SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

MOVE BACK / VELVET UNDERGROUND & NICO


'66年、AUD.音質65~75点、VUのニコ在籍時の唯一のライヴ音源です。歪みやノイズがありますが66年ですからね。まあまあ聴ける音なので、凄いことです。1曲目「Melody Laughter」から、この音質で、フィードバックとガチャガチャした退廃を表す??ものすごい演奏で。。30分近くです。正直聴けないですが、その後は素晴らしいです。
まさかLIVE音源が残ってるとはねー。注目のニコが歌う「Femme Fatal」「 All Tomorrow' Parties」はスタジオ録音に近いですね。あの世界を再現してたことが驚きです。「ウォーホール公認の上で、リール・テープ・レコーダーを持ち込んで録音した」などと書かれているので、まあまあ、これ以上はない良好音質で貴重なLIVEを体感できます。
5曲目は「Lou Says」と書かれてる(リサではありません)のはただのおしゃべりで、曲ではありません。「Run Run Run」はやけにリバーブが強く、ややぐちゃぐちゃですが、全体的に、1STの雰囲気を残した再現ライブのような凄い音源です。最後も30分超で、JAMのような曲、1曲目と最後で60分!!これがルーリードでしょうか(笑)。。。
しかし残ってるだけでも凄い音源。耳にやたら残ります。


Recorded Live at Valleydale Ballroom,Columbus,Ohio,USA 4th November 1966

(Disc 1):

01.Melody Laughter /
02.Femme Fatal /
03.Venus In Furs /
04.The Black Angel's Death Song /
05.Lou Says /
06.All Tomorrow' Parties

(Disc 2):

01.I'm Waiting For The Man /
02.Heroin /
03.Run Run Run /
04.The Nothing Song

スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 23:15:11|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VELVET UNDERGROUND / AT THE FACTORY,WARHOL TAPES


'66年、リハーサル音源、音質65~55点。「ウォーホルのフィルムによって奇跡的に残された1966年のリハーサル音源。アンディーの没後発掘され、アンディー・ウォーホル・ミュージアムでのみ1回だけ披露された貴重音源を、スピーカー直前でレコーディングしたもの。」だそうです。「Walk Alone」「Get It On Time」というベルベットの未発表、ほかのCDのにも収録されていない音源を収録したCD。
まあ、CD。。。研究者用?とも言えるんじゃないですかね。スタジオリハーサルを、(もちろん60年代)
ガラスの外から聞いているような音源もあり、音楽として聴くというよりは重要バンドの記録をひも解く
ものなんでしょう。。で、肝心の「Walk Alone」2分弱くらいの曲で延々おしゃべりとチューニングの後
ギターの弾き語りでギターのボリュームが10でボーカルが5、まあ、どんなメロかが分かる程度で、
これが名曲だの何だのまでは???いくのでしょうか。。「Get It On Time」も同じようなバランスで
の収録。完成まで至らなかったんですかね?
「Crackin'Up」 「Day Tripper Intro」などは当時の素人バンドの演奏という感じ。「There She Goes
Again」はもうあのギターやメロディーも完全にできているかんじです。「Heroin」も同じくバイオリン
まで入り。ニコのソロ「I'll Keep It With Mine」もリハでやってます。各曲、ひずんだり、治ったり
「I'll Be Your Mirror」は向こうで演奏して、おしゃべりしてる人を挟んで収録。
まあ、こんな音源でもプレスして出されるヴェルベット。それが流石か???


01.Walk Alone /
02.Venus In Furs
/ Crackin'Up /
03.Rhythm & Blues Insturumental /
04.Run Run Run Intro To Miss Joanie Lee /
05.Day Tripper Intro To Boom Boom Boom Instrumental /
06.Rockabilly Instrumental /
07.Blues Instrumental /
08.Heroin /
09.There She Goes Again /
10.Green Onion /
11.There She Goes Again /
12.Heroin /
13.I'll Keep It With Mine /
14.European Son / Suzie Q /
15.Get It On Time /
16.I'll Be Your Mirror

  1. 2010/05/30(日) 11:17:33|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VELVET UNDERGROUND / THE COMPLETE END COLE AVE. -Remastered 2006


69年、AUD,音質DISC1.2は89点、DISC3.4は72点。なかなかのグレートアイテム。もともと、「LIVE AT END COLE AVE」と[THE FIRST NIGHT]という音源をセットにし4CDとして、おまけに「LIVE AT MAX'S KANSAS CITY」のミックス、編集違いを加えた6CDというものです。
正規で発売されている「MAX'S KANSAS CITY」がAUDですから、もう、聴いている感じは同じようなものです。
ただ、やや、音量が上下したり左右に振れるなどの些細な欠点はあるものの、「LIVE 1969」に使用されたライヴ・トラックの同日の完全収録として重要盤。ミックス・編集が違うようです。
DISC2の3-4はリハ?アコギでの「Rock'a'Roll」女性ボーカルとのデュエット?リハーサルっぽい演奏が延々。
DISC3/4のおとはややこもりがちですが、十分聴ける音、ボーカルがやや小さいですが、(すべて右に寄ってます)まあまあ。途切れやテープの痛みを感じる個所もありますが、雰囲気は最高。


[LIVE AT END COLE AVE]
(Disc 1): 01.I'm Waitting For The Man / 02.It's Just Too Much / 03.I'll Be Your Mirror /
04.Some Kinda Love / 05.Femme Fatale / 06.Beginning To See The Light / 07.I'm Set Free /
08.Afterhours / 09.I'm Sticking With You / 10.One Of These Days / 11.Pale Blue Eyes /
12.Ocean / 13.What Goes On / 14.Heroin
(Disc 2): 01.Sister Ray / 02.Lisa Says / 03.Rock'a'Roll / 04.Blue Velvet Jazz Jam

(Disc 1) Track:01~14 -Recorded Live at End Of Cole Ave.,Dallas,TX,USA 19th Oct.1969-
(Disc 2) Track 01 -Recorded Live at End Of Cole Ave.,Dallas,TX,USA 18th Oct.1969-
(Disc 2) Track 02~04 -Recorded Live on More Or Less In Those Days-

[THE FIRST NIGHT]
(Disc 3): 01.It's Just Too Much / 02.Waitting For The Man / 03.I Can't Stand It /
04.I'm Set Free / 05.Beginning To See The Light / 06.Ocean / 07.Venus In Furs /
08.What Goes On / 09.Heroin / 10.I'll Be Your Mirror / 11.Femme Fatale
(Disc 4): 01.Jesus / 02.Story Of My Life / 03.I Found A Reason / 04.Sunday Morning /
05.Afterhours / 06.Countess Of Hong Kong / 07.Ride Into The Sun /
08.Real Good Time / 09.I Found A Reason / 10.End Cole Ave Jam

(Disc 1 Track 01~Disc 2 Track 05) -Recorded Live at End Cole Ave.,Dallas TX.USA 27th Oct.1969-
(Disc 2) Track 06~09 -Acetate Demos Late 1969-
(Disc 2) Track 10 -Recorded Live at End Of Cole Ave.,Dallas,TX.USA Oct.1969-

  1. 2010/05/29(土) 21:33:29|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOSTON TEA PARTY 1969/ VELVET UNDERGROUND


'69年、AUD,音質、DISC1は74点。。音質はまあ、良いのですが、バランスに問題が。。ルーのギターのアンプ前にマイクを置いた??との記事も読んだような。まあ、そんな感じの音です。ボーカルがすべて小さいのが残念。DISC2は65点、全体に遠くエコーがかかってる感じ。DISC3は音質60点、これがギターアンプの前かな??歪んだギターが大きく、ボーカルがエコーがかかって遠くで聞こえます。
DISC4はさらにエコーが、何ををやっているかはまあわかります。ギターとボワーンとボーカルが聞こえ。。音質も55点?
まあ、純粋によい音質のLIVEが聴きたい人にはまるで駄目です。ヴェルベットというバンドの重要性を考えてどういう表現をしていたのか?という、資料ですね。DISC3/4を続けて聴くのはきついです。
しかしDISC2など、こんなキーボードの導入があったのねとか、DISC4の激しい演奏とか。。
しかし、流して楽しむようなものでもないです。中ではDISC2が1番きけますが。。。。微妙なところ。。そんなによい音源が転がっているバンドではないですが・・・・。。。




SCORPIO

DISC.1: JANUARY 10, 1969
01. Heroin
02. I'm Set Free
03. Run Run Run
04. Waiting For The Man
05. What Goes On
06. I Can't Stand It
07. Candy Says
08. Beginning To See The Light
09. White Light White Heat
10. Pale Blue Eyes
11. Sister Ray

DISC.2: MARCH 13, 1969
01. Move Right In* (JANUARY 10, 1969)
02. Heroin
03. Candy Says
04. Ferryboat Bill
05. Waiting For The Man
06. I'm Set Free
07. What Goes On
08. I Can't Stand It
09. Beginning To See The Light
10. Story Of My Life
11. White Light White Heat
12. Jesus
13. Sister Ray

DISC.3: MARCH 15, 1969
01. I Can't Stand It
02. Waiting For The Man
03. Ferryboat Bill
04. I'm Set Free
05. What Goes On
06. White Light White Heat
07. Beginning To See The Light
08. Jesus
09. Heroin
10. Sister Ray

DISC.4: JULY 11, 1969
01. Waiting For The Man
02. Jesus
03. Run Run Run
04. I'm Set Free
05. White Light White Heat
06. Candy Says
07. Pale Blue Eyes
08. Beginning To See The Light
09. Sister Ray
10. Candy Says** (March 15, 1969)


Lou Reed - Guitar, Vocals
Sterling Morrison - Guitar, Vocal
Doug Yule - Bass, Organ, Vocals
Maureen MOE Tucker - Drums, Vocals

  1. 2010/05/28(金) 22:30:41|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amsterdamned! / TOM WAITS


’04年、SBD,音質93点。素晴らしい音質のSBDです。これもMP3音源ぽいですがどこかでDLできるようなものなんですかね?バランス、音質ともに最高です。もともとBBCラジオショウ用に録音されたものらしく、SBDでなくても、高音質がほとんどですが、完璧に近い音質で最高です。
「REAL GONE」のツアーですねー。だからと言って「REAL GONE」からは・・まあ、毎日SETが変わるのでしょうからね。
新しめの曲が多いこの日、パーカッシブな「Hoist That Rag」の臨場感は凄いです。ジャジーな「Straight To The Top」もちょっとだけアレンジが違い、04年のLIVEが完璧な状態で聴けます。



Koninklijk Theater Carre, Amsterdam, NL Nov 21, 2004

Disc 1:
01. Hoist That Rag
02. Make It Rain
03. Jockey Full Of Bourbon
04. Don't Go Into That Barn
05. Sins Of The Father
06. ping pong ball story
07. Straight To The Top
08. God's Away On Business
09. Misery's The River Of The World
10. Alice
11. November
Disc 2:
01. Eyeball Kid
02. Walk Away
03  Metropolitain Glide
04. What's He Building (In There)?
05. Shake It
06. Audience
07. 16 Shells From A Thirty-Ought Six
08. Trampled Rose
09. House Where Nobody Lives
10. dead ringer story
11. Lucky Day

  1. 2010/05/27(木) 00:52:14|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE CENTER OF THE UNIVERSE / TOM WAITS


'99年、AUD、音質95点、バランス、音質も最高です。低音もびっしり入っており、ヘビーなSET LISTも手伝って、大迫力の音源です。「 BIG IN JAPAN 」など最高。ですが、マイクが近すぎるのか「16 SHELLS FROM A 30・6」だけは、低音が歪んでしまってます。あとは完璧に近いんですが。。
ただ、1曲がCDだし、曲が少ないですね。「JOCKEY FULL OF BOURBON」で、イントロであいさつして入りオープニングって感じだし、(ギターが目茶目茶かっこいい!)11.12はさいごっぽいし・・。短縮した LIVEだったんですかね?短いですが8のややひずみ以外は、最高の選曲、演奏です。


LIVE AT TEATRO COMUNALE,FLORENCE,ITALY ON JULY 24,1999

1 JOCKEY FULL OF BOURBON
2 EARTH DIED SCREAMING
3 JESUS GONNA BE HERE
4 GET BEHIND THE MULE
5 CHOCOLATE JESUS
6 HOLD ON
7 INNOCENT WHEN YOU DREAM
8 16 SHELLS FROM A 30-6
9 SHORE LEAVE
10 BIG IN JAPAN
11 (LOOKING FOR) THE HEART OF SATURDAY NIGHT
12 HOUSE WHERE NOBODY LIVES

  1. 2010/05/26(水) 00:06:01|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Glitter & Doom Tour Atlanta Show 2008/ TOM WAITS


’08年、SBD,音質93点。素晴らしい音質のSBDです。が、たいして支障はありませんが、曲間のトラック割の位置で音質が変化する感じからして、MP3音源ですね。どこかで流れてる音源なんでしょう。完璧なSBDのため臨場感もバランスも最高です。「Falling Down」はボーカルの迫力、メロの美しさで改めていい曲だなーと。
注目はアレンジの違う「Cemetery Polka」「'Til The Monkey Runs Out」もかっこいいです。名曲「Hang Down Your Head」もチトアレンジが違って、じわーっときます。スパニッシュのようなフレーズや見事に隙間に入り込むギター、ザッツ、エンターテイメント!!最後「Anywhere I Lay My Head」もなんの曲?最初はわからないぐらい崩してますが、良い感じ。感動の08LIVE。ただいまどきMP3音源てのがややひっかかりますが・・。。。





Glitter & Doom Tour, Fox Theatre, Atlanta 5th July 2008
Disc 1
01 - Intro
02 - Lucinda / Ain't Going Down To The Well
03 - Down In The Hole
04 - Falling Down
05 - Chocolate Jesus
06 - All The World Is Green
07 - Cemetery Polka
08 - Cause Of It All / 'Til The Monkey Runs Out
09 - Such A Scream
10 - November
11 - Hold On
12 - Black Market Baby
13 - 9th And Hennepin
14 - Lie To Me
15 - Lucky Day
Disc 2
16 - On The Nickel
17 - Lost In The Harbour
18 - Innocent When You Dream
19 - Hoist That Rag
20 - Make It Rain
21 - Dirt On The Ground
22 - Get Behind The Mule
13 - Hang Down Your Head
24 - Jesus Gonna Be Here
25 - Singapore 
26 - Eyeball Kid
27 - Anywhere I Lay My Head

  1. 2010/05/25(火) 20:33:44|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Heartattack and Vine / TOM WAITS

'80年、最後のアサイラム作品ですね。JAZZ色が薄れ、エレキギターが印象的な1で、今までとまた違うピアノやオルガンも目立血ますが、ROCKでもJAZZでもない、TOMの世界を確立したものなんですかね?
スプリングスティーンが自分の曲かの様に見事に歌う??名曲「Jersey Girl」、リッキーとのことを歌った?「Ruby's Arms」 超名作、RAIN DOGSに続きそうな「'Til the Money Runs Out」など、名作ぞろいですねー。

やっぱり、 「Jersey Girl」の澄み切ったリマスター音源は、チキンスキンです。  

1. Heartattack and Vine 
2. In Shades 
3. Saving All My Love for You 
4. Downtown 
5. Jersey Girl 
6. 'Til the Money Runs Out 
7. On the Nickel 
8. Mr. Siegal 
9. Ruby's Arms 
  1. 2010/05/24(月) 10:56:15|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blue Valentine / TOM WAITS

'78年、JAZZYな雰囲気漂う、6作目ですね。あまり代表作に挙げる人は少ないかもしれませんが、LIVEでの重要曲、2.3.5.8.10など、これも佳作がそろってます。大好きな「29ドル」映像を見ているかのような歌詞の世界は、絶好調で「ミネアポリスの女からのクリスマス・カード」は、映画に出てくるあばずれ女の会話がそのまま、みたいな。大人の世界。。
演奏も素晴らしく、ギタリストなど詳しく知りませんが、曲ごとに違っていたりしますが、凄い演奏です。
もともと、ひどいマスターだった感じでもないですが、比べると2010マスターは粒の細かさが違います。「Red Shoes」のイントロなんかね。
別にそれほどひねった邦題でもないですが、物語の目次みたいです。
 
1. サムホエア  
2. ドラッグストアの赤い靴
3. ミネアポリスの女からのクリスマス・カード    
4. 血だらけのロミオ 
5. 29ドル
6. ロング・サイド・オブ・ザ・ロード    
7. 墓場からの口笛  
8. ケンタッキー・アヴェニュー   
9. かわいい小さな弾丸   
10. ブルー・ヴァレンタイン

1. Somewhere [From West Side Story] 
2. Red Shoes by the Drugstore 
3. Christmas Card from a Hooker in Minneapolis 
4. Romeo Is Bleeding 
5. $29.00 
6. Wrong Side of the Road 
7. Whistlin' Past the Graveyard 
8. Kentucky Avenue 
9. Sweet Little Bullet from a Pretty Blue Gun 
10. Blue Valentines 
 
  1. 2010/05/23(日) 00:18:21|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Foreign Affairs / TOM WAITS

TOMのアルバムの中では知名度は低いですかね?5THアルバム。シングルむきの曲はないので。また、リマスターの感じも出にくい?音のような?LIVEでよく演奏された2.3.4.6.7.など完成度は低くはないですが、地味は地味?
「Medley: Jack & Neal/California, Here I Come」なんか好きです。リマスターされて結局全部買ったんですが。。 
しかし、TOMの世界観を確立してきたとき?JAZZもFOLKもそのまま出てこない感じ??


1. Cinny's Waltz 
2. Muriel 
3. I Never Talk to Strangers 
4. Medley: Jack & Neal/California, Here I Come 
5. Sight for Sore Eyes 
6. Potter's Field 
7. Burma-Shave 
8. Barber Shop 
9. Foreign Affair 
  1. 2010/05/22(土) 00:09:35|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Small Change /TOM WAITS

リマスターされた27歳のTOMの4THアルバム。(笑)どんな27歳なんだ。。これも名曲ぞろいですね。LIVEであまり見掛けたことのない、「Bad Liver and a Broken Heart」以外はLIVEでも定番?名曲(Tom Traubert's Blues)JAZZYな「Step Right Up」リマスターされた音はLPに近いですかね。違和感はないです。
「ピアノが酔っちまった」という邦題の5も最高です。7の「ペイスティとGストリング」もLIVEでよくやった曲。TOM以外にはできないんじゃ??
これもローリングストーン誌では5つ星中、4とかでしょうが。。。。どこにケチがつくのか??
 
 

1. Tom Traubert's Blues (Four Sheets to the Wind in Copenhagen) 
2. Step Right Up 
3. Jitterbug Boy 
4. I Wish I Was in New Orleans 
5. Piano Has Been Drinking (Not Me) 
6. Invitation to the Blues 
7. Pasties and a G-String 
8. Bad Liver and a Broken Heart 
9. One That Got Away 
10. Small Change 
11. I Can't Wait to Get off Work 
  1. 2010/05/21(金) 01:35:02|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nighthawks at the Diner / TOM WAITS


'75年、3rdアルバム、LIVE盤だったので、LP当時はかなり後半にコレクションに加わった気がします。しかし、LIVE盤といっても、すべて新曲になり、LIVEでの重要曲が並んでいます。
3人のJAZZ??ミュージシャンをバックに、TOMのピアノやギターのみと言うシンプルな構成で、ボーカルの威力が目立ちます。ウッドベースの生々しい音もリマスターされて蘇りました。
かっこいい「Emotional Weather Report」歌詞が大好きです。
最近のLIVEではあまり聴けない曲ばかりですねー。ビール瓶?のぶつかる音までよい効果音です。なんだかんだいって、1番すきなアレンジの「Big Joe and Phantom 309」、ドラマの台本のような展開の物語、Big Joe and Phantom 309 はほんとにあるの?? 
 

1. Opening Intro 
2. Emotional Weather Report 
3. Intro 
4. On a Foggy Night 
5. Intro 
6. Eggs and Sausage (In a Cadillac with Susan Michelson) 
7. Intro 
8. Better off Without a Wife 
9. Nighthawk Postcards 
10. Intro 
11. Warm Beer and Cold Women 
12. Intro 
13. Putnam County 
14. Spare Parts I (A Nocturnal Emission) 
15. Nobody 
16. Intro 
17. Big Joe and Phantom 309 
18. Spare Parts II and Closing 
  1. 2010/05/20(木) 01:10:26|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Heart of Saturday Night / TOM WAITS

これもリマスターできっちり輪郭が出たという感じで、良いリマスターだと思います。リマスターも一時期は堅い、いやな音作りもありましたが、最近はナチュラル?
このアルバムも、LIVEで演奏された曲が多く超名盤ですね。ウッドベースがビンビンに鳴り響く「Diamonds on My Windshield」を最初に聴いたときは衝撃でした。ROCK?,フォーク?の人のアルバムで

こんな演奏を聴くとは思ってなかったガキの頃。もちろんエレキでですが、ベースをコピーして満足してました。
タイトルがもう良いですね。Napoleone's Pizza Houseはトムの原点?バイトで見た夜の街がこの世界を作り上げてるんですかね。。。
ジャケも良いし。 すべて名曲の凄い名盤。
 
1. New Coat of Paint 
2. San Diego Serenade 
3. Semi Suite 
4. Shiver Me Timbers 
5. Diamonds on My Windshield 
6. (Looking For) The Heart of Saturday Night 
7. Fumblin' With the Blues 
8. Please Call Me, Baby 
9. Depot, Depot 
10. Drunk on the Moon 
11. Ghosts of Saturday Night (After Hours at Napoleone's Pizza House) 
  1. 2010/05/19(水) 00:58:34|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLOSING TIME / TOM WAITS

やっとリマスター、紙ジャケで登場ですね。紙ジャケが別に好きでもない私。。なんか扱いに気を使う。ジャケに傷つけたくない。CDがつり出しにくい・・。。などがあり。。しかし、TOMのCDは紙ジャケのが何となくあってるような気gはします。ハートアタック・アンド・ベインをオンタイムで聴いて、好きになり、調べて買ったのが超名盤のこの1ST。しかし、しかし、すでにだみ声を出していたTOM、なんか、こんな綺麗なんだ、という感想でした。しかし名曲ぞろい。「Old Shoes (& Picture Postcards) 」は大好きで、出会ってからあまり聴かなかったことがない曲。もちろん「Ol' 55」や他の名曲たちも。。聴き続ける名盤。。 このころの邦題もいいですねー。

 
1. オール’55   
2. 恋におそれて    
3. ヴァージニア・アヴェニュー   
4. オールド・シューズ   
5. ミッドナイト・ララバイ   
6. マーサ   
7. ロージー   
8. ロンリー 
9. アイス・クリーム・マン   
10. 愛の翼    
11. グレープフルーツ・ムーン  
12. クロージング・タイム 
  1. 2010/05/18(火) 00:13:57|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

They Ain’t the Only Ones / ERIC CLAPTON


'77年、AUD,音質87点、音も近くバランスも良い音源でとても聴きやすいです、ただし微妙にですがテープの痛みは感じます。が、この日の音源は他でも結構出ており、その中では最良か??ドラムまできっちり録音されており77年の録音としては優秀です。演奏もなかなかで、アルチュウ中のわりには調子が良いかもしれません。(笑)ただ「Tell the Truth」はどちらかわかりませんが、ん??となる個所が。。「Key to the Highway」のギターの絡みは魅力的!「Badge」のソロも綺麗に流れ77年の代表格でしょうか。
しかし、ECもこんなスパーマリオみたいな髭の時があったんですね。77年はひげが長いですが、特に長い。。
ぱっと見、誰だかわからない・・・・


Beano 013

Eppelheim, Heidelberg, Germany June 17, 1977

Disc 1:
Hello Old Friend
Sign Language
Alberta
I Shot the Sheriff
Knockin' On Heaven's Door
Tell the Truth
Can't Find My Way Home
Key to the Highway
Badge

Disc 2:
Nobody Knows You
Have You Ever Loved a Woman
Steady Rollin' Man
Layla
Further On Up the Road

  1. 2010/05/17(月) 00:02:25|
  2. ERIC CLAPTON 75~79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Beck’s Aria In Japan the 2nd half(VOL3) / Jeff Beck


'10年、日本公演、(DISC5.6)音質98点、何もケチのつけようのない素晴らしい音質です。実際に見た公演ですが「Hammerhead」なんか良かったです。変わり映えしないと思っていた「A Day In The Life」もこの日の出来は素晴らしく、やってくれてありがとうでした。「Angel」は最近遊びがちのフレーズが多い?
よく奏法が突然変われると思う象徴のロカビリー「How High The Moon」この日も素晴らしい。
この日は最期は「Cause We've~」でしたが、何か今までと1番違いを感じるのは、よりソフトなところと
激しいところの強弱が強くなった感じですねー。アンコールに浸ったLIVEをお思い出してまた浸れます。


International Forum, Tokyo, Japan 13th April 2010


<Disc 1>
01. opening
02. Eternity's Breath
03. Stratus 04. Led Boots
05. Corpus Chisti Carol
06. Hammerhead 07. Mra Na h'Eireann
08. Bass Solo
09. People Get Ready
10. Rollin' & Tumblin'
11. Never Alone
<Disc 2>
01. Big Block
02. Over The Rainbow
03. Blast From The East
04. Angel (Footsteps)
05. Dirty Mind (incl. Drums Solo)
06. Brush With The Blues
07. (I Want To Take You) Higher
08. A Day In The Life encore #1;
09. How High The Moon
10. Nessun Dorma encore #2;
11. Cause We've Ended As Lovers

  1. 2010/05/16(日) 01:09:15|
  2. JEFF BECK 10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Beck’s Aria In Japan the 2nd half(VOL2)/ JEFF BECK


'10、来日公演、DISC3.4。International Forum12日です。音質92点、やや、距離がありますが、まあ高音質です。今回通して凄くバンドがまとまっていて良い演奏です。やっぱりナラダの影響でしょうか??
「Led Boots」のブレークのたびに、ホーとかいう変な感じがなじめません(爆)それと、チョッパーが
多すぎて。。。タラちゃんのほうがベースは好きですわ。。。この日の「People Get Ready」のアドリブが素敵です。(I Want To Take You) Higherでのべチべチベースはあんまり。。。ドラムは最高に良いですーー。「A Day In The Life」の後半のドラムもこの間までドラムがうるさすぎて嫌いでしたが・・ははは。最高のドラムが聴けた気がします。途中のギターのフレーズ、かっこいいです。
アリガトーとここでいつも入ります。レスポールのためにと言い始まる、「How High The Moon」なんかミックジャガーと違い、ECや、BECKはもう訛りがなく、日本のおじさん??
この日は「Nessun Dorma」で穏やかに終了?




International Forum, Tokyo, Japan 12th April 2010

<Disc 1> 01. opening 02. Eternity's Breath 03. Stratus 04. Led Boots 05. Corpus Chisti Carol
06. Hammerhead 07. Mra Na h'Eireann 08. Bass Solo 09. People Get Ready 10. Rollin' & Tumblin'
11. Never Alone
<Disc 2> 01. Big Block 02. Over The Rainbow 03. Blast From The East 04. Angel (Footsteps)
05. Dirty Mind (incl. Drums Solo) 06. Brush With The Blues 07. (I Want To Take You) Higher
08. A Day In The Life encore; 09. How High The Moon 10. Nessun Dorma

  1. 2010/05/15(土) 00:50:54|
  2. JEFF BECK 10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Beck’s Aria In Japan the 2nd half(VOL 1) / Jeff Beck


'10、来日公演、JCB Hallの10日です。6枚組DISC1.2。音質96点、音が近く迫力満点です。ECとの時は短い短縮ステージなのでこんな選曲かなーと思いましたが、ブロウバイ、ワイアード、ゼア、からほとんど入らないのは結構意外でした。
この日は実際に見ましたが、 「Led Boots」はやっぱり最高でした。 (I Want To Take You) Higher は
やはりBECKの要望だったんですね。しかしカバーがすごく増えました。SET LISTもっといじってほしいですけどね。。「Corpus~」の美しいトーンの後の「Hammerhead」効きます。。。ECとのライブから1年ほど、こんなにすぐ見れるとは思いませんでしたが、素晴らしいショウの一言。



JCB Hall, Tokyo, Japan 10th April 2010
<Disc 1>

01. opening
02. Eternity's Breath
03. Stratus 04. Led Boots
05. Corpus Chisti Carol
06. Hammerhead
07. Mra Na h'Eireann
08. Bass Solo
09. People Get Ready
10. Rollin' & Tumblin'
11. Never Alone

<Disc 2>
01. Big Block
02. Over The Rainbow
03. Blast From The East
04. Angel (Footsteps)
05. Dirty Mind (incl. Drums Solo)
06. Brush With The Blues
07. (I Want To Take You) Higher
08. A Day In The Life encore #1;
09. How High The Moon
10. Nessun Dorma encore #2;
11. Cause We've Ended As Lovers

  1. 2010/05/14(金) 00:05:38|
  2. JEFF BECK 10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOVE BACK / VELVET UNDERGROUND & NICO



'66年、AUD,音質70点。ベルベットのLIVE音源です。ニコ在籍時の唯一のライヴ音源である1966年11月4日のオハイオ公演だそうです。
「後年のクラブ・バンド化したライヴ・スタイルからは想像出来ない、本当のヴェルヴェットの魅力、ニコのVo.を体現するならこれオンリー。しかもウォーホール公認の上で、リール・テープ・レコーダーを持ち込んで録音した為、これ以上のクオリティーは望めない最上級の音質。説明不要のVUファン・マスター・ピース!!」
と、店の説明に書かれてます。66年のAUDですから、こんなものでしょう。バランスはまあ良いです。66年に何が起こっていたか、どういう演奏だったのか十分楽しめるものです。1曲目30分弱のフィードバックのかなたから後半曲が始まります。66年のオーディエンスには、前衛的すぎて未知の世界だったのか??しかし、今聴いても、、、20数分の66年版メタルマシンミュージックはきついです。(爆)しかしその後語は素晴らしい。
「Femme Fatal」ルーが歌う「Venus In Furs」「All Tomorrow' Parties」の怪しさも。ややテープに痛みが感じられますが、そこは66年。あるだけで凄いです。5は本当にルーのおしゃべり。「Lou Says」という曲ではありません。
そしてDISC2は、1STをそのままLIVE再現という感じで、音もアレンジも同じ感じ「The Nothing Song」はまるで、ベルべット版ジュジュカ?30分以上、同じようなリフ、フィードバックするギター?雑音のように切り裂くバイオリン・・・楽器のように流れるニコのボーカル、ベルベットの世界がもう完成しています。なんか続けてと聞いてると、リフが頭に変に残ります。PILのメタルボックスのように。。なんだその例え・・。。。。
1STの雰囲気のまま、LIVEで再現された凄い音源。凄いですねー。。。。。。。。。


Recorded Live at Valleydale Ballroom,Columbus,Ohio,USA 4th November 1966-


(Disc 1): 01.Melody Laughter / 02.Femme Fatal / 03.Venus In Furs /
04.The Black Angel's Death Song / 05.Lou Says / 06.All Tomorrow' Parties
(Disc 2): 01.I'm Waiting For The Man / 02.Heroin / 03.Run Run Run / 04.The Nothing Song

  1. 2010/05/13(木) 01:05:25|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NYCH IN NYC / NEIL YOUNG & THE CRAZY HORSE


'76年、AUD,音質73点。安定した音で、オーディエンスノイズもそれほど拾わず、良い感じです。クリアーさがもっとあれば最高ですが、まあまあの音質で聴きやすい音源です。この日はアコースティクセットが、やや変わっていて楽しめます。ドカーンという迫力はありませんが、「Country Home」からのエレクトリックも聴きやすい音質です。
後半はピアノの「After the~」をはさみますが、アドリブのフレーズもなかなか良く、「Cinamon Girl」の迫力ある演奏が好きです。最後は、エレキでの「Helpless」リバーブギターソロが響き渡ります。
まったりするCD。 おまけは60点くらいの音質。

live at the Palladium, New York City,
NY 11/20/1976 early show


DISC 1
1.Audience
2.Mister Soul
3.Old Laughing Lady
4.Pochahontas
6.Mellow My Mind(aborted)
7.Mellow My Mind
8.The Needle and
the Damage Done
9.Roll Another Number
10.A Man Needs a Maid
11.Sugar Mountain
12.tuning
13.Country Home
14.Don't Cry no Tears


DISC 2
1.Down by the River
2.Bite the Bullet
3.Lotta Love
4.Like a Hurricane
5.After the Gold Rush
6.Cortez the Killer
7.Cinamon Girl
8. Helpless
9.Cowgirl in the Sand #
10.Peace of Mind #

#=live at Berkeley Community Theater, CA 11/2/1976 early show

  1. 2010/05/12(水) 00:22:00|
  2. NEIL YOUNG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MISSING NIGHT (VOL 2)/ ERIC CLAPTON


'81年、AUD、音質76点、愛知とのカップリング、4CDのDISC 3.4desu.大阪公演です。こちらはなかなかの音質で聴きづらさもなく、ややテープノイズが感じるくらいで、バランスも良く録音されてます。ただ、やや音源が遠い感じでギターのバッキングなどはクリアーさに欠けます。
愛知をおまけと考えれば、まあ。演奏に関してもこちらのほうがよい感じ、しかしトラウマか「 Layla」の最後はとちります。前の日の悪夢を思い出したか。。ははは。
「Ramblin'~」のブルースメドレーは、じっくり弾きこんで良い感じ。これは良い演奏!
貴重な音源ですが、是非にと推薦するほどではないですね。ははは。。


Live at Festival Hall, Osaka, Japan 1st December 1981

Disc 3
1. Tulsa Time 2. Lay Down Sally 3. Wonderful Tonight 4. After Midnight 5. I Shot The Sheriff
6. A Whiter Shade Of Pale 7. Setting Me Up

Disc 4
1. Another Ticket 2. Blues Power 3. Badge 4. Motherless Children
5. Ramblin' On My Mind / Have You Ever Loved A Woman 6. Cocaine 7. Layla 8. Member Introduction
9. Further On Up The Road

Eric Clapton : Guitar & Vocals Albert Lee : Guitar & Vocals Dave Markee : Bass
Henry Spinetti : Drums Chris Stainton : Keyboards Gary Brooker : Keyboards & Vocals

  1. 2010/05/11(火) 00:42:22|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MISSING NIGHT(VOL 1)/ ERIC CLAPTON


'81年、AUD,音質69点、愛知厚生年金会館公演は、音源がなかったかもしれないですね。優良音源が出だ
した80年、81年、もともと音源が極端に少ない時期だったので昔に比べれば・・・ですが、このやや音源は聴きづらいです。すべての曲に録音機のリミッターがかかりイントロだけ良い音で演奏が始まると、音が細くなり、「Layla」はなどは、マイクを置いて録音しているのか、マイク自体の振動音を拾ってしまっています。「 Cocaine」は少し音質が落ち、 「Layla」以降は別の音源も収録されています。こちらもややこもっていますが、差替えでよかったんじゃないかという感じで音はこちらのほうがまだいいです。
しかしその「Layla」・・・超ヘッポコ?演奏で笑えます。。はずれた後も立ち直れずに、逆に珍しい
レアな演奏で。。20秒間ぐらい笑えます。(爆)
日本でのみの演奏?「Another Ticket」がありますからね、気になる音源です。この日のはやけにしっとり。
「Layla」以外はまあまあの演奏で、レア度は高いですが、音質はやや落ちますね。カップリングのDISC 3.4の大阪に期待で、続きます。


Live at Koseinenkin Kaikan, Aichi, Japan 30th November 1981

Disc 1
1. Tulsa Time
2. Lay Down Sally
3. Wonderful Tonight
4. After Midnight
5. I Shot The Sheriff
6. A Whiter Shade Of Pale
7. Setting Me Up

Disc 2
1. Another Ticket
2. Blues Power
3. Badge
4. Motherless Children
5. Ramblin' On My Mind
  / Have You Ever Loved A Woman
6. Cocaine
7. Layla
8. Member Introduction
9. Further On Up The Road

Bonus Tracks: Different Source

10. Layla
11. Member Introduction
12. Further On Up The Road

  1. 2010/05/10(月) 02:32:58|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEWCASTLE 1980 / ERIC CLAPTON




’80年、音質75点、Just One Night U.K.のツアー、レア音源です。ボーカルがよく聞こえるのにほかが小さかったり、ギターがやや聞こえ辛い時があったり、微妙に安定感は?ですが、この時期の音源はなかなか少ないですし、万人向けではありませんが、(だいたいBOOTが万人向けではないのはわかってます。それくらいは。。(爆)なかなかの音質です。「Rambling On~」がフェードインですが少しで、ほぼ完全収録、ボツ曲、「Home Lovin'」が目玉ですかね。 Gary Brookerのコーラス?が効いているかんじで、今聴くとステーブウィンウッドにも似てる声ですね。コーラスがないと厳しい曲そうだし、ボツ曲、「TURN UP DOWN」収録曲なので、もうやることもないでしょうね。 Thunder And Lightning」も演奏してるし、ギターソロはアルバート?「Leave The Candle」という曲も。カントリー調、Gary Brookerと歌ってる?これも、ギターソロはアルバート?レアレアLIVEです。
ギターソロ、音質も良いです、「After Midnight」のソロなども好調。
なかなかの音質の珍しい音源。なかなかのものです。レアもの好きにはたまらないでしょう。。。
ブートらしいレアが聴ける優秀盤。




Live at Newcastle City Hall, Newcastle, UK. 7th May 1980


Disc 1
1. Tulsa Time
2. Early In The Morning
3. Lay Down Sally
4. Wonderful Tonight
5. Country Boy
6. Thunder And Lightning
7. Blues Power
8. All Our Past Times
9. Setting Me Up
10. Leave The Candle
11. If I Don't Be There By Morning

Disc 2
1. Rambling On My Mind / Mean Old World / Have You Ever Loved A Woman
2. Home Lovin'
3. After Midnight
4. Cocaine
5. Member Introduction
6. Further On Up The Road



Eric Clapton - Guitar & Vocals Albert Lee - Guitar & Vocals Dave Markee - Bass
Henry Spinetti - Drums Chris Stainton - Kyboards Gary Brooker - Keyboards & Vocals

  1. 2010/05/09(日) 00:14:13|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RENDEZVOUS AT MIDNIGHT / TOM WAITS


'78年、'79年、SBD。TVショウ音源。1-6は音質95、79の7-11はビデオ落としですかね?ノイズとヨレ、
途切れがあり80点ぐらい。凄いジャケ・・・。。「LOOKING FOR~」は7分以上しゃべり続け後に(笑)
TOMらしいショウです。「DIAMOND~」はベースが入るバージョン。79年のものはDVDもありますし、
途切れもありあまり。。おまけと言う感じ。78年の前半は最高です。



Eggs and Sausage
Diamonds on my Windsheild
Every Time I Hear This Melody
Better Off Without a Wife
(Looking For) The Heart Of Saturday Night
San Diego Serenade
Summertime
Annnie's Back in Town
On The Nickel
Romeo's Bleeding
Xmas Card From A Hooker In Minneapolis

  1. 2010/05/08(土) 12:37:15|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Final Show / ERIC CLAPTON


'08年、AUD、音質79点、音はまあまあよく録れてます、屋外で音が散りがちで、風の音も拾ってます。
まあ、聴きづらいレベルではないし、バランスもよし、ギターの音もぶっとく絡んでます。ただ、後半は
気になる風の音があり。。。音はまあまあですが、風音で減点な感じです。しかしこのジャケは・・・・BFの店員の趣味??しょうもない・・・
しかし中身・・・演奏は素晴らしく熱いです。「Little Wing」のイントロから感動してしまいました。
「Outside Woman Blues」「Double Trouble」気合の入りようはかなりのものです。
こんな熱い演奏は08でも最高位です。Little Wing!!!!!

MVR Special Sampler??なんだかありますね。たまに。サンプラー????
。。。

Live At Nikon Jones Beach Theater, Wantagh, NY June 5, 2008


Disc 1
1. Introduction 
2. Tell The Truth 
3. Key To The Highway
4. Hoochie Coochie Man 
5. Little Wing 
6. Outside Woman Blues
7. Double Trouble 
8. Don't Knock My Love 
9. Ramling On My Mind
10. Rockin' Chair 
11. Motherless Child 
12. Travelling Riverside Blues 
13. Running On Faith 

Disc 2
1. Motherless Children 
2. Little Queen of Spades
3. Before You Accuse Me 
4. Wonderful Tonight 
5. Layla 
6. Cocaine
7. Got My Mojo Working (w/ Robert Randolph)

  1. 2010/05/07(金) 02:31:26|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Turn Up Down / ERIC CLAPTON


これもMID VALLEYの同タイトルとかぶりますが、音質は同等、88点くらいですかね。ジャケ裏には13曲と書かれていますが、12曲ですね。また、1曲目は入れる必要があるのかよくわからないインスト。「Thunder and Lightning」もただのブルージーなインストでLIVEで演奏してる「Thunder and Lightning」ではありません。「Thunder~」のインスト?
いや短すぎてわかりません。。MID VALLEYと結局同じです。。。そういえばこのEC IS HEREとういうCDも、24BIT MASTERINGと書かれてるんですね。冗談もほどほどに・・・・
でも、収録曲は良いですね。「Rita Mae」は正規テイクのほうが良いですが、81年のLIVE演奏はこんな感じのほうが近いですね。

March - April, 1980 - Surrey, UK

Track List:
1) Blues Instrumental
2) There Ain't No Money
3) Game's Up
4) Rita Mae
5) Freedom
6) Evangelina
7) Home Lovin'
8) Hold Me Lord
9) Something Special
10) I'd Love to Say I Love You
11) Catch Me if You Can
12) Thunder and Lightning


lists this title as having 13 tracks, as does the back cover

  1. 2010/05/06(木) 00:33:57|
  2. ERIC CLAPTON OUTTAKES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Just Four of Us / ERIC CLAPTON


'87年、SBD,音質95点、超高音質SBDですね。DISC1のイントロあたりに歪んだような?ビチビチという音が若干入りますが、始まってからは問題ないようです。正規盤のための音源のような、整理された音で87の表盤でしょうか?シンセサイザーやコーラスで非常に音がぶあついぶん、スタジオ録音みたいですが。。
コーラスまで右や左からサラウンドのように飛び交うので、オフィシャル盤の没テイク???「Wonderful Tonight」のアレンジがきれいで、1人でのプレイでの違和感はありませんねー。「Holy Mother」も完璧、「Badge」の隙を見せないギターソロは、1人であるがゆえの緊張感ですかね。
翌日の27日もSBDで「MSG」などのタイトルを2月に載せてますが、これは別格?冒頭のビチビチ・・・他もよく聴けば入ってる程度の歪み感はあるものの大迫力な音の87年代表盤。「Cocaine」の前のベースソロがリアルすぎです。。。
しかし・・・ジャケ写もコリンズの影響??



Eternal Records


Providence, RI - April 26, 1987

Disc 1:
1) Crossroads
2) White Room
3) I Shot the Sheriff
4) Hung Up On Your Love
5) Wonderful Tonight
6) Miss You
7) Same Old Blues


Disc 2:
1) Tearing Us Apart
2) Holy Mother
3) Badge
4) Cocaine
5) Layla
6) Further On Up the Road
7) Sunshine of Your Love

  1. 2010/05/05(水) 10:00:47|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ONE NIGHT STAND / TOM WAITS


'76年、SBD,??ですかね、または、最高音質のAUD,音質97点。ジャケ裏にBROADCAST LIVEと書かれているので、ラジオショウですかね。どちらも音質は酷似していて、目の前で演奏してるようなド迫力で、臨場感もあります。
この時期は、かなりジャジーなLIVEで、いつもと同じ感じは、「Emotional Weather Report」「The Piano Has Been Drinkin'( Not Me)」なんかですね。 「Depot Depot」は2回入りますが、オリジナルとは違う感じですね。76と77ですがこのアレンジは似てます。また、日付もどこからが76かがよくわかりませんが歓声の途切れる 「Depot Depot」から77ですかね?
場所も「LIVE AT AGORA OHAIO 1976&1977」と書かれているだけで、よくわかりませんが、素晴らしい音質、臨場感、パフォーマンスです。



Skydisc Records

LIVE AT AGORA OHAIO 1976&1977

Standing On The Corner

I Never Talk To Strangers
The One That Got Away
Depot Depot
Jitterbug Boy
Fumblin With The Blues
The Piano Has Been Drinkin'. Not Me

Depot Depot
Jitterbug Boy
Emotional Weather Report
San Diego Serenade
The One That Got Away

  1. 2010/05/04(火) 01:05:33|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AT THE CIRKUS / TOM WAITS


'99年、AUD,音質98点、高音質です。これ以上ないという録音で最高の臨場感を味わえます。さすがCrystal Catという感じです。Crystal CatはAUD音源専門?で、最高の音源を出すレーベルですね。このツアーは、アコーディオン、ベース、ギター、バンジョー、オルガン、ドラムなど、トムのフル装備?バンド
ですから、最高の演奏です。「hold on」 「hang down your head」!!感動の演奏、「16 shells~」
のかっこよさ、「 house where nobody lives」「 who are you」など新しめ?のバラードがたっぷり。
あと、「goin' out west」最高です。2時間以上完全パック。


Live At Cirkus, Stockholm, Sweden
July 14, 1999

Disc One (78:34)

Lucky Day overture
~step Right Up
black rider
jockey full of bourbon
jesus gonna be here
get behind the mule
walk away
chocolate jesus
hold on
eyeball kid
what's he building
a little rain
invitation to the blues
hang down your head
tango till they are sore
innocent when you dream
16 shells from a thirty-Ought six
Disc Two (78:30)

shore leave
pony
filipino box spring hog
come on up to the house
house where nobody lives
singapore
the heart of saturday night
goin' out west
i can't wait to get off work
picture in a frame
who are you
heartattack and wine
time
chocolate jesus

  1. 2010/05/03(月) 21:16:56|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DOWNTOWN BLUES /TOM WAITS


'74年、SBD,音質90点、おまけ?の75年も高音質です。この音源は数回にわたりタワーレコードなどで発売されたブート?「DIME STORE NOVELS VOL1」というCDと74年部分は同じです、あちらはイコライジングをし、曲間を切ったりしてますが、「Big Joe~」など、フェードインなどは同じですね。
初期のピアノとギターの演奏はもう最高です。「Diamonds~」はボーカルのみ、途中からフィンガースナップ での演奏。かっこいい!Big Joe~Truck Driving Man~Ol '55 なんてたまりません。
75年の音源はデンバーと書かれているのみですが、気の効いた選曲。名盤中の名盤。最高です。



BigMusic

Ebbets Field, Denver, CO
October 8, 1974

Hope that I don't fall in love for you
San diego serenade
Good Night Loving Trail
Diamonds On My Windshield
Ice Cream Man
Please Call Me Baby
Better Off Without A Wife
The Ghost Of Saturday Night
Big Joe & Phantom 309
Truck Driving Man
Ol '55
On A Foggy Night
Martha

Ebbet's Field, Denver, CO
February 19 ? , 1975



Eggs & Sausage
New Coat Of Paint
Nighthawk Postcards
Looking For The Heart Of Saturday Night
Ice Cream Man
San Diego Serenade
Ol '55

  1. 2010/05/02(日) 00:05:03|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (57)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (73)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (21)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (15)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (22)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (30)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (115)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (3)
ある日の日記 (144)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR