SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

GW VOL 2





続き。。。

木更津 OUTLET..

駐車場は・・スゴイデスネー。。広い!!

自分のほしいものは大してないので。。

ナイキ、アディダス、MAMMUTなどへ。。

子供は、バンダイ、レゴ。。ここしかない!

ナイキ、アディダス、MAMMUT。。

しかし、このへん、20%とか30%OFF。。そんなものなんすか??

アウトレットは。。しかも、アウター関係、L・M・Sは10枚とかあるのに

XLは1枚もない。。なんだよっ。。GW初日、開店で何もねー。。

イラッとしながら、子供のものばかり買い。。

別にたいしていらない(爆)クロックスのサンダル30%OFF・・・

ヘンケルの包丁。。20%OFF。。。これ安いのか??と思いつつ。。

何でオレ包丁買ってるんだ・・・・・

ヨメハンはー・・・・・顔が笑ってた・・・

フードコート。スゴイデスネー。。今半しかわかりません。。

梅蘭とかいうみせで、TVで見た、カリカリに焼いた焼きそばの中に、アンが入った

焼きそばを。。

マザー牧場のアイスクリームは50分待ちと言われ。

子供も嫌がり、セブンイレブンのアイスを買い....。。。

続く。。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 01:20:05|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW VOL1




ゴールデンウイーク。2日間終わり!

なぜか毎年行く木更津。。

しかし、何かが違う。。

アウトレットが出来てしまった。。迷惑な・・・

ヨメハンの目つきがいつもと違う。。

混雑も予想され。。。。

7時半に目黒から高速へ。。

うん、なかなか込んでいる。。50KM走行。。

アクアラインに分かれると??

ん??がらがら。。

8時20分。海ホタル。。早すぎる。。


アウトレットは10時開店なので。。

30分ほどつぶし。。

しかし9時半前にはアウトレットについてしまい・・・・

木更津、三井アウトレット。ニュースで見てぞっとしてましたが・・・

大して込んでなかった。。

早出はお得???

続く。。

  1. 2012/04/30(月) 00:49:36|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fighting : Deluxe Edition/THIN LIZZY


リジー、5作目のデラックスバージョン。。名曲、Rosalie 、Suicide、Fighting My Way Backなど、有名曲もたくさん。。
でも、好きなのは・・・ほかにも。。ツインリードが大好きな、Wild One 、どういうジャンルかわからない・・リジー独特な英国の美??なんだかわかりませんが、、大好きなKing's Vengeance、フィルのボーカル、ギターの絡み、ツインの細かい絡みがね。
たまらないのです。。Silver Dollar はアルバムに1曲入る?ブルース調。。Freedom Song は出だしのツインリードがかっこいい曲。LIVEで聴いてみたかった。。Ballad of a Hard Man のハードに盛り上がる、ギターギンギンの曲で終わり。
DISC2のデラックス版の追加部分は、、シングルB面、STONESのクランキ・ンあップみたいな、かわいいHalf Caste 。これが好き。
ながーく聴き続けとぃるWild OneやSong for Jesseなんかいいねー。。
ブラックローズだけじゃない、リジーをぜひ!!なんてね。。





DISC 1:

1. Rosalie

2. For Those Who Love to Live

3. Suicide

4. Wild One

5. Fighting My Way Back

6. King's Vengeance

7. Spirit Slips Away

8. Silver Dollar

9. Freedom Song

10. Ballad of a Hard Man



DISC 2:

1. Half Caste

2. Rosalie [US Mix] - (remix)

3. Half Caste [BBC John Peel Session] - (live)

4. Rosalie [BBC John Peel Session] - (live)

5. Suicide [BBC John Peel Session] - (live)

6. Ballad of a Hard Man [Instrumental Version]

7. Try a Little Harder [Alternate Vocal Version] - (alternate take)

8. Fighting My Way Back [Rough Mix with Alternate Vocal] - (alternate take)

9. Song for Jesse [Instrumental Version]

10. Leaving Town [Instrumental Version]

11. Blues Boy

12. Leaving Town [Extended Take]

13. Spirit Slips Away [Extended Version Take 4] - (take)

14. Wild One [Instrumental Version]

15. Bryan's Funky Fazer/Silver Dollar

  1. 2012/04/29(日) 16:09:05|
  2. THIN LIZZY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Night Life: Deluxe Edition/THIN LIZZY


今週は、THIN LIZZYの2枚のデラックスエディション、国内盤が発売になりまして。。。

頭がリジーでございます。。なんてね。。

国内盤の3800円と言う値段に憤りを覚えながら(爆)・・・いや、半分リリースありがとうですが。。高いですねー。。
SHM CD??効果があるんなか。。ま、なくはないですが。。しかし、THIN LIZZY今まで聴いたことのなかったトリオのものまで国内版を買ったので、いまさら輸入版に切り替えることも出来ず??。。。なんだか。。
しかし大好きなタイトル。。やはり格別!!

ブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムのツインリードになり、ロックの・・特にハードロックのツインリードのお手本になったアルバムの1つですかね。。最高に好きなオールマンのツインリードとはまた別のメロウな。。
フォーキー??民謡交じり??の独特なハードロックを展開したリジーの記念すべき、ツインギターアルバム。。She Knowsのアコギから始まり、エレキが絡むところはたまりません。。Night Life はトム・ウエイツの曲のように夜の町並みが頭に浮かぶ。。どブルース!これが最高!
Still in Love with You 、それでも君を。。親友が参加、ゲイリー・ムーアですね。その後、再三加入の話があり、ブラックローズで実現。。
この名演からですね。。Frankie Carroll はピアノとバイオリン?のバラード。ビートルズのえりのありぐびーみたい。。
Showdown これがカッコイイ。音の良さを感じる音でもあり、シンプルなギターと語るようボーカル、ギターの絡みがカッコイイ。
Banshee はある意味、リジーらしいなーと納得させられる曲。インストで1分半ない。。でも、なんかいい。。
有名曲、Sha-La-La 。何もございません。名曲。Dear Heart は寝るときに聴く音楽に選んだりした思い出の曲。

そして、デラックス!CD2は、She Knows など、LIVE感がありませんが(爆)。。スタジオ録音みたいではありますが、曲が良いだけに
ギターの響きも良いです。。生々しくもメロウなツインリードを味わえます。。
ツインリード好きにはたまらないアルバム。。





DISC 1:

1. She Knows

2. Night Life

3. It's Only Money

4. Still in Love with You

5. Frankie Carroll

6. Showdown

7. Banshee

8. Philomena

9. Sha-La-La

10. Dear Heart



DISC 2:

1. She Knows [BBC John Peel Session] - (live)

2. Sha-La-La [BBC John Peel Session] - (live)

3. It's Only Money [BBC John Peel Session] - (live)

4. Philomena [BBC John Peel Session] - (live)

5. Banshee [BBC Hob Harris Session] - (live)

6. Dear Heart

7. Showdown [Alternate Version] - (alternate take)

8. Still in Love with You [Alternate Version] - (alternate take)

9. It's Only Money [Alternate Version] - (alternate take)

10. Showdown [Alternate Take] - (alternate take)

11. Still in Love with You [Rough Vocal Mix] - (remix)

  1. 2012/04/28(土) 00:13:02|
  2. THIN LIZZY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DORTMUND HEAVY METAL FESTIVAL Remastered Edition


'83年、凄いデスネー、、3時間超えのメタルフェス。画質良好のLさんのボーナスDVD。
もう何もいうことはありません。。各バンド、選曲がもう、マジです。。ジェイクのオジーも元気。
DISC1だけでもう。。。。しかも、クロークス(日本読み)まで。。Bedside Radio が懐かしい。。
ゲイシャガールの東京ナイツは入ってません。。残念、。。クアライ。。久々に聴きました。。
アメリカンなハードは気持ちよい。。MSGなんざー、Into The~からですよ。。引退なさる
スコピーとジュダスの勇姿。。。
まあ、選曲で分かる人にはわかる。。すんごい内容。。

SCORPIONS/JUDAS PRIEST/DEF LEPPARD/OZZY OSBOURNE/QUIET RIOT/KROKUS/MSG
DORTMUND HEAVY METAL FESTIVAL Remastered Edition
Live at Westfalenhalle, Dortmund, Germany 17th & 18th December 198



Disc 1
SCORPIONS
1. Blackout 2. Loving You Sunday Morning 3. Coming Home 4. Always Somewhere
5. Holiday 6. Can't Live Without You 7. Dynamite 8. Can't Get Enough

JUDAS PRIEST
9. Riding On The Wind 10. Breaking The Law 11. Freewheel Burning
12. You've Got Another Thing Comin' 13. Living After Midnight 14. Victim Of Changes
15. Hell Bent For Leather

Disc 2
DEF LEPPARD
1. Rock Rock('til You Drop) 2. Billy's Got A Gun 3. Foolin' 4. Rock Of Ages
5. Let It Go 6. Wasted

OZZY OSBOURNE
7. I Don't Know 8. Mr. Crowley 9. Bark At The Moon 10. Centre Of Eternity
11. Carmine Appice Drums Solo 12. Iron Man 13. Paranoid

KROKUS
14. Long Stick Goes Boom 15. American Woman 16. Bedside Radio 17. Heat Strokes

QUIET RIOT
18. Let's Get Crazy 19. Bang Your Head 20. Slick Black Cadillac 21. Cum On Feel The Noise

THE MICHAEL SCHENKER GROUP
22. Into The Arena 23. Courvoisier Concerto 24. Rock Will Never Die 25. Doctor Doctor

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.190min.

  1. 2012/04/27(金) 00:52:14|
  2. VARIOUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TEMPLE OF ROCK IN CALIFORNIA/MICHAEL SCHENKER


12年、AUDショット、ものすごい至近距離?2・3Mの至近距離からステージを録画しています。怒られないのかしら??
カメラの前の2人くらい前の客は、写真を撮りまくるデジカメも。。
ボーカルはマッコリーシェンカーのときのマッコリーさんですね。最新アルバムの「TEMPLE OF ROCK」はいろいろなゲストで、ツアーのボーカルも、日本ではマイケル・ヴォス、ヨーロッパではドゥギーを起用、アメリカツアーではロビンをヴォーカルとして迎える事を決めるというへんてこりん?なツアーでもあります。最新アルバム、ほかUFO,SCORPIONS,そしてM.S.Gと、集大成のような面白い選曲。
スコーピオンズの曲では、やや物まねみたいになっているのが面白いです。
オープニングがInto The Arena。ベースと2NDギターも白黒のフライングブイを持つって登場するという、やや鬱陶しい(爆)演出でスタート。
しかし、立ち見の2.3列目でビデオを101分も撮るなどご苦労なこった。。
やっぱり、UFOの曲の煌びやか?なフレーズは良いねー。当然音もよく、マイケルこんなに元気なんだー。。と、安心したりして。。
Doctor Doctorのギターの音色も伸びやか。マイケルの音はイイネー。へんてこな電気音みたいな音出してる人に聞かせてやりたいね。。



1. Into The Arena 2. Armed And Ready 3. Lovedrive 4. Another Piece Of Meat
5. Lover's Sinfony
6. Save Yourself 7. Let Sleeping Dogs Lie 8. Rock My Nights Away 9. Shoot Shoot
10. Too Hot To Handle 11. Love To Love 12. Let It Roll 13. Natural Thing 14. Lights Out
15. On And On 16. Rock Bottom 17. Attack Of The Mad Axeman 18. Doctor Doctor

Michael Schenker - Guitar Robin McAuley - Lead Vocals Elliot Rubinson - Bass
Wayne Findlay - Keyboards, Guitar Pete Holmes - Drums

  1. 2012/04/26(木) 00:48:42|
  2. K~N
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 オープニング編 次元


ルパン3世。

オープニング&エンディングバージョン。。

次元。


こんなシーンあったっけ??

  1. 2012/04/25(水) 00:04:49|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GRAM PARSONS ANTHOLOGY


お気に入りのジャケ。

普通、有名アナログから持ってくる?

いや、素直に気に入っているジャケを。。

GPのアンソロジー。

CDを飾りながら聴く。。

LPならねー。。。小さいのででかく載せたりなんかして。。

HOT BURRITO #1たまりません!!

http://www.youtube.com/watch?v=xKplna3hWtc

  1. 2012/04/24(火) 01:35:47|
  2. ジャケット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 オープニング編 石川五ェ門


たまに出現。

ルパンフィギア。

ゴエモン。。

しかしよく塗り分けるなー。。

GWは3年?位ちまちまやっている、プラモデルの製作をまた再開予定。

子供に頼まれてはじめたが・・・子供はもう興味がない様子(爆)。。

結局、色塗りがねー。。。大変なんです。。

  1. 2012/04/24(火) 00:54:30|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MEMORY PAIN Remastered Edition/THIN LIZZY


'79年、SBD、音質80点、関係者流出のカセット・マスターを使用したものと言うことで、音は良く聴き取れます。
ヒスノイズがやや深めで、ギターや各楽器のエコーが深かったり、ギターソロだけ音が変わったり、コーラスだけ微妙に大きかったりしたり、オフィシャルのような。。ではありませんが、良好なカセットのSBDの音と言う感じ。
チャイナタウンのツアーで、Snowy Whiteとのツインリード。ゲイリーが抜けて・・・・その場しのぎ的にも感じましたが、かっこいいツインリードが聞ける数少ないバンドで、当時夢中で聴きました。Do Anything~なんかカッコイイ!最高です。
タイトルのMemory Painなども。。
評価があまり高くないであろう、Chinatownの曲もLIVEは良いですねー。The Cowboy Songなどは・・・残念ながら、早弾き・・そういうタイプではないスノーウィー。。。厳しい演奏です。Black Roseもギターソロの重要部?は途中でドラムソロに入り、ま、はっきり言って、避けてますよね。。
ま、ゲイリーの後釜は・・・・厳しいの一言。。
しかし、ブラックローズ、チャイナタウンのメロウなツインリードは楽しめます。。
ここから、アメリカンハードみたいに移ってしまう、その前の、リジーらしい輝きは感じられます。。




Live at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan 25th September 1979


Disc 1
1. Are You Ready? 2. Hey You 3. Waiting For An Alibi 4. Jailbreak 5. Genocide
6. Do Anything You Want To 7. Don't Believe A Word 8. Killer On The Loose
9. Got To Give It Up 10. Memory Pain

Disc 2
1. Chinatown 2. The Cowboy Song 3. The Boys Are Back In Town 4. Suicide 5. Black Rose
6. Sugar Blues  7. Baby Drives Me Crazy

Philip Lynott - Vocal, Bass Scott Gorham - Guitar Snowy White - Guitar
Brian Downey - Drums Darren Wharton - Keyboards

  1. 2012/04/23(月) 00:54:29|
  2. THIN LIZZY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO FIRST GIG/THIN LIZZY


'79年、AUD,音質82点、バランス良く音も近くなかなか良好な音です。79年!ブラックローズの後の
ツアー、しかし2ヶ月ほど前に、ゲイリーが脱退。名盤の再現も・・難しい状況に。。
レディング・フェスティバルはキャンセルに。。。
そこに、呼ばれたのは、バンド・エイド?でみた記憶のミッジ・ユーロ。この人が来日公演に参加していたことも驚きです。。
数公演はトリオで、もともとトリオではありましたが、このころはツインリードで売っていたバンド。
お友達の、ミッジ・ユーロに頼んだようです。そして、来日前にはデイヴ・フレットという人と、
ミッジユーロがキーボード、ギター。という編成で。。
ミッジ・ユーロがシン・リジーの・・・ゲイリーのフレーズの代替えができるのか??など、興味も。。
まあ、3人でどれがどれなのか・・音を聴いてもよくわからなく、ツインリード。ミッジは何をしてるのか??
よくわからない状況ではあります。とはいえ、別にこの人の力量を聴きたいわけではないので。。(爆)
魅力はブラックローズの曲ですよね。
フィルのベースのフランジャーが結構強めの曲が多く、Waiting For An Alibi もツインパートはそれほど息があってもいないですが、急場しのぎにしては問題のない素晴らしい演奏。

Jailbreakは間奏がなんだか変ですが、スコットのソロは最高。Do Anything You Want Toはいいですねー、出だしから決まってます。Got To Give It Upはキーボードから入り、これがミッジってことなんだけど・・・あとは、何やってるんだかよくわかりません。
Didn't Iなんて、フィルらしい語りで入って、ツインリードで盛り上がり・・・こういうの聴くとたまりませんねー。
まだ発表前のこの曲、最高です。
DISC2からの後半はお決まりの曲、そもそもこのバンド、曲が結構固定ですですからねー。
しかし、Cowboy Song、The Boys Are Back In Townの流れはやはり最高。Emeraldの出だしに不安定なテープムラ?がありますが、79年のAUDとしては凄く良好でゲーリー脱退の大ピンチもそつなくこなして、よいライブしてます!Didn't I の素晴らしいテイクを聴けただけでも最高です!!
はっきり言ってチャイナタウンのスタジオテイクよりLIVEのほうがよいですねー。。
ブラックローズのすばらしい曲が聞ける・・ゲイリーじゃないのは残念ですが、曲がいいんだよね。。貴重な来日公演音源!


Live at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan 25th September 1979


Disc 1
1. Intro. 2. Are You Ready 3. Bad Reputation 4. Waiting For An Alibi 5. Jailbreak
6. Sweetheart 7. Do Anything You Want To 8. Don't Believe A Word 9. Got To Give It Up
10. Didn't I 11. Still In Love With You

Disc 2
1. Emerald 2. Cowboy Song 3. The Boys Are Back In Town 4. Suicide 5. Sha-La-La
6. Drums Solo 7. Baby Drives Me Crazy 8. Rosalie

Phil Lynott - Vocal, Bass Scott Gorham - Guitar Dave Flett - Guitar
Midge Ure - Guitar, Keyboards Brian Downey - Drums

  1. 2012/04/22(日) 00:52:13|
  2. THIN LIZZY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alive In Seattle/ROLLING STONES


'75年、音質80点、やや距離感がありますが、中音域が大きく、聴きやすい音。臨場感もありなかなかの音。
たぶんVGPはリリースしていなく、DACになりやっと。ほかのレーベルで出ていたものと音源は同じようですが、ノイズが結構大きくピッチが狂っており、まあ・このタイトルが決定版か?ま、極上品でもないのでこれで満足。
大都市での公演で、演奏ものりがよく勢いがあります。If You Can't~メドレーのロンは調子もよく、いい感じ。Gimme Shelterは・・・リズムの感じが良い75。Fingerprint Fileのこの日のキースのリードギターは時間も長く、珍しく?弾けてます(爆)フレーズの冴えが見える?
大都市でのLIVEはやはり全体的に気合が入るのか、よい演奏。。
今までのこの日の音源は、ピッチの問題などがありましたが、やっと完成された感じに。。
75年の優良音源としては、比較的新しいものでDACにより、きっちり完成された感じです。





July.18 1975 Seattle Center Coliseum,Seattle,WA


Disc1
1.Fanfale For The Common Man/2.Honky Tonk Women/3.All Down The Line/
4.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud/5.Star Star/6.Gimme Shelter/
7.Ain't Too Proud To Beg/8.You Gotta Move/
9.You Can't Always Get What You Want/10.Happy/11.Tumbling Dice/
12.It's Only Rock'n Roll

Disc2
1.Band Introductions/2.Fingerprint File/3.Wild Horses/
4.That's Life/5.Outa Space/6.Brown Sugar/
7.Midnight Rambler/8.Rip This Joint/
9.Street Fighting Man/10.Jumping Jack Flash

  1. 2012/04/21(土) 00:06:59|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン屋、福徳



本日、午後休み。。

ラーメン屋へ。。

福徳。友達がうまいというので。。

駅から1分??

よめはん。そのママとも。。と・・

メニューの数が多い。。

定番、豚骨醤油を嫁が。。

(写真、豚骨味玉のせ)

たいてい定番から入りますが・・・同じじゃね。。

で、マー油豚骨。。

ママともは、豚骨 海老塩。。

うまい!!でも、マ-油の香りは弱いかも。。有名店ありますよねー。。

豚骨醤油はかつおだしが濃い、ほうれん草が多い。おいしいです。。

海老塩もお味見。。エビ。。すごいです。。殻を砕いてる??

これは良いお店。。

ママともが、、、「ここから3分のところに青葉って、ラーメン屋が1週間前に・・・・」

「青葉ってあの」「有名店らしいよ」「えーーーーーーーー」

「青葉にいきたった・・・・」ま、近いのですぐいけますが。。

「青葉といえば5本の指に入る大好きな店」すげーーー。


でも、ここもうまいので◎。。

メニューを見ると・・・トマトチリラーメンなるものが・・。。。

そして、残りスープは、石焼ごはん容器??なのかな・・・に入れ、リゾットに。。。

これも食べたい。。。

内臓脂肪がたまるわ・・・・・・・・・・。。。

その後は、おしべリ女たちは無視し。

バイク磨き。。週末乗り回します。。。

  1. 2012/04/20(金) 01:00:36|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AUX ABATTOIRS Japanese Broadcast Version/ROLLING STONES


1976年パリ公演の70年代の日本放送ヴァージョンのDVD。古びて青が強くなりすぎたり、赤がきつかったりしますが、昔のTVこんなもんです。
しばらく見てれば慣れてきて、問題ない映像。久々にみましたが、Honkyから、めちゃくちゃカッコイイ、キースとミックのカット。
これもリマスターなどしてオフィシャルBOOTで出すべき映像ですよね。Fool To Cry、Hot Stuff、Outta Spaceの3曲が6月6日公演より、残りがパリ最終日4公演目の6月7日公演のテイク。フランス放送版に収録のアンジーはなぜか日本放送してないんですよね。。なぜ??
Fool To Cryは名演。歌詞の翻訳がなんだかすごいですが。。
これが当時日本で流れたのだからすごいですよね。。。幻の映像?ビデオデッキを持っていた人などは少ない時代。目の穴?をかっぽじって真剣に見たのでしょう。。へんてこりんな舞台装置、センスがなんだか??の舞台装置も話題になったんだかどうだか。N○Kとかはカット
しそうですが(爆)放送したんですね。アンジー放送してこちらがカットのような気もしますが。。しかも、ふぁかふぁかいってるし。。。
You Gotta Moveのキースなんざー、弦にビブラートかけてるんだか、ギターにビブラートかけてるんだか(爆)わからないくらいネックが揺れてますが音は揺れていないというすばらしい映像が。カッチョいいステージです。。

関係ないですが、I PADで書いてると、文字消すのが・・・これってDELETEキー、付けられないんですか??別のDLとかして。。。不便不便。。。

You Can't~の歌詞に出てくる、ジミーさんと飲む「チェリーレッド」なんでしょう。昔からおいしそうだな。なんてね。しかもカッコイイね。。何か。ウイスキーコーク?などは昔かっこよかったんですか?(大意はございません。。。)ま、飲んだら、ルートビアーみたいに微妙な味・・・いや、なじめない味だったりしてね。。
Outta Spaceのキース、そしてリズムセクションは最高なんだけどね。。あまりにもすごいゴリラオヤジとミックの奇抜なダンスでかき消されます。。
しかし、Jumping Jack Flash の字幕、フラッシュ野郎。。土左衛門・・・・・・・すごいですねー。。
Hot Stuff、You Can't~どれも演奏がよく、最高の映像です。マスターからコンプリート版を発表してほしいですねー。



Live at Les Abattoirs, Paris, France 6th & 7th June 1976




1. Interview 2. Honky Tonk Women 3. Hand Of Fate 4. Fool To Cry 5. Hot Stuff 6. Star Star
7. You Gotta Move 8. You Can't Always Get What You Want 9. Band Introduction 10. Happy
11. Outta Space 12. Jumping Jack Flash 13. Street Fighting Man 14. Outroduction

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.59min.

  1. 2012/04/19(木) 00:06:41|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロッキン オン ZEPの本


昨日のSTONES本と、2冊並んでいたZEPの本。

ユニオンの棚に並んでいて、中古安いねー。。

明日、仕事で遠出するので新幹線で・・・

とか何とか思い買ったのはいいけど・・・・重い。。

でも、I PADと本は必需品なので、こんなでかい本2冊を持ち歩く私。

アホである。。

こちらもジミー・ペイジ、インタビューですね。。

読みたかったのは。。黒魔術?の話に嫌がるページさん。

前半の、お決まりの質問は、基本なんすか??ベタベタで、逆に笑えました。。

盤の解説はまあ・・・・あまりどうでもよく。。

しかし、渋谷さん、ZEPの場合は力の入れようがすごい。。

これも、ロッキンに載ったものなのかな??

かなり前に、「大人のロック」???みたいなのを買ってい以来のROCKの本。

しかし「おとなのROCK」は企画がひどいですねーー。。

ビートルズVS、STONES・・・・何回やってるんだよ。。。。閉口。。

いまどき誰が、VSなどと・・・30年前かと・・・突っ込みたくなる・・いや、もっと前??

まあそれしか売る手立てがない悲しい企画に、金は払えません・・・・。。

少なくなったROCK関係の雑誌、もうチョイがんばってもらわねーと。。。

  1. 2012/04/18(水) 03:24:39|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロッキン オン ストーンズの本


こんな古本を見つけて買ってみた。。

もうあまり雑誌は買わなくなって何年たつか・・・

で、インタビュー読みたさにね。。

これも、雑誌に載せたやつなんだろうけど。。

インタビュー、面白かったです。。

特にキースのはカッコイイね。。

興味はどの曲がどちらが作ったか。。

STONESは、通常どちらが作くっても「ジャガー・リチャード」ですからね。

そこがね。。

インタビューは笑えるのでもっと読みたい。。。

  1. 2012/04/17(火) 00:49:51|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEFINITIVE PITTSBURGH(VOL.2)/BLACK SABBATH


1日おいての続き、サバスのラジオ音源、ピッツバーグの76年と78年の2CDよりDISC2の1978年。

'76年、SBD音質90-93点、ラジオ音源、この音源はブリティシュビスケット、というラジオ番組のもので、出だしにDJが入ります。
この音源も抜群の音質でNEWマスターが発見された「Snowblind」「Black Sabbath」「Iron Man」「Paranoid」は抜群の超高音質、ほかも分離がすばらしく良い音で、NEWマスタは凄すぎますが、他も極端に落ちる音ではなく、特に普段、SBDやオフィシャル版でさえなんだかわからない、モコモコのギーザー・バトラーのベースの音もクリアーに分離しています。この音など、マスターからオフィシャルで出せる音ですよねー。まったく出さないのが不思議。。
76年とアレンジが似てる78年ツアー、2枚組みで、こちらは後半の初期の代表曲がたっぷり、高音質で残された貴重な音源。
70年代のオリジナルメンバーのサバスのLIVEをたっぷり楽しめます。
後半の圧倒的な迫力、凄いですねー。
2CDでのSBD音源、これもマスタークオリティーの重要音源ですね。。



Disc 2 (64:43)
Live at Civic Arena, Pittsburgh, PA. USA 2nd September 1978

1. Snowblind 2. Black Sabbath 3. Dirty Women 4. Rock 'N' Roll Doctor 5. Drums Solo
6. Guitar Solo 7. Electric Funeral 8. Iron Man 9. Fairies Wear Boots
10. Children Of The Grave 11. Paranoid 

  1. 2012/04/16(月) 00:22:44|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L.A.FRIDAY(LIVE 1975)/ROLLING STONES


75年、オフィシャルBOOT。。

さすがは、オフィシャル、臨場感のあるSBD,最高です。
ファンファーレがなくいきなり飛び出すホンキー。ファンファーレ・・・使用料を嫌ったか??なぜない??
きっちり分かれたギター、キースの音も良いですねー。今回の音の感じは、リバーブもちょうど良い感じ?
また、今までは目立たないピアノ、キーボードがやたら目立つのも特徴か。If You Can't Rock Meで、いきなり聴きなれないキーボードのフレーズ。しかし演奏ははねた感じで、のった演奏!Star Starまでなんて最高の演奏ですねー。
しかし・・・表記、Star Starじゃないのね。。。いいの??BOOTだから?キースのリードも元気。
Gimme Shelterのロンもまあ、がんばってる。苦手な曲でしょうけど・・・・(笑)しかし・・・・ロンてのは・・・
3分過ぎあたりの一番サスティーンを伸ばすべきところで詰まるんだよねー。へたくそ(爆)キースが単音でフレーズを挟み込むのも聞こえます。
You Gotta Moveはこの臨場感いっぱいのSBDで聴くと迫力あります。いいわー。。イントロのキースのギター。この日はやたらぎこちない。。
歌いだしもみんなでこけた感じ。ラフさも魅力的。
Ain't Too Proud To Begはミックのボーカルが微妙にひずんでます。当時の録音技術?機材ではこんなもの。。逆に生々しかったりします。しかし、75、ミックが元気!!引っ張りまくっているのがわかります。
You Can't~のキースの声はガラガラ、酒やけ?72、73・・・・81年と、キースが声変わりしてゆくわけです。。(何のことやら・・)
良い演奏です。Happyでも声があまり出ず。出だしもクチャクチャ、2番当たりはもっとクチャクチャに(爆)。。
It's Only Rock'n Rollのキースのリフの歯切れのよさも高音質ならではで目立ちます。イイネー。
Doo Doo Doo Doo Dooはミックが・・・やや、歌詞を?いがいとこの曲、鬼門だったりします。
Fingerprint Fileは長い75年のハイライト?カッコイイです。ピアノの目立つのもまた普段と感じが違い、印象が変わりますね。。
Wild Horsesは2人のギターがいいね。Midnight Ramblerも迫力ある演奏、良い出来!!
Rip This Jointのミック。75のミックは最高にいかれていて?好き。ここからつっぱしり、Sympathy For The Devilまで。ものすごい重量級。75のSympathy For The Devilはアンコールなので、AUDだと音もくちゃくちゃになってるのもあるけど、高音質の演奏はいいね。パーカッシブなリズムが最高の臨場感で味わえます。途中ロンが微妙にとちるけどね。。ご愛嬌。
高音質だと重量級の75もサラリと?最高の出来に驚きでした。。
たくさん続けてほしいもんです。オフィシャルBOOT!!!!



July.13 1975 Inglewood Forum,Los Angels,CA


(Disc-1)
1.Honky Tonk Women/2.All Down The Line/
3.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud/4.Star Star/5.Gimme Shelter/
6.Ain't Too Proud To Beg/7.You Gotta Move/8.You Can't Always Get What You Want/
9.Happy/10.Tumbling Dice/11.Band Introductions/12.It's Only Rock'n Roll
13.Doo Doo Doo Doo Doo

(Disc-2)
1.Fingerprint File/2.Angie/3.Wild Horses/4.That's Life/
5.Outa Space/6.Brown Sugar/7.Midnight Rambler/8.Rip This Joint/9.Street Fighting Man/
10.Jumping Jack Flash/11.Sympathy For The Devil

  1. 2012/04/15(日) 02:41:29|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEFINITIVE PITTSBURGH(VOL 1)/BLACK SABBATH


'76年、SBD音質86点、ラジオ音源、有名なKing Biscuit Flower Hourで4曲放送されたものの、ニュー・マスターが海外で発掘!だそうです。
すごいですねー。70年代のLIVEが1つしかオフィシャルで出ていなかったサバス。1年で完璧に近い音源が次々と。
音はややハイ上がりでざらざらした音で、サバスにあっている?完璧なステレオで左右から音が立体的に飛び出すようなすごい音。
微妙に歪みたいなものを感じるので、やや点数は下げたけど、音の迫力は最高かもしれません。
オープニングのSupertzarが未収録ですが、56分弱、おいしいところを超高音質で聞ける音源です。
分離が凄く良い音なので、今まで何を弾いていたのかわからないキーボードのフレーズがすべてわかる凄い音。
もともと、トリオ編成に楽器のバンド、プラス、キーボードという感じなので、効果音的な感じで邪魔をせず?な感じなのかな?
と思いましたが、そうでもなく、当時の新曲ではかなり弾いています。Symptom Of The Universe 、Snowblindはアイオミのソロが最高!All Moving~はキーボードが目立つ興味深いもの。War Pigsでは従来のギターリフで押し捲る?キーボードはお休み?
Black Sabbathも凶暴な音。Dirty Womanのギターソロ、展開はチト凄いですねー。 Electric Funeralの前にはJAMぽく展開されますが、そこはカット。。しかし、Children Of The Graveまで、最高音質で聞ける音源は最高。
オープニングと最後の曲?Iron Manが未収録ですがアンコールChildren Of The Graveでびっちり終わるので聴き応え十分。。
CDRで出ていた優良音源がNEWマスターで、プレスされたのはうれしいですねー。これ以上はない?ということでプレスされた??決定盤ですよね。
ジャケの写真オジーなの??普通に写真だけで見たら誰だかわからん。。。



Live at Civic Arena, Pittsburgh, PA. USA 8th December 1976


Disc 1 (55:51)
Live at Civic Arena, Pittsburgh, PA. USA 8th December 1976

1. Symptom Of The Universe 2. Snowblind 3. All Moving Parts Stand Still 4. War Pigs
5. Gypsy 6. Black Sabbath 7. Dirty Women 8. Drums Solo 9. Guitar Solo 10. Electric Funeral
11. Children Of The Grave


Tony Iommi - Guitar Ozzy Osbourne - Vocals Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums

Gerald Woodruffe - Keyboards

  1. 2012/04/14(土) 01:28:20|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この味・・・なにかすきなのだ。。。



2ヶ月、休みがないときに、何かと仕事場などで食べた、GO FAN。。。

これ、あんまりうってません。。。カップヌードル味はスーパーで見かけますが。。

こちらのほうが好み。いや大好き。。

スーパーで売っていないので、通販でわざわざ。。なんか、変に惹かれる味・・。

好きになるインスタント食品はなぜか、廃版になる。。。

なぜ???

話は変わり、うちの犬は夏バージョン。。2mmの毛の長さ??

なんか、この犬種は毛を短くしても大丈夫なよう。。

ほとんど坊主。。。

写真だと短く見えないかな????

  1. 2012/04/13(金) 01:06:35|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

El Mocambo(LP)/Rolling Stones



オフィシャルBOOT祈願。。。なんてね。。

えるモカンボのLPはスイカみたい。。

表にタイトルもなし、レーベルも白。

シンプル。。

盤だけ派手でした。。

  1. 2012/04/12(木) 00:43:30|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

On The Scene '73 /TOM WAITS


オフィシャル?発売のTOMのラジオショウが発売になりました。73年!70年代の音源はすべて聴いていますが、BOOTでもなかった?
BOOTの世界はよくわかりませんが、今まで聞いている中よりも古く、最古のもの。初々しいと言うには渋いLIVEですが、アレンジもラフな感じで興味深い音源です。レーベル名、スモーキン・・・・??ま、オフィシャルBOOTでしょう。TOMのLIVEはなぜか無法地帯のようで、70代の有名音源がほとんど、オフィシャルBOOTで並んでいます。その中でも最高の音源ですねー。
初期の・・特に超名盤の1St好きな人は多いはずですが。。。あまりにも有名なOl' 55などは75年ころを最後に演奏しなくなり90年代まで封印?のようなので、この、1ST,2NDの名曲が並ぶ音源はもう・・・。。
The Heart Of Saturday Night をニューソングと紹介しているので、間違いなく1STリリース後の、貴重な音源ですねー。。The Heart Of~も75年あたりで演奏しなくなりますねー。
これも弾き語りで最高。また、大好きな不思議なお話?Big Joe And Phantom 309 もギター1本、たぶんTOM自身の弾き語りでシンプル名演。
音質は何か古臭い揺れ?見たいな感じがたまにあるものの、ヒスノイズもなく、大きな乱れもない音。
最高のものです。
おまけは、微妙に音質は落ちますが、選曲は最高のもの。Diamonds On My~はボーカルのみで、こちらも貴重。
Gettin' Drunk On The Bottle などなかなかレア。。
BOOTより音の悪いハーフオフィシャルが多い中、なかなかすごい内容。感激の内容でした。。




1 Virginia Avenue 2 Interview 3 San Diego Serenade 4 Interview 5 Ol' 55
6 Interview 7 Semi Suite 8 Interview 9 Fumblin' With The Blues 10 Interview
11 Rosie 12 Interview
13 Depot Depot 14 Interview 15 I Hope That I Don't Fall In Love With You
16 Interview 17 (Looking For) The Heart Of Saturday Night 18 Interview
19 Ice Cream Man 20 Interview 21 Big Joe And Phantom 309
22 Interview Kpfk Folk Scene Los Angeles 12.8.1973 23. Friday's Blues
23 Shiver Me Timbers 24 Diamonds On My Windshield 25 Gettin' Drunk On The Bottle
26 Tijuana (With Jack Tempchin) Kcrw Fm Santa Monica California 10.11.1973

  1. 2012/04/11(水) 01:26:41|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 オープニング編 不二子



ルパンフィギアシリーズ。

バイクに乗る不二子。

凄い服ですねー。。。

  1. 2012/04/10(火) 00:45:28|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花見



3ヶ月ぶりほどの日曜休み

花見へ

うちの近所の川は何か最近人が多すぎで・・・

いつもの犬の散歩コース、、でもまともに歩けない。

昼飯も食えずコンビニで買って。。。

ビールもね。。

ビールがあればいいのです。。

さくらですよ、春、春。。

  1. 2012/04/09(月) 00:10:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PAVILLON DE PARIS DAY 1/ROLLING STONES


'76年、AUD,音質89点、なかなかのすばらしい音質です。。。ちょっと驚いてしまいました。パリ公演の初日、6月4日のファースト・ジェネレーション・カセットの出現。
VIVA LAやそのSBDを超える?EUROPE'76のJUNE 6、と共に76年の代表音源ですが、時代的には超高音質で微妙に歪っぽい感じがあるものの、それほど気にならないレベルで、バランスのよさ、音の近さ、理想的な音源ですねー。ベースの音が埋もれてしまってますが、他は良好。
STONES専門レーベルのVGPやDACは出してないのかな?
持っているものは結構古いもので、丸い音でしたがこの音は、ナチュラルなコモリのない音で、フルショウを完全に聴くことができます。
(テープの継ぎ目、HappyからTumbling Diceの曲間のミックのMCは、既発の音源から補填してありますが)
完全盤、価値が高いです。
この日は「Angie」がパリのライブ映像、TVに採用されている日ですが、ほかも演奏がよく、オフィシャルでの発表だけでは物足りないない「ブラック・アンド・ブルー」の曲の出来も良いです。ロンなんかこのころのフレーズ弾けるのかね(笑)。。
Fool To Cryでの、キースのワウのギターソロ。あの姿がカッコイイんだよねー。。しかしワウを踏みながらのキースって、最初で最後???・・・いや、最初は75のフィンガープリント・・・後はないかな。
はねた感じのリズムが特徴的なアルバムの音を、LIVEでも。Hey Negritaなど最高のテイクでは??
Ain't To Proud To Beg~Fool To Cry~Hot Stuffの流れが最高に好きです。
粘っこいリズムで刻まれるキースのギターのかっこよさも、最高の音で聴けます!魅力的!!!久々のSTONESのスマッシュヒット!!


Live at Pavillon de Paris, Paris, France 4th June 1976

Disc 1(54:38)
1. Introduction 2. Honky Tonk Women 3. If You Can't Rock Me / Get Off My Cloud
4. Hand Of Fate 5. Hey Negrita 6. Ain't To Proud To Beg
7. Fool To Cry 8. Hot Stuff 9. Star Star
10. You Gotta Move 11. Angie 12. You Can't Always Get What You Want

Disc 2(42:42)
1. Band Introductions 2. Happy 3. Tumbling Dice 4. Nothing For Nothing
5. Outta Space 6. Midnight Rambler 7. It's Only Rock'n Roll
8. Brown Sugar 9. Jumping Jack Flash
10. Street Fighting Man

Mick Jagger - Lead Vocals, Harmonica Keith Richards - Guitars, Vocals
Ronnie Wood - Guitars, Vocals Bill Wyman - Bass Charlie Watts - Drums
Ian Stewart - Piano Billy Preston - Keyboards, Vocals
Ollie E. Brown - Percussion, Drums, Vocals

  1. 2012/04/08(日) 08:00:21|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L.A. FRIDAY '75(VGP)/ROLLING STONES


'75年、AUD,音質88点、超高音質AUDで、今回オフィシャルブートで出る日のようですね。
だいぶ前に書いた↓と大まかなところ?は同じですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/21428854.html
音も良いけど演奏も最高の日で、All Down The Lineの勢い、ここの位置、2曲目にあるべき勢いのある演奏、If You Can't Rock Me~のメドレーも、この日が選ばれて当然のような良い演奏、特筆すべきは、たまにロンの良いところが出る(爆)You Can't~ですかね。。リバーブが掛かって深い音ですが、良いリードを披露。Doo Doo Doo Doo Doo、Fingerprint Fileも演奏が良い、Ain't Too Proud To Begは今はなき、でしゃばりオヤジ、ビリーの活躍が大きいのりのある演奏。
これ、バンドなんかでコピーしても・・・最悪の状態に陥る出きそで出来ない曲。。とっととやめました。。ははは。(涙)
Fingerprint FileはVGPのリマスター前「Who Went To Church This Sunday」同様、9日のもののようですが。。この日はSBDが漏れ出しておらず、このミラード音源が最高のものとされてきました。この、SBDを出してくるんだよねー。今回。。

73のときも思いましたが、75もビデオが出ている、7月11日のLAを出すのだとばかり思っていました。。

また、タイトルのL.A. FRIDAY '75、前も書きましたが・・・調べたら金曜ではなく、日曜だったとのこと(爆)。。ブートも「Who Went To Church This Sunday」と、タイトルを変更、VGPさんも、HAPPYの後のミックのセリフ・・・聞かなかったんですかね。。
オフィシャルブートをこの日、13日のものを出し・・・(きっちりSBD録音がありやがるんですね。)また・・・ブートのタイトルをつける。。
「Who Went To Church This Sunday」とつけなくて、間違えているL.A. FRIDAYとわざとつける。。。オフィシャルページにも書いてますしね。。
これは、73年を有名なナスティー、EUROPE73などの音源と当ててこないのと同様?ブートを意識して・・・・日にちを変えているということなんですかね。。そして完全に皮肉ってこのタイトルを。。。

この皮肉やるためにこの日を選んだのか・・・・・?????それであれば余計、粋?な悪ふざけですが。

さてこの日のすばらしい、Wild Horses、SBDが良いか、ミラードテープが良いか、楽しみなところ。。

ボブまうんてんさん、ミキシング良いんですが・・・ちと、リバーブ効きすぎじゃ??今回はどう??



July.13 1975 Inglewood Forum,Los Angels,CA


(Disc-1)
1.Fanfale For The Common Man/2.Honky Tonk Women/3.All Down The Line/
4.If You Can't Rock Me - Get Off Of My Cloud/5.Star Star/6.Gimme Shelter/
7.Ain't Too Proud To Beg/8.You Gotta Move/9.You Can't Always Get What You Want/
10.Happy/11.Tumbling Dice/12.Band Introductions/13.It's Only Rock'n Roll
(Disc-2)
1.Doo Doo Doo Doo Doo/2.Fingerprint File/3.Angie/4.Wild Horses/5.That's Life/
6.Outa Space/7.Brown Sugar/8.Midnight Rambler/9.Rip This Joint/10.Street Fighting Man/
11.Jumping Jack Flash/12.Sympathy For The Devil

  1. 2012/04/07(土) 00:11:33|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LA Friday (Live 1975)/ROLLING STONES


オフィシャルブート、第三弾。。。発表。。

13日・・・・ん???13日、

あれっ。。。そうなの。。また日にちが。。。

思っているのと違う??

混乱。。。

タイトルも皮肉交じりと判明??

  1. 2012/04/06(金) 00:00:27|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Get Your Leeds Lungs Out(LP)/ROLLING STONES



'71年、SBDの超高音質のLPはこれで決定版になった?

71のストーンズのLIVEは、音質面ではこれしかなく、頭が欠けてはいますが、決定盤的な音源。
これを「ヨーロッパ’73」と同じ時期にリリースされました。デッド・フラワーズの名演が聴ける最上の音源であり、71年のすばらしいSTONESを最良の音で聴ける、金字塔的音源。ROUNDHOUSEのデッド・フラワーズとどちらがすごいか??
こんな話で何時間も酒を飲みながら、リピートした音源。....馬鹿である。。でも。一番楽しい時間なんでしょう。
そのFAN心理を、良く解ってくださるDACの、http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/20606166.html
などは、もう、アイテム的に1000点ですよねー。。
JJFとLIVE~が聴けるオフィシャルはださないんですかねー??
ストーンズの真髄?Stray Cat Blues、Love In Vain!!Midnight Rambler。この名演を世に出してほしいものです。
そして、Little Queenie、Let It Rockという、キースの独壇場の名演が評価されるべき音源、オフィシャルで発表しないとね!!(祈)!!!!
ヨーロッパ73と兄弟のような名盤、マーブル模様も兄弟??こんなのみると、製作者の愛情を感じますね。。。

73のオフィシャルBOOTはどれだけ浸透してるんですかね??
そんな薄い評価では困る音源。

  1. 2012/04/05(木) 00:03:09|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休みがきたら・・・・・




最近の夢??

休みがとれたら・・・

魔法のソフト?

PHOOTOSHOP CS5で

音楽聴きながら、酒飲んで、写真を補正してゆきたい・・・

魔法のソフトである。。(もうすぐ次が出ますが・・)

1枚目 おじさんが邪魔(失礼いたします・・・・)
(たまたま顔の見えにくい変な写真ですが・・・)

2枚目 囲む→(コンテンツに応じて)ぬりつぶし

3枚目 2秒でおじさんはいなくなる・・・・

おそろしく便利!!!

スゴイデスネー。。。

この手のプロ?の仕事が減るなんて言われた、魔法のソフト。。

でも、9万7000円は勘弁してくれ。。

CS6は何が出来るようになるのか・・・



 

  1. 2012/04/04(水) 01:32:16|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルパン三世 オープニング編


ルパン、フィギィア。

シリーズが変わり(特に意味はありません)、オープニング編に。。

小さいおもちゃが多いのは・・・・・

CDが多すぎるため(爆)。。

  1. 2012/04/04(水) 00:16:25|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (57)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (73)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (21)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (15)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (22)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (30)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (115)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (3)
ある日の日記 (144)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR