SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

STOP MESSIN AROUN/AEROSMITH

映像です。’97年プロショットでのニューヨー クで行われたチャリティ・ライブ!!
エアロの映像も多くはないのでうれしい映像です。今から考えると、このころのタイラーさんはぼろぼろ??しかしLIVEではそれほど感じず。見かけがどんどん派手になる??
ジョーのかっこよさが!このころになるといろんなギターが出てきます。前半は新し目の曲ばかり出てきます、最後にSweet Emotion から!
しかしStop Messin' Aroundは、ボーカルもややうまくなったような気も・・・
いい映像ですーー!
 

Robin Hood Foundation Benefit, New York, USA 4th May 2007
1. Intro 2. Opening S.E. 3. Love In An Elevator 4. Dude (Looks like a lady)
5. Cryin' 6. Eat The Rich 7. I Don't Want To Miss A Thing 8. Jaded 9. Baby, Please Don't Go
10. Hangman Jury/Seasons Of Wither 11. Dream On 12. Livin' On The Edge 13. Stop Messin' Around
14. Sweet Emotion 15. Draw The Line 16. Walk This Way
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 11:48:36|
  2. オフィシャルA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CENTRAL PARK 75 MASTER/AEROSMITH

'75年、SBD,音質98点。超高音質音源で、オフィシャル並みですね。これは。。FM音源ですかね??よりもよく聞こえますが。。
「Toys In the Attic」発表時の有名サウンドボード音源である8月29日、ニューヨーク、セントラル・パーク公演
で、演奏の内容もよく、ジョーがぐだぐだな日もあるエアロですが、この日は最高の演奏です。音質的には
オフィシャルのLIVE BOOTLEGSより上??(爆)もの凄い迫力です。Walking The Dog のカッティングのの生々しさから、ど迫力です。Sweet Emotion では、タイラーさん、裏声が出ず、調子が良くもないですが。。まあ、このシャウト。Walk This Way では血管切れそうボーカルですからネーー。。Somebody、 Big Ten Inch~いいですねーー。。
Toys In The Atticも早い演奏で、ギターが雑になりがちですが、この日は?弾けています。。
まあ、すごいLIVE。。驚異の音の定番?75年で最高です!


Live at Central Park, New York, USA 29th August 1975

1. Introduction 2. Walking The Dog 3. S.O.S (Too Bad) 4. Somebody 5. Big Ten Inch Record
6. Sweet Emotion 7. Dream On 8. Write Me A Letter 9. Walk This Way 10. No More No More
11. Same Old Song And Dance 12. Train Kept A Rollin' (Slow) 13. Drum Solo
14. Train Kept A Rollin' (Fast) 15. Toys In The Attic
  1. 2012/09/29(土) 02:17:21|
  2. オフィシャルA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Never Mind The Bollocks Here /The Sex Pistols

ピストルズ、BOXがでますね。ガキには衝撃的だったこのアルバム。
未発表のものまで全て??EMI !!イイデスネー。。まあ、カバーのNO FUNなどはたいして面白くもないですが(爆)。
すごいボリューム。。
しかし、これで15000円???高すぎネーか??輸入と国内盤の差がないです・・・・
デラックス盤も出るようですね。。
35周年。。。
 
しかし・・・・何でもでます。。。

ディスク   1
01. Holidays In The Sun    02. Bodies    03. No Feelings   
04. Liar    05. God Save The Queen    06. Problems    07. Seventeen   
08. Anarchy In The UK    09. Submission    10. Pretty Vacant   
11. New York    12. EMI
ディスク   2
1977 Studio Rarities & B-Sides
01. No Feeling    02. Did You No Wrong    03. No Fun    04. Satellite   
05. New York (Demo Version)    06. Unlimited Edition (Demo Version of 'EMI')   
07. Liar (Demo Version)    08. Pretty Vacant (Demo Version)   
09. Problems (Demo Version)    10. No Future (Demo Version of 'God Save The Queen')   
11. Did You Know Wrong (Alternative Vocal - March 3rd 1977)   
12. 17 (Alternative Vocal - April 21st 1977)    13. Satellite (Rough Mix - April 22nd 1977)   
14. Submission (Rough Mix - April 22nd 1977)    15. Holidays In The Sun (Rough Mix - April 22nd 1977)   
16. EMI (Rough Mix - April 22nd 1977)    17. 17 (Rough Mix - May 16th 1977)   
18. Holidays In The Sun (Alternative Mix - June 11th 1977)   
19. Bodies (Demo Version of 'Bodies'- June 11th 1977)    20. Submission (Alternate Mix - August 12th 1977)    21. Belsen Was A Gas (original demo) (19 September 1977)
ディスク   3
1977 Live
   01. Anarchy In The U.K.    02. I Wanna Be Me    03. 17    04. New York   
05. EMI    06. No Fun    07. No Feelings    08. Problems    09. God Save The Queen   
10. Anarchy In The UK    11. I Wanna Be Me    12. 17    13. New York    14. EMI   
15. Submission    16. No Feelings    17. Problems    18. God Save The Queen   
19. Pretty Vacant    20. No Fun
ディスク   4
DVD – 1977
   01. Pretty Vacant    02. Anarchy In The UK    03. Problems    04. Anarchy In The UK   
05. I Wanna Be Me    06. Seventeen    07. New York    08. Problems    09. No Fun   
10. Problems    11. No Fun    12. Anarchy In The UK    13. God Save The Queen (video)   
14. Pretty Vacant (video)    15. Holidays In The Sun (video)   
16. The HeyDay Interviews. Interviews by Judy and Fred Vermorel recorded in August 1977
with: a. Steve Jones b. Paul Cook c. John Lydon d. Sid Vicious e. Glen Matlock   
17. BBC, Radio 1, Rock On, December 12th 1977 – John Tobler interview with John and Sid
   (previously unheard full uncensored version)
  1. 2012/09/28(金) 01:46:34|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Grave Dancers Union /Soul Asylum

90年代にどかっと飛び出たバンド、ソウルアサイラム、たまに棚から取り出します。Get on Out、などLIVEでも定番の
曲もありますが、なんと言ってもRunaway Trainが印象的。
いがいとハードなアルバムでアコギとハードな歪んだギターが印象的な、90年代の音。サウンドがいいよね。。
Runaway Trainの歌詞。「疲れすぎて眠れなかった、秘密が多すぎて守れなかった、泣いたりしないと自分に約束した」
青春の歌詞??いいですねー。
まあ、92年ですが、すでに懐かしいーーー。。アルバム。。
アコーステックLIVEの映像を持ってますが、Get on Outから始まり、カッコいいですーー。。

 
 

01. Somebody to Shove    02. Black Gold   03. Runaway Train 
04. Keep It Up    05. Homesick   06. Get on Out 
07. New World    08. April Fool     09. Without a Trace 
10. Growing into You    11. 99%     12. Sun Maid 
  1. 2012/09/27(木) 01:21:29|
  2. オフィシャルS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tempest (Deluxe Edition) /Bob Dylan

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012/09/26(水) 00:47:49|
  2. NEW リリース!

Mr. Blue Sky


 
ELOの新作、BESTで面白い記事が・・・・・-今回発売のベスト盤。The Very Best Of Electric Light Orchestra
はすべて再録音、プラス新曲(日本盤はプラスボーナス)・・・
現在のELOはジェフ リンのソロプロジェクトとの話もありますが。
代表曲すべてを再録。。
「音も昔風で、違いが判らないほど!!」
ん??何の意味が????
でもなぜか、古い曲が多く、名作ディスカバリー以降は・・
シャイン ラブやコンフュージョンはない。。。
でも、聴いてはみたい変なCDが発売されるようです・・・・
 
 

01. ミスター・ブルー・スカイ
02. イーヴィル・ウーマン
03. ストレンジ・マジック
04. ドント・ブリング・ミー・ダウン
05. ターン・トゥ・ストーン
06. ショウダウン
07. テレフォン・ライン
08. オーロラの救世主
09. ドゥ・ヤ
10. 見果てぬ想い
11. 10538序曲
12. ポイント・オヴ・ノー・リターン(新曲)
13. トワイライト(ライヴ・未発表)国内盤ボーナストラック
  1. 2012/09/25(火) 01:33:15|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泉谷しげる ・名盤再発!!


 
泉谷しげる 名盤再発!!です。。名作3つ、最高バンドとのLIVEと、俺の女、褐色のセールスマン、翼なき野郎ども
デトロイト・ポーカー  など、名曲を生んだ2作。のあわせて3作。'80のバラッド!名盤ですねー。。
このへんに下
http://blogs.yahoo.co.jp/monkey55w/27176919.html
オールナイト・ライブ
'80のバラッド
都会のランナー
 
タワーレコード限定・・・なんですね。。こんな売り方するの??
しかし、超名盤3作、ボーナストラック入り(なんだか??よくわからないのも・・)で
久々の発売。。
大好きな、オールナイト・ライブ!!また買わなくては。。でも、大好きな名盤。
長らく廃盤でプレミアも。。久々に発売されます!!
  1. 2012/09/24(月) 00:48:41|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE COMPLETE WOODSTOCK TAPES /ROLLING STONES


'78年、SBD、音質84点、78年のツアーにむけてのリハの模様を集めたもの、音質は良好です。
DISC 1
いきなりダラダラのMISS YOU 18分。。おもーーーい・・・でだしなどは編集してほしかったですね。。2分くらい始まりません。はじまったと思うとミックが止め、このへん要らないです・・。PLAY WITH FIREは興味ぶかいところ。PLAY WITH FIREは完全にコードを確かめるところから。
投げやりなミックのボーカル。78年版です。NO EXPECTATIONSはカントリーみたいな演奏。。なんか軽すぎはしませんか??(爆)なにやってるんだ・・・。GIMME SHELTERはキースがフェイザーをかけすぎBEAST OF~みたいに・・
 
DISC 2
ここでは前座のピータートッシュの DON'T LOOK BACKから。 C'MON EVERYBODY、 SUMMERTIME BLUESのロックンロール曲が注目。
リバーブが深いですが、面白いです。ROCKET 88などもやっております。。ほとんどピアノのソロ・・・ CRAZY MAMAはLIVEで演奏してほしかったですねー。
 
DISC3においては、完走はほとんどなく、ブチギレ始まり、ブチギレ終わりがほぼ、ここではMEMORY MOTELですかね、きっちりリハがおこなわれてます。
とてもいい演奏。HIGH-HEEL SNEAKERSはテンポが早く、ROCK'N ROLLぽい曲を探していたのがわかります。78年版PLAY WITH FIREはヤケクソ歌唱で笑えます。
エルモカンボでの名演をしたCRACKIN'UPはエレピが目立つ演奏。ギターの目立つほうがいいですね。。
 
DISC 4はCRACKIN'UPが終わり、突然始まります。興味深いですが、二フェイザーを通した変なギターで無機質な演奏、78年のパンクな演奏にかわいい
TELL ME、いいですけどね。。この面もほとんど途中から始まります。ここではPRODIGAL SONですよね。これもテンポが速いBAND演奏、エレキで
ピアノも入り、BLUESなのかなんなのか、RONがちゃんとスライドソロを弾けています。。
演奏する気でのリハなのか??遊びたかっただけなのか??(爆)緊張感がないリハでした。。
ビリー??が写るジャケ、78年ではないのかな??でも、チャーリーの坊主頭は78っぽい・・・・
 

DISC 1
 MISS YOU
 RESPECTABLE
 LOVE IN VAIN
 PLAY WITH FIRE
 NO EXPECTATIONS
 INSTRUMENTAL JAM
 BLUES JAM
 BLUES JAM
 BLUES JAM
 BLUES JAM
 BLUES JAM
 GIMME SHELTER
 WHEN THE WHIP COMES DOWN
 MISS YOU
DISC 2
 DON'T LOOK BACK
 INST.
 BEAST OF BURDEN
 C'MON EVERYBODY
 SUMMERTIME BLUES
 ROCKET 88
 DRUM
 CRAZY MAMA
 STARFUCKER
 GIMME SHELTER
 DON'T LOOK BACK
 BEAUTIFUL DELILAH
DISC 3
 COCKSUCKER BLUES
 IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT I LIKE IT)
 ALL DOWN THE LINE
 HONKY TONK WOMEN
 BROWN SUGAR
 TUMBLING DICE
 JUMPIN'JACK FLASH
 MEMORY MOTEL
 THE FAT MAN
 HOT STUFF
 SOMETHING ELSE
 SWEET LITTLE SIXTEEN
 HIGH-HEEL SNEAKERS
 PLAY WITH FIRE
 CRACKIN'UP
DISC 4
 TELL ME (YOU'RE COMING BACK)
 SHAKE YOUR HIPS
 RESPECTABLE
 DON'T LOOK BACK
 INST.
 SWEET LITTLE SIXTEEN
 LET IT ROCK
 SHATTERED
 MEMORY MOTEL
 FAR AWAY EYES
 LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER
 TUMBLING DICE
 HAPPY
 PRODIGAL SON
 BROWN SUGAR
  1. 2012/09/23(日) 00:46:09|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cocksucker Blues(DVD)/ROLLING STONES



コックサッカー・ブルース、メイン・ストリート、リリース後に行われた1972年の北米ツアーの舞台裏映像。
画像はビデオのころとは比べ物にならないくらい向上、しかし、色はにじみきれいなものではありませんが。。
ミック・テイラーはその後、「あんなのやらせだよー」といい、ミック・ジャガーはLIVEシーンをふんだんに・・・
と、かみ合っていなかったような発言をしてますが。なぜ作られたのかは謎の映画。部分的に切り取られた飛行機内の乱痴気騒ぎのシーンなどあり、たぶん発売も今後ないのでしょう。まあ、どこまでが、どうかもわかりませんが、72年の黄金期のSTONESのメンバーがみられるのは、FANにとってはものすごく面白く、普通の人には見るに耐えない?映像。。
字幕がついたことで、ごちゃごちゃ言っている、ミックとキースノやり取り「チャック・ベリーに曲を書かないか?」「かれは最近HITもないし」などとインタビューされているシーン。。カメラマンなどの打ち合わせのシーン。など、ドキュメンタリーとしてはみられるもの。
演奏は、Street Fighting Man、Brown Sugar、そして、ミックが手を引きピアノに座らせるのは、スティービー・ワンダー、そしてUptight~Satisfactionのメドレーが。YOU CAN‘T~などは一部分。。歌詞にまで字幕が入ります。
昔そのシーンだけ切り抜かれた、キースがホテルの部屋からTVを落として、げらげら笑う。。これも有名なところ。
字幕がついて、この画質は決定版。
このジャケも、2つあり、後期のものはなんと、プレスDVD、おまけ映像も。。
おまけは、映像と音はあってない、ROCK'S OFFや暴動が起きたモントリオールの映像、JJFの白黒映像が。。
そして、Cocksucker Bluesの音声でジャケが浮かんでるものが入ってたりします。
この映画の決定版??
 
  1. 2012/09/22(土) 11:44:01|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Crooked Rain Crooked Rain/PAVEMENT

クルーキッド・レイン。90年代ヘロヘロ?パンキッシュ バンド、ペイブメントの2NDアルバム。
当時、ライバルバンドを攻撃?したり、グランジに対して等々・・色々話題もありましたが。
このへんてこりんな演奏で、このすばらしいメロディー。。これが彼らの持ち味で、その中でも
この2NDはわかりやすい?素敵な曲が。。
Silence Kit、Elevate Me Later 、Cut Your Hair、Range Life 、そして名曲、Gold Soundz!!
まあ、どれもかれらの名曲ですが、へなへなの演奏に、ヘロヘロのボーカル。なにかツボにくるメロ、そして、5-4=Unity はJAZZ??TAKE 5のPAVEMENT版??この変態ぶりは、アルバムの質をさらに高めている??
Hit The Plane Downのまぜこぜ感?も最高なアルバム。  
Silence Kit ・ Elevate Me Later・Gold Soundz と琴線に触れるメロが秀逸なへろへろBANDの
傑作アルバム。
 

1 Silence Kit    2 Elevate Me Later    3 Stop Breathin'   
4 Cut Your Hair    5 Newark Wilder    6 Unfair    7 Gold Soundz   
8 5-4=Unity    9 Range Life    10 Heaven Is A Truck   
11 Hit The Plane Down    12 Fillmore Jive
  1. 2012/09/21(金) 00:54:05|
  2. オフィシャルOPQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レココレ.BOB DYLAN100

レコードコレクターズ、今月はディランのベストソングス100。
 
まあ、これからはこんな企画で行くのでしょうか?と思いつつ、こんな企画のほうが買うかも。
 
BLIND WILLIE~大好きですが、こんな上??とか、いろいろ。。
 
25人で選んだ企画、なんか楽しそうです。。。
 
読むより選ぶのが楽しそうで・・・
 

 
 
  1. 2012/09/20(木) 03:56:10|
  2. ROCK MAGAZINE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO 1990/ROLLING STONES

'90年、DVDですね。日本公演の模様が見ることが出来ます。。22年前!!
ん??この選曲??
「本盤は、関東放送版ではなく、地方放送版」???
あーーーーーーー、放送しなかった重要曲が!!
いや良いですねーー。。画質もきれい!!


Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 26th February 1990
1. Intro. 2. CM 3. Continental Drift 4. Start Me Up 5. Bitch 6. Rock And A Hard Place
7. CM 8. Mixed Emotions 9. Honky Tonk Women 10. CM 11. Happy 12. Paint It Black
13. 2000 Light Years From Home 14. Sympathy For The Devil 15. CM 16. Member Introduction
17. It's Only Rock 'n Roll 18. (I Can't Get No) Satisfaction 19. CM 20. Jumpin' Jack Flash
21. Outro 1 22. Outro 2
  1. 2012/09/19(水) 00:41:33|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LED ZEP 2007

2007年12月にロンドン、O2アリーナでの再結成LIVE、驚きの正規発売が。。。
まだ正式発表ではないとのことですが・・・
驚きです。
だすなら、なぜいまどき??5年という歳月。。。
 
録音しなおし??爆
 
どのような形で出るのか??当日の演奏は16曲。
 
プラントがよく許可したな・・・・・
 
11月21日!!
 

 
 
1. Good Times Bad Times
2. Ramble On
3. Black Dog
4. In My Time Of Dying
5. For Your Life
6. Trampled Under Foot
7. Nobody's Fault But Mine
8. No Quarter
9. Since I've Been Loving You
10. Dazed And Confused
11. Stairway To Heaven
12. The Song Remains The Same
13. Misty Mountain Hop
14. Kashmir
15. Whole Lotta Love
16. Rock And Roll
  1. 2012/09/18(火) 00:37:37|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祭りの屋台でビール、グビグビ・・・・


碑文谷八幡、お祭りに。。。。。。なつかしい・・・スマートボール。。。
 

あとは飲みながら。。。きゅうり、キンキン!!

ケバブ。。これチキンでした。。。

なんか妙にうまい、ラーメンバーガー。。

            目玉焼きが外側で、麺がカリカリ。。。中身はチャーシュー、メンマ。。
              きっちり??ラーメンの味がするんです。。うまい!!
             
  1. 2012/09/17(月) 01:25:24|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RISING IN HIROSHIMA/BLACKMORE'S RAINBOW

'76年、AUD,音質85点、まだまだある日本公演の記録。広島ですねー。音も近くヒスノイズは当然ありますが、
変化が少なく聞きやすい音です。12月16日の日本武道館・夜の部の録音者さんの音源のようです。
その、「WHEN EVENING FALLS」のCatch The RainbowやStargazerの前のキーボードソロは、異常なまでに凄いのでまあ、あそこまでの音ではありませんが、望まれていた日であるはず。。アンコールがA Light In The Blackですよねー。
ずるいよーー、あとから知った、広島公演。アンコールでの演奏と言うことで、観客の手拍子も大きくなりますが、
ご苦労様です。とてもついていけないでしょう・・・。。間奏のギターとキーボードの掛け合いがしびれますね。
そのあとのリッチーのギターソロ、ドラムも止まってのアーミング、その後のたたみかけも、最強の演奏ですが、演奏回数が少ないのはなぜだ??スリリングな9分間は価値が高いです。そして日本公演のなかでも、今までの音源の上を行く音。魅力的です。カッコイイ!Stargazer、やはり76年は魅力的です。
Kill The Kingのスピード感、Mistreatedのパワーはのっけから凄く、テンションも最高の演奏。
やはり季節柄か、White Christmasはどこでもやってるのね・・・など。。新鮮なものでもあり。
最後のOver The Rainbowとともに聴こえる、拍手「リッチー・パンパン。リッチー・パンパン・・・・」
さっきまでの熱狂は・・・76年。会場の様子も面白いです。
 


Disc 1 (59:34)
1. Intro. 2. Over The Rainbow 3. Kill The King 4. Mistreated 5. 16th Century Greensleeves
6. Catch The Rainbow 7. Band Introduction 8. Lazy 9. Man On The Silver Mountain
10. Starstruck 11. Man On The Silver Mountain (reprise)
Disc 2 (61:11)
1. MC 2. Keyboard Intro. 3. Stargazer 4. Still I'm Sad 5. Keyboard Solo 
6. Drum Solo feat. 1812 Overture 7. Still I'm Sad (reprise) 8. Guitar Intro.
9. A Light In The Black 10. Over The Rainbow
Ritchie Blackmore - Guitar Ronnie James Dio - Vocal Cozy Powell - Drums
Jimmy Bain - Bass Tony Carey - Keyboards
  1. 2012/09/16(日) 09:51:11|
  2. RAINBOW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHICAGO 1981/ROLLING STONES

'81年、SBD、音質95点、最強の81でしょうか?オフィシャルBOOTのハンプトンとはまた別の、リアルな感じで、微妙にですが、ギターが聞こえすぎ?な感じではじまりますが、出だしだけ。歓声が大きく入り、臨場感、広がりもなかなかの音です。完全版での収録は最強。
「Des Plaines 1981」などのCDですでにSBDがあるこの日ですが、この音源はまた別、モノラルSBDとはまるで違うステレオSBDの超優良音源です。
ギターがリアルなので、あらもわかりますが、この日はなかなかの好調ぶり、Under My Thumbではキースがイントロをちゃんと弾けてます(爆)。普段、かなりトチるので。。81年SBDの特徴であるUnder My ~でややギターだけ、でかいのは少しありますが、それ以降は抜群の音質です。
When The Whip Comes Downのビルのベース、このウネリはもう懐かしいですね。しかし、いいグルーブ出してます。
Let's Spend The Night Togetherのミックも元気で最高。奇跡的にTime Is On My Sideまでは絶好調ですね。ロンのオブリもなかなか決まっていて、81のよいところがたくさん聴こえます。
しかし、Beast Of Burdenでミックが2番目を・・・入り違え・・・何かややクチャクチャ。でも、あわせてきれいに終わります。
Waiting On A Friendはアーニー・ワッツのサックスがさえてますね。そのサックスのあと、
ここでもミックだけややおかしいですが、何とか納めてます。
こうなると Let It Bleedは、なかなか鬼門?ですが、この日はきれいに、まとまってます。この人たち、なにがどうなるのかはまるで予想がつきません。
Honky Tonkのピアノの活躍もいいですね。最高にROCK'N ROLLしていた81年の演奏。
公式リリースされた、ミック、キース、ロニーが飛び入りしたマディ・ウォーターズのLIVEの翌公演となるこの日、演奏もなかなか好調で、全ての公演でSBDがあるのではないか?という81ですが、この音質は魅力。。
81年の代表音源に!
 


 


Rosemont Horizon, Chicago, IL – November 23rd, 1981

Disc 1 (75:44)
 1. Take The A Train 2. Under My Thumb 3. When The Whip Comes Down
 4. Let's Spend The Night Together 5. Shattered 6. Neighbours 7. Black Limousine
 8. Just My Imagination 9. Twenty Flight Rock 10. Going To A Go-Go 11. Let Me Go
 12. Time Is On My Side 13. Beast Of Burden 14. Waiting On A Friend 15. Let It Bleed
 16. You Can't Always Get What You Want
 Disc 2 (54:26)
 1. Band Introductions 2. Little T & A 3. Tumbling Dice 4. She's So Cold 5. Hang Fire
 6. Miss You 7. Honky Tonk Women 8. Brown Sugar 9. Start Me Up 10. Jumping Jack Flash
 11. Satisfaction 12. The Star Spangled Banner
  1. 2012/09/15(土) 10:46:29|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pablo Honey /Radiohead

レディオヘッド、1ST、ひさしぶりに聞いてます。90年代に金字塔をぶちたてた、最強BAND?
このあと、2ND,3RDと間違いなく、歴史に残る強烈なアルバムを残しますが。ここは原点。
そして、超名曲にして90年代の代表曲、Creep が!!
「あいまー・クリープ、あいまー・うぃどー」という強烈なフレーズは、なにか、90年代を象徴してる
ような気もするし、グランジとともに、かっこいいROCKがへこんだ80年代の反発のように
飛び出したのかな?
その後、しばらくはCreepが「求められすぎて」を嫌ってか、 Liveでは、演奏されなかったりしてね。
ほかにも、1,3,4,9・・・・・重要曲も。。
そういえば、ウイドーという曲がかっこよかった、シャーラタンズ・・・90年代はヤサグレてた??
 

 
1 You    2 Creep    3 How Do You?    4 Stop Whispering   
5 Thinking About You    6 Anyone Can Play Guitar   
7 Ripcord    8 Vegetable    9 Prove Yourself   
10 I Can't    11 Lurgee    12 Blow Out
  1. 2012/09/14(金) 00:22:47|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tempest /Bob Dylan

ディラン、NEWアルバムが発売ですねー。。国内盤が出るまで我慢ですが。。
何か輸入盤は、通常盤とデラックス盤が。。。
スリップケースに、通常盤+豪華60ページブックレット収録(過去に飾った雑誌表紙ほか) ??
気になる・・
まだまだコンスタントに出し続ける。すごいものです。
BEST盤ばかり出してる人たちとは違います。。(笑)
今回はどうか??評判はかなり良い?

  1. 2012/09/13(木) 01:50:40|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Croakin at Toad's /Frogwings

ALLLMAN BRO.のメンバーにジミー・ヘリング、そして、ブルース・トラベラーVo、ハープの、ジョンが入ったみたいなユニット。
フロッグウイングスのアルバム。ALLMANからは、デレクとブッチの叔父さんと甥コンビ。それにベースのオーティル。などで結成されたバンド。この時期ちょうど、デッキーの離脱などで、ALLMANでも、凄腕変態?ギタリストのジミーが参加してました。
デレクとのコンビもその時も最高で、普段難解なJAZZのようななんだかわからない曲も多い、ジミーも大活躍、凄すぎて変態的なアルバムも多いですが、ここではわかりやすい!!
ALLMAN参加の頃、ユニットを結成。
このアルバムはかなり良い出来で。キッキン バッハはジミーとオーティルなどの共作。これは、エリザベスリードのような、マイナー調のインストですが、2人ギターの絡みがものすごく。デレクのスライド、それ以上に弾きまくる、ジミーのギターがすごいし曲もかっこいいです。また、ジョンがブルース トラベラー(あのブルースブラザーズ2でのおデブさん)が、ボーカルをとり高速ハープを吹いたり、楽しく、そして、ギターの凄い絡みが聴けるアルバムです。
Kick N Bach !!しびれますーー!!アルバムの内容もかなり良い、もうやらないのかなーー??
 
追記、このCD、LIVEばんです。タイトル通りトードでのLIVE。

 
 


1. Kick N Bach 
2. Hurdy Gurdy Fandango 
3. Pattern 
4. Eddie's Got A Boyfriend 
5. Just One 
6. Ganja 
7. Deviant Dreams 
8. Among Your Pillows 
  1. 2012/09/12(水) 02:25:47|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休みの日の・・・・・

休みだーーー。。と、喜んで出かけるコンビに。
 
仕事中に飯を買いに行くのとは、まるで違い・・・・・
 
お?小さい袋しか見かけなかったやつが、6パック入り。。
 
これなら家族に見つかっても・・・・
 
ん??ガリガリ君。コーンポタージュ・・・・・
 
不気味だが、なんだろうと思い購入
 
自分で食べる勇気はなく・・・
 
食いつく子供に・・・
 
味見だけ。。。
 
回りはスープに砂糖を入れた氷??
 
中身は、冷凍コーンが入っているただの冷凍コーンポタージュ??
 
調べると、バカ売れで、販売停止だとか。。 
 

 
 この会社

の開発力は、日本を救う???
 
  1. 2012/09/11(火) 00:36:22|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GRRR! Rolling Stones Greatest Hits

STONESのBEST盤、50周年でアルバムを!!と思っていたら、新曲が2曲ですか・・・ややさびしい。。
「2002年の40周年時に限定リリースされたフォーティー・リックス以来。」
この間リックスでBEST、今回もBESTに・・・・・なんだか、困った企画です。。
デラックス盤はベスト盤 4SHM-CDに80曲収録+ボーナスSHM-CDの5枚組 ??
ボーナスとは??
新曲のタイトルは意味深でなければいいですが・・・

  1. 2012/09/10(月) 01:23:47|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WILD EYED BOYS(VOL.2)/THIN LIZZY

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012/09/09(日) 00:22:20|
  2. THIN LIZZY

WILD EYED BOYS(VOL.1)/THIN LIZZY

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2012/09/08(土) 02:25:33|
  2. THIN LIZZY

Low Country Blues /Gregg Allman


グレックオールマンのソロアルバム。前回のソロのときは来日もあり、毎日見に行ったりと・・・大変な騒ぎでしたが。
今回はブルースのカバーと言うこともあり、かなり地味な印象、しかし、この声でブルースが並んでいると、やはり、すごいものが。1曲目からSleepy Johnの渋い始まり。。全体的にオリジナルとは違うアレンジ。
Doyleのギターと、Dr.Johnのピアノ、グレッグのオルガンももちろん。カッコイイ音ではあります。
ドイル2世・・・最近は、シェリル・クロウに引き抜かれたと思ったらこんなところにも。。人気者です。
まあ、そんなに目立つフレーズが弾ける人でもないけど、地味にいい仕事。。
音はわりと地味で、泥臭いものでT-Bone Burnettのプロデュースが引っ張っているのか?
6はウォーレン・ヘインズとの共作。いつものソウルフルなオリジナルがないのは残念だけど。
マディーの曲もなんかうれしいアルバム。。
この人にブルースのカバーアルバムは必要だった。。。。
 
 

1 Floating Bridge    2 Little By Little    3 Devil Got My Woman   
4 I Can't Be Satisfied    5 Blind Man    6 Just Another Rider   
7 Please Accept My Love  8 I Believe I'll Go Back Home   
9 Tears, Tears, Tears  (04:54)    10 My Love is Your Love   
11 Checking On My Baby    12 Rolling Stone
  1. 2012/09/07(金) 10:37:24|
  2. ALLMAN SOLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PAVE BOULDER 81 (LP)/ROLLING STONES



'81年のオーディエンス録音の優良盤。
 
30年前はBOOT LPはこんなものが多く、白い厚紙に、汚ねーコピー??見たいな印刷。
 
懐かしい人のは懐かしいアナログBOOTらしい、BOOT。。
 
紙を貼り付けもしていない・・・
 
OCT,3 ’81
 
コロラド、PAVE BOULDERでのでのLIVE.
 
TOPSが!!!
 
これが演奏されていることで、有名なこの公演。
 
TOPS,演奏いいんだけどねーー。。
 
懐かしー、BOOTです。。
  1. 2012/09/06(木) 14:00:21|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nomads, Indians, Saints/Indigo Girls

まだまだあつーい日が続きます。音楽は涼しいものを。。
1992年・・・もう。20年??インディゴガールズの名盤、2人ともアコギがバリバリうまく、コーラスのきれいさは最高!!
2NDアルバムですね、これは、カレッジチャートなどで人気が出て、アメリカではミリオンセラーになる人たちですが、
日本ではそれほど?
Hammer and a Nailのさわやかな音は、夏に涼しいです。 Watershedもね。
Welcome Meのアコースチックの透明感、きれいな音です。
1.2.3.5.7.9とLIVEでもやる名曲たちが、たくさん。よいアルバムです。
 
 
1 Hammer and a Nail  (03:50)    2 Welcome Me  (04:36)    3 World Falls  (03:44)   
4 Southland in the Springtime  (04:19)    5 1 2 3  (04:12)   

6 Keeper of My Heart  (04:22)    7 Watershed  (05:44)    8 Hand Me Downs  (03:41)   
9 You and Me of the 10,000 Wars  (04:10)    10 Pushing the Needle Too Far  (04:12)   
11 Girl With the Weight of the World in Her Hands  (04:21)
  
  1. 2012/09/05(水) 13:17:54|
  2. オフィシャルHI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの頃ペニー・レインと


ROCKバンドをおいかける、グルーピー(映画の中ではそれとは違うと・・)の女の子と、15のガキのロック・ジャーナリスト??がROCK BANDとその世界に巻き込まれる?青春ロードムービー??なんだそれ??

ケイト・ハドソンがかわいいのと、たいして何も残らない??スッキリした感じがよい映画。。70年代のROCKの世界??
キャメロン・クロウの傑作ですね。挿入歌がこれでもかと、レッド・ツェッペリン、ニール・ヤング・サイモン アンド ガーファンクル、エルトン・ジョン、、さあ、何曲わかるか??これでもかと、入る挿入歌。これも面白い。。

「あの頃ペニーレインと」という邦題もなんかいいねー。。

  1. 2012/09/04(火) 02:12:28|
  2. 映画・ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cocksucker Blues(12inch EP)/ROLLING STONES



昨日はCDシングル、そして、こちらはピクチャー12インチ(懐かしい響き)
シングル。

ま、歌詞を描いたピクチャー、なかなか、笑えます。

  1. 2012/09/03(月) 00:02:31|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cocksucker Blues/ROLLING STONES



Cocksucker Blues,STONESの有名アウトテイク曲ですね。。とんでもない卑猥な歌詞のこの曲。。
71年、ストーンズがデッカ・レコードとの契約が切れる時の、最後のシングル用楽曲として提供されたとか。。
なにか、劇団のために提供という話も目にしましたが・・・目玉バンドを放したくない、レーベル側と
自分たちのレーベルを立ち上げたSTONESとの間で、関係が悪く、その腹いせに?(爆)最後の抵抗として
作られたのでしょうか??
ドイツ・デッカが1983年初期のBEST BOX,「the rest of the best」に「Cocksucker Blues / Brown Suger」の7インチシングル、クリアーなEP??だったかな。。を、入れて発売してしまい、
一部では大きな話題にもなりました。。
タイトルは、STONESの72年のとんでもない映像を記録した映画??ヤク、ストーンズのクルーたちに乱痴気騒ぎ、飛行機の中で裸の女を・・・は、リワインドに収録され、BOOTでも定番映像。。
ミックテーラーは「あんなの完全に、作られたもので・・・」と、否定してましたが、
貴重な72年のLIVE映像も見れる問うことで、BOOT映像は有名に、そこからLIVEシーンは抜き取られ発表されたりと・・・
CDの曲自体は、少年が街を歩き回り、どこへいけばCocksuckerを・・・という、物悲しいメロにのせて叫ぶような曲。
いろいろな形で、BOOTに。。このBOOTもかなりおばかなもので・・CDを何かで??で切てしまってます(爆)。。。
ちゃんとかかりますが、まあ、むちゃくちゃです。。。
音質は、まあ、4テイクどれも同じような感じで、古ーいレコードのような・・・4番目が1番リハっぽいもの。。
おばかな変形CD。


1、Cocksucker Blues
2、Cocksucker Blues
3、Cocksucker Blues
4、Cocksucker Blues

  1. 2012/09/02(日) 02:03:20|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE IN MARQUEE 1971/ROLLING STONES


71年、映像です。有名なマーキークラブでのTVショウ。画質は赤色などが強くにじみますが、71年の最高のLIVEがこれだけのの画質で残されていて、音もかなり聴けるもの。ミック・テイラー期の最高の瞬間が。
TVショウであるため、本当にLive With Meで始まったかどうだか・・・リハ付のBOOT CDもありますが、
そこで確認できるようになったのは、やはりこのTVショウでの特別演奏、I Got The Blues、何回もやり直しがあるのは演奏が初めて??、できるまでやりました・・・・なのではありかすが、さすが71年、すばらしい演奏!!
ミック・テイラーの物凄いビブラートと、ミックの魂の歌が聴けます。わりと地味なこの曲、この映像で
しびれた人が多いはず。。
Live With Meは・・・なにかTVのために、見かけで使っている重ーい、透明ギター。ダンエレクロ?だっけ?音はなんだか、使い慣れないせいか、とてもショボイ音。。でも、71年の演奏は神ががってます。かっこいい!
そして、みんな大好き?Dead Flowers!!ミックとキースがマイク1本で寄り添い歌う姿!しびれまくります!そして終わりなく弾き続けられる、テイラーのギター。この2人の歌に覆いかぶさる?芸術的ギターソロが炸裂します。うーーーん、たまりません。
このLIVE,デラニーさんから引き抜いた?ホーンが活躍しすぎて、やや煩いとの意見もありますが・・・・
ここから、ボビー。あとからの回想で、「自分もメンバーになった気で・・・」と、この後、暴れまくります。
Let It Rockの乗りも最高で、Midnight Ramblerも最高のカッコよさ。ミックの最高にかっこいいLIVEです。
ただこの2曲、画面をぱちぱち切り替えて、時代が時代だけに、幼稚な編集はだめな感じですが、演奏は最高。
Satisfactionはアレンジを変えた、ギターで、これもかっこいいのです。
すべてが最高の71年の映像、焼きつくほど見ましたが、何回見ても最高です!!!

Live in Marquee Club

03-26 1971, Marquee Club, London, England



01 Live With Me
02 Dead Flowers
03 I Got The Blues
04 Let It Rock
05 Midnight Rambler
06 Satisfaction
07 Bitch
08 Brown Sugar

  1. 2012/09/01(土) 00:58:37|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (22)
ERIC CLAPTON 75~79 (43)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (29)
ROLLING STONES72-73 (63)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (36)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (23)
ROLLING STONES SOLO (28)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (40)
D~F (29)
G~J (26)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (16)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (31)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (34)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (134)
お出かけ (76)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (15)
ROCK MAGAZINE (11)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (3)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR