SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

SANTIAGO 1995/THE ROLLING STONES

SANTI95.jpg

'95年、SBD、音質94点、モノラルのスーパークリア サウンドです。

TV放送音源なのか?95年のわりには、モノラルですが、ここまで音がよいとは。。
この音源、ビニギャンの「Southern Quotations From Chile」の音源の日であり、曲が始まるとイントロあたりで、低い声のアナウンス・・・放送局名なのか、何種類かあるのか?2・3秒のアナウンスが入り、モヤーッとした音で、あまり聴くものではありませんでした。
まあ、その変な声は変わりなく入りますが、全曲で入るのではないので。。まあ。
また、Jumping Jack Flashが今回追加され、SatisfactionのFOもない、Out Of TearsとMiss Youの
フェイド・インもなく、Street Fighting Manも完全盤。劇的に進化した95年の音に。
演奏もかなりよい感じ、VOODOO LOUNGEからの曲も多いし、Satisfactionのキースのギターの音なども
カッコイイのです。Sparks Will Fly。。いいね。かるくて。。
しかし、Rock and a Hard Placeって、選曲も好きだねー。。89-90でもうたくさん(笑)な、程度の曲かと思いましたが。。
Slipping AwayやMonkey Manもこのクリアーな音で聴くと、凄くいいですわ。。今後、演奏されないであろう曲もたくさんあり、95年を楽しめます。
モノラルの音も意外と迫力があり、(クリアーな音の賜物か?)楽しめます。

Live at Velodromo del Estadio Nacional,
Santiago, Chile 19th February 1995

Disc 1 (55:35)
1. Introduction 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking
5. It's All Over Now 6. Rocks Off 7. Sparks Will Fly 8. Satisfaction
9. Out Of Tears 10. Angie 11. Rock And A Hard Place
12. Love Is Strong 13. I Go Wild 

Disc 2 (65:37)
1. Miss You 2. Band Introduction 3. Honky Tonk Women
4. Before They Make Me Run 5. Slipping Away 6. Interlude
7. Sympathy For The Devil 8. Monkey Man 9. Street Fighting Man
10. Start Me Up 11. It's Only Rock 'n Roll
12. Brown Sugar 13. Jumping Jack Flash
スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 00:52:52|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHARLIE'S NIGHT OUT/TIM RIES ROLLING STONES PROJECT

RS-PROJECT.jpg


'13年、音質90点、小さな会場のようで、あったかい音?で録音されてます。
ストーンズのサポート・メンバーであるティム・リースのユニット。。
そんなものの存在さえ知りませんでしたが、まあ、ジャジーな演奏が繰り広げられますが、ダリルいるは、チャーリーは飛び入りするは、チャックレベルは入るし・・しかもボーカルまで。。
Miss YouはTAKE 5のようなリズム。 Paint It Blackってものすごいですね。
No Expectationsはきれいで、よいですねー。ボーカルが入るので、ROCKな人でも
楽しめますかね。
Honky Tonk Women で、チャーリー登場、盛り上がってます。ROCKなビートを叩く、いつものチャリートは違います。ベースラインがカッコイイ。
Ruby Tuesdayはそのまま?Bernard Fowlerもいいですね。こんな感じのボーカルか。。
まあ、そのままですが。。(笑)
Statesboro Bluesはレベルがピアノで盛り上げますが、ボーカルまで。。Tumbling Diceもですね。歌い方が崩せるのが幸いしてるのか??まあ、いい感じです。
この人たち、集まってこんなことをしてたんですね。。
しかし、このライヴ。ハイド・パーク二回のショウの合間、7月8日に・・。
元気ねー。。



Live at Lyric Theatre, Shaftsbury Avenue, London, UK 8th July 2013

Disc 1(52:34)
1. Introduction2. Miss You (Vocal : Bernard Fowler)
3. Wild Horses (Vocal : Bernard Fowler)
4. Band Introduction 5. Paint It Black (Vocal : Selina Sillanpaa)
6. No Expectations (Vocal : Selina Sillanpaa) 7. Satisfaction
(Vocal : Bernard Fowler)

Disc 2(42:24)
1. Honky Tonk Women (Vocal : Bernard Fowler, Drums : Charlie Watts)
2. Ruby Tuesday (Vocal : Bernard Fowler, Drums : Charlie Watts)
3. Statesboro Blues (Vocal : Chuck Leavell) 4. Losing Hand (Vocal : Chuck Leavell)
5. Brown Sugar (Vocal and Violin : Selina Sillanpaa) 6. Closing Thanks from Tim Ries
7. Tumbling Dice (Vocal : Chuck Leavell)

Tim Ries - Sax, Clarinet, Keyboards Darryl Jones - Bass
Chuck Leavell - Vocals and Keybaords (Disc 2 only) Charlie Watts - Drums (Disc 2 tracks 1, 2 only)
Bernard Fowler - Vocals Selina Sillanpaa - Vocals and Violin Chris Montague - Lead Guitar
James - Drums
  1. 2013/08/30(金) 01:01:32|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live at the Academy of Music 1971

81t3SShHp7L__AA1500_.jpg

bandの名演、agesが何年か前に、曲が大幅に増えましたが。。
今回はニュー・イヤー・イヴ・コンサートノーカット、無編集・・・凄いですね。
なら、全部、ノーカットで出せばいいのに。。多いか??

デラックス盤も(disc1&2)も、29曲??増えてるな・・・なんだ??
果たして凄い演奏なのか?へましてるのか?悪いわきゃないですね。。

デラックス盤収録内容
DISC 1&2:4回のコンサートのベスト・トラックを収録! (29曲)
DISC 3&4:ニュー・イヤー・イヴ・コンサート の全貌をそのままノーカット、無編集でマスターレコーディングから史上初完全収録! (27曲)
DVD :DISC 1&2の中から25曲を 5.1サラウンド・サウンドで再現。+キング・ハーヴェスト、WSウォルコット・メディシン・ショウのライヴ映像。
  1. 2013/08/29(木) 10:59:36|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HYDE PARK 2013 FIRST DAY/THE ROLLING STONES

130730205119.jpg

'13年、AUD,音質評価困難??オーデイエンスに囲まれて・・

もうひとつの、ハイドパーク初日の名テーパーによるもの。
しかし、流石の名テーパーもこの日の録音は・・・・客の波に埋もれてしまったという感じ。ハイドパークで自分が録音したら確実にこうなるのか??いや、もっとひどいんでしょうね。。
観客の拍手、手拍子、会話、叫び・・・
Tumbling Diceなどは、音が埋もれています。Beast Of Burdenあたりから落ち着いてくるのか、やや、音がクリアーに。観客の大合唱も高らかに。Paint It Blackのイントロで高まる歓声、合唱も曲が古いから歌詞があいまいか??(爆)何か歌えていません。
Honky Tonk Womenの合唱は一段と高らか。You Got The Silverになると、合唱もやや自信なさげに。。
それでもついてゆくツワモノも。。Gimme Shelterも、きっちり歌うオヤジ?がいたりなんかして。。
You Can't Always Get~では、会場が1つに?「チェリーレッド」を歌い、喜ぶおやじの声。
Satisfactionで最大の合唱。やっぱりこういう会場では、Satisfaction??
歴史的公演のハイドパーク完全盤ドキュメントですね。。


Live at Hyde Park, London, UK 6th July 2013

Disc 1(59:08)
1. Introduction 2. Start Me Up 3.It's Only Rock'n Roll 4. Tumbling Dice
5. All Down The Line 6. Beast Of Burden 7. Doom And Gloom
8. Bitch (with Gary Clark Jr.) 9. Paint It Black
10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions 
12. You Got The Silver 13. Before They Make Me Run

Disc 2(65:52)
1. Miss You 2. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 3. Gimme Shelter
4. Jumping Jack Flash 5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar
7. You Can't Always Get What You Want
(with The Voce Choir and members of the London Youth Choir)
8. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2013/08/28(水) 11:27:33|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GLASTONBURY 2013(DVD)/THE ROLLING STONE

130730205143.jpg

映像です。グラストンベリーの映像が、なんとDVDではいまどき目面しい、プレスもので。こちらも、13の定番アイテムとして。。
目面しいフェス出演、なぜか旗だらけの会場で元気なストーンズ。完全盤プロショット映像なので、価値は大きいですね。
STONES側が押している??気がするハイドパークなどは映像どうなんでしょう??オフィシャルでの発売があるのかわかりませんが、こちらも歴史的なフェスでの映像。世界最大級のフェスにSTONESが出た珍しい出来事。
元気なメンバー、Miss You でT字型のステージ前にたつキースとロン、ご機嫌なキース。
キース終始ご機嫌で、ギターも弾かず変なポーズをしたり、2000 Light Years~でも、イントロもロンが弾きキースはなんだか。
そういえば、Sympathy For~も途中2人はぜんぜんギターを弾かなくなりました。。
なにやってんだか・・・それを確認したりして。。Satisfactionでは、なぜかテイラーは
アコギでバッキング。そんなために呼ぶなら、Gimme ShelterかYou Can't Always~あたりで・・・・アホか。。

映像もかなりよく、圧縮も避けるため2DVDにになっており、MIXも観客が歌う声なども入っており臨場感も最高です。




Live at Glastonbury Festival, Worthy Farm, Pilton, UK 29th June 2013

Disc 1(65:46)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. It's Only Rock 'n Roll 4. Paint It Black
5. Gimme Shelter 6. Glastonbury Girl (Factory Girl) 7. Wild Horses
8. Doom And Gloom
9. Can't You Hear Me Knocking 10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions
12. You Got The Silver 13. Happy

Disc 2(70:31)
1. Miss You 2. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 3. 2000 Light Years From Home
4. Sympathy For The Devil 5. Start Me Up 6. Tumbling Dice 7. Brown Sugar
8. You Can't Always Get What You Want
(with Voce Choir and members of the London Youth Choir)
9. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2013/08/27(火) 20:54:56|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GLASTONBURY 2013/THE ROLLING STONES

130724031614.jpg


'13年、SBD、音質96点。前半数曲生中継のミックスのせいか、完璧までとは行きませんがそれ以降は完璧といえる高音質です。Paint It Blackなどは、ギターの音がややショボイ感じですが、STONESの歴史に残る、グラストンベリーの出演、そのSBD音源が残されるということで、13年の代表音源ですね。演奏の調子もよく、Gimme Shelterの音の混ざり具合??は鳥肌が。。
Factory Girlの替え歌?Glastonbury Girlも歴史の1つになるだろうし、Wild Horsesも名演です。
Can't You Hear Me~が完璧な音で残されるのもうれしいところ。エモレスもあればさらに
よかったですが・・・。
2000 Light Years From Homeもイヤモニの不調?で、へんてこなボーカルですが、それ以外は完成された演奏。歴史的音源の1つになるでしょうね!!



Live at Glastonbury Festival, Worthy Farm, Pilton, UK 29th June 2013

Disc 1 (65:50)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. It's Only Rock 'n Roll 4. Paint It Black
5. Gimme Shelter 6. Glastonbury Girl (Factory Girl) 7. Wild Horses
8. Doom And Gloom 9. Can't You Hear Me Knocking 10. Honky Tonk Women
11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Happy

Disc 2 (70:35)

1. Miss You 2. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 3. 2000 Light Years From Home
4. Sympathy For The Devil 5. Start Me Up 6. Tumbling Dice 7. Brown Sugar
8. You Can't Always Get What You Want
(with Voce Choir and members of the London Youth Choir)
9. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2013/08/26(月) 23:32:48|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

POUR SOME BROWN SUGAR/THE ROLLING STONES

PSB.jpg
'06年、AUD,音質90点。音がやたらオンで、なにか大会場という雰囲気はありますが、ダイレクト感が凄い音です。この日は、すでに懐かしいStreets Of Love を。ミックらしいこの曲。曲がたくさんある故、もう出てこない曲か?いい感じです。Let's Spend~の出来もよいです。
キースはSlipping Away!!カッコイイねー。ジーンときます。今回のツアーもやって欲しかったですね。
しかし、キースがJJFのイントロはなんだかアブナイ・・・。そして、Start Me Upの前にBrown Sugarのイントロを弾いたり。。前半からやらかしてます。(爆)ABBツアーはキースが何かへんです。
しかし、この当時、キースは、ミックの喉がね・・・と、曲数の心配をしていましたが、やや短めか。。
今年のあの元気さはなんなんだ・・・。。この年のSatisfactionは攻撃的です。チャリーもいいね。
なかなかの雨の日だったSheffield。演奏は熱いです。

Live at Don Valley Stadium, Sheffield, UK 27th August 2006



Disc 1(60:13)
1. Opening 2. Jumping Jack Flash 3. Start Me Up 4. She's So Cold
5. Let's Spend The Night Together 6. Sway 7. Streets Of Love 8. Bitch
9. It's Only Rock 'n Roll 10. Tumbling Dice 11. Band Introductions
12. Slipping Away 13. Before They Make Me Run

Disc 2(50:53)
1. Miss You 2. Rough Justice 3. Get Off Of My Cloud 4. Honky Tonk Women
5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar 7. You Can't Always Get What You Want
8. Satisfaction

Mick Jagger - Vocal, Guitar, Harmonica
Keith Richards - Guitar, Vocal Ronnie Wood - Guitar
Charlie Watts - Drums

Darryl Jones - Bass, Backing Vocal Bobby Keys - Tenor Saxophone
Chuck Leavell - Keyboards, Backing Vocal Lisa Fischer - Backing Vocal, Percussion
Bernard Fowler - Backing Vocal, Percussion Blondie Chaplin - Backing Vocal,
Guitar, Percussion
Tim Ries - Saxophone, Keyboards Michael Davis - Trombone Kent Smith - Trumpet
  1. 2013/08/25(日) 00:50:03|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bridges To Oregon/The Rolling Stones

OREGON98.jpg

'98年、AUD,音質80点、やや遠く立体感のない音ですが、まあ、普通の音、いま時では褒められたものでもないですね。。ボーカルはよく聴こえますが、ギターがやや弱いのが・・・
やたら元気な選曲という印象。オーディエンスノイズは大きくないので、Sister Morphine
などは良い雰囲気で聴こえます。
こうして聴くと、大会場の雰囲気には、You Don'tHave To Mean Itのゆるい感じがあってます。
バビロンの効果音はカットされてるようです。
まあ、98年の音としては普通の音源。よって、ギターの細かいところなどはいまいち目立たない
音。。



Rose Garden, Portland, Oregon, January 31, 1998

DISC 1
Satisfaction/Let's Spend The Night Together/Flip The Switch/
Gimme Shelter/It's Only Rock'nRoll/Sister Morphine/
Bitch/Saint Of Me/Out Of Control/Miss You/

DISC2
Band introductions/You Don'tHave To Mean It/Wanna Hold You/Little Queenie/
The Last Time/Like A Rolling Stone/SympathyFor The Devil/Tumbling Dice/
Honky Tonk Women/Start Me Up/Jumpin' Jack Flash/Brown Sugar

VGP-171
  1. 2013/08/24(土) 09:40:42|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANYBODY SEEN MY STONE IN CHARLOTTE - Charlotte '97/The Rolling Stones

CHARLOTE97.jpg


ちと、懐かしい97。

'97年、AUD,音質90点、わりと近めからの録音で、少しのエコーが臨場感。オーディエンスノイズもそれほど。Sister Morphineを一緒に歌ってる客がいるのがすごい??歌いたい曲かも疑問。。。・・
この日はUnder My Thumbも。81で散々聞いた印象とはまるで違い、キースがあまり弾けない?(爆)イントロはマリンバのオリジナルの音に戻ってるのが、印象の大きな違い。。
All About Youはいいですねー。渋いバラードのあとに、Wanna Hold You。。2つの対比が面白い。
センターステージは、微妙に解像度が悪いか??Crazy Mama のイントロのロンのギター、これでいいのか??これもレア曲ですよね。。
大きなお笑い??もなく、音もよく、97年では優良音源。



Ericsson Stadium, Charlotte, North Carolina, October 10, 1997

DISC 1
1. Satisfaction
2. It's Only Rock'n Roll
3. Flip The Switch
4. Let's Spend The Night Together
5. Gimme Shelter
6. Sister Morphine
7. Anybody Seen My Baby
8. 19th Nervous Breakdown
9. Out Of Control
10.Under My Thumb
11. Miss You


DISC 2
1. Intoro
2. All About You
3. Wanna Hold You
4. Little Queenie (center stage)
5. Crazy Mama (center stage)
6. You Got Me Rocking (center stage)
7. Sympathy For The Devil
8. Tumbling Dice
9. Honky Tonk Women
10. Start Me Up
11. Jumping Jack Flash
12. Brown Sugar



VGP154
  1. 2013/08/23(金) 11:46:35|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Rolling Stones / Hyde Park Live

Hyde-Park.jpg

I TunesでのHYDE PARK。さすがオフィシャル配信、当たり前に?きっちりとした編集は、「ハイドパークに戻りました」感??MCはけっこうそのまま入ってますね。、ギターとドラムが目立つのは今年の音の特徴。しかし、チャーリーのバスドラのキックがやけに目立つのもなにか意図が??
6日と13日の両日からの演奏・・・というより、最初からこけたStart Me Upが頭。完全に置き換えなので、&スタジオという感じ。まああれは出せませんわね。。
勢いを感じる演奏、Emotional Rescueのミックのボーカルの安定は、凄いなーと。
Ruby Tuesdayもうれしい収録。Doom And Gloomはのりが良く、最高の出来に聞こえます。

演奏的にはまあ、最良に聴こえるLIVE,4週間限定配信でもう終わってるようですが、まだ配信中に?

Emotional Rescue、いいですねー。とりあえずオフィシャル化、よかった!
この限定はなにを表してる??オフィシャルCDで出すのか?なんだか・・・
AUDの臨場感は味わえないが、出だしのイントロはこちらで聴きたいです。(爆)


London’s Hyde Park on 6th and 13th July.

1.Start Me Up
2.It’s Only Rock ‘N’ Roll
3.Tumbling Dice
4.Emotional Rescue
5.Street Fighting Man
6.Ruby Tuesday
7.Doom And Gloom
8.Paint It Black
9.Honky Tonk Women
10.You Got The Silver
11.Before They Make Me Run
12.Miss You
13.Midnight Rambler
14.Gimme Shelter
15.Jumpin’ Jack Flash
16.Sympathy For The Devil
17.Brown Sugar
18.You Can’t Always Get What You Want
19.(I Can’t Get No) Satisfaction
  1. 2013/08/22(木) 08:07:12|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSG 2006 2ND NIGHT/THE ROLLING STONES

MSG2006.jpg

'06の映像。右側スタンドからのオーディエンスショット。遠さでの微妙なブレはありますが、なかなか良好な画質。
MSGスタンドからというと、音の回りがきつそうですが、音は別音源をパッチしているようで、ボーカル、中音域が目立つ感じですが、
かなりの高音質。作業しながら流していると、最高のBGM??
なにか今年のツアーと曲がだいぶかぶりますが、Oh No Not You Againはすでに懐かしさが。。
Sway はロニーががんばってます。なかなかのソロ。そして、 As Tears Go Byのスローな演奏は、多少驚き。
なにかしっとり、良い感じです。Rain Fall Downはオートワウ?みたいなベースソロが少しだけはいりますが、ここはもう少しフィューチャーしてもね。。という感じ。今年のミス ユーは、ソロのカッコ良さが目立ってよいですが。。
そして、渋い低音の魅力?爆。。This Place Is Emptyはちっこい渋いアコギの音が渋い!カッコイイーー。大好きです!!
Miss You からのせりだしステージになっても、音も安定していて、そこもよいですね。
You Can't Always~での、客席の合唱の臨場感もいいですね。後半のコーラス部分で、近くの客がでかい声でやたら音痴なのが・・・。。。
ことしのAUDショットなどは、ほんとにすごいものもありますが、ことらもが画像はやや甘いですが、音の良さで
良い出来!!


Live at Madison Square Garden, New York City, NY. USA 20th January 2006 AMAZING-SHOT


1. Intro 2. Jumping Jack Flash 3. It's Only Rock'n Roll
4. Let's Spend The Night Together 5. Oh No Not You Again 6. Sway
7. As Tears Go By 8. Rain Fall Down 9. Ain't Too Proud To Beg
10. Gimme Shelter 11. Tumbling Dice 12. Band Introductions 13. This Place Is Empty
14. Happy 15. Miss You 16. Start Me Up 17. Get Off Of My Cloud 18. Honky Tonk Women
19. Sympathy For The Devil 20. Paint It Black 21. Brown Sugar
22. You Can't Always Get What You Want 23. Satisfaction

COLOUR NTSC Approx.118min.
  1. 2013/08/21(水) 20:56:29|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JJ CALE

JJ CLAPTON

JJケール、亡くなったったんですね。合掌。。

つい最近まで元気で、、、ECとのカバーアルバムも実現してほしかったですが。。

今日はLPでJJを。。
  1. 2013/08/20(火) 22:42:12|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STONES IN THE DOME(Vol.3)/THE ROLLING STONES

DOME2.jpg

'07年の8月21.23.26のロンドン、O2アリーナを収録した6枚組みより、26日の
DISC5.6を。

'07年、AUD、音質90点、この日も高音質です。21.23に比べ若干距離がある感じですが、十分な高音質。
残響感もさほどなく、バランスもよいです。Bステで、やや距離感を感じます。
「ビガー・バン」ツアー全体の最終公演でもある26日。演奏に気合を感じます。
Ain't Too Proud To Begののりはさすが。She Was Hot のイントロこうだっけ??なんて思いますが、
のりは最高。She Was Hot も最高。 You Can't Always~、 Can't You Hear Me Knocking なんて、
07の中でもハイライトと呼べる演奏。Can't You Hear~なんて、ファンキーなのり?底力です。
キースのリズムだけでもゾクゾク。。ロンのギターもエコーもちょうどよく、奇跡の名演??
07は毎日曲が代わる演奏の中、がんばってます。Wanna Hold Youはこの3日間、イントロの雑
(笑)さが目立ちますが、ボーカルの元気さで〇。
Honky Tonk Womenはキースがへんなリズムで・・・??なぜ??
全体的にのりのよい、気持ちよいLIVE。凄い音源ですね。。


Live at The O2 Arena, London, UK 26th August 2007
Disc 5 (66:20)
1. Opening 2. Start Me Up 3. You Got Me Rocking 4. Rough Justice 5. Ain't Too Proud To Beg
6. She Was Hot 7. You Can't Always Get What You Want 8. Can't You Hear Me Knocking
9. I'll Go Crazy 10. Tumbling Dice 11. Band Introductions 12. You Got The Silver
13. Wanna Hold You

Disc 6 (53:26)
1. Intro. 2. Miss You 3. It's Only Rock 'n Roll 4. Satisfaction 5. Honky Tonk Women
6. Sympathy For The Devil 7. Paint It Black 8. Jumping Jack Flash 9. Brown Sugar

Mick Jagger - Vocal, Guitar, Harmonica Keith Richards - Guitar, Vocal Ronnie Wood - Guitar
Charlie Watts - Drums

Darryl Jones - Bass, Backing Vocal Bobby Keys - Tenor Saxophone
Chuck Leavell - Keyboards, Backing Vocal Lisa Fischer - Backing Vocal, Percussion
Bernard Fowler - Backing Vocal, Percussion Blondie Chaplin - Backing Vocal, Guitar, Percussion
Tim Ries - Saxophone, Keyboards Michael Davis - Trombone Kent Smith - Trumpet

  1. 2013/08/19(月) 00:48:07|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STONES IN THE DOME(Vol.2)/THE ROLLING STONES

IN-THE-DOMES.jpg

'07年の8月21.23.26のロンドン、O2アリーナを収録した6枚組みより、23日のDISC3.4を。

'07年、AUD、音質93点、この日も超高音質です。21日の音源よりさらにダイレクト?かなり前の席からの音だと思われます。まるでSBDみたいな音。O2でこの音は信じがたいですね。この日の演奏は気持ちがよいスピード感、軽快に進むLIVE。これが聴きたいSTONESだね。
Let's Spend The Night Togetherもいい感じ。She's So Cold、 Shine A Lightも最高。Midnight Ramblerのギターの切れも最高で、最高の出来!しかし、Tumbling Diceのイントロで、キースがやらかしてます。。Sympathy~ものりのり、この日は軽快です。
Brown Sugarの前半でもキースがなんだか・・・やっぱり面白いですねー。キースだけでも楽しめる。
のってるSTONESを最高の音で聴ける音源!

Live at The O2 Arena, London, UK 23rd August 2007
Disc 3 (62:53)
1. Opening 2. Start Me Up 3. Let's Spend The Night Together 4. Rough Justice
5. All Down The Line 6. She's So Cold 7. Shine A Light
8. Midnight Rambler 9. I'll Go Crazy 10. Tumbling Dice
11. Band Introductions12. You Got The Silver 13. Wanna Hold You

Disc 4 (52:38)
1. Intro. 2. Miss You 3. It's Only Rock 'n Roll 4. Satisfaction 5. Honky Tonk Women
6. Sympathy For The Devil 7. Paint It Black 8. Jumping Jack Flash 9. Brown Sugar

  1. 2013/08/18(日) 02:04:01|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STONES IN THE DOME(Vol.1)/THE ROLLING STONES

SITD.jpg
'07年の8月21.23.26のロンドン、O2アリーナを収録した6枚組みより、21日の
DISC1,2を。

'07年、AUD、音質91点、O2でよくこんな音が録れるなーという、遠くにいる感?がまるでなく、まあ、バランス的にはベースの音がやや弱いかなーというくらいで、07年のものの中でも最高
の部類に。。
演奏は・・・なんだか07年を象徴する?キースがボ○てしまったのではないかと思ってしまうような無様な場面も。。
なにを弾いてるんだか??ものすごい演奏回数のBeast Of Burdenが出だしからさえず、Can't You Hear~は全員バラバラ。。
良いほうの場面!Let It Bleed、Beast Of Burdenなんかは、ミックがメロを崩して歌うのが新鮮です。
インフォに書かれていますが、Satisfactionのチャーリーに注目。バリバリです。
やはり、STONES全体に活を入れられるのはチャーリーなんでしょうか??(笑)
Bステでも音の変化はそれほどなく、後半はなんとか修復されてる感じ。。
タイトルのIN THE DOMEは日本公演かな??と思ってしまいますが、O2の旧名からですかね?
やはり、13のコンサートはチャーリーの提案で、ホーンを減らし、ギターが元気に聞こえ
聴いているほうも盛り上がりますが、今になって聴くと、07年はギターがが主役ではないような印象も。
いじけたキースは、やる気を出さなかったのでしょうか??(爆) I'll Go Crazy なんかも聞ける、
21日、高音質です。




Live at The O2 Arena, London, UK 21st August 2007

Disc 1 (62:21)
1. Opening 2. Start Me Up 3. You Got Me Rocking 4. Rough Justice
5. Rocks Off 6. Let It Bleed 7. Beast Of Burden 8. Can't You Hear Me Knocking
9. I'll Go Crazy 10. Tumbling Dice 11. Band Introductions
12. You Got The Silver 13. Wanna Hold You

Disc 2 (46:40)
1. Intro. 2. It's Only Rock 'n Roll 3. Respectable 4. Satisfaction
5. Honky Tonk Women 6. Sympathy For The Devil 7. Paint It Black
8. Jumping Jack Flash 9. Brown Sugar


  1. 2013/08/17(土) 03:25:16|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUT THERE IN INDIANAPOLIS/PAUL McCARTNEY

INDIANA.jpg


'13年、AUD,音質90点、超高音質オーディエンスです。ややシンバルなどがシャンシャン。
そして、すこし距離がある感じで、ベースなどにも微妙にエコーがかかりますが、とても聴き易い音で、ラジオのような・・というより会場の一番よい音の雰囲気をそのまま??臨場感を感じる音。
バランスはやや低音が薄いですが、中音域のボーカル、コーラスが良く聞こえ、大会場としては最高の音。
この日はI Saw Her Standing Thereを。声が枯れてて大丈夫?という日もありますが、この日は元気。声が良く出ています。。Lady Madonnaのピイノの響き渡る感じ、Blackbird などのアコギも臨場感が感じられます。
今年のLIVEの代表的な音質で、優良音源!!


Live at Bankers Life Fieldhouse, Indianapolis, IN. USA 14th July 2013

Disc 1 (67:31)
01. Intro. 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It (incl. Foxey Lady)
07. Paperback Writer 08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five
10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed
12. I've Just Seen a Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day
15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2 (60:40)
01. MC 02. Your Mother Should Know 03. Lady Madonna 04. All Together Now
05. Lovely Rita 06. Mrs. Vandebilt 07. Eleanor Rigby
8. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Something
10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R.
13. Let It Be 14. Live and Let Die 15. Hey Jude

Disc 3 (34:50)
01. Encore 02. Day Tripper 03. Hi, Hi, Hi, 04. I Saw Her Standing There
05. Yesterday 06. Helter Skelter 07. Golden Slumbers 8. Carry That Weight
09. The End
  1. 2013/08/16(金) 10:55:18|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレッサ横浜に

トレッサ横浜というところへ・・・

横浜って・・・・あるのは綱島ですけど。。

広々としていい感じ。
子供はNゲージの店に・・・でかいジオラマに、電車を走らせる、レンタルなんかがあります。。
T2.jpg
昼は何かひかれたこの店に
DSC07213.jpg

明太チーズ、石焼ビビンバ。。この店気に入った!!
  1. 2013/08/15(木) 00:43:52|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HYDE PARK 2013 DAY 2/THE ROLLING STONES

130717031930.jpg


'13年、AUD,音質79点、やや遠い位置からの音源でしょうか、それなりに音圧も感じますがオーディエンスノイズの先に、ミックの声が聞こえ、ギターはチャラチャラ。。なぜか管楽器はやたらよく聴こえます。
演奏は、オープニング、2連続でリチャズがやらかします。Start Me Upのイントロで同じような
弾き損ね。。なにやってるんだ・・・・???
この日は、Street Fighting Manですね。ロンドに似合う曲。これをハイドパークでやらなければね。
そして、Ruby Tuesday、オーディエンスのおとを拾ってる分、客席の感じが良くわかります。
さびの大合唱も悪くない。行使きりりーすの予定があったのか、テンション高い演奏。
でもこの演奏はいい感じ、LIVE録音しだすととたんに気合が入ります「。。
こちらもぜひ、最高音質音源の登場を願いたいですね。。


Live at Hyde Park, London, UK 13th July 2013


Disc 1(60:11)

1. Introduction 2. Start Me Up 3. It's Only Rock'n Roll 4. Tumbling Dice 5. Emotional Rescue
6. Street Fighting Man 7. Ruby Tuesday 8. Doom And Gloom 9. Paint It Black 10. Honky Tonk Women
11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Happy

Disc 2(62:50)
1. Miss You 2. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 3. Gimme Shelter 4. Jumping Jack Flash
5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar
7. You Can't Always Get What You Want (with The Voce Choir and members of the London Youth Choir)
8. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2013/08/14(水) 00:10:28|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HYDE PARK 2013 DAY 1/THE ROLLING STONES

130716203800.jpg

'13年、AUD,音質88点、ボーカルが大きく目立つ感じですが、バランスはよく、あのハイドパークでこれだけの音は立派ですね。オーディエンスノイズもけっこう拾ってますが、音圧があるので、歓声も含めて、なかなかよい感じの臨場感。
演奏は、Start Me Upでリチャさんがいきなりやってしまい・・イントロが台無しですが(爆)。。
が、しかし、全体的に、ものすごくのりの良い演奏をしております。It's Only Rock'n Rollでは、もうノリノリ。
69年から~とミックがMCをし、Tumbling Dice。チャーリーのドラムの響きがたまりませんぜ。。
この音,凄く好きです。Beast Of Burdenのイントロもこんなだっけ??など、、なんだか変化が。。
ハイドパークだからといって、ものすごく特別な感じはなく、Beast Of Burdenと
Bitch with Gary Clark Jr.なんかがこの日のスペシャル。

LIVE的には普通の選曲ですが、迫力の音源。
オフィシャルリリースの音源よりもこっちでしょう!!



Live at Hyde Park, London, UK 6th July 2013


Disc 1(59:29)
1. Introduction 2. Start Me Up 3.It's Only Rock'n Roll 4. Tumbling Dice
5. All Down The Line6. Beast Of Burden 7. Doom And Gloom
8. Bitch (with Gary Clark Jr.) 9. Paint It Black
10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions
12. You Got The Silver 13. Before They Make Me Run

Disc 2(66:35)
1. Miss You 2. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 3. Gimme Shelter
4. Jumping Jack Flash5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar
7. You Can't Always Get What You Want (with The Voce Choir and members of the London Youth Choir)
8. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2013/08/13(火) 23:45:31|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUT THERE IN BOSTON/PAUL McCARTNEY

130723202511.jpg

'13年、AUD,音質89点、エコーもなく近くからとられた音。超高音質です、風が強かったらしく、たまに風の音が。。大音量でなければそれほど・・・。。ヘッドフォンだとチト驚きます。。
へんてこりんな曲?Being For The Benefit Of Mr. Kite!などのときにもけっこう風が。。
曲はけっこう固定されてますね。Something を毎回やるのなら、ジョンの曲でもやってもらいたいもんですが。。
メンバーの使うギターの音、ほとんど箱物。エピフォンやグレッチの音も良い音出てますね。
Foxy Ladyも驚きでしたが、曲数の多さ。2時間40分のLIVEは凄い物が。。


Live at Fenway Park, Boston, MA. USA 9th July 2013

Disc 1 (66:58)
1. Intro. 2. Eight Days A Week 3. Junior's Farm 4. All My Loving
5. Listen To What The Man Said6. Let Me Roll It (incl. Foxy Lady)
7. Paperback Writer 8. My Valentine 9. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed
12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day
15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2 (60:53)
1. Your Mother Should Know 2. Lady Madonna 3. All Together Now
4. Lovely Rita 5. Mrs. Vandebilt 6. Eleanor Rigby
7. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 8. Something
9. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Band On The Run 11. Back In The U.S.S.R.
12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude
Disc 3 (34:38)
1. Encore 2. Day Tripper 3. Hi, Hi, Hi 4. Get Back 5. Yesterday
6. Helter Skelter7. Golden Slumbers 8. Carry That Weight 9. The End
  1. 2013/08/12(月) 09:11:04|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテルの売店

ホテルの売店で目に付いたもの・・・・買いませんが・・・(爆)
AMENO.jpg
子供はナメコの三崎バージョン。。
NAMEKO-MISAKI.jpg
  1. 2013/08/11(日) 16:34:37|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三浦のホテル

のバイキング
MAHO.jpg
とりあえず?カニやてんぷらでビール。。その他お刺身とかね。。
DSC07006.jpg
ここに何回も来ているのに、食べたことがなかった、
マグロの刺身を入れるお茶漬け。。

だし汁がおいしくて、最高でした。


DSC07011.jpg

〆はラーメン。。なんか、シンプルなラーメンがすごくいいです。。
  1. 2013/08/10(土) 00:37:14|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

OUT THERE IN BONNAROO/PAUL McCARTNEY

130730201150.jpg

'13年、AUD,音質86点、わりとドンシャリ系の音ですが、ステージ近くのような音です。音が、左右に揺れたり、変化したりが多少あります。
やたらリアルな音で、今回MCがけっこう長いですが、それに答えたり反応する客の声もリアル。野外お店にインフォに「公演ならではの音の不安定感が散見されることと、後半、録音に失敗したようで、その部分を同日別音源で部分補填していることです。
具体的にはLet It BeのエンドからLive And Let Dieの頭にかけてと、Get BackからThe Endのアンコール部分がこの別音源で補填されています。
とあり、補填して完全盤ということになっています。

ボナルーといえば、JAM系のバンドのフェスという印象が強いんですが、ポールなんかが出るんですね。

この日の目玉、Midnight Specialが聴けるのも、フェスならでは。。アコーディオンの響くカントリーフレーバーの演奏。

そして、同日公演前半1時間をプロショットにて収録したDVDRが。。。ウェブキャストで生中継されたも
ので、ストリーム映像特有の画素の甘さ、たまにカクカク動く画像などありますが、十分見られる良好な
映像。なぜ前半だけ、生中継なんだ??

楽しめるセットです。




Live at Bonnaroo Music and Arts Festival, Manchester, TN. USA 14th June 2013


Disc 1 (70:01)
01. Intro. 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It (incl. Foxy Lady) 07. Paperback Writer
08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. The Long And Winding Road
11. Maybe I'm Amazed 12. Midnight Special 13. We Can Work It Out 14. Another Day
15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2 (59:25)
01. MC 02. Your Mother Should Know 03. Lady Madonna 04. All Together Now 05. Lovely Rita
06. Mrs. Vandebilt 07. Eleanor Rigby 08. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Something
10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be
14. Live And Let Die 15. Hey Jude

Disc 3 (32:03)
01. Encore 02. Day Tripper 03. Hi, Hi, Hi 04. Get Back 05. Yesterday 06. Helter Skelter
07. Golden Slumbers 08. Carry That Weight 09. The End

DVD
01. Intro. 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It 07. Foxy Lady Jam 08. Paperback Writer
09. My Valentine 10. Nineteen Hundred And Eighty-Five 11. The Long And Winding Road
12. Maybe I'm Amazed 13. Midnight Special 14. We Can Work It Out 15. Another Day 16. And I Love Her
  1. 2013/08/09(金) 01:16:43|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三浦海岸に

東京から1時間半、三浦海岸へ。
P1110174.jpg

うす曇。ちょうど良いビール日和。
P1110327.jpg
こんなに暑くても、海水はいがいと冷たい。。
P1110353.jpg
午後は晴れて暑いーーー!!
  1. 2013/08/08(木) 21:15:54|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUT THERE IN WASHINGTON, D.C./PAUL McCARTNEY

130730201212.jpg


'13年、AUD,音質86点、バランスもよく高音質です。エコーもそれほど深くなく、大会場での音ですが、聴きやすく臨場感もあります。オーディエンスノイズも小さくなかなかの音です。しかし、元気なおじさんですねー。STONESより演奏時間が長いんでは?
しかもボーカルもそれだけ増えるわけで。。今回のバンドは、コーラスもよく出来て、ポールだけがやたら目立つ感じでもなく、バンドとして魅力的。
Paperback Writerなどはレコーディングで使った?ギターかな。音がいいです。
そして、サブ?のギターがいいですね。
出だしの、Eight Days A Week、Junior's Farmが軽快、車のお出かけに。。。

Live at Nationals Park, Washington, D.C. USA 12th July 2013

Disc 1 (67:17)
01. Intro. 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It (Incl. Foxy Lady) 07. Paperback Writer
08. My Valentine 09. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. The Long And Winding Road
11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day
15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2 (59:51)
01. Your Mother Should Know 02. Lady Madonna 03. All Together Now 04. Lovely Rita
05. Mrs. Vandebilt 06. Eleanor Rigby 07. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
08. Something 09. Ob-La-Di, Ob-La-Da 10. Band On The Run 11. Back In The U.S.S.R.
12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude

Disc 3 (41:17)
01. Encore 02. Day Tripper 03. Hi, Hi, Hi 04. Get Back 05. Yesterday 06. Helter Skelter
07. Golden Slumbers 08. Carry That Weight 09. The End
  1. 2013/08/07(水) 00:08:41|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUT THERE IN MILWAUKEE/PAUL McCARTNEY

LHのプレゼントCDから..


20130731_d10c52.jpg

'13年、AUD,音質83点、バランスはなかなか、やや距離感がある音。ということで、ベースは
エコーが深めで、広大な会場の中ほどで聞いてる感じですかね。
ネットで流れている音で、その中で音質のよい、「Roy Martin Source」とされる音源だそうです。
やや距離感はありますが、Blackbirdなど、アコギの音もきっちり。PAのよさもありますね。
バンドの演奏は、アドリブなどはあまりありませんが、ギターのうまさが目立ちますね。
鍛えられたバンドなので、STONESのような笑える場面は皆無です。。(爆)
Somethingは今回も演奏されていて、途中までマンドリン演奏で、途中でバンド演奏に・・ですが、
最初からBAND演奏で味わいたいですね。。。この日は、Get Back。
でも、比較的珍しいYour Mother Should Know、そして、Golden Slumbers ~メドレーは
やはり、注目しちゃいますね。





Live at Miller Park, Milwaukee, WI. USA 16th July 2013


Disc 1 (67:18)
01. Intro. 02. Eight Days A Week 03. Junior's Farm 04. All My Loving
05. Listen To What The Man Said 06. Let Me Roll It (incl. Foxey Lady) 07. Paperback Writer
08. My Valentine 09. Nineteen Hundred and Eighty-Five 10. The Long And Winding Road
11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen a Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day
15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2 (59:40)
01. MC 02. Your Mother Should Know 03. Lady Madonna 04. All Together Now 05. Lovely Rita
06. Mrs. Vandebilt 07. Eleanor Rigby 08. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 09. Something
10. Ob-La-Di, Ob-La-Da 11. Band On The Run 12. Back In The U.S.S.R. 13. Let It Be
14. Live and Let Die 15. Hey Jude

Diac 3 (35:32)
01. Encore 02. Day Tripper 03. Hi, Hi, Hi 04. Get Back 05. Yesterday 06. Helter Skelter
07. Golden Slumbers 08. Carry That Weight 09. The End
  1. 2013/08/06(火) 00:30:08|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根の・・・・

箱根の買い物。。大涌谷の黒たまごチョコ??

HAKONE3.jpg

殻の感じに似てるのでいいですねー。。形がやや・・・・
HAKONE2.jpg
子供が一目ぼれ、温泉たまごのナメコ。箱根限定。
HAKONE5.jpg
金太郎なめこ。こちらは静岡、足柄限定と細かく区域を切ってあるわりには、箱根で売っておりました・・・。。(笑)
HAKONE.jpg
  1. 2013/08/05(月) 14:10:26|
  2. おかし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO DOME 1990 FINAL NIGHT/THE ROLLING STONES

130717034203.jpg


'90年、SBD、音質98点。DLサイト、Wolfgang’s Vaultでの音源ですが。
ラジオ放送の元ネタ?などばかり出すサイトが、突然未発表の日本公演最終日、27日を。
オフィシャルDLの26日の音と比べて、明らかにエコーが薄く、ドームみたいな残響がない分、迫力もあるような気がします。ミックスも粗く、こちらの方がSTONESらしいと。。
オフィシャルDLの音は、バスドラまで、エコーで、やりすぎ感もありますが・・。。ドームらしいといえば
ドームらしい音ですが、なにかAUDとSBDを混ぜたマトリックスみたいですよね。。
そして、完全盤ということで、なかなか凄い物。
この最終公演はライブ・アルバムFLASHPONTに「Ruby Tuesday」と「Jumping Jack Flash」が採用され
て入るので聞き比べも面白いです。
そして、26日は、Almost Hear You Sighの選曲だったので、Angieが選曲されているのも!!
やったぱり会場はやたら沸いています。また、シンセやホーンが抑えられた感じの音は、ほんとうにありがたい音で、120点ですね。

またこの日の、JJFの元々違うアレンジですが、オフィシャルはボーカルの差し替えもあり、バランスも違うので、印象も違うもの面白いーー。

サラウンドシステムを通したような音ではない、5人の音が味わえる最終日。


Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th February 1990

Disc 1 (63:50)
1. Continental Drift 2. Start Me Up 3. Bitch 4. Sad Sad Sad 5. Harlem Shuffle
6. Tumbling Dice 7. Miss You 8. Ruby Tuesday 9. Angie 10. Rock And A Hard Place
11. Mixed Emotions 12. Honky Tonk Women 13. Midnight Rambler

Disc 2 (73:35)
1. You Can't Always Get What You Want 2. Can't Be Seen 3. Happy 4. Paint It Black
5. 2000 Light Years From Home 6. Sympathy For The Devil 7. Gimme Shelter
8. Band Introductions 9. It's Only Rock 'n Roll 10. Brown Sugar 11. Satisfaction
12. Jumping Jack Flash





  1. 2013/08/04(日) 23:23:42|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根2

まだまだ箱根の話ですみません。。昼はユネッサンにある、渋いお蕎麦屋さんで。。
何回も来てるのに、存在を知りませんでした・・・、、

DSCF0742.jpg
今日は一日雨でしたが、屋内&全て温水・・というかぬるいお風呂みたいな温度なので、
こんな屋外の施設でも遊べます。。宣伝じゃないですが・・・
コピー ~ DSCF0731
夜メシ。バイキング、数年前よりおいしくなった気が。。

夕メシ、バイキング。和洋中バランスよく、子どももOKですね。。
子ども天国ですね。。
DSC06755.jpg
  1. 2013/08/03(土) 00:29:44|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根

YAMA.jpg

大涌谷、標高が高いので涼しいかと持ったら、涼しくはないですね。。
OOWAK.jpg

大涌谷・・・当然黒卵を買いました(笑)。
WAIN.jpg

ワイン風呂。。風呂に入ってるだけで、子どもの世話が出来るなんて。。。
  1. 2013/08/02(金) 08:21:09|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (48)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (35)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (18)
ROLLING STONES SOLO (27)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (39)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (129)
お出かけ (74)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (25)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR