SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

トミカ  セドリック



TOMICA LIMITED VINTAGEシリーズ。。

ニッサン セドリック

渋いなーー・・・・。。昭和。。

シブイ!!これしか出ない。。

この車が似合う人・・・・凄いな。。

想像上、なぜかカーネル・サンダース。。

これしか思い浮かばない。。なぜ外人・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 00:37:35|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STUDIOKONZERT 1978/BILLY JOEL


'78年,TVLIVE.3月15日、ドイツ,ブレーメン・スタジオで行われたスタジオライブ「ミュージックラーデン」を超高画質で収録。
[再放送された際のデジタル・コピーを使用しており、画質・音質共にこれ以上は望めないほどのクオリティです。日本でもかつて某衛星放送で放送されましたが、それよりも曲数が多い最長版です。]

との説明書きどおり、画質はそのまま発売できそうな映像です。
マイクのせいなのか??ボーカルが震えるような感じ?になったり、微妙に歪んだり。。何ですかな??ま、たいしたことはないですが。このへんはもともと、当時のTV収録の技術の低さなんですかね?
ビリージョエルの頭は、カリフラワーみたいです・・・・バンドのメンバーはプロフェッショナルって感じ。。
Travelin' Prayer、カッコイイーー。ピアノマン、高速演奏、ビリーのRoot Beer Rag、高画質で見られます!
Say Goodbye To Hollywood・・・もう最高ですよん。。すばらしー。。。
ビリーのグラスハウスLIVEのおまけ。

本編4CD+LIVE6枚+DVDスゴイデスネー。。



Musikladen, Radio Bremen TV Studios, Bremen, Germany 15th March 1978


1. Introduction 2. Miami 2017 3. Somewhere Along The Line 4. New York State Of Mind
5. Travelin' Prayer 6. Just The Way You Are 7. Root Beer Rag 8. She's Always A Woman
9. Only The Good Die Young 10. Say Goodbye To Hollywood
11. Souvenir

Billy Joel - Vocal & Piano Russell Javors - Guitars
Doug Stegmeyer - Bass Liberty Devitto - Drums Richie Cannata - Saxophone

Approx.45min.

  1. 2012/02/27(月) 00:34:40|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DANISH YODEL MASTER/DEEP PURPLE


土曜の夜、ディープパープルな夜でした???。。。

'71年、AUD,音質82点、なかなかの高音質。71のパープルでは最高峰の音質であるのは間違いないでしょう。
結構昔からこの日はリリースされていましたが、割れた厳しい音だったりしました。なぜここまで良くなったのか??やや距離があるのでしょうか???ちょい先で演奏してるような音でもありますが、クリアーさは最高。迫力が・・・
やや薄いのは、ギターの音が微妙に小さいからではあります。。。が・・・こんな綺麗な音の71年もなく。。曲によっては(Child In Timeなど。。)音の塊で、音圧もなかなかあり、迫力もすごいです。
内容は、デンマークのヨーデルおじさん??(爆)タイトル通り??ギランのへんてこな、ヨーデルから??それにバックがあわせ。。。このころ、よくやってたんでしょう。。この日だけではない始まり。。
ここで、 Speed Kingへと普段は行きますが。。。PAトラブルが発生。。。→
ヒィアウイゴー!!ジャーン。。。ぷす・・・・。。停電??観客爆笑・・・・。。そこはすかさずドラムソロ。。4・5分たち、直ったのか。。Speed King、大迫力で響きます。。このころのJAMのすさまじさは聴かなければわからない、毎回違う。。。本人たちも楽しいでしょう。。LIVEの真髄??
Strange Kind Of WomanもLIVE IN JAPAとは違う感じ。Child In Timeはジョンのオルガンが目立ちます。。にしても凶暴??さは十分。。。
Wring That Neck、Mandrake Rootもジョンが目立ちます。。 Wring That Neckは迫力の演奏・・・ではありませんが、違った感じで
楽しめます。ヘイ・ジュードのフレーズが流れても、ぜんぜん無反応。。客の反応がなし(爆)。。。
Black Nightはやや、ギターが小さく迫力が。。ベースが良く聞こええます。
「Mandrake Root」後半に存在していたテープチェンジ欠落も短くなり、。また既発ではカットされていた「Black Night」の20秒間のテープ不良部分(6:43~)をカットなしで収録。。当然ソイズは入りますが。マスターに近い音源、いままでのものより上級です。
あとはInto The Fire前半では既発同様のカットがありますが。..
これからも、そんなにはないであろう71。。
71年のパープルAUDの中では最高峰の音源。楽しめます!





Live at Vejlby-Risskov Hallen, Arhus, Denmark 24th April 1971


Disc 1
1. Intro. 2. Yodel 3. Drum Solo 4. Speed King 5. Strange Kind Of Woman
6. Into The Fire 7. Child In Time

Disc 2
1. Wring That Neck 2. Mandrake Root 3. Black Night 4. Lucille

Ritchie Blackmore - Guitar Ian Gillan - Vocal Roger Glover - Bass
Jon Lord - Keyboards Ian Paice - Drums

  1. 2012/02/26(日) 03:12:26|
  2. DEEP PURPLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAPAN TOUR 2006/BILLY JOEL



2006年の日本公演6CD-R。。東京、札幌、福岡の3公演で6CDです。


'06年、日本公演、東京、音質89点。札幌、87点。福岡86点。んーーーー。。ドームツアーがおまけか・・・・ドームは嫌いだ。。
と思ったら、これが音が良い!!!気持ちよい音ですわーー。特に東京はものすごい音!テレビ中継のよう。
福岡はボーカル大きく、何か、2つとは違う感じの音でもありますが、これも問題ない高音質。。
81年はグラスハウス・ツアーで、名盤のニューアルバム曲が目当てですが、06は、BESTOF LIVEですよねー。。また、後半、選曲が変わり楽しめます。HIGHWAY TO HELLをやったのはなぜ??イマジンをビリーが歌ったことでも話題になりましたねー。
1コーラスですが。。。しかし、本編は貴重なツアーの音として、超高音質のおまけ6CD..。。。
おまけが本編を超えている音・・ま、81のツアーに思い入れがあるファンが多いのは当然?。。でも、豪華なおまけがスキ!!

  1. 2012/02/25(土) 02:09:56|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GLASS HOUSES IN JAPAN(Vol.2)/BILLY JOEL


'81年、AUD,音質84点、バランスはよいですが、輪郭が微妙にぼやけた感のある音。若干距離がある感じ。
武道館よりこちらのほうが音は微妙に良いか??Piano Manの曲間などにマイクをいじるぼこぼこ音がやや入りますが、曲にはそれほどかからないのでまあ。。武道館と同じ感じで、バランスはよいので、特に問題なく聴ける音です。
Let 'Em Inが演奏されてなく、演奏が短いですが、音は同じ感じなので。。
ビリーのピアノのうまさに耳が行きがちですが、ギターのうまさなども。。
夜中に酒を飲みながら、しみじみ。。




Live at Furitsu-Taiikukan, Osaka, Japan 20th April 1981

Disc 3 (40:18)
1. Opening 2. You May Be Right 3. My Life 4. Honesty 5. Movin' Out (Anthony's Song)
6. Piano Man 7. Don't Ask Me Why 8. Vienna 9. The Stranger

Disc 4 (61:53)
1. Stiletto 2. Until The Night 3. Root Beer Rag 4. She's Always A Woman 5. Just The Way You Are
6. Sleeping With The Television On 7. All For Leyna 8. Sometimes A Fantasy 9. Big Shot
10. It's Still Rock And Roll To Me 11. I'll Cry Instead 12. Band Introduction
13. Only The Good Die Young 14. Souvenir

Billy Joel - Vocal & Piano Russell Jayors - Guitar David Brown - Guitar
Richie Cannata - Horn & Saxophone Doug Stegmeyer - Bass Liberty Devitto - Drums

  1. 2012/02/24(金) 00:22:38|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GLASS HOUSES IN JAPAN(Vol.1)/BILLY JOEL


’81年のGLASS HOUSESツアーより、2公演収録のCDより東京公演のDISC1.2を..

'81年、AUD,音質83点、バランスはよいですが、輪郭が微妙にぼやけた感のある音。ま、81年の武道館こんなものでしょうか。とはいえバランスはよいので、特に問題なく聴ける音です。
当時の日本のLIVEの感じが良く出てる??
70年代のビリーは超高音質SBDがわりとありますが、80年代になるとぜんぜん。そのなか、よく録れた音です。Until The Nightの低音のボーカル、素敵です。
Sleeping With A Television Onなんて演奏されてたんですねー。このあたり、続くAll For LeynaあたりからLIVE IN JAPANの特有の拍手の嵐がすごいですが。埋もれることなく。
武道館、見に行ったけど何も覚えていない脳に、何かモヤモヤーっと。。なつかしさが。。



Live at Budokan, Tokyo, Japan 17th April 1981

Disc 1 (42:49)
1. Opening 2. You May Be Right 3. My Life 4. Honesty 5. Movin' Out (Anthony's Song)
6. Piano Man 7. Don't Ask Me Why 8. Vienna 9. The Stranger

Disc 2 (61:46)
1. Stiletto 2. Until The Night 3. Let 'Em In 4. Root Beer Rag 5. She's Always A Woman
6. Just The Way You Are 7. Sleeping With A Television On 8. All For Leyna
9. Sometimes A Fantasy 10. Big Shot 11. It's Still Rock And Roll To Me
12. I'll Cry Instead 13. Band Introduction 14. Only The Good Die Young 15. Souvenir

  1. 2012/02/23(木) 00:29:58|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CALIFORNIA JAM 1974/BLACK SABBATH


DVD、プロショット、DEEP PURPLEが歴史的パフォーマンス?で有名な、カリフォルニアジャムのサバスの映像。
ステージに、あの、虹見たいな飾りがあり、サバスも出ていたのカー・・・ですが。。
輪郭がやや甘いですが、74年ですよ。。ぼやけた感はありますが見れる画質。4曲の貴重な画像が見られます。25万人??すさまじい数の観客の前で動きが良い(爆)。。まだこのころは動ける?オジー。とんでもない規模のLIVEの映像が見られます。
「Children Of The Grave」が公式ヒストリー・ビデオに採用されたほかは、あまり画像が良くないものが多い中、高画質でみられるように。「SABBATH BLOODY SABBATH」ツアーのころで、アイオミがひげがない違和感のある?姿で見られます。。(笑)しかし、SABBATH BLOODY SABBATHは演奏されなかったのですかねー??このツアー??
すきなんですけどね。。
まっ昼間のカリフォルニアに重い黒いWar Pigs・・・・・いいじゃない(笑)。。。
25分ですが貴重な良好映像!!




Live at Ontario Motor Speedway, California, USA 6th April 1974

1. Intro/Interview 2. Killing Yourself to Live 3. War Pigs 4. Paranoid
5. Children of the Grave 6. Outro/Interview

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums

  1. 2012/02/22(水) 01:10:55|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DKRC 1975/BLACK SABBATH


サバス75年の映像、TV番組、ドン・カーシュナー出演時のもの。時代を考えると高画質です。また音は最高で結構すごい映像です。この番組はスタジオや、会場できっちり本当のLIVEをやっていた貴重な番組。
Killing Yourself To Liveから始まり、Paranoidまで25分間、ドロップアウトもなく、充実の内容。
アイオミの独特な指使いや、ギーザーのベース職人的な様子が印象的。
この日のオジーは・・・ラリってないのか?あまり変な(爆)行動はせず、4人しかいないのに、メインボーカリストが右端に立っているのが不自然な感じだけ・・・・
こんなきれいな映像で見れるんですねー。。




Live at Civic Center, Santa Monica, CA. USA 4th September 1975


1. Introduction by Don Kirshner 2. Killing Yourself To Live 3. Hole In The Sky 4. Snowblind
5. War Pigs 6. Paranoid

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums

  1. 2012/02/21(火) 02:08:16|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SABBATH IN FRESNO(Vol.2)/BLACK SABBATH



'76年と'78年の2ツアーで行われた同一会場公演、カリフォルニア州フレスノ“セランド・アリーナ”のライヴ2を公演、3CDより、今日は'78年のDISC2.3。

'78年、AUD,音質84点、高音質オーディエンス録音。音質的には76年よりも若干、丸い音で。聴きやすい音。
音はまあまあ近く、バランスも良好。こちらはノーカットのようです。76年に比べると微妙にレンジが狭いか?ま、それほど問題なく、やや細い音ですが、アリーナ、そのなかでよく録音されております。
Supertzarはやや、混乱の始まりみたいな感じですが、すぐに安定します。War Pigsのギターの響き。ハウリングの音も良いですねー。 Never Say Die・・なんかかわいいよねー。パンク?みたい。重さがないところが。。
Shock Wave 、 Rock 'n' Roll Doctorを良好な音で聴くことができる、良質なソース。
完全版は大きいですね。

写真、上の2人。。手は何を表してるのか???



Live at Selland Arena. Fresco, CA. USA 22nd September 1978



Disc 2
1. Supertzar 2. Symptom Of The Universe 3. Snowblind 4. War Pigs 5. Never Say Die
6. Black Sabbath

Disc 3
1. Shock Wave 2. Dirty Woman 3. Rock 'n' Roll Doctor 4. Drums Solo 5. Guitar Solo
6. Electric Funeral 7. Iron Man 8. Children Of The Grave 9. Paranoid

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
Gerald Woodruffe - Keyboards

  1. 2012/02/20(月) 00:13:44|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SABBATH IN FRESNO(Vol.1)/BLACK SABBATH


'76年と'78年の2ツアーで行われた同一会場公演、カリフォルニア州フレスノ“セランド・アリーナ”のライヴ2を公演、3CDより、今日は'76年。

'76年、AUD,音質85点、高音質オーディエンス録音。強烈な音で収録されてます。臨場感もありバランスも最高。やや中高音が大きく高音が耳にくる感じもありますが、KILLING YOURSELF TO DIE 
http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/30286389.html
に次ぐ、高音質盤です。後半、もうヒズミ直前か、近めの音ですごい音です。キーボードが参加したLIVEですが、Dirty Womenあたりで、まあ、活躍ですかね。デビュー当時からの曲ではキーボードの人は何をしているのかわかりませんが。。
演奏がやや怪しいところもある新曲ですが、LIVEでの演奏は度迫力です。
3曲目にあたる「Snowblind」が欠落してますが、このころの新曲もきっちり収録。
かなりの音質。代表盤になりますね。。



Disc 1
Live at Selland Arena, Fresno, CA. USA 9th November 1976

1. Supertzar 2. Symptom Of The Universe 3. All Moving Parts (Stand Still) 4. War Pigs
5. Gypsy 6. Black Sabbath 7. Dirty Women 8. Drums Solo 9. Guitar Solo 10. Rock 'n' Roll Doctor
11. Electric Funeral 12. Iron Man 13. Children Of The Grave 14. Paranoid

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
Gerald Woodruffe - Keyboards

  1. 2012/02/19(日) 00:06:33|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE LONGEST... DIE AT LAST/BLACK SABBATH


'75年、SBD,音質97点、なんですかこれは」・・・・・・・
少し前にのせた「ASBURY PARK 1975: DIGITAL BROADCAST VERSION」↓

の、マスター。しかも、DJなどが乗る前の、完全盤の出現。。音質はもう、昔誰もが「音、悪いねー」と感じた?
オフィシャル盤を超えてる音。唖然とする高音質ですね。。若干広域がきつい感じではありますが、オフィシャルのモコモコみたいな感じの音とは正反対。好みも出るでしょうけど・・・ノイズ問題も・・・・
「Symptom Of The Universe」など、オフィシャル盤の「PAST LIVES」でさえ大きなノイズが入っているので。。
もともと、キングビスケットなどのBBCの放送などの音源であるこの音も、STONESのヨーロッパ73、や、ナスティー関係の音などと同じように、いわゆる権利問題?オフィシャル化はないんですかね。ひどいモノです。
(なんて何日か前に書いたらSTONESがオフィシャルブートを出してしまいました・・・・。。)しかし、オフィシャルブートという扱い。。そんなんでBOOTを否定できない元凶が、権利問題?いやだねー。。そんな問題も、徐々に解決されてゆくのか??
話が別違う方向に・・・・で、完全盤、Supertzarなどは、BROADCAST VER~でも聴けたし、重要は、後半のカット部分、となりますが、やっぱりカットなしで聴けるという状態で聞くとどれも安心して聴けます。それにしても、音が完璧だけに凶悪な音です。ギターのリフがね。。「PAST LIVES」と重なる部分もミックスが違うようで、こちらが、オリジナル?と思ってしまうような感じ。「PAST LIVES」はギターの音なども丸いもこっとした音、こちらは尖ってハードに聴こえます。
Symptom Of ~の怪しいで出しは完璧な音だとやはりすごいもの。War Pigs も完璧。
カットされていた、Sometimes I'm Happy などのイントロ聴いてると、75年の音とは感じず、音の迫力と響きわたる雰囲気まで感じることが出来ます。Children Of The Graveのハードさは行き着くところまで?
年代がばらばら前半73、後半75などで構成されている、オフィシャルはおいしいところをつまんでありますが、こちらは、75年のLIVEそのものを完全に聞ける貴重なドキュメント。。サバスの最高峰の音。
凶暴な、Symptom Of The Universe。。すごいですねーーー。。
「MONTREUX 1970」とこれで完璧な音が出現しましたー。。


Asbury Park Convention Hall, Asbury Park, New Jersey, USA 5th August 1975


Disc 1
1. Supertzar 2. Killing Yourself To Live 3. Hole In The Sky 4. Snowblind
5. Symptom Of The Universe 6. War Pigs 7. Megalomania

Disc 2
1. Sabbra Cadabra 2. Band Jam 3. Guitar Solo #1 4. Sometimes I'm Happy 5. Drums Solo 6. Supernaut
7. Iron Man 8. Orchid - Guitar Solo #2 9. Rock 'N' Roll Doctor
10. Guitar Solo #3 - Don't Start (Too Late) 11. Black Sabbath 12. Spiral Architect
13. Embryo - Children Of The Grave 14. Ozzy's MC 15. Paranoid


Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
Jezz Woodroffe - Keyboard

  1. 2012/02/18(土) 01:32:17|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グロリア トミカ 



グロリア トミカ リミテッド・ビンテージ

カッコイイ!

何年の車なんでしょう??

  1. 2012/02/17(金) 00:13:12|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BERLIN 1970/BLACK SABBATH


'70年、SBD、音質79点、古き時代のSBD?という感じ。バランスはよく、説明には、「一説にはテレビ放送用のサウンドボードを用いている音源とされ・・・」とあり、昔のTV音源なんですかね?とんでもない音のCDが飛び出した最近、この音源はボーナスCDになってますが、普通に聴ける音です。
ということで、モノラルで、レンジがやや狭い音ですが、昔のTV放送の音といわれればわかる気がする音。
なぜかやたら、AUD録音のような空気感がある音です。マイクの立てかたなのか?
この時代、ライン直結プラス会場に集音マイク?だったのか。マトリックスのようなものがあったのか?
それとも、マイクを良い位置に立てただけなのか?(これもあるのかどうだかわかりませんが。。)
クラッシックのコンサートは当然後者ですが、これも、音を聞く限り、マイクを良い場所に立てた感じの音。
当然演奏は最高で、オジーの声も若い。ボ-トラを抜かすと42分ほどなんでしょうか?
パラノイドをリリース直後のLIVEで、勢いのある演奏は70年という感じ。後期に演奏が少なくなる、Hand Of Doom、 Rat Salad 、N.I.B.など、後半がうれしいですねー。
「MONTREUX 1970」という、スパー音源が出ましたが、SBDの「聴ける」音源。
選曲は70年、当然最高です。

ボートラにラジオ・コマーシャルが収録「トラック9では「Radio Ad #1」として、1970年にイギリスのラジオ
で使用されたという1stアルバムのコマーシャルを収録。続く「Radio Ad #2」では、1970年秋に行われた
アメリカツアー(および1stアルバム)プロモーションのラジオ・コマーシャルを聴く事が出来ます。」
とあり、当時のCMまで・・・・ビンテージ感が良いですね。。




Audimax der Freien Universitat, Henry-Ford-Bau, Berlin 26th June 1970


1. Intro. 2. Paranoid 3. Iron Man 4. Black Sabbath 5. War Pigs 6. Hand Of Doom
7. Rat Salad 8. N.I.B.

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums




  1. 2012/02/16(木) 00:13:53|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 カリオストロ ルパン(食らいつく編??)



ルパンフィギア。

カリオストロ、名シーン。

いいねー。。

  1. 2012/02/15(水) 00:27:29|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hampton Coliseum (Live 1981)/ROLLING STONES


そして、第2弾が・・・・

ハンプトン、81ですね。キースの38歳の誕生日。全米に放映された超有名LIVE。
ステージに駆け上がった気客を「ギターデナグル」・・(笑)あの日ですね。
数年前??もっと前だっけ??キースのギターが聞こえず、ロンのらりったギターがうるさい日で有名?
でもありましたが、(爆)突然、キースの音もきっちり聴こえ、文句?もありますが、81年を代表する音源にますます、磨きがかかり、驚きでしたが、今回のオフィシャルDLでは、リバーブ感が強く、荒い演奏もわりと普通に聴こえます。。
欲を言うとオープニングのAトレインから、きっちりと入れてもらいたかったですが・・・
また、 Brown Sugarのイントロ部分?出だしのところも、つながって真のLIVEが聴ける?なんて細かく違いも。
ま、全体の音の違いが衝撃ですが。。

さ、次は・・・フィラスペとウェルカムTO、NYと・・・・・出ないかな―・・・

この形式でいろいろ出すのもなんだかねー。。。

CDショップもさぞ残念でしょう・・・・

ちゃんとリリースもしてほしいですが・・・

どうなのよっ????




Virginia on 18th December 1981.

Under My Thumb
When The Whip Comes Down
Let's Spend The Night Together
Shattered
Neighbours
Black Limousine
Just My Imagination
Twenty Flight Rock
Going To A Go Go
Let Me Go
Time Is On My Side
Beast Of Burden
Waiting On A Friend
Let It Bleed
You Can't Always Get What You Want
Band Introductions and Happy Birthday Keith
Little T&A
Tumbling Dice
She's So Cold
Hang Fire
Miss You
Honky Tonk Women
Brown Sugar
Start Me Up
Jumping Jack Flash
(I Can't Get No) Satisfaction

  1. 2012/02/14(火) 00:34:57|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Brussels Affair/ROLLING STONES


衝撃の音源がオフィシャルサイトで・・・・
いや、最強の音源が、オフィシャルでDLの衝撃???

最高に有名な、STONESのブート、ナスティー・・Brussels Affairがらみ?の音源がオフィシャルサイトでDL開始。
ま、劣化のほぼないFLACとMP3。。9ドルと7ドル。。約200円差かよっ!!・・・・という。。。。
いろいろな思いが浮かびます。。

なぜ??

オフィシャルブートでなくてはいけないのか??

プレスしてリリースしなくてはいけない音源では??

権利がBBC?云々などでリリースできない・・・・みたいな話はどこに??

など疑問が。。。

そして、FANなら思う、ROCKにおける最強の「これを聴かずして・・」の音源が
いまさらにしても発表できるというのに、なぜこんな形で・・・というのが一番の衝撃。

また、オフィシャルブートレグらしいのか???
最強の音源が・・・・・なんだかなーの、BOOT以下のジャケも・・・涙。

音のほうはというと、今までとは印象が違うのが正直な感想。
「臨場感がありすばらしい音。。」ともいえる
・・・・・・・・・・・・・
いや、迫力がやや薄れているような・・・・・混乱でわかりません。。
ま、衝撃。

Doo Doo Doo Doo Dooo (Heartbreaker)が、耳慣れた?「あの」日ではない。
なすてぃーではないのだなーと・・・
当然?????Star Starが収録。

など、どれが、ぶりゅせるで、なんだかどうだか・・・混乱。。

今後のリリース状況にばかり気が・・・・

どうなるの??????

追記・・

いろいろと・・・
検索の結果、

何か深い理由がるのか??メインを2NDショーに。。
1stショーからがBrown Sugar,Midnight Rambler,Street Fighting Manのようで、
2ndショーのテイラーのギターパートには編集が加えられて・・・・

Recorded live on 17th October 1973 at the Forest National in Brussels, Belgium.

1.Brown Sugar(1st)
2.Gimme Shelter(2nd)
3.Happy(2nd)
4.Tumbling Dice(2nd)
5.Star Star(2nd)
6.Dancing With Mr.D(2nd)
7.Doo Doo Doo Doo Doo(2nd)
8.Angie(2nd)
9.You Can't Always Get What You Want(2nd)
10.Midnight Rambler(1st)
11.Honky Tonk Women(2nd)
12.All Down The Line(2nd)
13.Rip This Joint(2nd)
14.Jumping Jack Flash(2nd)
15.Street Fighting Man(1st)


1STショウも出していいんですけどね。。へへへ。。

  1. 2012/02/13(月) 00:16:05|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

REPYILE WORLD TOUR 2001(Vol/2)/ERIC CLAPTON



昨日の続き。

'01年,REPYILE WORLD TOUR 2001のDVD。
4th、OCT 2001がREPTILEからの10曲。
6th、OCT 2001が完全収録?19曲。
13th.OCT 2001が曲順が違う?ようですが、序盤のない13曲
これがすべて。プロショット。TV放送のようです。ま、本編?CDの音とは半年近く違いますが、すべて良好な映像。
超高音質CDにすべてプロショット画像というとても内容の良い2001年ものでしたー。

  1. 2012/02/12(日) 00:35:51|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

REPYILE WORLD TOUR 2001(Vol/1)/ERIC CLAPTON


'01年、SBD、音質93点、ものすごく高音質です。ボード直の音ですねー。硬い音ですが、完璧なSBD。よく聴くと、ぷちっと微妙にノイズが入るところがありますが、超高音質といってよい音ですねー。
このツアーは、Key to the Highwayからのアコースチックパートを完璧な音で聴けるのはうれしいですねー。
過去のリリースでは、EC Is Hereなどがありましたが、Sunshine of Your Love の途中までの収録がコンプリートとなり、めでたく2001年の代表盤になりますね!!
この日はThe Impressionsのゲストがあり、特別のセットリストになっています。It's Alright、Finally Got Myself Togetherはバックを勤め、Got You On My Mind、Don't Let Me Be Lonely TonightDon't Let Me Be Lonely Tonight では彼らがコーラスに回り、Travellin' Lightでも、低いコーラス、重厚なコーラスが。。ギターソロもさえてます。Don't Let Me Be Lonely Tonightの出来は最高ですかね。
高音質でコンプリート。2001年のマストアイテムが出現。。
しかしジャケ・・・どうにかならなかったのかね。。冴えないです・・。

2CD+3DVDというすばらしい内容。いいね!!
DVDは見ていないので後日。。


Philips Arena,Atlanta, Georgia May 21, 2001

Disc 1:
Key to the Highway
Reptile
Tears in Heaven
Change the World
My Father's Eyes
River of Tears
Going Down Slow
She's Gone
It's Alright (with the Impressions)
Finally Got Myself Together (with the Impressions)

Disc 2:
Got You On My Mind (with the Impressions)
Don't Let Me Be Lonely Tonight (with the Impressions)
Travellin' Light (with the Impressions)
Cocaine
Wonderful Tonight
Layla
Sunshine of Your Love
Somewhere Over The Rainbow

  1. 2012/02/11(土) 01:18:43|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Different Kind Of Truth /Van Halen


ヴァンヘイレン、デイブが戻って・・・これ、何十回聞いたか、そして戻っても喧嘩別れしたりで。。
いまさら(笑)きっちりアルバムを作りました。。
予想を超える(予想は低くおいてましたが・・爆)出来で、1曲目。ぶっとい音で、ハーモニーも70年代のモノを思い出させます。She's The Woman 。いいねー、らしい曲。You And Your Blues 、これもなかなか。
4のイントロはすごいですねー。ドラムもすごいですねー。これぞ。って感じ。うるせー曲です。
7の As Is のアホみたいな(爆)カウントは何?Stay Frostyのアコーステック・・・エレキが乗る感じ。
王道ですが好きです。かなりの力作。曲作りが今後続くか??ま、LIVEもどの程度、魅せてくれるか。。
デイブの数年前の息絶え絶えの情けないLIVEをみましたが、あんなことはないように。。。
ボーナスのDVDはスタジオでのアコギLIVE。パナマ。いいですねー。どんな感じになるのかと思いましたが、まるでそのままの演奏でした(爆)BEAUTIFUL GIRLSの楽しそうな演奏に安心。。




1 Tattoo 2 She's The Woman 3 You And Your Blues
4 China Town 5 Blood And Fire 6 Bullethead
7 As Is 8 Honeybabysweetiedoll 9 The Trouble With Never
10 Outta Space 11 Stay Frosty 12 Big River 13 Beats Workin'


DVD

PANAMA
YOU AND YOUR BLUES
BEAUTIFUL GIRLS

  1. 2012/02/10(金) 00:06:17|
  2. オフィシャルXYZ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

In Rock 25th Anniversary Edition/Deep Purple


今日はCD棚からこんな名盤を。。In Rock。中学に入る前にはまったアルバム。そのデラックスエディション盤ですねー。何もいうことはない名曲ぞろいの超名盤。しかし、音質は・・ひどい音ですねー。分離の悪いモコモコの音。
ま、それが、塊になり迫力として感じていたのかも。。リマスターしてもこんな音なのです。
Speed Kingの衝撃のイントロはいつ聴いても良いですー。Into The Fireなんかは・・・ガキのころA面ばかり聞いていてInto The Fire しばらくして、B面にもすごい曲が入ってるーなどと・・・・??1粒で2度おいしい??(わけのわからない思い出が・・・)Hard Lovin' Man ・・・当然、2人ではないけどツインリードのすごさに感動した曲。はじめて全曲カッコイイアルバムを手にした瞬間だったのか・・
ボーナスの8、Black Nightは、ほかの曲よりも、20のリミックスよりも音が悪い・・・なぜ?
なぜか?テイク5のピアノから入るSpeed King (Piano Version) なんだか面白い。製作過程がわかる。そしてギターがリアル。14のいかにもリッチーなギターがかっこいいです。
やっぱりデモとしてはChild In Timeが聴きたいよねー。。ないの??


1 Speed King

2 Bloodsucker

3 Child In Time

4 Flight Of The Rat

5 Into The Fire

6 Living Wreck

7 Hard Lovin' Man

8 Black Night (Original Single Version)

9 Studio Chat 1

10 Speed King (Piano Version)

11 Studio Chat 2

12 Cry Free (Roger Glover Remix)

13 Studio Chat 3

14 Jam Stew

15 Studio Chat 4

16 Flight Of The Rat (Roger Glover Remix)

17 Studio Chat 5

18 Speed King (Roger Glover Version)

19 Studio Chat 6

20 Black Night (Unedited Roger Glover Remix)

  1. 2012/02/09(木) 01:30:43|
  2. DEEP PURPLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊 江戸


週刊 江戸 こんなん買ってました。。

100号

週刊、にしても長いです。。。


やっと買い終わった・・・・


読み終わるのはいつか???現在42号。。。

  1. 2012/02/08(水) 10:48:53|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 カリオストロ クラリス


カリオストロの城

カリオストロといえばクラリス。

  1. 2012/02/07(火) 06:54:43|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 カリオストロ 五ヱ門


カリオストロの五ヱ門フィギア

ザンテツ剣・・・・真直ぐになりません(爆

  1. 2012/02/06(月) 00:59:52|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WHITESNAKE / LIVE...IN THE WEST OF THE RHINE

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012/02/05(日) 11:37:37|
  2. U~Z

INDIANAPOLIS 1975/ERIC CLAPTON


'75年、AUD,音質78~82点、音質は変化がありテープの劣化なのか?平面的なモノラル録音のようなところとクリアーで聴きやすい音の箇所が分かれます。音は近く大変良好なので、こもったりしなければ、スローな曲ではまあ良好な音。
LaylaがあまりクリアーではないのとLet It Rainがこもって始まり、後半もシャンシャンしていて音の分離が悪い感じがあり、その他はところどころ、こもる感じもありますが、近い音なので十分聴ける音質。
75のKey To The Highwayは良いです。音が最高。Better Make It Through Todayはソロの入りが早いフレーズではなくはなくスローで。 Knockin’ On Heaven&゚s Doorは空気に溶け込むようなソロ、心地よい音が聴けます。
そして後半、レアなSETが。。Badge、Tell The Truthも良い選曲で、アンコールが Little Wing、とCarnival。サンタナは目が点になる変なフレーズ?なに弾いてるんだか。。(爆)最後の掛け合いはカッコイイ感じ。熱い演奏です。Carnivalはテープの痛みがやや感じられますが、2人の掛け合いはなかなかいい感じ。
この日の音源としては最良な音源であり、面白いSET LISTが楽しめるインディアナポリス公演。
激しい曲では音がやや団子になりますが、レアなアンコールが聞ける日です。



Live at Market Square Arena, Indianapolis, Indiana, USA 27th August 1975




Disc 1 (68:32)
1. Opening 2. Layla 3. Key To The Highway 4. I Shot The Sheriff 5. Can't Find My Way Home
6. Further On Up The Road 7. Let It Rain 8. Better Make It Through Today 9. Blues Power

Disc 2 (47:38)
1. Knockin' On Heaven's Door 2. Badge 3. Tell The Truth
4. Little Wing with Carlos Santana 5. Carnival with Carlos Santana

Eric Clapton : Guitar, Vocals George Terry : Guitar Carl Radle : Bass
Dick Sims : Keyboards Jamie Oldaker : Drums Yvonne Elliman : Backing Vocals
Marcy Levy : Backing Vocals

  1. 2012/02/04(土) 19:58:48|
  2. ERIC CLAPTON 75~79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 カリオストロ 次元



おもちゃシリーズでございます

カリオストロの次元

ラーメン食べる編??

  1. 2012/02/03(金) 01:21:41|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 カリオストロ



カリオストロの城


名場面、フィギア

こんなものが並んでます・・・

  1. 2012/02/02(木) 01:03:09|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なつかしい



復活??定番化してほしいな。。

記憶のかけらしかなかった天そば。。

すぐなくなるのかな??

こういうものは忘れないよね。。

  1. 2012/02/01(水) 01:49:15|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (58)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (23)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (32)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (117)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (145)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR