SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

Live At The Checkerboard Lounge Chicago 1981/Muddy Waters W Stones


またまたすごいものがリリースされますねー。

ブルースの巨人、マディとSTONESの81年の映像とCDが。。

BOOTでは有名なものでしたが、今頃、リリースされるとは意外でした。。

マディもこのあと少しでなくなってしまうわけで、動くマディーと、

STONESの競演。ちゃんとあるんですねー。。

スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 01:37:17|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン 青葉



学芸大学に青葉が・・・・

知らなかったんですよね。。しばらく。。

超有名店、仕事場近くにもあるので、珍しくもないですが・・・

地元に有名店。

やっといけました。。

平日、昼、お客さんがらがら。。

店員さんも1人。。

メニューもやたら少ない気がしますが。。

この、魚系のだしと豚骨?

おいしいですね。。いつ食べても。。

何かまだ知られていない???感が・・・

  1. 2012/05/31(木) 01:18:36|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きな歌詞の世界。。VOL 1  IS YOUR LOVE IN VAIN


大好きなDYLAN

歌詞の中でも大好きなものがたくさん

名盤、STREET LEGAL収録。

IS YOUR LOVE IN VAINも。。

初めて読んだときは衝撃的でした。。

まあ、やや卑屈なかんじですが。。(爆)

一部ですが。。

凄い歌詞です。。

曲はこちらに↓名盤、武道館のものからですね。。

http://www.youtube.com/watch?v=lynEmyYrBvQ

訳はこんな感じでしょうか?

IS YOUR LOVE IN VAIN

愛しているのですか?それとも単なる好意?

あなたが放らつなので、僕に孤独が必要なのがわからいのですか?

僕の世界を知っていますか?

僕の種類を?

それとも説明しなければ??



僕を今のままでいさせてください。

それともいい加減なこいなのですか?



ぼくは山に住んだこともあるし

風に住んだこともある

王様たちと食事もしたし、羽ももらった

それでもぼくは大して感じない

いいでしょう、かけてみましょう

あなたと恋をしてみよう

料理が出来ますか?

縫い物が出来ますか?

花を育てたことがありますか?

僕の苦しみを理解できますか?

すべてをかける気がありますか?

それともいい加減な恋なのですか?

  1. 2012/05/30(水) 00:48:01|
  2. 好きな歌詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IKEA




家のリフォームも終わるので、模様替え。。

IKEAにも通い??

港北店は、家から車で25分ほど??(有料道、使いですが)軽いドライブ。。

みて思うのはやはり、日本のサイズではないなーと。。デカイ!!

こんなのを置ける家がほしい!!です。。

しかし値段のわりには作りはよさそうで。。

新聞等でサイズも日本に合わせてゆくなどの報道も。。

こんなに安いなら、サイズが出るまで待ちましょう。と思ったりして。。

奥様はしつこく長々みるので・・・ツカレル。。。

へんてこりんなぬいぐるみまで、良くみている・・・・・

で、結局、雑貨ばかりを買い。。

遅い昼ごはんを食べ。。。

安いなー。飯。

しかし、ホットドックはもっと安い!

100円、ドリンクセットで150円。。。マックも真っ青ですね。。

  1. 2012/05/30(水) 00:15:42|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

You Never Can Tell/RONNIE LANE WHIT SLIM CHANCE


芝生にでも寝転んで聴きたいCDを。。

フェイセなどで活躍したベーシスト、ロニー・レーンさんですね。

RONNIE LANE WHIT SLIM CHANCEのBBCセッションの音源。

フェイセスのOoh La Laから始まり、How Come?、Don't Try ~、ストーンズのカバー、Sweet Virginia
そして、All Or Nothingまで。
マンドリンが響くSweet Virginia、何か優しい感じの All Or Nothing、このバンドの演奏は心地よいですねー。
ポーグスなんかもカバーしていたHow Come?これも良いですねー。
ロン・ウッドとのコラボと紹介される、Ooh La Laは3回収録。どれも楽器が違う感じでDISC2の8は、エレクトリック・ドブロかな?面白い音です。
チャック・ベリーのカバー、Never Can Tellこれも気に入ってます。
この感じが、FACESのサウンドを作る要素になってたってのが凄くわかる音。。





ディスク:1
1. Ooh La La
2. Flags & Banners
3. How Come?
4. Anniversary
5. Don't Try And Change My Mind
6. One For The Road
7. Steppin' & Reelin'
8. Sweet Virginia
9. Careless Love
10. Lovely
11. All Or Nothing

ディスク:2
1. Last Orders
2. Anniversary
3. Roll On Babe
4. Lost/How Come?
5. You're So Rude
6. What Went Down
7. Chicken Wired
8. Ooh La La
9. You Never Can Tell
10. Anniversary
11. Don't Try & Change My Mind
12. Walk On By
13. You Never Can Tell
14. Steppin' & Reelin'
15. Ooh La La

  1. 2012/05/29(火) 01:06:17|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLOSE TO THE EAST(VOL.3)/YES



YES,'73年、来日公演6CDの3月10日、DISC5.6を。。

'73年、AUD,音質83点、DISC3.4よりも高音が出ていて、若干高音部だけ音が変化しますが、これも音が近くバランス、迫力、音圧、もある、黄金期の73でこれだけ高音質で聞けるのはうれしい音源。
中音域が太くボーカル、ハーモニーが分厚く聞こえ、かなりの高音質です。Sakura Sakuraはバンド演奏。鼻歌じゃなくわりとちゃんと演奏。。
この日は、微妙ですがキーボードの音が大きく、Siberian Khatru 、Starship Trooperの迫力もよいですねー。。 And You And Iの音などは、席で聞いているそのままの音と言う感じで、当時からYESのPAもすばらしいのでしょうけど、録音もすばらしい。。
この日は、きめのフレーズがずれたり、キーボードのチューニングが安定しないなど、不安定な要素もありますが、そこは黄金期。ジョンの声も最高まではいかなくとも、バンドの演奏はそんなものも跳ね返すような演奏。3日間通して、スティーブ・ハウの安定したプレイはすばらしいものがあります。
昔から有名な日本公演ですが、3日間のスーパー音源が、きっちり聞けるようになり、決定版に。
73年の音としては最高で、71~73などはすごいバンドが日本でLIVEをしていますが、3公演がこれだけの音で残されているのはすごいことです。

今日もパンフの宣伝を。。グレコ!TOMBO!!良いですねー。。


Live at Kanda Kyoritsu Kodo, Tokyo, Japan 10th March 1973

Disc 5 (51:01)
1. Firebird Suite 2. Siberian Khatru 3. I've Seen All Good People 4. Sakura Sakura
5. Mood For A Day 6. Clap 7. Heart Of The Sunrise 8. And You And I

Disc 6 (66:58)
1. Close To The Edge 2. Rick Wakeman Solo 3. Roundabout 4. Yours Is No Disgrace
5. Starship Trooper

Jon Anderson - Vocals Steve Howe - Guitar, Vocal Chris Squire - Bass, Vocal
Rick Wakeman - Keyboards Alan White - Drums

  1. 2012/05/28(月) 00:46:40|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLOSE TO THE EAST(VOL.2)/YES





YES,'73年、来日公演6CDの3月9日、DISC3.4を。。

'73年、AUD,音質81点、DISC1.2の脅威の音質よりは落ちるものの(あっちがすごすぎます)バランス、迫力、音圧、もある、若干クリアーさが落ちるくらいのものでしょうか・・・。。それでも72年の名盤、MASTER DEGREEなどの11th November 1972
よりは上か?あれはあれで何かすごい魅力的な。。。バランスの微妙な崩れによる、へんてこりんなかっこよさがあり、音質のいい悪いだけでは語れない、すごいものはあるのです。。。
この日はSiberian Khatruの後半、ハウのたたみ掛けるようなギターが最高、 I've Seen All~の前に、間抜けな(爆)遅れてきた客の声「9.10そこじゃない??・・」みたいな声が。。あーあ、Siberian Khatru 見逃しちゃった。。なになってたんだよ!!と、聴くたびに突っ込んで。。。。(爆)
この音源も音質の変化が少なく、73年の日本公演で、驚異的な安定度。ギター1本のMood For A Dayもちょいそこで演奏してるよう。。イントロでつっかえますが、やっぱり勢いが違います。。
『「And You and I」 7:51 - 8:21の欠損、そしてアンコールのYours Is No DisgraceとStarship Trooperは、同日別音源マスターより丁寧かつ自然に補填されています。』で自然に、コンプリート感覚で聞けて、補填部分もなかなかの音なので問題なく楽しめます。

おまけのパンフ。。真っ赤・・・・じゃなく。朱色一色。。これもすごいですねーー。。

YESに興味ない方も、この中身はどうでしょう。
タイム。。懐かしい。。森永タイム。ここでビタミンの広告#&%$#%?????
ほかの広告も凄いです。なんだか。。時代を感じる凄い資料??



Live at Shibuya Kokaido, Tokyo, Japan 9th March 1973

Disc 3 (48:33)
1. Firebird Suite 2. Siberian Khatru 3. I've Seen All Good People 4. Heart Of The Sunrise
5. Mood For A Day 6. The Clap 7. Colours Of The Rainbow 8. And You and I

Disc 4 (62:44)
1. MC
2. Close To The Edge 3. Rick Wakeman Solo 4. Roundabout 5. Yours Is No Disgrace
6. Starship Trooper

  1. 2012/05/27(日) 00:38:02|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CLOSE TO THE EAST(VOL.1)/YES


YESの超名盤、こわれもの。フラジャイル。このツアーで、来日公演が行われ、時代的にすばらしい音質で残されていました。そのすばらしい日本公演。
YES,'73年、来日公演6CDの3月9日、DISC1.2を。。

'73年、AUD,音質85点、脅威の音質でしょう。73年ですからね。。年代的な考慮を入れれば奇跡の音!ですね。
もともと、リリースされていたものも高音質で、初期のYESの音源では代表盤でしたが、
これで完成形でしょうか。。。
カセットテープのナチュラルな音と言う感じですが、バランスもよく、迫力、音圧、まで感じる音。
中音域の太い音で、ベースの音もリアルな感じ。。ブンブン言っています。 Siberian Khatruで一瞬、キーボードの音が小さくなりますが、「録音ポジションが右PAの真ん前であり、ゆえに左PAにパンされた音が入らないので、一瞬楽音バランスが変に聴こえるパートもありますが・・・」
との説明があり、それでなんですかね。まあ、このころのムーグなのはとても不安定なので、途切れなども多かったようですが、この独特な音はたまらないです。。演奏もダラダラ感はまるでなく、張詰めた感じ、切り込むように入るウエイクマンのプレイは最高。Heart Of The Sunrise演奏のすばらしさはもう、鳥肌もの、以前紹介した、72年の黄金期を代表する音源、
MASTER DEGREEを→http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/27978891.html
凌ぐ抜群のバランス、迫力です。Mood For A Dayの音の近さ。何でしょう??右PAど正面の音をそのままと言うこと、このような音が??すごい音です。
Clapの演奏でさえ、何か勢いを感じます。。Close To The Edgeの生々しさも。。特別な音源です。歪はしていない爆発音をギリギリで録音したようなすごい迫力。オープンリールと思われる録音ではこれ以上、上が。。(FLOYDのベクターとかね。。)とも言えますが、73年の日本公演では
脅威の音と入れるでしょねー。。Wakeman Soloの生々しさ。Roundabout、Yours Is No Disgrace、Starship Trooper の音はもう。
Yours Is No DisgraceのJAMはもう崩れるんだけど・・・そこからまとまらせる。。STONESには出来ない(爆)この演奏力・・・。。
Starship Trooperの6分過ぎの音の流れは・・・・・最高!!
MASTER DEGREEはなにか、バランスが変わる感じからくる、変なかっこよさがあり大好きですが、こちらは優等生??
72,73のこれを超えるものってのは・・・・無いでしょうねーー。。すばらしい音源!!!

この6枚組み、当時のパンフレプリカもついています。豪華なおまけも、続きで。。


つづく。。



Live at Koseinenkin Kaikan, Tokyo, Japan 8th March 1973

Disc 1 (67:56)
1. Firebird Suite 2. Siberian Khatru 3. I've Seen All Good People 4. Heart Of The Sunrise
5. Mood For A Day 6. Clap 7. And You And I 8. Close To The Edge

Disc 2 (43:28)
1. Rick Wakeman Solo 2. Roundabout 3. Yours Is No Disgrace 4. Starship Trooper

  1. 2012/05/26(土) 00:31:31|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のお気に入り




帰ると・・・黒ビールが待っていました。。

最近のヒット??

海味??よくあるつまみ。

ヨメハンは「おのろけ豆」だという??そうなんですか?名前。。

あと、このビーフジャーキーね。。

コショウがいい感じ。。

このジャーキーがすき!!

何のブログでしたっけ??STONES??

  1. 2012/05/25(金) 00:23:47|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

...Little Broken Hearts /Norah Jones



NORAのニューアルバム、もはやジャンルを超越して。。JAZZコーナーに置かれてもねー。。
前半は静かで、後半は元気なアルバム?チト田舎くさいほうが良いのに・・このジャケはどうした??がんばった??
ジャンルなどどうでも良いですが・・・・シングル、Happy PillsはPOPですねー。JAZZっぽさも、濃く残ってほしい感じですが、
なかなかの出来。

カナダ盤は2CDで。。

この間、WOWWOWで、リトルウイリーズのLIVEが。。待望です。
2NDからの新曲が多いですが(1stのも聴きたい!)良いliveでした。。

なんか、nora、たくましい??



1 Good Morning 2 Say Goodbye 3 Little Broken Hearts
4 She's 22 5 Take It Back
6 After The Fall 7 4 Broken Hearts 8 Travelin' On
9 Out On The Road 10 Happy Pills
11 Miriam 12 All A Dream

CANADA盤
DISC 2

1 I Don't Wanna Hear Another Sound 2 Killing Time
3 Out on the Road (alternative version)

  1. 2012/05/24(木) 00:28:23|
  2. オフィシャルN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOT AUGUST NIGHT(ANALOG LP)/ROLLING STONES



アナログの名盤、SBDで聞ける(途中までですが)ネブワースフェスの音源。CDのジャケは、記事は↓
http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/20248342.html
アナログのときの白青のチープな感じがぴったり?盤は紫マーブルです。2枚とも。。

EUROPE’73、LEEDSのあと出たSBDの名盤、ぐだぐだな演奏でも有名なこのふぇすですが、FANには何か面白い、だめなSTONESを堪能??できるもの。選曲とスペシャル感満載。

LPというメディアにあっている??

  1. 2012/05/23(水) 09:54:40|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誘導・・・QUIL FALT BON




本日は休みで雨なので1日CDの整理を・・・・・と思ったら。大雨なので車を出せと奥様が。。

へ??どこ行くの??

ちょっと代官山へ。。なにやらピアスの修理がどうの・・・

ま、しょうがない。。

と、ここまでは良くあるパターンで。。

カーステで、ECの1STをかけて気分良く。。レット・イット・レインなどといいながら、

土砂降り。。降りすぎだろうと・・

「ソラマチにキルフェボンができたんだって。。。。」

ん??スカイツリーネタ・・・「へーー」

「そういえば今日、キルフェボンの新作ケーキの発売日だったような。。」

「・・・・・・・・・きるふぇぼん・・・・たかいっす・・・」

「杏だよたしか杏」

2分と走らず、すぐ店の前に。。。

お財布もってきてないけど、お金ある??

車の運転、免許証が入ってるお財布は忘れてはならないのだ。。。

はめられた。。。貸し借りはたいてい消えてしまう

杏のプラリネ 682円
桃のたると  651円
“ル ガール”クリームチーズのタルト 577円

しかも自分は、昼飯に1個、夜のデザートに1個。。2個食うか。。。

まあ、たまにこうしないと、ビールの箱買いのとき、2箱買いづらい・・・・・

桃・・・まだ5月なのに・・・それほど甘くはないけど、さっぱりした桃とカスタードクリーム。。

杏、くだものたいして食べないけど、駄菓子の影響?杏は大好き。で、チョコクリーム(プラリネ)でおいしい。。

“ル ガール”クリームチーズのタルト・・・ル ガールのチーズが濃い、生チーズケーキ、あまり甘くなく、

ワインとあうかも??味見だけだけど。。

CD代・・減った。。。

  1. 2012/05/23(水) 03:00:07|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONG LIVE RAINBOW/RAINBOW


'96年、AUD、音質86点、高音質音源です。何かボーカルが若干ひずんだように聴こえますが、これは何だろう?他はひずんでいないのでこういう音なのか?
ま、ひどくはないので十分楽しめます。
高音までクリアーで各楽器のバランスは最高です。
孤高のストレンジャー、ツアー?ま、パープル抜けて、直後、最後期のほう・・(ま、11期なんでしょうか?このあとドラムがまた。。で、本当の最後)のドゥギー・ホワイトのボーカルのレインボウ。。
実際どんなLIVEをしていたのか?の興味。リッチーの弾き捲りが聴ければそれで満足なところもありますが、このボーカル、やっぱりどちらかといえば、ジョーに似ているなーという印象。
まあ、リッチーが遊んでいて・・・いや、遊びすぎで面白いLIVE。遊びなのか?クレイジー?ヤケクソ?笑えます。オープニング、Long Live~から飛ばしまくりで、「Hay Joe」なんかが出てきて、もうアンコール?の演奏のよう。
こんな感じで、RAINBOWが終わっていったと思うと、感慨深い??なんか、聴かずにはいられない?
へんに気になるLIVE。。アレンジの変わった古い曲も楽しめます!

Live at Folkets Park, Lidkoping, Sweden 9th August 1996

DISC 1
1. Long Live Rock'n'Roll 2. Mistreated 3. Greensleeves 4. Wolf To The Moon
5. Difficult To Cure6. Keyboard Solo 7. Still I'm Sad
8. Man On The Silver Mountain 9. Temple Of The King
10. Black Masquerade 11. Ariel

DISC 2
1. Since You Been Gone 2. Perfect Strangers 3. Blues 4. Burn
5. Maybe Next Time6. Street Of Dreams 7. Smoke On The Water
8. Somewhere Over The Rainbow

Ritchie Blackmore - Guitar Doogie White - Vocal Candice Night - Vocal
Greg Smith - Bass Paul Morris - Keyboards Chuck Burgi - Drums

  1. 2012/05/22(火) 00:48:01|
  2. RAINBOW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ECLIPS IN TOKYO


おー、見えないと思ったら見えました!!

東京から。。

すごいですねー!!

  1. 2012/05/21(月) 08:03:11|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレカシ COUNTDOWN JAPAN

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012/05/21(月) 05:55:05|
  2. etc

ZENITH/ERIC CLAPTON


'91年、SBD、音質90点。ラジオ音源ですね。まあ、ラジオの音そのものということで超高音質SBDですね。
有名な「Play With Fire Revisited」の日。何が違うかというとマスターテープの違いだそうです。
音質はこちらのほうがビミョーに良いか・・・?やや、過度なイコライジングで高音が上げられているような気もしますが、好みの問題程度でしょう。
Play With Fire ~は丸い音、こちらはカッチリとした音。
違いは、こちらはオリジナルどおり、DJをそのまま残してある。昔のものはDJをすべてカット、
「MCが被るオーケストラ・イントロに別音源が巧みにパッチされていて、カットがなかったかのように編集されています。」
ということで、DJが聞きたいわけではないので、いらない気もしますが、オリジナルの歓声、曲間の様子などを残す意図で残してあるようです。
No Alibisがこのツアーを象徴する音ですかね。良い出来です。クラプトンがこれだけメロディアスなフレーズを連発するツアーというのも、90、91年が1番か?
回転の早かったカセットマスター、ピッチ調整もありということで、91年の代表音源のリマスター盤。
オリジナル音源ということで、放送前マスターが出ない限りこの音源が代表盤ですかね。。。




Live at Royal Albert Hall, London, UK 17th February 1991

Disc 1 (75:28)
1. Introduction 2. Layla Orchestral Intro 3. Pretending 4. No Alibis 5. Running On Faith
6. I Shot The Sheriff 7. White Room 8. Can't Find My Way Home 9. Bad Love
10. Before You Accuse Me 11. Old Love

Disc 2 (71:58)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine 5. A Remark You Made
6. Layla 7. Crossroads 8. Sunshine Of Your Love 9. Outroduction

Eric Clapton - Guitar, Vocals Phil Palmer - Guitar Nathan East - Bass Steve Ferrone - Drums
Greg Phillinganes - Keyboards Chuck Leavell - Keyboards Ray Cooper - Percussion
Katie Kissoon - Backing Vocals Tessa Niles - Backing Vocals

  1. 2012/05/20(日) 10:38:14|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JENNINGS FARM BLUES/ LED ZEPPELIN


'71年、SBD、音質93点、懐かしいCD。今聞くとなにか丸いレンジが狭い音ではありますが(若干ですよん)。CD BOOT黎明期に出現したコルピオの名盤。衝撃の音源でした。未発表曲が聴けるらしい?という情報で、タイトル、Jennings Farm Bluesを目的に購入。
ん??なんか聴いたことあるなー???Bron-Y-Aur Stompのエレキ版??なんだー、すごいはすごいけど、未発表の聴いたことのない曲じゃないんだー。。。と。。
友人と聴く。。お??おまけのLIVEの音が良い。6曲しか入ってないけどねー。なんてね。。
しかし、よーく聴くと・・・・驚愕。。。大好きな、What Is And What~が高音質LIVEで聞けるので、リピート再生ばかりしていたら・・・
(前置きが長い!)Celebration Day!!!!!何だこれ!!!ものすごい演奏!衝撃を受けた演奏でした。こんな衝撃をBOOTで受けたのは
STOONESのナステーのダンシンやランブラー・・・・・いや、いいか。。
このベースはなんだ??リズムもすごい!それに気づくのには・・よく聴かずにいたので1ヶ月ほど・・・・なんせ、音が良い音が良いだけで喜ぶ
時代で、音が良いものを手に入れた安心感で満足する。(爆)そんなんだったのかな??
すばらしい71年の演奏が聴ける超高音質古典盤。
このSBDがあるんだからねー。ペイジさん、この日の音、出してください。。。



1. Jennings Farm Blues
2. Jennings Farm Blues

Olympic Studios, London, U.K.

3. Stairway To Heaven
4. Celebration Day
5. That's The Way
6. Going To California
7. What Is And What Should Never Be
8. Moby Dick
Maple Leaf Gardens, Toronto Canada, 4th, September 1971

  1. 2012/05/19(土) 01:02:56|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live From Austin Tx /ROY BUCHANAN


ロイ ブキャナン。。Austin Tx1976年、出演時のものがCDとDVD組で発売されました。DVDのみもあるのかな。。
'70年代のスパーギタリスト?ウーン、目立つ活躍は70年代ですかね。。STONESに誘われたなどと言う話も・・・そういうタイプではないような気がしますが。。この映像はBOOTでは出ていて、凄く良好な画質で、ほかにはあまり映像もなく、TVショウさえも目面しいものです。最初に映像を見たときは感激しました。まあ、わりと演奏が荒く、最初に聞くようなLIVEだとは思いませんが、スーパーギタリストの映像がとうとう、正規盤で。。画質もとても良く、5曲、。
32分と言う短さですが貴重な映像。。そして演奏曲が、ソウル ドレッシング、スゥイート ドリームス、代表曲、「メシアが再び」これがみれるのがうれしいですね。演奏はスゥイート ドリームスなどは
LIVE IN JAPANのほうが上ですが、選曲も最高のもの!!



ROY'S BLUES
SOUL DRESSING
SWEET DREAMS
HEY JOE
THE MESSIAH WILL COME AGAIN

  1. 2012/05/18(金) 00:17:55|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トミカリミテッド スカイラインGT-R



トミカ。ハコスカ。。

4枚ドアですよ。4枚!!

イイネー。。

  1. 2012/05/17(木) 02:21:14|
  2. おもちゃ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理断念・・・・


ほぼ一年中使うカメラ。2006年4月に買ったかな。。こいつは。。

GW前半、取り捲り、PCで見てみると、青空に斑点が・・・イメージセンサーにごみがついたかな??

と言うことで、サービスセンターへ。1000円で出来るのは知っているので、ほかのチェックもお願

いして、
CD屋さんでも見て時間をつぶすか・・などと考えていたら。。ローパスフィルターの交換が必要と

のこと。。

ごみではないので、たぶん結露か何かのあと。。。「え??交換??心臓部??」「はい」

「お・お・オイクら???」

「ホコリの除去(オーバーホール)とあわせて、7-8万円です・・・・・・・・・・」

%$$’&’%$#”#$&’’&’&・・・

修理断念。。ごめん。D200.。

今晩はD200でとった写真を見ながら、ビールを。。(結局のむ話しかい・・・)

いや、へこみました。。ケースに入れて移動するなど気をつけていたはずなのに。。

6年間ありがとう!!(涙)

  1. 2012/05/16(水) 00:14:51|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

American Fool +1 /John Cougar


ジョン・クーガーなんだか、ジョン・メレン・キャンプなんだかジョン・クーガー・メレンキャンプ??はっきりしろー。。
言いたくなる。。長い名前にしたプリンスはみんな無視して、「プリンス」とよんでたな。。(爆)あれ、どうなりました??
中古盤を見ていたら・・・お??全部ある。。しかも、ボートラも。。
American Fool。。懐かしいですねー。。名盤。
ボーナス曲が、「American Fool」・・・・タイトル曲が没に??まあ、そういう話も聞かなくもないですが。。・・・・
タイトルトラックがねーー。。(少し前にBTでついてたらしいですが。。)
しかし名盤!「アメリカだなー」???なんて思います。。何だそれ・・・

  1. 2012/05/15(火) 01:29:23|
  2. オフィシャルJK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒ビール大会!


大好きな黒ビール飲み比べ

めでたく発売されたスパードライの黒。

めでたい??ので(爆)お祭りを。。

スパードライ・・・・辛口とカンに書いてあるけど妙にまろやか。。

辛口??

アサヒ黒生、これは飲みなれてるし20年以上??飲んでいる。。

うーーん。おいしい。。苦味とあまみ?のバランスがちょうどいい。。

凄い贅沢!!

キリン スタウト。。濃いねー・・・??いや、酔っ払ってきて味が正確に判断できるん

だかなんだか。。濃いし濃くもある。。

エビス・・・あら、意外。。何かマイルド。。普通のエビスとはまた違う、

おいしーねーー。。

順位??ありません。。

参加することに・・・

  1. 2012/05/15(火) 01:06:58|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wrecking Ball/Bruce Springsteen


スプリングスティーンの新作、視聴したらかなり良かったので、ボートラ入りの初回盤を購入。
音は最近お作とおんなじ感じかな。。でも、曲が良く、最近のアルバムでは一番好きです。。
LIVEで演奏する、LAND~をスタジオ録音で入れたのも話題ですが、曲が粒ぞろい。好きな曲が2,3ある
と言う感じの最近の作より良いですねー。。ただ、なんかゴスペル調のコーラスが耳につくというか・・
なぜこんなに??と言う感じはありますが。JACK~なんて、LIVEで聞いてみたいですねー。。
それとこの前のLIVE盤の影響か??なにか、民謡調の曲が多いのは・・・これからはこんな感じ?
ボートラの13曲目は歌い方、曲、ポーグスみたいです。。でも好きだったりします。。




1 We Take Care Of Our Own
2 Easy Money
3 Shackled And Drawn
4 Jack Of All Trades
5 Death To My Hometown
6 This Depression
7 Wrecking Ball
8 You've Got It
9 Rocky Ground
10 Land Of Hope And Dreams
11 We Are Alive

12 Swallowed Up (In The Belly Of The Whale)
13 American Land

  1. 2012/05/14(月) 00:31:26|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

All Through The City (With Wilko 1974-1977) /Dr.Feelgood


Dr.Feelgood,、ウイルコ在席時のBOX?4枚組みと言うすばらしい企画。ウイルコ好き?の私は迷わず購入。CD3枚とDVDで3300円??
なんだその安さは??内容は大丈夫か??などと思いつつ。。。ま、DISC1,2はアルバムを1STから順に入れるという、持ってない人にはさばらしい企画で、持っている私は・・・・
DISC3のアウトテイクは、チト興味深いです。かっこいい曲も多数。。Everybody's Carrying a Gun最高、ウイルコの「あの」ですね。。
たかだか、3年間の音源なので、She Does It Rightを何回聞くんだ?となりますが。そこは、この、ウイルコ在籍のすべてを?的な筋の通った企画に拍手。
4の映像も時代的には画質が良く、LIVE,スタジオLIVEがこんなにあるんですね。。
全部見たら、ウイルコとベースの人が、(4人のバンドでボーカルがマイク立てて真ん中)あの神業?カッティングをする曲になると二人で前後に5.6歩進んでまた下がり、それを繰り返す?????「エビか」(爆)と突っ込みたくなるLIVEが23曲。
ま、動きがダサい?のはありますが、あの神業をたっぷり見れます。。
しかしボーカル挟んで両脇で2人が前後に・・・ベーシスとはたまにサボります。。(爆)ウイルコがやるからあわせてる??
ベーシトがこの動き、のってこないので、ウイルコとそりが合わなくなり脱退が??・・・・(爆)
何のことやら。。ウイルコの時代だけを集めた良い企画。。
感想は・・・・・エビかっ!!!!


ディスク 1
1 She Does It Right 2 Boom Boom 3 The More I Give 4 Roxette 5 One Weekend
6 That Ain't the Way to Behave 7 I Don't Mind 8 Twenty Yards Behind
9 Keep It Out of Sight
10 All Through the City 11 Cheque Book 12 Oyeh!
13 Bonie Moronie/Tequila 14 I Can Tell 15 Going Back Home 16 Back in the Night
17 Another Man 18 Rolling and Tumbling 19 Don't Let Your Daddy Know
20 Watch Your Step 21 Don't You Just Know It 22 Riot in Cell Block Number Nine
23 Because You're Mine 24 You Shouldn't Call the Doctor (If You Can't Afford the Bills)

ディスク 2
1 I'm Talking About You (Live) 2 Twenty Yards Behind (Live) 3 Stupidity (Live)
4 All Through the City (Live) 5 I'm a Man (Live) 6 Walking the Dog (Live)
7 She Does It Right (Live) 8 Going Back Home (Live) 9 I Don't Mind (Live)
10 Back in the Night (Live) 11 I'm a Hog for You Baby (Live)
12 Checkin' Up On My Baby (Live) 13 Roxette (Live) 14 Sneakin' Suspicion
15 Paradise 16 Nothin' Shakin' (But the Leaves On the Trees) 17 Time and the Devil
18 Lights Out 19 Lucky Seven 20 All My Love 21 You'll Be Mine
22 Walking On the Edge 23 Hey Mama Keep Your Big Mouth Shut

ディスク 3
1 Dr. Feelgood 2 Everybody's Carrying a Gun (Olympic Version))
3 I'm a Hog for You Baby (Olympic Version) 4 Time and the Devil
5 Lights Out 6 Everybody's Carrying a Gun (Rockfield Version)
7 Sneakin' Suspicion (Demo)
8 Malamut (Featuring Wilko Johnson and Mick Green Guitars,
Phil Thumpston Bass and The Big Figure Drums)
9 Casting My Spell On You (Featuring Wilko Johnson
and Mick Green Guitars and Vocals, Phil Thumpston Bass and The Big Figure Drums)
10 Comin' Home Baby (Featuring Wilko Johnson and Mick
Green Guitars, Phil Thumpston Bass and The Big Figure Drums) 11 I'm Talking About You
12 My Girl Josephine 13 Small Gains Corner
14 (Get Your Kicks On) Route 66 (2006 Digital Remaster) 15 I'm a Hog for You Baby
16 Stupidity 17 She Said Alright 18 All Through the City (Live) 19 Roxette (Live) 20 Boom Boom (Live) 21 Keep It Out of Sight (Live) (2012 - Remaster)
22 Riot in Cell Block No. 9 (2012 - Remaster) 23 23. Johnny B Goode (2012 - Remaster)

ディスク 4
1 She Does It Right (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
2 Boom Boom (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
3 All Through the City (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
4 Roxette (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
5 Riot in Cell Block No 9 (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
6 I Don't Mind (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
7 (Get Your Kicks On) Route 66 (Live) (The Geordie Scene - Tyne Tees February 1975)
8 Keep It Out of Sight (Live) (Old Grey Whistle Test - BBC March 1975)
9 Roxette (Live) (Old Grey Whistle Test - BBC March 1975)
10 She Does It Right (Live) (Old Grey Whistle Test - BBC March 1975)
11 Back in the Night (45 With Kid Jensen - Granada July 1975)
12 Going Back Home (Live) 13 I Can Tell (Live)
14 All Through the City (Live) (2005 Digital Remaster)
15 I'm a Hog for You Baby (Live) (2005 Digital Remaster)
16 Riot in Cell Block Number Nine (Live) (2005 Digital Remaster)
17 Roxette (Live)
18 You Shouldn't Call the Doctor (If You Can't Afford The Bills)
(Live) (2005 Digital Remaster) 19 (Get Your Kicks On) Route 66 (Live)
20 Back in the Night (Live) (2005 Digital Remaster)
21 She Does It Right (Live) (Kuusrock Festival July 1975 - Finland)
22 Roxette (Live) (Kuusrock Festival July 1975 - Finland)
23 Band Interview (Conducted by Matti Rosvall)

  1. 2012/05/13(日) 02:46:21|
  2. オフィシャルD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ETERNAL VOID OF DOOM/BLACK SABBATH


'71年、AUD,音質82点、時代的には最高の音でしょうね。ストーンズでいえばLive'r Than You'll Ever Beのような、古めかしい音、そのアナログな黒い音がやたら合う、高音質な音源が!!71の超高音質AUDテープの出現。お店の説明では昔LP BOOTで数少なくあったようですが。。
そのマスターテープからと、ここ1年くらいで、とんでもない音源が飛び出したサバスに、71年の会場の生の音を伝えるとどめの音ですかね。。40年以上昔のオーディエンス録音としては、かなりのもの。。
7曲ですが重要曲ばかり!そして、Into The Voidってのが聴けるのがいいですねー。。
『「PARANOID」ツアーで時折演奏され、本作を含め4回が確認されていますが』との説明があり、レア曲、4回。それがこのテープに。
すごいもんです。ほかの3回てのも音は・・・40年前ですからね。この音が決定版でしょう。
ものすごいSBDとはまた違う、71の空気感はがスピーカーから飛び出す感じは、すごいものです。
71の演奏は70年よりはまとまってきていて、アイオミのギターも迫力と言うよりは、丸いアナログ的な音ですが、40年前の音としてはやたらリアルに響きます。驚きの音。。






FALKONER TEATRER COPENHAGEN DENMARK 18TH APR. 1971

1. N.I.B. 2. War Pigs 3. Black Sabbath 4. Iron Man 5. Into The Void
6. Paranoid 7. Fairies Wear Boots

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums

  1. 2012/05/12(土) 01:23:04|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博多天神


10年じゃないなー・・・年に6回だとしても50回60回。。ラーメン屋さんのなかで間違いなく一番食べているラーメン。
博多ラーメン。。本場で食べる前にここで食べていたので、博多ラーメン=このお店。。白い臭みの少ないスープ。
紅しょうがとカラシたかなを入れるイメージですよねー。。最近渋谷のお店が減って、4ヶ月ぶりになりましたが、御茶ノ水、渋谷、新宿、10店舗以上あるのかな?なぜかCDを見に行く街にあり???
好きと言うより中毒なのでしょう。。
しかしいまどき、500円で替え玉無料って・・・・・・昔は100円だったかな。。
今回は、いつも何も考えず、モヤシラーメンを食べていましたが。(なぜモヤシかもよくわからない・・・大昔に食べ比べて気に入ったのか・・)熱烈な推薦を受けねぎラーメン。。白髪ねぎ?濃い緑の山?などいろいろ想像。。出てきたのはねぎの薄切り??大盛り。。イイネー。。紅しょうが、カラシタカナ(激カラと書いてある・・入れすぎて辛くて後悔する・・・)コショウ、ゴマ。などを入れて。。好みの味で。。
固めの替え玉もたまりません。。
昼過ぎに食べていたら雷が・・・・すげー音で写真がぶれてしまいました・・・・。
何年か前に冷やしを始めましたが。。。気がつくと・・いや、いつもメニューを見てなかったので最近かどうか
わかりませんが・・・つけ麺があった。。。あれでつけ麺??どうなるんでしょう??またいかなくちゃ。。

  1. 2012/05/11(金) 00:19:04|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EURO-POP 70/DEEP PURPLE


'70年、AUD、音質79点、高音も低音もカットしたようなレンジの狭い音ですが、こもった感じはひどくなく、中音域だけ大きいおとですが、ものすごく聞きやすい音で、70年の凄まじいインタープレイは鳥肌ものです。残念ながら3曲しか収録されていませんが、60分。内容の濃さは
もう。。Wring That Neckのリッチーとジョンのプレイはもう。。時間ごとに独壇場があり、Mandrake Rootはのっけからリッチーの凄まじいギターから。。ギランの声も、このころは超ハイトーン。そして3曲しかないですが、最後はChild In Timeと、70年のおいしいところが
ばっちりで、これはFANにはたまらない音源です。11分以降などはもう何がなんだか・・・・。。もの凄いヒートアップ。
そのへんから音質が少しこもり、音が変わりますが、演奏は宝物。。凄い演奏です。
LYON 1973のボーナスCD。良いオマケー!





Live at Eissportstadion Euro-Pop 70, Munich, Germany 12th July 1970

1. Wring That Neck 2. Mandrake Root 3. Child In Time

Ritchie Blackmore - Guitar Ian Gillan - Vocal Roger Glover - Bass Jon Lord - Keyboards
Ian Paice - Drums

  1. 2012/05/10(木) 01:02:00|
  2. DEEP PURPLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Swallowed Up In The Great American Heartland/Tom Pacheco


GW中はその前3ヶ月が、仕事で家族とどこも出かけない状態なので、ほとんど家族と・・・・
最終日、解き放たれたようにCD屋めぐりを...

下北沢のレコファンが閉店と言うことで、閉店セールも。もちろんユニオンも。。
レコファンは渋谷の大型店くらいしか行かなくなるかな??さびしいはなし。。

新宿は仕事で行くので良くいくけど、下北のユニオンはBOOTなどはほとんどなく。。
面白いものもなく。。下北ユニオンは・・・今までの感じだと、BOOTはためておいてまとめて売り出し?やるんだよねー。。
しかしBOOTの中古は少なくなりました。。どの店も。。

あちこち回り、、いろいろと。。お?探していたTom Pacheco。。お店でLPで聞いて以来。。
カントリーに凄く寄った、カントリーロック。76にしては古い?感じの印象も受けますが。。
ジム ケルトナーなど、バックも凄く。アメリカンロックのグッド オールド デイず???
なんか、音が良いですよねー。。'70Sのアメリカの「におい」だと勝手に思っています。。

処分する人が多いのか??連休明けは中古盤は宝の山と化すことがあり。。魅力的。。


1. Jessy Tacker
2. Dancing Closer To The Bedroom Door
3. Last Bike In Town
4. To Sing A Country Song
5. Tell I First Heard Willy Nelson
6. Song For Marririn
7. Swallow Up In The Great American Heartland
8. Jimmy The Fiddler
9. Beer Song
10. Three Song
11. Land Will Roll On
12. Singer

  1. 2012/05/09(水) 00:15:48|
  2. オフィシャルT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにやってんだ


GW中。旅行、買い物。買い物。買い物・・・・

公園。プラモ。公園。プラモ。。

夜8時に帰り、9時に寝ていた。。。。夜中の3時に起床。。。。。・・・・・・

どうすんだ。。。

仕事で疲れた。。と言うよりGWの疲れ。。

ジオラマで遊んだらしい。。

結局、ジオラマも子供が遊ぶと、

1時間で大砲も壊れます。。(爆)

その壊れた、対戦車砲をどう活かすか・・・・・

結構考えたりして・・・

やばい。。わりと面白い。。

AM3時半にジオラマを見る。。

なにやってんだ。。。

  1. 2012/05/08(火) 04:11:55|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石膏あそび・・・・




5日のお話。。

ちまちま、続くプラモ作り。。。

土台、石膏作り。。

昼からビール飲みながら。。

その後、地面の色塗りへ。。


つまらなーーーい(かまってもらえない、うちの犬談)

  1. 2012/05/07(月) 00:22:25|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (32)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (125)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (75)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR