
With Doyle Bramhall II  *
  1. 2010/03/18(木) 16:02:06|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART8)/ERIC CLAPTON


'09,音質95点、またまた、22枚組み、RAH09です。8回目の公演。この日もいい音です。最高の音質です。
さすがに演奏は充実してきます。キーボードソロの構成などは変わりませんが、「Going Down Slow」「Got To Get~」「Old Love」流れるように進みます。
この日は、「Lay Down Sally」でアンディーの光る曲です。ギルモアに参加したりいろいろ弾き方が器用な人です。「Anytime For You」は2本のギターの絡みが良いです。
そして「Layla」からはドイルがゲストで、エレクトリックです。相変わらず個性の強いフレーズです。「Cocaine」も長いソロを取ってます。なんか、絡みはないですが。。。。

Royal Albert Hall
London, England May.26.2009



Disc 15
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Got To Get Better In A Little While
04.Old Love
05.I Shot The Sheriff
06.Driftin'
07.Noboby Knows You When You're Down And Out
08.Lay Down Sally
09-.Anytime For You
10.Somewhere Over The Rainbow

Disc 16
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Before You Accuse Me
04.Wonderful Tonight
05.Layla*
06.Cocaine*
07.Crossroads*

With Doyle Bramhall II *

  1. 2010/03/17(水) 01:00:55|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART 7)/ERIC CLAPTON


'09,音質94点、またまた、RAH09です。7日目。この日も音質は最高です。「Anything For Your Love」は
フレージングに迷い?何か探ってるような感じです。「Sheriff」はこのツアーでは抑え目な演奏が多いですが、この日は結構盛り上げてます。「Driftin'」はアコギとエレキですかね?かっこいいフレーズ連発で、ギターを抱えるたくなります。レイラはアコギで、「Little Queen Of Spades」のギター音がいいです。'00年ころはこの曲が、長尺の盛り上がる曲になってくるとは思わなかったですが、06からは凄いですね。この日の演奏は◎です。


Royal Albert Hall,
London, England MAY.25.2009


Disc 13
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Old Love
04.Anything For Your Love
05.I Shot The Sheriff
06.Driftin'
07.Layla
08.Noboby Knows You When You're Down And Out
09.Anytime For You
10.Somewhere Over The Rainbow

Disc 14
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Before You Accuse Me
04.Wonderful Tonight
05.Cocaine
06.Crossroads

  1. 2010/03/16(火) 01:37:11|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE @ BIG EGG 1ST NIGHT / GEORGE HARRISON wERIC CLAPTON



'91年、AUD,音質95点、ジョージ&クラプトンバンドの東京初日、演奏、音質を考えると持っている中では1番好きなCDです。日にちも場所も違いますが、MID VALLEYのようにシャリシャリしてなく、エコーもかなり少なく、良質な音とECの調子が絶好調という感じです。「If I Needed Someone 」は最高の出来?それまであまり好きではなかった「Old Love 」(何か曲調、歌詞が・・・凄くて。。)ですが、このLIVEを聴いて、びっくり。特にこの日は好きです。
「What Is Life」のこまかいカッテイングや、「Give Me Love」のスライドもきれいになめらか。。
かなり良い席での録音でしょうね。 演奏的には東京のLIVEの中では1番ECが弾いてる気がします。
これがオフィシャルならなー。。。


Tokyo, Japan Dec. 14, 1991

disc 1
1. I Want To Tell You
2. Old Brown Shoe
3. Tax Man
4. Give Me Love
5. If I Needed Someone
6. Something
7. What Is Life
8. Dark Horse
9. Piggies
10. Pretending
11. Old Love
12. Badge
13. Wonderful Tonight

disc 2

1. Got My Mind Set On You
2. Cloud Nine
3. Here Comes The Sun
4. My Sweet Lord
5. All Those Years Ago
6. Cheer Down
7. Devil's Radio
8. Isn't It A Pity
9. While My Guitar Gently Weeps
10. Roll Over Beethoven

  1. 2010/03/15(月) 00:25:47|
  2. GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150! (PART6)/ Eric Clapton


'09,音質90点RAH09,6日目。 この日も問題のない高音質です。少し遠いのかレイラなどで、エコーが少しだけ効いてます。
「Old Love」でかなりの弾きまくりですが、ロンドンは客のマナーがいいのか、おしゃべりもほとんど入らず、盛り上がるべきとこで盛り上がる良いこちゃん。
JAMに入りサンシャイン・オブ・ユアラブみたいなJAMで盛り上がってくれればいいんですが・・・へんなシンセソロ・・。。。。
「Little Queen Of Spades」で、ギターは近い音なのにボーカルが遠いんですがなぜ??やはりマイクから離れて歌ってる?
たまにあります。
アンコール「Crossroads」はシンセソロが入り5分ちょっと。。アッサリ。。意外と盛り上げないで終わる感じ。RAHだから?んなことないか。。


Royal Albert Hall,London, England MAY.23.2009

Disc 11
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Old Love
04.Anything For Your Love
05.I Shot The Sheriff
06.Layla
07.Noboby Knows You When You're Down And Out
08.Not Dark Yet
09.Anytime For You
10.Somewhere Over The Rainbow

Disc 12
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Before You Accuse Me
04.Wonderful Tonight
05.Cocaine
06.Crossroads

  1. 2010/03/14(日) 01:27:49|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150!(PART5)/ ERIC CLPTON


'09年、AUD,音質86点、RAHその5日目、DISC9・10です。音質がここでやや落ちます。録音場所が遠いのでしょう。
落ちるといっても、かなりのレベルで、少しエコーが深く音が回ってる感じですが、ほかが凄すぎるともいえます。
初日など、今までの感覚なら105点くらいです。(笑)そうじゃないと点数にひずみが・・・なんてね。もともと、
点数、しかも100点満点は不味かった(爆)。。。この日は、「Three Little Girls」ギターのが絡みがきれいです。
「Not Dark Yet」も耳になじんできましたが、ギターソロバリバリの曲が少ないような気も。。
あまり変わりませんが、この日は特に渋い感じの選曲.演奏です。

Royal Albert Hall, London May,22,2009

Disc 9
01Going Down Slow
02Key To The Highway
03Old Love
04Anything For Your Love
05I Shot The Sheriff
06Three Little Girls
07Layla
08Noboby Knows You When You're Down And Out
09Not Dark Yet
10Anytime For You
11Somewhere Over The Rainbow

Disc 10
01Badge
02Little Queen Of Spades
03Before You Accuse Me
04Wonderful Tonight
05Cocaine
06Crossroads

  1. 2010/03/13(土) 01:58:35|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150! (PART4)/ERIC CLAPTON


'09,音質94点、RAH09です。4回目の公演。この日もいい音です。ムラもほぼなくたいしたもんです。「Going Down Slow」イントロで間違いそうになってあわてます。。
6.Happy Birthday To Sylvia.ECの育ての親?でしたっけ??お誕生日。歌います。この日も「Everything's Gonna Be Alright」やってます。
いまさらですが、09のECのギターの音はいいですね。ミッドブーストがかかりすぎずに、好きな音です。やっぱり、ブーストがかかりすぎると、ピッキングの強弱が出にくく、特にブールージーな曲は痛いですが、今回の「Little Queen Of Spades」などの音は良い感じ。



Royal Albert Hall,
London, England 20.MAY.09

Disc 7
01.Going Down Slow
02.Key To The Highway
03.Old Love
04.Anything For Your Love
05.I Shot The Sheriff
06.Happy Birthday To Sylvia
07.Layla
08.Noboby Knows You When You're Down And Out
09.Not Dark Yet
10.Anytime For You
11.Somewhere Over The Rainbow

Disc 8
01.Badge
02.Little Queen Of Spades
03.Everything's Gonna Be Alright
04.Wonderful Tonight
05.Cocaine
06.Crossroads

  1. 2010/03/12(金) 01:14:13|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150! (PART3)/ERIC CLAPTON


'09,音質94点、またまた、RAH09です。3日目。ドラムの音をよく拾っていて、バスドラもしっかり。これもすごい音です。お正月に書いたメモを読みながらまた聞いて。。2ヶ月がかりで聴きました。「Old Love 」といえば、ジョージとの東京ドームの演奏はすごくて、頭に残ってますが、この日はワウワウを強烈に使いながら、かなり弾き倒します。
レイラはアコーステックバージョンで・・。。しかし、アンディーは思いのほか目立ちません。どうした??ARMSのころはわりとダンディな英国紳士?って感じでしたが、最近はハゲチョロビンのひょうきんおじさんに見えます。(爆)
「Lay Down Sally」はアコギ?見たいな音が出てますが・・・。何? 「Not Dark Yet」この日も、トレモロのかかったギターの絡みがきれいです。 「Not Dark Yet」心なしかディランに似たボーカル?そうでもないか。。09の日本でもやった「Everything's Gonna Be Alright」。「Wonderful Tonight」ギターもハモってたりします。。この日がRAHでの150回目のLIVEで祝辞があります。他は特別ないですが。。
しかし選曲は結構固定なんですねー。。

Royal Albert Hall, London May,19,2009



Disc 5
1. Going Down Slow
2. Key To The Highway
3. Old Love
4. Anything For Your Love
5. I Shot The Sheriff
6. Layla
7. Lay Down Sally
8. Not Dark Yet
9. Anytime For You
10. Somewhere Over The Rainbow

Disc 6
1. Badge
2. Little Queen of Spades
3. Everything's Gonna Be Alright
4. Wonderful Tonight
5. Cocaine
6. Here's To The Next 150!
7. Crossroads

  1. 2010/03/11(木) 00:19:43|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150! (PART2) / ERIC CLAPTON


'09年、AUD,音質92点、22枚組みの2日目、これもすばらしい音です。初日よりは少し遠いのか?微妙に落ちますが、それでも凄い高音質。「Going Down Slow」も、演奏回数が多いなーと思いつつ、(実はあまり好きではない)09アレンジは、わりと好きです。
「Anything For Your Love」は・・・いいんだけど、いまさら、ハンドクラップ入れるなよー(爆).「Anytime For You」は渋いなー、これからはこういう演奏が増える?? 「I Shot The Sheriff」はカルーーーい、アレンジ。むきになって弾くほうが面白かったりしますが、アレンジを変えないとご本人も飽きるでしょう(笑)しかし、キーボードとピアノが目立ちすぎるなー。 
「Little Queen Of Spades」は、このツアーでは、ブルース曲のハイライト?いい演奏です。「Cocaine」も、キーボードが目立ちすぎで、いつから中東音階??へんてこりんな音が入るようになったんだ。。。  

Royal Albert Hall, London May,17,2009

Disc 3
1. Going Down Slow 
2. Anything For Your Love
3. Key To The Highway 
4. Old Love 
5. I Shot The Sheriff
6. Layla 
7. Lay Down Sally 
8. Not Dark Yet
9. Anytime For You 
10. Somewhere Over The Rainbow
Disc 4
1. Badge 
2. Little Queen Of Spades 
3. Before You Accuse Me
4. Wonderful Tonight 
5. Cocaine 
6. Crossroads

  1. 2010/03/10(水) 00:24:39|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Here's To The Next 150! ( PART1) / ERIC CLPTON


'09年、AUD,音質99点、RAHその初日、DISC1,2です。まず音質に驚いてしまいました。?ここまで録れるのか。いや、これ以上ないんじゃないかという音です。
Mid ValleyのRAHの11SHOW、22枚組み。プラス、ドイルとチャーリーセクストンのバンド、Arc Angels の3枚の25枚のセット。
一番厳しいベースまで、かなりクリアーです。初日で演奏はかっちり行かない感じです。「Anything For Your Love」とても良いですねー。「Old Love」の最後は変なJAM?いるか??
と思うキーボードソロ(爆)いるんでしょう。。またJAMから戻って終わります。しかし「Badge」にまで、キーボードソロ・・・・。。理解不能です。 キーボードを2人雇っているので、活躍の場を与えているのか・・??? 「Little Queen of Spades」も、出だしでECさん、指がもつれ気味です。06のような凄まじいソロはないですね。「Not Dark Yet」 なぜこの曲を???
SET LISTに大きな魅力を感じなかったのと、22枚も・・・・と、あり、ほかのレーベルで3枚ほど買えば良いかなーと。悩みましたが、好きな、アンディーが戻り、アレンジが変わったか?と、、流れていた音が凄かったんで、結局買い。。しかし音は凄いですねー。どうやって録音するのか?ホントに知りたいです。

Mid Valley

Royal Albert Hall, London May,16,2009

Disc 1
1. Going Down Slow
2. Anything For Your Love
3. Key To The Highway
4. Old Love
5. I Shot The Sheriff
6. Layla
7. Lay Down Sally
8. Not Dark Yet
9. Anytime For You
10. Somewhere Over The Rainbow

Disc 2
1. Badge
2. Little Queen of Spades
3. Before You Accuse Me
4. Wonderful Tonight
5. Cocaine
6. Crossroads

  1. 2010/03/09(火) 00:27:40|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STOP RUNNING AWAY / ERIC CLAPTON


'06年、AUD,音質84点、音が少し回ってる感じで、ベースなどはややエコーに埋もれてますが、ギターなどはばっちりで、まあ、いい音です。この日は、After Midnight~Little Queen Of Spadesが早い登場で、この日は、かなりなドミノス?です。そして盛り上がりきらないで終わる日もある、「Why Does Love Got To Be So Sad」この日はドイル、デレク、気張ってます。かなり酔い?出来。ビールグビグビ。。。。「Bell Bottom Blues」まで、出てくると
もう。。Layla のスライド、ため効いてます。
「Bell Bottom Blues」は少ないんじゃ??でも調べたりはしない私。。。。。

Live at Ahoy Hall, Rotterdam,
Netherlands 1st June 2006
Disc 1
1. Introduction
2. Pretending
3. So Tired
4. Got To Get Better In A Little While
5. Bell Bottom Blues
6. After Midnight
7. Little Queen Of Spades
8. Let It Rain
9. Back Home
10. I Am Yours
11. Nobody Knows You When You're Down And Out
12. Running On Faith
Disc 2
1. Why Does Love Got To Be So Sad
2. Everybody Oughta Make A Change
3. Motherless Children
4. Wonderful Tonight
5. Layla
6. Cocaine
7.Crossroads

  1. 2010/03/08(月) 00:16:23|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大パニック


仕事帰りに実家に寄ったら、リフォームのため、実家に置いてある、CD3000枚?LP800枚を、自分の家に置けと言われた・・。。。。。
現在、この3つ並んでるCDラック、反対側に1つ、ほかの部屋に2つ。
それに実家の荷物を足そうものなら・・・・・
減らしなさい。。でしょうねーーー。
あまり弾かないギターなどは、屋根裏部屋にありますが、高温になる屋根裏にCDはおけないし。。。
たいへんだーーーーーーーー。。。。

  1. 2010/03/07(日) 21:32:38|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I AM YOURS /ERIC CLAPTON


'06年、AUD,音質83点、少し音が回ってる感じですが、バランスはよいので聞きやすい音源です。まだまだ、あまりなじんでない演奏な感じですが、GO TO GETはJAMがいい、「LOST~」はECの弾きまくり、けっこうなもんです。「ANY DAY」はフレーズもやや決まっているので、このころからいい感じ。歌えるメンバーがいると良いですねー。
タイトルにもあるように、もちろん、「I AM YOURS」も♪。デレクのスライド音、なんてツヤがあるんでしょう。ドイルが目立ちませんが、「MILK COW」なんかで着実なフレーズ、しかし、見てるとあの逆張りで、フォークブルースみたいなフレーズ、良く弾くなー、見ててわけがわかりません。。ダブルスライドは良い感じ。「After~」のスライドの音は凄いなー、ドイル?ひずんだバイオリンみたいで。。。みんなアドリブ丁寧です。。意外と無茶しない人たち。
「QEEN~」はいつも、静かになってからデレクのギター、そこからどう盛り上がるか、耳を凝らします。この日は結構な盛り上がりです。スライドゾーン?2曲もよい出来で、デレクの日になってます。(笑)この日のレイラの早弾き、長い!インスト部分はAUDのほうが響きがきれいだったりして。。。
06の好きなST LISTの日。

Sheffield, South Yorkshire, England
May 12, 2006


Disc 1

Pretending 7:31
So Tired 5:12
Got To Get Better In A Little While 7:38
Lost And Found 5:54
I Shot The Sheriff 7:35
Anyday 6:40
Back Home 3:45
I Am Yours 3:46
Nobody Knows You When You're Down And Out 3:57
Milkcow Blues 5:19
Running On Faith 6:20


Disc 2
After Midnight 5:09
Little Queen Of Spades 13:26
Everybody Oughta Make A Change 3:10
Motherless Children 4:45
Wonderful Tonight 4:28
Layla 7:38
Cocaine 10:28
Crossroads 6:14

  1. 2010/03/07(日) 02:22:02|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOW&THEN / JEFF BECK


'80年、AUD,音質90点。高音質です。音も近く生々しくすべての楽器がバランスよく収録されてます。音がすごく近く、ステレオ感もややあるので最高の席で聴いてる感じが味わえます。このライブは実際見たものですが、BECKのギターの音にぶっ飛びました。78年も見ましたが、その時とは違う音のきれいさに衝撃を受けたのを覚えています。
レーベルはAMSTERDAM。あまり見かけないレーベルでした。このCDは96年、ベックの80年のライブではじめて満足のいく音質のCDを見つけ狂喜乱舞しました。すべての楽器がバランス良すぎて、難癖つければ、BECKのギターがもうチョイでかいほうが、、と、贅沢ばかり。。
しかし、この近さでこの安定した音質は素晴らしいです。
演奏も素晴らしく、「Too Much To Lose 」の音の伸び、「The Final Peace」の美しい響きまで捉えています。爆音で聞いても文句なくいい音です。 80年日本公演は札幌、そしてこのCDが最高峰ですね。完全収録となるとこいつがNO.1ですかねー。

AMSTERDAM

LIVEAT YOKOHAMA BUNKA TAIKUKAN DEC.16,1980


DISC 1
Star Cycle
El Becko
Too Much To Lose
The Pump
Cause We've Ended As Lovers
Space Boogie
The Final Peace
Led Boots
Free Way Jam

DISC 2
Diamond Dust
Scatterbrain
Blue Wind
Goodbye Pork Pie Hat
You Never Know
Going Down

  1. 2010/03/06(土) 00:09:57|
  2. JEFF BECK 78~80
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEREK'S BACK HOME IN LONDON / ERIC CLAPTON


'06年、AUD、音質、92点。高音質です。よくこんな音でとれたものだと思う音の最高ランクですね。。ものすごく近い感じではないので、ベースの輪郭などは、やや落ちますが、他はほんとにクリアーです。「Why Does~」「I Am Yours」が入っていると反応します。「Sheriff」は今聴くと、ホーンが豪華でいつもとはかなり違う印象ですねー。 「I Am Yours」良いですよー。デレクの1番いい面が出ますね。
「Back Home」のアコーステックな響きまできれいです。意外と??ギターのフレーズが絡んでて最高です。「Running On Faith」「Everybody Oughta~」デレク大活躍のSET LIST。テンポがやたら速い「Motherless Children」ツインスライドギター。。。(いつ聴いても笑えます。。なんか無茶?)良くきこえます。
最後はRobert Crayがゲストで、4本ギター。。凄いですねー。。


BLISTER


Recorded Live At Royal Albert Hall, London, UK 25 May 2006

Disc 1

01.Pretending
02.So Tired
03.Got To Get Better In A Little While
04.Old Love
05.I Shot The Sheriff
06.Why Does Love Got To Be So Sad ?
07.Back Home
08.I Am Yours
09.Nobody Knows You When You're Down And Out
10.Running On Faith
11.Milkcow Blues

Disc 2
01.After Midnight
02.Little Queen of Spades
03.Everybody Oughta Make A Change
04.Motherless Children
05.Wonderful Tonight
06.Layla
07.Cocaine
08.Crossroads (with Robert Cray)

  1. 2010/03/05(金) 03:26:47|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GETTING SNAPPY /ERIC CLAPTON


'06,AUD,2SHOWを収録の4CDで、どちらとも音質は92点。ほどよい距離感で、SBDと間違うくらいの音です。曲間の拍手がやや大きいですが、その音でもなければ、SBDのようです。19日はANYDAY!うれしいです。最高の出来ではないかもしれませんが(デレクのスライドがやや弱いか?)、やはり、このメンバーじゃなければここまでの演奏もないだろうしねー。「After Midnight」はやや、ECの手癖リードがテキトー(笑)な感じで・・・ちと残念。この年のワンダフルは消えそうな細さがいいですねー。いつも思いますが、コカインはなんだか変なソロが続きます。(笑)
22日は 「LET IT~」ですねー。ECのギターはあいかわらず冴えてます。「I AM YOURS」は、どちらも最高でボーカルも、ECの声が違って聞こえます。この曲でのデレクのスライドはホント凄い。そしてハイライトは、「After~」「Little Queen~」のメドレー。BESTテイクですねー。爆発してます。3人がうまく絡むというよりは、3人交互に個性を出し合う感じの曲がいいです。
昔はRAHのAUDは、エコーが深く、もやった音が多かったですが、めちゃくちゃに音がいいです。ないが変わったのでしょう??。。。




TRIAL-137

Live at Royal Albert Hall, London, UK 19 May 2006

Disc 1
1. Introduction 2. Pretending 3. So Tired 4. Got To Get Better In A
Little While
5. Lost And Found 6. I Shot The Sheriff 7. Anyday 8. Back Home 9.
I Am Yours
10. Nobody Knows You When You're Down And Out 11. Milkcow's Calf Blues
12. Running On Faith

Disc 2
1. After Midnight 2. Little Queen Of Spades 3. Everybody Oughta Make
A Change
4. Motherless Children 5. Wonderful Tonight 6. Layla 7. Cocaine 8.
Crossroads

Live at Royal Albert Hall, London, UK 22 May 2006

Disc 3
1. Introduction 2. Pretending 3. So Tired 4. Got To Get Better In A
Little While
5. Lost And Found 6. I Shot The Sheriff 7. Let It Rain 8. Back Home
9. I Am Yours
10. Nobody Knows You When You're Down And Out 11. Milkcow's Calf Blues
12. Running On Faith

Disc 4
1. After Midnight 2. Little Queen Of Spades 3. Everybody Oughta Make
A Change
4. Motherless Children 5. Wonderful Tonight 6. Layla 7. Cocaine 8.
Crossroads

  1. 2010/03/04(木) 00:35:13|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Slowhand Plays the Boston Gardens/ERIC CLAPTON


'74年、SBD、音質79点、ややこもりぎみですが、バランスも良く、ノイズも少なく良好です。
ジャケには7日とありますが、12日のボストンでのLIVEです。この日はそれほど酒が回ってないのか?好調な様子です。DISC2の3.4.5は早弾きで圧倒されます。特に「Have You ever~」は気に入ってます。切り裂くように入り込むソロはかっこいいです。この曲の好きなバージョンのいくつかに入ります。「Badge」も早弾きで弾きまくり'74も凄い日があるものだと思いましたー。アンコールの「Little Queenie」が未収録ですが、74の中で、選曲も好きだし、聴きやすい音のCDです。レイドバックな演奏ばかりでない、74年の優良音源。けっこう古いCDです。Killing Floorというレーベルあまり知らないレーベル。

Killing Floor

Boston Gardens , July 12, 1974


Disc 1:
1) Smile
2) Let it Grow
3) Can't Find My Way Home
4) Willie and the Hand Jive - Get Ready
5) Layla
6) Presence of the Lord


Disc 2:
1) Steady Rollin' Man
2) Mainline Florida
3) Blues Power
4) Have You ever Loved a Woman?
5) Badge

  1. 2010/03/03(水) 00:38:07|
  2. ERIC CLAPTON 70~74
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rod Stewart Sessions 1971-1998


ロッドのBOXセット。やっと買いました。ボーカリストのアウトテイクは・・・なかなか買うのも勇気が要りましたが。買ってよかった、最高です。
いきなり「Maggie May」で歌詞が出来ていないのか?歌が途中からのテイクで、ビビリましたが。。これは、これしかなかっんですかねー?残念。しかし、あとは全部いいです(爆)。いや、マギーメイも別バージョンみたいに聴ける、テイクが良かったんですけどね。。
ロッドお気に入りの、「This Old Heart Of Mine」はなんだか元気すぎて、かっこ悪いアレンジの、98年?再録音バージョンなんかとは比べ物にならないくらい良いです。全体的に、ボーカルと、アコギ、ピアノやキーボードだけという、シンプルなデモバージョン?なので、ボーカルが光ります。
セイリングはハモンドオルガンをバックに、幻想的。驚きのPART3があった、キリングオブジョージ、
名曲「ただのジョークさ」も、良い感じ。ロッドにぴったりな、イングランド?いや、アイリッシユトラッドっぽい、チーフタンズのカバー「The Long Journey Home」も◎。 解散したんですか?おばか兄弟、オアシスの「Rockin’ Chair」ロッドが歌うと、良いなー。 そして最後に、クラプトンもカバーしてる、大好きなスコットランドのシンガー、ジョンマーチンさま(去年なくなられて大ショック。)の17 May You Never 、4枚組みでも割引なしの?9,800円も、クラプトンのBOXとかとは違い、シングルや、BEST盤プラス・・・みたいなものではなく、アーリーバージョンやボツ曲がすべてという、とても凄い企画??にも◎。
忙しく、仕事場のビルに泊り込んで、夜中に酒飲みながら、聴いています。1人きりのビルは音がやたら響く気がします。やわらかい、こういう音がいいねー。




ディスク 1
1 Maggie May (Early Version) 2 Seems Like A Long Time (Alternate Version) 3 Italian Girls (Early Version) 4 You Wear It Well (Early Version) 5 Lost Paraguayos (Alternate Version) 6 I’d Rather Go Blind (Alternate Version) 7 Angel (Alternate Version) 8 Think I’ll Pack My Bags (Early Version of Mystifies Me) 9 Farewell (Early Version) 10 Girl From The North Country (Alternate Version) 11 (You Make Me Feel Like) A Natural Man (Alternate Version) 12 So Tired (Early Version) 13 This Old Heart Of Mine (Alternate Version) 14 To Love Somebody (Early Take) 15 Sailing (Alternate Version) 16 Tonight’s The Night (Gonna Be Alright) (Early Take)

ディスク 2
1 The First Cut Is The Deepest (Alternate Version) 2 Rosie (Acoustic Version) 3 Innocent (The Killing Of Georgie Part III) 4 Hot Legs (Early Take) 5 You’re In My Heart (The Final Acclaim) (Acoustic Version) 6 I Was Only Joking (Early Take) 7 Scarred & Scared (Early Take) 8 When I’m Away From You 9 Oh God, I Wish I Was Home Tonight (Early Version) 10 Time Of My Life 11 TV Mama 12 Maybe Baby 13 Stupid 14 Guess I’ll Always Love You (Alternate Version) 15 The Great Pretender (Acoustic Version)

ディスク 3
1 Thunderbird 2 Dancing Alone (Alternate Version) 3 I Wish You Would 4 Sweet Surrender (Alternate Version) 5 Show Me 6 Ghetto Blaster (Early Version) 7 Satisfied (Alternate Version) 8 Hard Lesson To Learn (Alternate Version) 9 Heaven 10 In My Life (Piano Version) 11 Love Is A Four Letter Word 12 Forever Young (Piano Version) 13 My Heart Can’t Tell You No (Alternate Version) 14 I Go To Jail For You 15 A Good Lover Is Hard To Find

ディスク 4
1 Let The Day Begin (Alternate Version) 2 The Groom’s Still Waiting At The Altar (Alternate Version) 3 Windy Town (Piano Version) 4 In A Broken Dream (1992) 5 This Wheel’s On Fire 6 I Wanna Stay Home 7 I’m A King Bee 8 Looking For A Love 9 Kiss Her For Me 10 The Long Journey Home 11 Now That You’re On Your Own 12 Dylan’s Day Off 13 On And On 14 Rockin’ Chair 15 Sugar Lips 16 The Changingman 17 May You Never

  1. 2010/03/01(月) 07:04:16|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (57)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (73)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (21)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (15)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (22)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (30)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (115)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (3)
ある日の日記 (144)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR