SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

AUGMENTED THE CORE BAND /ELVIS COSTELLO


'84年、SBD、音質75点、バランスは良い放送音源なのですが、なぜか、コンプレッサーを通したような高音が詰まった感じになってるのがやや気になります。この時期のアトラクションズはサックスにゲイリー・バーナクルという人が参加して、興味深いです。R&Bっぽいアレンジの表現がしたかったんでしょうねー。バーズの「So You Want To Be a Rock And Roll Star」をやっております。パンク版て感じです。
「Shipbuilding」も聴けます。音は完ぺきとは言えませんが、ラジカセ程度で聴くなら、それほど問題ありません。アトラクションズ84年!


Live At Hammersmith Palais, London October 8th 1984

DISC
ONE:01. Let Them All Talk/02. The Greatest Thing/03. Mystery Dance/04. Shabby Doll/
05. Girls Talk/06. You Belong To Me/07. Worthless Thing/
08. So You Want To Be a Rock And Roll Star/
09. I Wanna Be Loved/10. Sour Milk Cow Blues/11. Watching The Detectives/
12. Shipbuilding/13. Waiting For The End Of The World//14. Beyond Belief/15. Clubland

DISC TWO:
01. Peace In Our Time/02. Everyday I Write The Book/03. The Only Flame In Town/
04. Getting Mighty Crowded/05. Pump It Up

スポンサーサイト
  1. 2010/06/30(水) 20:58:16|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAJESTYS PLEAUSURE /ELVIS COSTELLO


'99年、SBD、音質90点、ラジオ音源をそのままCD化したという感じで、何も問題ありません、Steve Nieveというピアノの人が途中まで参加したLIVEのようです。DISC2の6まで参加のようです。そこまでは、アコースティックなLIVEが展開されます。アレンジはそれほど違いませんが、ぐっと大人のロックという感じです。
あたらしめの曲が多く「VERONICA」などのヒット曲もはさみ、展開されていきます。「EVERT DAY I WRITE THE BOOK」などもいい感じ。高音質で大人のロックを聴ける優良盤です。

FEB.19.1999 SYDNEY

DISC 1

RED SHOES
TALKING IN THE DARK
LOVE FIELD
MAN OUT OF TIME
TPLEDO
MY THIEF
GIRLS TALK
INDOOR FIREWORKS
RADIO SWEETHEART~JACKIE WILLSON SAID
GOD'S COMIC~LAST TRAIN TO CLARKSVILLE
VERONICA
IN THE DARKEST HOUR

DISC 2

I DON'T WANT TO GO TO CHELSEA
TOWN CRYER
BABY PLAY AROUND
PASSIONATE FIGHT
PAINTED FROPM MEMORY
THE OTHER END OF THE TELESCOPE
THIS HOUSE IS EMPTY NOW
WATCHING THE DETECTIVES
PUMP IT UP
EVERT DAY I WRITE THE BOOK
ACCIDENTS WILL HAPPEN
24HOURS FROM TURSA
I STILL HAVE THAT OTHER GIRL
BLUE CHAIR
SHALLOW GROVE

  1. 2010/06/29(火) 01:23:08|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anybody wanna swallow me?/ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS


'94年、SBD、音質84点、ボード直のような音で音質はかなりの高音質ですが、高音がきついの少しとベースがやや小さいので音質の評価下がりますが、「Buddy Holly On Acid」とかなりにかよった音で、そのコンプリート版かと思いましたが、演奏もMCもまったく違いました。再結成?アトラクションズとのLIVEを高音質で、完全版?で聴けるのはうれしいことです。
選曲も新曲と初期の曲で固められていて、うれしい音源です。「London`s Brilliant Parade」のアレンジや音も、Buddy Holly~とそっくりでアレンジの感じは固まってたんですかね?全体的にギターが激しく出てるのも特徴か??
最後2曲は乗りすぎ?激しいです。最後「Pump It Up」の終わり部分になんだか古いレコードのような、女性ボーカルみたいな声がかぶります。なぜ??
演奏は勢いがあり、スローな曲は音もきれいで言う事なしです。良いLIVEですなーーー。
音もでかい音で聴かなければ最高で優良盤。



Central Park
New York City, NY, USA. 8th June 1994

Disc One
1 INTRO
2 No Action
3 The Beat
4 Honey, Are You Straight Or Are You Blind
5 Pony Street
6 Beyond Belief
7 Sulky Girl
8 London's Brilliant Parade
9 Deep Dark Truthful Mirror
10 You Tripped At Every Step
11 (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
12 New Lace Sleeves
13 Clown Strike

Disc 2
1 Kinder Murder
2 Clubland
3 Rocking Horse Road
4 Still Too Soon To Know
5 Everyday I Write The Book
6 Man Out Of Time
7 Watching The Detectives
8 You Belong To Me
9 13 Steps Lead Down
10 Radio, Radio
11 Lipstick Vogue
12 Party Girl
13 Puppet Girl
14 Alison/Tracks Of My Tears
15 Accidents Will Happen
16 All The Rage
17 (What's So Funny 'Bout) Peace, Love & Understanding
18 Pump It Up

  1. 2010/06/28(月) 00:22:55|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Radioactivity/ Elvis Costello


'78年、SBD、音質90点、曲間がつめてあり曲もダブり、ラジオ放送のものの寄せ集め?音はFM放送程度でバランスも最高です。78年などは音源も多いですが音が良いので楽しめます。1曲目頭が欠けるくらいで、後はきっちり収録。コステロの間違いで「Living In Paradtse」がこけてますが、演奏は勢いがあり、最高です。
日時不明、曲にダブりがあるので1SHOWではない??11月しか書いてません。。
生々しくベースやオルガンが聞こえて好きな音です。比較的珍しい音もあり、曲を楽しむには優良盤。スコルピオ系レーベル。。






The Old Waldorf Theatre, San Francisco NOV,1978


Pump It Up
Welcome To The Working Week
Angels Wanna Wear My Red Shoes
Blame It On Cain
Waiting For The End Of The World
The Beat
Less Than Zero
Alison
Miracle Man
You Belong To Me
Lipstick Vogue
Watching The Detectives
Mystery Dance
No Action
No Dancing
I'm Not Angry
Chelsea
Radio Radio
Less Than Zero
Living In Paradtse
Alison
Miracle Man
Hand In Hand

  1. 2010/06/27(日) 11:45:41|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Buddy Holly On Acid / Elvis Costello


'94年、SBD、音質89点、ボード直のような音ですが、聴きやすい良い音です。初期から聴いてるものにとっては、アトラクションズとの久々のLIVE音源で、もう少し長く続くかと思ったらすぐにまたけんか別れ?してしまうので、貴重なLIVEです。個人的にはスプリングスティーンのEストリートみたいに、なくてはならない存在のような気持ちですが。。Eストリートよりもうまくいかない・・・もったいない話。。。
演奏は最高で、1曲目がやや頭が欠けてますが、10数年前と変わらぬ勢いで。。(古ーーーい、ブートで当時涙ものでした・・・。)時々出しては聴く大好きな音です。当時の新曲と古い曲がバランスよく入り、最後のメドレーも18分ほどで名曲オンパレード。ヒット曲「Londons Brilliant Parade」はスタジオ盤よりはるかに好きです。ピアノがきらきら響いて、最高のアレンジです。よりアトラクションズっぽい演奏で。
「Everyday I Write The Book」なんかも最高です。「13 Steps」なんかも最高のアレンジで、完全収録ではなさそうですが、内容は最高です。日時も不明のようです。イタリア語?で話してるような。。イタリアでの7月??ジャケのぼやけかたがひどいですが・・・当時良く買ったな。。。内容は最高のLIVE。タイトルが笑える古いCD。。
♪ろんどん、ぶりりあん ぱれーー



Recorded at the Forum, Europe; Mid. July 1994

01 - No Action
02 - The Beat
03 - Accidents Will Happen
04 - Beyond Belief
05 - Sulky Girl
06 - Londons Brilliant Parade
07 - Deep Dark Truthful Mirror
08 - Everyday I Write The Book
09 - Hand In Hand
10 - Clown Strike
11 - Kinder Murder-Less Than Zero-Rocking Horse Road
12 - Still To Soon To Know
13 - Tripped In Step
14 - Shipbuilding-Mystery Dance
-Wathing The Detectives
-You Belong To Me-13 Steps-Radio, Radio

  1. 2010/06/26(土) 03:36:46|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Aim Is True(Deluxe edition)/ELVIS COSTELLO


コステロの1ST、デラックス。こちらも、LIVEやDEMOがたくさんついてます。ニックロウ、
プロデュースのクローバーというバック、後のヒューイルイスとニュースになる人たちで作られた、シンプルでやや、ショボイけど、ストレートでかっこいいサウンド。名曲「Alison」の歌詞を使ったタイトル、ジャケも当時話題でした。
DEMOは「No Action」・・・これは素人以下?変なドラム。。もう曲の原型は出来てますが、演奏が。。
「Living In Paradise」はまったく違うアレンジで、アトラクションズで完成されたんですかね。これじゃ発表できません。。ははは。。
DISC2のLIVEはアトラクションズとの'77年、LIVE、BOOTでも、けっこう音源はありますが、最高の音質で初期の初々しいLIVEが聞けます。まだまだ、演奏も荒削りで78年と比べても荒いですが、もう、2NDの曲も演奏してますね。
22歳のコステロと殿堂入りしたアトラクションズの最初の年の音源。
18からはサウンドチェックです。貴重&良い音源集です。


ディスク:1
1. Welcome To The Working Week
2. Miracle Man
3. No Dancing
4. Blame It On Cain
5. Alison
6. Sneaky Feelings
7. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
8. Less Than Zero
9. Mystery Dance
10. Pay It Back
11. I'm Not Angry
12. Waiting For The End Of The World
13. Watching The DetectivesMY AIM IS TRUE out-takes
14. No Action (early version)
15. Living In Paradise (early version)
16. Radio Sweetheart
17. Stranger In The HousePathway Studios demos
18. Welcome To The Working Week
19. Blue Minute
20. Miracle Man
21. Waiting For The End Of The World
22. Call On Me
23. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
24. I Don't Want To Go Home
25. I Hear A Melody
ディスク:2
1. Introduction by Dave Robinson
2. Welcome To The Working Week
3. Blame It On Cain
4. No Dancing
5. Waiting For The End Of The World
6. Night Rally
7. Hoover Factory
8. No Action
9. (I Don't Want To Go To) Chelsea
10. Miracle Man
11. The Beat
12. Less Than Zero
13. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
14. Lipstick Vogue
15. Watching The Detectives
16. Lip Service
17. Mystery Dance
18. AlisonLive at The Nashville Rooms Soundcheck, August 7, 1977
19. Pay It Back
20. Radio Sweetheart
21. Sneaky Feelings
22. Crawling In The USA
23. Alison

  1. 2010/06/25(金) 01:06:50|
  2. オフィシャルE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

This Year's Model(DELUXE EDITION) /Elvis Costello


Elvis Costello、2NDアルバムのデラックス版、30周年記念だそうです。LIVE,DEMOをこれでも
かと詰め込んで、凄いボリュームです。コステロの中でも名盤、大好きなアルバムです。
オリジナルアルバム部分はリマスター音源ですね。アルバムの中に「Chelsea」「Night Rally」なんてのが入ってくるんですね。。シングル??それがなんか違和感はありますが・・・。
最後まで一気に行くアルバムなので、付け足しは後ろに寄せていただきたかったです。。
このころのコステロはマイナーメロディーが少なくて、ベース、キーボードがアトラクションズ、の音をすでに完成させてますよねー。ベースはこの手の??BEAT ROCK?なんだかジャンルはわかりませんが・・・最高のセンスとテクニックを持ってますね。10年後に仲間割れするのがもったいない。。
そして、DISC2は1978年2月28日ワシントンのLIVE。OH BOYレーベルの「IN THE DISTRICT OF COLUMBIA」などの、BOOTでも有名でした。もちろん音質も良く、曲も増えて収録、完全版?やっぱリ初期の「Lipstick Vogue」は強烈です。
荒々しくて、パンキッシュで、ポップなLIVE。良いですねー。



ディスク 1
1 No Action 2 This Year's Girl 3 The Beat 4 Pump It Up
5 Little Triggers 6 You Belong To Me 7 Hand In Hand
8 (I Don't Want To Go To) Chelsea 9 Lip Service 10 Living In Paradise
11 Lipstick Vogue 12 Night Rally 13 Radio, Radio 14 Big Tears
15 Crawling To The USA 16 Tiny Steps
17 Running Out Of Angels (demo version)
18 Greenshirt (demo version) 19 Big Boys (demo version)
20 Neat Neat Neat (live) 21 Roadette Song (live)
22 This Year’s Girl (alternate Eden Studios version)
23 (I Don’t Want To Go To) Chelsea (alternate Basing Street Studios version)


ディスク 2
1 Pump It Up 2 Waiting For The End Of The World 3 No Action
4 Less Than Zero 5 The Beat 6 (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes
7 (I Don't Want To Go To) Chelsea 8 Hand In Hand 9 Little Triggers
10 Radio, Radio 11 You Belong To Me 12 Lipstick Vogue
13 Watching The Detectives 14 Mystery Dance 15 Miracle Man
16 Blame It On Cain 17 Chemistry Class

  1. 2010/06/24(木) 11:24:55|
  2. オフィシャルE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Solid Air(DELUXE EDITION)/John Martyn


イギリスのトラッドフォーク?の大御所、ジョン・マーチンの名盤、デラックスエディション。
クラプトンがカバーした、名曲、May You Never のオルタネイト、LIVE,シングルバージョンなどもたっぷり収録。昨年残念ながら亡くなってしまいましたね。まだ60歳で早すぎましたー。シングルバージョンはこのCDで、はじめて聴きました、コーラスが強調されてるんですねー。
代表曲、名曲がたくさんあります。「Over the Hill」はジョンにしてはやけに明るい曲。大好きです。 「Dreams by the Sea」「Man in the Station」やタイトル曲。イギリスのフォークの英雄の名盤。たまに無性に聴きたくなります。
そういえば、ロッドのBOXにもメイユーネバー、入ってましたね。。


DISC 2

1 Solid Air [Alternate Take] (05:49) 2 Over the Hill [Alternate Take] (03:30)
3 Don't Want to Know [Alternate Take] (03:27) 4 I'd Rather Be the Devil [Alternate Take] (07:41)
5 Go Down Easy [Alternate Take] (04:56) 6 Dreams by the Sea [Alternate Take] (03:23)
7 May You Never [Alternate Take] (03:35) 8 Man in the Station [Alternate Take] (05:33)
9 Easy Blues/Gentle Blues [Alternate Take] (04:50) 10 Keep On (04:58)
11 When It's Dark [Demo Version] (08:38) 12 In the Evening (04:06)
13 May You Never [Single Version] (02:45) 14 Easy Blues [Live] (04:22)
15 May You Never [Live] (04:06) 16 I'd Rather Be the Devil [Live] (08:33)

  1. 2010/06/23(水) 01:58:29|
  2. オフィシャルJK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live At Hollywood High/The Costello Show




コステロさんのLIVEがなぜか今頃。最近多いですが。。EPや3RDにおまけで何曲かで、小出しに発表していたLIVEが完全版??で、発売になりました。'78年、6月のLIVEで、初期の名曲がびっしり。コステロさんは、だいぶ遅くにエルモカンボを発売しましたが、それも限定で、長い間廃盤でした。最近はいろいろな形で出てますが。。
しかも、エルモカンボはストーンズと同じで、LIVEを出すためのLIVEでいつものLIVEとは違ったプロモLIVEで、あんまり、LIVEの発売には興味がないのか神経質だったのかな。。すごいLIVEバンドなのに不思議。

名曲、Accidents Will Happen から始まるLIVE。ちょっとすごいオープニングですよねー。。。ピアノの弾き語り調。
No Action、Radio, Radioなど、オープニングにもよさそうな勢いのある曲は後半に??
やはり、ハードなLipstick Vogue などは、LIVEで聴きたい曲。出すのが遅すぎますねー。
でも、良いLIVEです。デラックスエディションのLIVEよりはだいぶ音も良いですが、LIVEにSHM CDなど??音の違いがあるのかどうか??してもいいですが、大昔の発掘品に2800円、高いんじゃないのか?売れるのか??
しかし、「Living In Paradise」などなど、FANは一番聴きたい時期でもある頃。最高のLIVE。



1. Accidents Will Happen
2. Mystery Dance
3. Lip Service - Previously unreleased
4. Living In Paradise - Previously unreleased
5. Goon Squad
6. (The Angels Wanna Wear My) Red Shoes - Previously unreleased
7. Party Girl
8. (I Don't Wanna Go To) Chelsea - Previously unreleased
9. This Year's Girl - Previously unreleased
10. No Action - Previously unreleased
11. Stranger In The House
12. The Beat - Previously unreleased
13. Alison
14. Lipstick Vogue
15. Watching The Detectives
16. You Belong To Me
17. Radio, Radio - Previously unreleased
18. Pump It Up - Previously unreleased
19. Waiting For The End Of The World - Previously unreleased
20. Miracle Man -Previously unreleased

  1. 2010/06/22(火) 00:48:21|
  2. オフィシャルE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WONDERFUL FAREWELL/ERIC CLAPTON


'81年、AUD,音質79点。まあまあ、高音質の音源。「Final Show」というCDRが出ていた日ですが、マスタ
ーが違うということで、実際見た日でもあるので買ってみました。最近良いネタが少ないですねー。
で、内容は、演奏の前の別にどうでもいい、(笑)席に立つななどの
アナウンスまで収録、何でしょう?最近の新タラの影響でしょうか?私的には音楽が聴きたいので、入ってないほうが良いですが。。といっても、長々入るわけでもないので良いのですが。。
音質は高音がややシャンシャンしていて、分離もまあ、しかしいままでの音源はなんとか聴ける程度だったので、結構UPです。
レイラのギターソロがスライドで弾かれてることでも有名?ですが、はっきり言って、くちゃくちゃです。酔っ払ってたのでしょうか???「 Lay Down Sally」は軽快、よい感じです。「Another Ticket」も日本公演だけの演奏?のようですが、悪くないんですけどね。リタメイに変わってしまいます。
「Cocaine」は結構だらだらして演奏。。どうした??後半酔いがまわってのか??精彩を欠いてます。
「A Whiter Shade Of Pale」のギターソロなどはだいぶ印象が変わります。音が良いと演奏も良く聴こえる?なかなかです。
曲中カットもないので、完全盤で楽しめます。
Koseinenkin Kaikan, Tokyo, Japan 9th December 1981




Disc 1
1. Opening 2. Tulsa Time 3. Lay Down Sally
4. Wonderful Tonight 5. After Midnight
6. I Shot The Sheriff
7. A Whiter Shade Of Pale 8. Country Boy

Disc 2
1. Another Ticket 2. Blues Power 3. Blow Wind Blow
4. Motherless Children
5. Ramblin' On My Mind / Have You Ever Loved A Woman
6. Cocaine
7. Layla 8. Member Introduction
9. Sad, Sad Day 10. Further On Up The Road

Eric Clapton : Guitar, Vocals  Albert Lee : Guitar & Vocals  Dave Markee : Bass
Henry Spinetti : Drums Chris Stainton : Keyboards Gary Brooker : Keyboards & Vocals

  1. 2010/06/21(月) 00:25:56|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mob Rules(DELUXE EDITION) / Black Sabbath




サバス、ロニー期の2枚目、DISC1本編はやはり良いリマスターじゃないですねー、残念な音です。
前作がわかりかすい感じだったので、地味な感じですが内容は悪くありません、ロニーにあってると思います。「Over And Over」イイデスネー。10,11がボーナス、10はLIVE、11はバージョン違い。

DISC2が限定発売の「Live At Hammersmith Odeon」ですね。80分近くのLIVEを収録。数日間のLIVEの寄せ集めですが、まとまりはあります。音は正規Evilより、ぜんぜん良いのですが。。。。時代的にはこんなもん??困ったもんだ。。演奏はやや荒いですが、FANには重要なLIVE!!
DISC2で、DELUXEの中でも1番価値がありますねー。。




DISC 1
1 Turn Up The Night 2 Voodoo 3 The Sign Of The Southern Cross
4 E5150 5 The Mob Rules 6 Country Girl 7 Slipping Away
8 Falling Off The Edge Of The World 9 Over And Over
10 Die Young 11 The Mob Rules

DISC 2
1 E5150 2 Neon Knights 3 N.I.B. 4 Children Of The Sea
5 Country Girl 6 Black Sabbath 7 War Pigs 8 Slipping Away
9 Iron Man 10 The Mob Rules 11 Heaven & Hell 12 Paranoid
13 Voodoo 14 Children Of The Grave

  1. 2010/06/20(日) 13:07:49|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Heaven & Hell (DELUXE EDITION) / Black Sabbath


サバス、ロニー期の名盤ですね。久々に聴きましたが、音が悪いです。。なんだかねー。おまけの音が悪いのはわかりますが、本編?DISC1がもこもこ・・・なぜ??理解できません。。
内容はHMの名盤で、トニーアイオミってこんなに、早弾きしたっけ?という感じで、オジーのころとはなんか違う感じです。当時のロニーのインタビューはいまだに覚えていて、サバスに入ったとたん、悪魔がどうのとか・・・
なんだか恥ずかしい子供だましを言っていましたが(お仕事熱心?)・・・内容はメタルらしい名盤ですね。。ははは。
デラックスとしての肝心のおまけは、これも音が。。。BOOTにもなっていた音源ですね。ボーカルだけエコーがかかりすぎで、なんだか、アンバランス。。
人気曲「Die Young」収録でFANは気になる音源です。が、音が1番悪いかも。。BOO並みです。知ってて聴けば問題ないでしょけど、期待して買うと。。。。



ディスク 1
1 Neon Knights 2 Children Of The Sea 3 Lady Evil
4 Heaven And Hell 5 Wishing Well 6 Die Young
7 Walk Away 8 Lonely Is The Word

ディスク 2
1 Children of the Sea (Live ) 2 Heaven & Hell (Live) 3 Lady Evil (Mono Edit)
4 Neon Knights (Live, Hartford, CN, USA '80) 5 Children of the Sea (Live, Hartford, CN, USA '80)
6 Heaven & Hell (Live, Hartford, CN, USA '80) 7 Die Young (Live, Hartford, CN, USA '80)

  1. 2010/06/19(土) 02:00:59|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live Evil (DELUXE EDITION) / Black Sabbath


面白いCDも出ないので、突然SABBATHです。先日病死してしまった、ロニー期のLIVEアルバムですね。たまに発作的に聞きたくなるMETALその中でも、ロニーのSABBATHはあまり聞かなかったんですが、(DELUXE EDITION) 好きのわたしは、酔っ払って渋谷でCD屋に寄って、数枚買ってきてしまいました(爆)。よくあることですが。。
しかし調べてから買わないと・・・ん??というのがあります。
それがこれ。LP時代あまり聴かなかったので、完全版をと思い。。。。曲増えてないんですか??曲数同じです。
てか、DELUXE EDITIONてのは、ボーナス入りじゃないの??なんか歓声とMCをすべて入れたとの記述もあり。。。
ありですか??
演奏的には、オジーの曲もそれほど違和感ないですね、Iron Man はちとありますが、他はほとんどなく、正規のライブはさすがです。。
ヘビーなロニー期の音はLIVE向きで、ゴリゴリの地を這うような音がよいんですけどね。。でも、こんな音しかなかったんですかね。。
この音源もなんだかBANDがもめていて、ミックスもロニー不参加などとの話も。。まあ、それはそれとして、音悪いですねー、リマスターしてこれ??
モコモコしてるし、分離も悪い、なんだかなー。。
しかし、デラッススじゃないデラックス盤表記が1番わるい。。

  1. 2010/06/18(金) 01:48:47|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sweetheart of the Rodeo(LEGACY EDITION)/THE BYRDS


名盤、ロデオの恋人の遺産?バージョン。元のアルバムが超名盤なだけに、没テイクも重要です。
リマスターもされてるようですね。BOXセットとはダブらない、グラムのボーカルバージョンをたっぷり入れた2CD、この手のものの中では異常に安いので(1500円ほど。)思わず。。しかし、大好きですが、あまり詳しいことは知りませんが・・・グラムの作った曲意外にもリードボーカルを録音してるんですね??
なぜ?ほぼ、ボツになるのに??
ボツテイクも楽しめますが、演奏前の失敗スタートや会話までご丁寧に収録、これはいるんですかね??カウントあたりからでもよさそうなもんですが。。
DISC2の1~6は「インターナショナル・サブマリン・バンド」のもの、グラムがバーズ参加前のバンドの音源。なぜこれを、これに????わけわかんねです。。グラムのBOXに入れるものでしょ。。
まあ、グラムばかりやたら目立つCD。グラム好きだから良いですが。。

  1. 2010/06/17(木) 10:29:44|
  2. オフィシャルBC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pretenders II (2ND RHINO)


プリテンダーズ2ND、リマスター+未発表テイク、未発表といってもほとんどが、SEP.4.1981のSANTAMONICAのLIVE15曲がそのまま収録。そしてDEMO,OUTTAKEが3曲です。
「Message Of Love」 「Talk Of The Town」は代表曲ですね。ストレートなロックが今でもバンドが存続させてるんですかね。最新アルバムは、よくわからないレーベルからいまいち精彩を欠いたアルバムになってますが。。
目玉は、全盛期81年のLIVEですが、さすがに良い演奏です。勢いがありますねー。
80・81あたりは、ラジオ放送やBOOTでいくつかLIVEがありますが、さすがに良いLIVE選んでありますね。「Kid」はなんかスペイシーなリードギターの音です。「Stop Your Sobbing」はスタジオ盤とは違うアレンジ、アルペジオで静か穏やか?なアレンジ。同じ俊あたりのBOOTとともまた違う演奏です。ラジオショウ用LIVEでも、取り直しするバンドもいるので、わかりませんが、同じ日のLIVEを収録してあるというクレジットで、最高の演奏です。「Day After Day」の間奏はやや外れたままですが。。最後の「Higher And Higher」はカバーなんですかね。初めて聴くものです。
このころの演奏はほんと最高です。歓喜の涙。




ディスク:1
1. The Adultress
2. Bad Boys Get Spanked
3. Message Of Love
4. I Go To Sleep
5. Birds Of Paradise
6. Talk Of The Town
7. Pack It Up
8. Waste Not Want Not
9. Day After Day
10. Jealous Dogs
11. The English Roses
12. Louie Louie
ディスク:2
1. The Wait (live)
2. The Adultress (live)
3. Message of Love (live)
4. Louie Louie (live)
5. Talk Of The Town (live)
6. Birds Of Paradise (live)
7. The English Roses (live)
8. Up The Neck (live)
9. Bad Boys Get Spanked (live)
10. Stop Your Sobbing (live)
11. Private Life (live)
12. Kid (live)
13. Day After Day (live)
14. Brass In Pocket (live)
15. Higher And Higher (live)
16. Talk Of The Town (demo)
17. I Go To Sleep (guitar version--outtake)
18. Pack It Up (radio mix--outtake)

  1. 2010/06/16(水) 00:11:48|
  2. オフィシャルOPQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pretenders(1ST RHINO 2CD) / Pretenders


RHINO編集?の1STアルバム。DISC1は1STをそのまま、DISC2は78~81年のボツテイクとLIVEですね。
RHINOがどの程度の権限まであって、仕事をしてるのかはよくわかりませんが、マークが付いてると丁寧なつくりで安心して買える感じはしますねー。
1STにして、代表作、名盤ですねー。ほとんどの曲をLIVEでも演奏しており、演奏もうまくはないけど凄く味のある、残念ながら他界してしまう、ギターとベース、2人のフレーズも最高です。まあ、パンキッシュ?なところもあり、演奏のうまさなど求めていませんが、良いセンスのミュージシャンでした。
DISC2のアウトテイク集はインストで面白くもない曲もありますが、名曲のDEMOが聴ける面白いもの。1はシングルのB面でしたね。これは同じテイク?代わりばえしません。WAITは出来上がってる感じですが収録テイクは録音しなおしという感じですね。6はインスト、7も完成してる感じですが良い感じ。
KIDも完成間近という感じですが、荒い感じ、荒削りでかっこいいです。Stop Your Sobbingは
かわいいアレンジで、これじゃーという感じ、このへんはプロデューサーの力だったんですかね??11は荒削りなLIVEで最後にメリーさんの羊で終わるBBCの演奏。Mystery Achievementは変なイントロで何の曲かわかりませんでした。。これもBBC。13以降も初期の元気なLIVE。最後の曲はバックの演奏とは別にボーカルだけ「Stop Your Sobbing」の詞を歌うという前衛的?演奏。何じゃこれ??
この企画、1ST、2NDで終わったんですかね??その後は出ていない模様。。


ディスク 1
1 Precious 2 Phone Call 3 Up The Neck 4 Tattooed Love Boys 5 Space Invader
6 Wait 7 Stop Your Sobbing 8 Kid 9 Private Life 10 Brass In Pocket
11 Lovers Of Today 12 Mystery Achievement

ディスク 2
1 Cuban Slide (Outtake) 2 Porcelain 3 Wait (Demo)* 4 I Can’t Control Myself (Demo)*
5 Nervous But Shy 6 Swinging London 7 Brass In Pocket (Demo)* 8 Kid (Demo)*
9 Stop Your Sobbing (Demo)* 10 Tequila (Demo)* 11 I Need Somebody (Live BBC)*
12 Mystery Achievement (Live BBC)* 13 Precious (Live)*
14 Phone Call (Live)* 15 Tattooed Love Boys (Live)* 16 Sabre Dance (Live)*

  1. 2010/06/15(火) 01:22:53|
  2. オフィシャルOPQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIG TIME(SHM CD) TOM WAITS


LIVE映画、BIG TIMEのサウンドトラックでもある、LIVE盤、3部作からの曲がほとんどで映画との内容とも少し違う選曲です。いかにもTOM WAITSらしい、映像はDVD化されてないのでしばらく見てませんが、らしい映像で面白い作品です。CDのほうも良い演奏で、完全版にしてくれてもよさそうなもんですが。。SHM CDの効果はほぼわかりません。。(爆)



1 Sixteen Shells From A Thirty-Ought-Six (04:10)
2 Red Shoes (04:06)
3 Underground (02:20)
4 Cold Cold Ground (03:18)
5 Straight To The Top (02:45)
6 Yesterday Is Here (02:57)
7 Way Down In The Hole (04:26)
8 Falling Down (04:12)
9 Strange Weather (03:20)
10 Big Black Mariah (02:41)
11 Rain Dogs (03:52)
12 Train Song (02:54)
13 Johnsburg, Illinois (01:32)
14 Ruby's Arms (04:44)
15 Telephone Call From Istanbul (04:15)
16 Clap Hands (04:43)
17 Gun Street Girl (04:00)
18 Time (04:00)

  1. 2010/06/14(月) 00:10:50|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Franks Wild Years (SHM CD)TOM WAITS  


'87年のこれも名作。曲のよさはRAIN DOGSと双璧だといえるくらいですが、一般的にはRAIN~のほうが上なんですかね?生楽器の疾走感を始めて味わった「Hang On St.~」かっこいいです。
神様、頼むぜー・・と、無茶な野郎の話。Temptation は高い声を張り上げ・・・
カーステで聴いていたら、なに聴いてるんだ?と言う感じでみられたことが。。
前作よりもJAZZっぽい感じの曲もあリますが、今でもLIVEで演奏する曲も多いですね。
「More Than Rain」「Cold Cold Ground」「Innocent When You Dream 」など、名曲ぞろい、
トータル的に3部作を芸術の域まで高めた?名盤。こんなアルバムは唯一無二?
ついでみたいですが・・・リマスター感はこれもそれほど。。。
LPのほうが似合うか??



1 Hang On St. Christopher
2 Straight To The Top (Rhumba)
3 Blow Wind Blow
4 Temptation
5 Innocent When You Dream (Barroom)
6 I'll Be Gone
7 Yesterday Is Here
8 Please Wake Me Up
9 Franks Theme
10 More Than Rain
11 Way Down In The Hole
12 Straight To The Top (Vegas)
13 I'll Take New York
14 Telephone Call From Istanbul
15 Cold Cold Ground
16 Train Song
17 Innocent When You Dream (78)

  1. 2010/06/13(日) 00:55:54|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rain Dogs(SHM CD) / TOM WAITS


85年、アイランド3部作、2作目、歴史に残る超名盤ですね。最初から最後まで名曲のオンパレード、歌詞の凄さも。映画、ダウンバイローでも印象定的な使われ方をした、「Jockey Full of Bourbon」マークリボーのギターも最高にかっこいいですねー。「Hang Down Your Head」「Time」、ロッドがカバーして大ヒットした「Downtown Train」キースリチャードさんが参加の 「Blind Love」 名曲だらけ。
ローリングストーン誌の80年代のBESTアルバムの21に入ってますが。80年代を代表する名盤ですね。Gun Street Girlのバンジョーのかっこよさ、Jockey Full of Bourbon のミューとしたギター
バックの演奏も絶妙!!
リマスターで、ギターの輪郭などはかっちりしましたが、やはりそれほどの違いは。。まあ、縮小紙ジャケが良いので、飾りながら聴きましょ。。


1. Singapore
2. Clap Hands
3. Cemetery Polka
4. Jockey Full of Bourbon
5. Tango Till They're Sore
6. Big Black Mariah
7. Diamonds & Gold
8. Hang Down Your Head
9. Time
10. Rain Dogs
11. Midtown [Instrumental]
12. 9th & Hennepin
13. Gun Street Girl
14. Union Square
15. Blind Love
16. Walking Spanish
17. Downtown Train
18. Bride of Rain Dog [Instrumental]
19. Anywhere I Lay My Head

  1. 2010/06/12(土) 11:14:29|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWORDFISHTROMBONES(SHM CD) /TOM WAITS


紙ジャケリマスター、名盤がリマスターされたので・・・しかし、元がそれほど悪い音と
も思えないので。。と思いましたが。超名盤3枚+Liveなので、買ってしまいました。それが半年ほど前?なんだか、もう廃盤?高い値段で売られていますね。中途半端なプレスだったんですかね?
83年のアルバム、アンダーグラウンドに衝撃を受けました。凄くなっちゃったという印象で、歌い方、声・・・驚きでしたが、聴くほどに良い曲ばかり。リリースされたときはそんな感じでしたが、MTVで見た「イン・ザ・ネイバーフッド」の奇妙な芸術的なビデオでなんか新しいTOMの世界を理解したような。。
いまでもLIVEでよくやるのは「30.6」ですが、 ほかにも名曲ぞろい。TOMの超名盤3部作の最初のアルバム。
肝心のリマスターはそれほど。。大きな変化は感じられません。ジャケのつくりはいいですねー。。

  1. 2010/06/11(金) 01:08:02|
  2. TOM WAITS OFFICIAL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Exile On Main Street(Limited Edition)VOL 2/Rolling Stones


未発表音源収録のCD2枚目ですね。いろいろ驚きがあった発売ですねー。BOOTLEGでは有名なセッション、まだ、もれていない音源があったんですね。驚きはオーバーダブをかなりして、過去のものには興味なさそうなジヤガーさんが良く手をつけたなーという感じです。「Pass The Wine」ソフィアローレン??こんな曲もあったんですね。
「Plundered My Soul」はなかなか、完成度が高いです。「Dancing In The Light」はBOOTでは有名曲ですがインスト,これはきっちりボーカルが入り、やっとどんな曲であったのかわかります。「So Divine」は副題「Aladdin Story」というタイトルで有名でしたが、こちらもボーカル入り、黒く塗れ、のスローバージョンみたいな曲、40年近く前の録音、これらになにをオーバーダブしたのかが不明ですが。。こんな作業をすること自体が驚きです。
コーラスまで今のメンバーでかぶせているようで、シングルカットまでして・・・・なんだかねー。。。
「Soul Survivor」はキースのボーカル。40年前はかわいい声だったなー。キース作なんでしょう。
「Good Time Women 」はタンブリンの原曲ですね。これを発表するというのは画期的??
まだまだ、「HAMBURGER TO GO」などのボーカル入りの曲など、入れてもおかしくない曲などがたくさんありますが、こんな作業、これからもあるんでしょうか??興味津々!!


1. Pass The Wine (Sophia Loren)
2. Plundered My Soul
3. I'm Not Signifying
4. Following The River
5. Dancing In The Light
6. So Divine (Aladdin Story)
7. Loving Cup (Alternate Take)
8. Soul Survivor (Alternate Take)
9. Good Time Women
10. Title 5

  1. 2010/06/10(木) 00:48:10|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Exile On Main Street(Limited Edition) VOL 1/Rolling Stones


デラックスエディション。CD、未発表曲集、DVD、LPで18000円、高い。でかく出たなーという感じですが。
内容は本編CDは、日本版だけSHMCDだそうですが、意味があるのか??録音状態が・・・もともと・・・ですから。
しかし、音は確実によいです。ただ、けっこう硬質?な音のようにも感じられます。「Sweet Virginia」の2秒から3秒のイントロのところのマイクか何かに当たったようなリアルな雑音?まで、聞き取れるのは原音に近いからですかね。しかし改めて凄いアルバムです。ラフな中に深い世界が広がるロックの大名盤ですね。
しかし、没映画から起こしたDVDは・・・抜粋は仕方がないんでしょうかね??コックサッカーは、まあ、無理にしてもLIVEの映画のレディース~は、そろそろ、陽の目を見ても・・でも、映画フィルム起こしなら、もう少し画質がよくてもよさそうなものですが・・・ブートDVDみたいな画質です。こんなもんなんですかね???LPのジャケットもなんかぼけた感じで。。だめです。
LPが付いている・・・・といっても、ジャケもオリジナルと違いCDもそこへ収録。。なんか値段、高いなーという感じです。写真集の価値だけ??
満足度が低い。。。企画があんまり。。。未発表音源に期待・・・・


ディスク 1
1 Rocks Off 2 Rip This Joint 3 Shake Your Hips
4 Casino Boogie 5 Tumbling Dice 6 Sweet Virginia
7 Torn And Frayed 8 Sweet Black Angel 9 Loving Cup
10 Happy 11 Turd On The Run 12 Ventilator Blues
13 I Just Want To See His Face 14 Let It Loose
15 All Down The Line 16 Stop Breaking Down
17 Shine A Light 18 Soul Survivor

  1. 2010/06/09(水) 03:26:16|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jayhawks (Aka The Bunkhouse Album) /Jayhawks


オルタナカントリー??なんですか。。ジャンルは良くわからないけど、25年前の幻のデビューアルバムだそうです。
LPで2000枚ですから、インディーズ時代の1STに当たるんでしょうね。LPはものすごい値段でしたが、やっとCD化されました。大好きな分厚いコーラスというよりは、その後のアルバムよりはコーラスも少ないし、ペダルスチールが多く、すごくカントリーよりですねー。「People In This Place On Every Side」はなんかその後のアルバムの曲みたいなアレンジで、ツインボーカルで、リードギターが弾く続ける、あの、JAYHOWKSが聴けます。レコーディングの音はまだショボイ?ですが、JAYHAWKSサウンドの原点が聴けて満足!!

  1. 2010/06/08(火) 17:03:48|
  2. オフィシャルJK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Collectors #1 / DICKEY BETTS & Great Southern


デッキーベッツ、ALLMAN脱退後、デッキーのオフィシャルホームページで販売されたCD。昔のオフィシャルページは、2回も詐欺にあって(お金を送ったが商品が来なかった)このCDの入手は、あきらめかけてましたが、マーチャンダイズが新しくなったのでやっと入手したCD。まあ、2年くらい前の話ですが。抗議のメールを数回送ったけど、一切返事無し、そして、その後、お金を送ったら、何もなかったかのようにCDだけは買えましたが。。。図太い根性だ。。。
内容は、ものすごいド・カントリーよりのアコーステック。ALLMAN時代に演奏してた「Georgia on a Fast Train」も収録。ファンとしては「Seven Turns」!、名曲をどのように演奏してるか聴きたいわけです。。
カントリーロック?カントリー?ヒルビリー??なんだかわからないけど、こういうの、大好きなんだなー、デッキーさん。一緒に注文したLIVEは結局買えず、お金も戻りませんでした。。金返せーー!!!!



Beyond the Pale
Georgia on a Fast Train
One Step Bebop, No. 2
Tangled Up in Blue
Steady Rollin' Man
Change My Way of Livin', No. 2
Preacher
Seven Turns, No. 3
Willy and Po' Bob

  1. 2010/06/07(月) 23:14:32|
  2. ALLMAN SOLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Burma Shave / TOM WAITS


こちらもオフィシャルBOOTシリーズ??78年、オースチン、テキサスのLIVEです。ぼやけた映像ですが、
ビデオ時代よりは良くなってるような。。。スモールチェンジ、ブルー.バレンタインの曲が聴けるLIVEで音は良いので、流しておくのにはよい感じ。JAZZYなLIVEです。まさに、ブルー・バレンタインの雰囲気で真夜中に流すと最高です。画質は完全に海賊盤です。まあ、正規盤ではないでしょうけど・・・



DEC,5,'78


1 Medley - Summertime Blues/ Burma Shave
2 Medley - Annie's Back In Town
/ I Wish I Was In New Orleans
/ Ain't Gonna Rain
3 Bullets
4 On The Nickel
5 Romeo Is Bleeding
6 Medley - Silent Night
/ Christmas Card From A Hooker In Minneapolis
7 Medley - Small Change
/ Hey Big Spender
/ Small Change

  1. 2010/06/06(日) 22:15:54|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

No Visitors After Midnight/ TOM WAITS


タワレコやHMVでなぜか販売しているBOOT、DVD??映像はほとんど持ってるつもりでしたが・・持っていなかったんで買ってみました。。なかなかの映像。やはり、BBCの映像は70年代でもいいですね。
ただしこのシリーズ、本物の??BOOTのほうがよい画質のものがあるのも結構あり。。信頼度など全然ありませんが。。
前半は79年BBC,後半は775年、サウンドステージのもので、やや滲んだ映像ではありますが、楽しめます。画面上のWTのロゴが出っぱなしが邪魔ですが。。
「Step Right Up」はベースが入るバージョン、かっこいいです。「Diamonds On My Windshield」もベースあり(歌い回し凄いです)のLIVEで、かっこいいLIVEが映像で堪能できます。なかなか。。


-I. The London TV Show “Live In Person”
recorded at the BBC Studios, London, July 27, 1979-
1 With A Suitcase 2 I Never Talk To Strangers
3 Step Right Up 4 On The Nickel
5 Red Shoes By The Drugstore 6 Burma Shave
7 entucky Avenue 8 Small Change 9 Closing Time

-II. The Chicago Show
recorded live at PBS Soundstage, Chicago, 1975-
10 Eggs & Sausage 11 Semi Suite
12 Diamonds On My Windshield 13 Drunk On The Moon
14 Better Off Without A Wife 15 Nightwalk Postcards
16 The Heart Of Saturday Night 17 San Diego Serenade

  1. 2010/06/05(土) 23:49:41|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rock Of Ages -Remaster / THE BAND


紙ジャケ、リマスターされたBANDの名盤、まさかこんなものが出るとは・・・・と思った
音源のひとつです。しかし、凄い量の追加です。不幸にもLPの収録時間に合わせてカットされまくったものなのでしょうね。ディランの部分は・・・たまたま参加した程度の演奏で、大して面白くありませ
んが、「I Shall Be Released」 や「Up on Cripple Creek」はなぜ入ってないのだろうと、ずっと疑問に思っていた音源です。まあ、全部を当時リリースするのは正直重いかなという感じですが。陽の目を見てよかったです。フィーとのコロンブスと並んで、手放しで喜べるデラッスエディション??

ディスク 1
1 Introduction
2 Don't Do It
3 King Harvest (Has Surely Come)
4 Caledonia Mission
5 Get up Jake
6 W. S. Walcott Medicine Show
7 Stage Fright
8 Night They Drove Old Dixie Down
9 Across the Great Divide
10 This Wheel's on Fire
11 Rag Mama Rag
12 Weight, The
13 Shape I'm In
14 Unfaithful Servant
15 Life Is a Carnival
16 Genetic Method, The
17 Chest Fever
18 Hang up My Rock and Roll Shoes (I Don't Want to)

ディスク 2
1 Loving You Is Sweeter Than Ever - (previously unreleased)
2 I Shall Be Released - (previously unreleased)
3 Up on Cripple Creek - (previously unreleased)
4 Rumor, - (previously unreleased)
5 Rockin' Chair - (previously unreleased)
6 Time to Kill - (previously unreleased)
7 Down in the Flood - (previously unreleased)
8 When I Paint My Masterpiece - (previously unreleased)
9 Don't Ya Tell Henry - (previously unreleased)
10 Like a Rolling Stone - (previously unreleased)

  1. 2010/06/04(金) 22:28:20|
  2. オフィシャルBC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DISPATCHES FROM DREAM FACTORY / VELVET UNDERGROUND


'64~'70、デモ、LIVE,リハーサル、などの良質音源をまとめたものです。音質は78点?時代的にはまあまあの音質ですかね。貴重な音源で高音質をまとめてあり、なかなかのものです。有名なEND OF COLE AVENUEなども含まれますが、AT THE GYMNASIUM, APRIL 1967などの音源は、結構、高音質で貴重なLIVEが聴けます。
DISC3の「SWEET JANE」などの、まったりとした(けっこうまとも?な演奏です)演奏は、なんかタイムトリップです。



DISC.1
ERUPTING PLASTIC INEVITABLE
01. WALK ALONE
02. MISS JOANIE LEE
03. THERE SHE COMES AGAIN Ⅰ
04. THERE SHE COMES AGAIN Ⅱ
05. GET IT ON TIME
REHEARSAL SESSION RECORDED AT THE FACTORY, NYC JANUARY 3, 1966

06. I'LL KEEP IT WITH MINE
07. EUROPEAN SON / SUSIE Q
RECORDED FILMMAKERS CINEMATEQUE, 125W.41st ST, NYC FEBRUARY 6, 1966

08. HEROIN
09. VENUS IN FURS
10. WAITING FOR THE MAN
11. EUROPEAN SON
12. ALL TOMORROWS PARTIES
ALTERNATE VERSIONS RECORDED SCEPTER STUDIOS, NYC APRIL 18-23, 1966

13. HEROIN
14. VENUS IN FURS
RECORDED POOR RICHARDS, 1363 No. SEDGWICK ST, CHICAGO, ILLINOIS JUNE 23, 1966

15. THE OSTRICH
RECORDED 1964 RELEASED ON PICKWICK CITY PC-9001A
(RSVP 8.2 12-64 MATRIX) BY THE PRIMITIVES


DISC.2
THE VU FROM THE BANDSTAND
01. I'M NOT A YOUNG MAN ANYMORE
02. WAITING FOR THE MAN
03. RUN RUN RUN
04. SISTER RAY
RECORDED AT THE GYMNASIUM, 424 E.71st. NYC APRIL 1967

05. SWEET SISTER RAY
RECORDED AT LA CAVE, 10615 EUCLID AVE, CLEVELAND, OHIO APRIL 28, 1968


DISC.3
WARLOCKS DECAPITATING
01. WE'RE GONNA HAVE A REAL GOOD TIME TOGETHER
02. RIDE INTO THE SUN
DEMO'S RECORDED UNKNOWN LOCATION, LATE 1969

03. SWEET JANE
04. I CAN'T STAND IT
05. SWEET BONNIE BROWN
06. IT'S JUST TOO MUCH
07. HEROIN
08. SOME KINDA LOVE
09. SWEET BONNIE BROWN Ⅱ
10. LISA SAYS
REHEARSALS RECORDED EITHER AT THE MATRIX OR FAMILY DOG,
SAN FRANCISCO, CALIFORNIA NOVEMBER 1969

11. THAT'S THE STORY OF MY LIFE
12. CANDY SAYS
13. JESUS
14. SUNDAY MORNING
ORIGINAL FIRST GENERATION TRANSFER OF PERFORMANCES RECORDED AT
THE END OF COLE AVENUE CLUB, DALLAS, TEXAS OCTOBER 18, 1969

15. WAITING FOR THE MAN
16. WHITE LIGHT, WHITE HEAT
RECORDED UNKNOWN LOCATION, SAN FRANCISCO, CALIFORNIA NOVEMBER 11, 1969

17. OCEAN
LOU REED DEMO, RECORDED WINTER 1970

  1. 2010/06/03(木) 21:56:11|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEAVY BLOW / JEFF BECK


'75年、AUD,音質98点。凄いアップグレード?いや、音はすごいです。09年12月に書いた「FIRE STILL BURNING」がもともと良いだけに、またーーーーーーー、と思いましたが、マスターが違うとのことで、ランピンスキーさんという、隠し録りの名人さんの音源らしいです。確かに音は良いです、クリアーさがUPして「She's A Woman」などの低音源の擦れる音やピッキングもリアル。すげー。。。ドラムも最高のバランスです。
これが最初に出ていれば、SBDと間違えられているような音源ですね。
演奏も最高で、「She's A Woman」 「Definitely Maybe」「You Know What I Mean」名演です。




Lost Mistral Tape


Live at Music Hall, Boston, MA 3 May 1975

1. Jeff's Boogie/Constipated Duck
2. Drum Intro./She's A Woman
3. Freeway Jam
4. Definitely Maybe
5. Superstition
6. Keyboard Solo
7. Cause We've Ended As Lovers
8. Power
9. Got The Feeling
10. You Know What I Mean

Jeff Beck - Guitar Wilbur Bascomb - Bass
Bernard Purdie - Drums Max Middleton - Keyboards

  1. 2010/06/02(水) 22:39:22|
  2. JEFF BECK 75~77
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ON BROADWAY / TOM WAITS


LIVE年月日不明、SBD,音質90点、音質、バランス、最高です、たまに微妙なひずみを感じますが、ごくごくわずかです。CDには84、USAとありますが、選曲からしてあり得ないので77~79年あたりですかね??「Red Shoes」「Romeo」が演奏されているので、78か79ですかね??
78年、ぽいですが。。曲割はテキトーで、頭出しがやや不便です。内容は素晴らしいもので、「Tom Trauberts Blues」「I Wish I Was New Orleans」などのバラードの名曲と「Do the Hokey Cokey」などの楽しい演奏を最高の音で聴けます。

Tom Trauberts Blues
Small Change/ Big Spender
Romeo is Bleeding
Annie's Back in Town
Jitterbug Boy/ Better Off without a Wife
I Wish I Was New Orleans
When the Saints
Since I Fell for You
Red Shoes
X-Mas Card from a Hooker in Minneapolis
Do the Hokey Cokey
Summertime
Borma Shave
OUTRO

  1. 2010/06/01(火) 21:26:53|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (32)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (38)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (125)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (75)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR