SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

ANAHEIM 2013 1ST NIGHT/THE ROLLING STONES

130709195632.jpg

今年の映像です。ステージ右、キース側、キースを横からみるようなアングルと正面2階席あたりからの2つのアングルです。
このDVD、画像が鮮明で、抜群の高音質です。これがうれしいですね。部分的にカットがありますが、音は続いているので別映像をインサート!!最近は、映像と超高音質の音だけをシンクロさせて収録しているので音だけでもかなり魅力です。
音質は93点?かなりの高音質です。

この日はWaiting On A Friend!!しっとりした素敵な演奏です。 Champagne And ReeferではJohn Mayerがゲストですね。ブルースなので、思う存分弾きまくってます。Emotional Rescueもベースの音もきっちり入っていて、なかなかの出来。キースもこの日は変なイントロも弾かず(笑)なかなか好調。 Happyでも、両手離し奏法が炸裂しています。Midnight Ramblerは抜群の臨場感で大迫力、演奏もかなりよいですね。
You Can't Always~は1分くらい?ギブソンのアコギを弾くミック。ギブソンがなんとなく似合います。
高画質で見続けられるクオリティー。今年のツアーの中でも、最高ランクのAUDショット!楽しめます!!



Live at Honda Center, Anaheim, CA. USA 15th May 2013


Disc 1(62:33)
1. Get Off Of My Cloud 2. It's Only Rock 'n' Roll 3. Paint It Black 4. Gimme Shelter
5. Rocks Off 6. Waiting On A Friend 7. Champagne And Reefer(with John Mayer) 8. Emotional Rescue
9. Doom And Gloom 10. One More Shot 11. Honky Tonk Women 12. Band Introduction
13. Before They Make Me Run 14. Happy

Disc 2(66:38)
1. Midnight Rambler(with Mick Taylor) 2. Miss You 3. Start Me Up 4. Tumbling Dice
5. Brown Sugar 6. Sympathy For The Devil
7. You Can't Always Get What You Want(with Matt Clifford (French Horn) & USC Thornton Chamber Singers)
8. Jumping Jack Flash 9. Satisfaction(with Mick Taylor)

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.129min.
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 10:46:58|
  2. ROLLING STONES 10~13
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOW DOES IT FEEL/The Rolling Stones

HOW-DOES-IT-FEEL.jpg

'95年、音質93点、素晴らしい音質、バランスもかなり良く、音質ではAUDの見本のような素晴らしい音質。内容も演奏が良く、ミスというミスも少ない、ファンにはさみしい(爆)素晴らしいLIVE。

この音源とは違う話ですが、95年といえども、大会場で距離的な問題なのか?ものすごく良い音というのも、そんなに多くもないのです。。
そして、BOOT バブルの終わりかけの頃ですかね??専門レーベルのVGPなども、このへんのツアーも、
いち早く出し、出せばよい??という感じか?質の悪い音も高音質もどんどん出す。。。という感じで、
レーベルの価値もガタ落ちしたころだと思います。VGPだから・・・などという信用はどんどん薄れ、
定番だと思われたレーベルから離れた人も数多かったのを思い出したりして。。。
まあ、このようなとんでもない高音質音源が、いくつか出るので、昔の並が「下」になったのもこの頃からか??

この日もZERO RECORDSという、聴いたことのないレーベルがだし、超高音質音源。。
ただし、VGPなどが落ちたわけでもなく、最近の音のほうが良すぎる?ここ数年で、すべてを覆すような
音源や、発掘がされてるのも事実で、STONESの今年のツアーでさえも、当たり前ですが、ほとんどの日で高音質があるわけではないんですけどね。。しかし、全体的にレベルがあがってるのは感じます。

で、この日はAngie なども演奏されてますが、観客が静かなのか?曲中はオーディエンスノイズがで静か、アコギの曲などでも、SBD??みたいなところも、で、あんじーで静かなのに、Like A Rolling Stone で客の合唱が聞こえたり。(もちろん程よく)。。うっすら入る合唱は雰囲気最高ですね。。
Doo×5はホーンがゴージャスすぎて、やかましいです。。今年のLIVEを聞くと違いを感じます。。
すばらしい音、95年を代表する高音質音源。

ボートラは、前日24日のもの、なかなか良い選曲で、こちらも高音質。Gimme Shelterは凄い
トレモロが深くかかっており、キースもスタジオ盤を表現しようとしたのか??ちと珍しい音出してます。。

LIVE AT WERCHTER BELGIUM JUNE,25 ’95

DISC 1

1.Intro 2.Not Fade Away 3.Tumbling Dice 4.You Got Me Rocking 5.It's All Over Now
6.Live With Me 7.Sparks Will Fly 8.(I Can't Get No)Satisfaction 9.Beast Of Burden
10Angie 11.Like A Rolling Stone 12.Doo Doo Doo Doo Doo(Heartbreaker)
13.Monkey Man 14.I Go Wild 15.Miss You

DISC 2

1.Band Introduction 2.Honky Tonk Women 3.Happy 4.The Worst 5.Sympathy For The Devil 6.Street Fighting Man 7.Start Me Up 8.It's Only Rock'n Roll 9.Brown Sugar
10.Jumpin' Jack Flash

11.Let It Bleed 12.Before They Make Me Run 13.Slipping Away 14.Gimme Shelter


Zero Records ZRDC 208-1~2
  1. 2013/09/29(日) 13:30:26|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROLLING STONES / CHICAGO WE WANNA HOLD YOU

CWWHY.jpg

'97、AUD,音質87点、なかなかの高音質ですが、高音がシャンシャンで、シンバル類がややうるさい、そして、
音の定位がやや変ること、そして、風の影響で、マイクがぼこぼこなることがある。。ということでややマイナス。
しまし、初日の(たぶん)混乱の中、よく録れています。客の会話がやや入りますが、臨場感は良く、スタジアムLIVEの
音、広がりは感じます。最後、BROWN SUGARはなぜかキンキンの音で、ややうるさい音。BRIDGES TO BABYLON US TOUR FIRST NIGHTですね。ということで、FANはうきうきで聴いた音源。
RUBY TUESDAY、19TH NERVOUS BREAKDOWN、UNDER MY THUMB、LET IT BLEED、THE LAST TIMEなど、60年代が多いのは誰の希望だったのか??気になる選曲。。
RUBY TUESDAYは89-90ツアーと違い、キースノギターが目立ちません。そして、キースの下のパート?
のコーラスもあまり目立たない。UNDER MY THUMBもキースのギターが目立たなく、いま聞いても、2人の
ギターが小さく、さびしい感じ。ALL ABOUT YOUは客がうるさく・・キースを無視してるかのようですが・・・聴いているのか??疑問。。LITTLE QUEENIEは騒がしく始まる感じ。やや、混乱気味。。
LET IT BLEEDは会場に合唱が程よく、何かいい雰囲気。ミックの歌に、キースのコーラスが絡まる
曲が、なんかいいです。。BTBTの初日!当時、VGPはツアーの生写真?が付いてましたーー。。ジャケ写真はやや怖い??。。しわを修正??(爆)変です・・・。。。


LIVE AT SOLDIERS FIELD, CHICAGO, ILLINOIS, 23 SEPTEMBER 1997

DISC 1

(I CAN'T GET NO) SATISFACTION
IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT I LIKE IT)
BITCH
LET'S SPEND THE NIGHT GETHER
ROCK AND A HARD PLACE
RUBY TUESDAY
ANYBODY SEEN MY BABY?
19TH NERVOUS BREAKDOWN
OUT OF CONTROL
UNDER MY THUMB
MISS YOU

DISC 2

ALL ABOUT YOU
WANNA HOLD YOU
LITTLE QUEENIE
LET IT BLEED
THE LAST TIME
SYMPATHY FOR THE DEVIL
TUMBLING DICE
HONKY TONK WOMEN
YOU GOT ME ROCKING
START ME UP
JUMPIN'JACK FLASH
YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT
BROWN SUGAR

VGP-151
  1. 2013/09/28(土) 00:12:16|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sympathy for the Voodoo Cult /The Rolling Stones

SYMPATHY-FOR-THE-VOODOO-CUL.jpg

'95年、SBD,音質92点、超高音質のサウンドボード。やたらリアルな楽器の音、整理された感じではないですが迫力があります。曲間にミックのマイクの音か??ぽこぽこ聴こえるのがいくつか。。特に問題ないですが。。ほぼ完全盤であり、Slipping Awayが終わり、すぐにSYMPATHY~が始まるので、微妙にかけがあるのと、JJFの頭が少しかけ。ほんの少しなので、大きな欠陥は無し。
曲間の歓声がたまに入ったり、切れたり、曲間に不自然な感じが少しだけ。。細かいフレーズまですべて聞こえてしまう、リアルな音。
この日のSTONESは、絶好調であまりミスもなく、演奏は最高といって良いですかね。Itis All Over Now、Sparks Will Flyなど、単純でロックんロールな曲が多いので、テンポよく最後まで一気に聴けてしまいます。
エコーのボーカルの掛りもすごく良く、Slipping Awayは感動の出来。Monkey Manは。コーラスの「もももも、もっももっも」がエコーで凄いことに。。
Satisfactionはこの年の強烈なキースの音がダイレクトに伝わってきて、凄い音。途中タイミングがずれ、メンバーと、コーラスがばらけたりして、へんな感じになりますが、この日はこのへんだけ?
これだけリアルな音だと細かいところまですべて聞こえますが、Street Fighting manはロンとキースのツインサイドで、ロンはなんだか??なに弾いてんだか??という感じですが、この曲ではいつものこと。。
この日の音源、いくつか持ってますが、どれも同じ感じで、あまり知らないレーベル。。
しかし、素晴らしい迫力音質で、最高の演奏が聴けます。愛聴盤。


Voodoo 001-002


River de la Plate Stadium, Buenos Aires, Argentina, February 16, 1995

Disc 1

01 Not Fade Away
02 Tumbling Dice
03 You Got Me Rocking
04 Itis All Over Now
05 Live With Me
06 Sparks Will Fly
07 Satisfaction
08 Out Of Tears
09 Angie
10 Rock And A Hard Place
11 Midnight Rambler
12 I Go Wild




Disc 2

01 Miss You
02 Honky Tonk Women
03 Before They Make Me Run
04 Slipping Away
05 Sympathy For The Devil
06 Monkey Man
07 Street Fighting man
08 Start Me Up
09 Itis Only RockiNiRoll
10 Brown Sugar
11 Jumping Jack Flash
  1. 2013/09/27(金) 10:57:12|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live at the Academy of Music 1971/The Band

BAND-BOX.jpg

ROCKのLIVE盤のなかでも、最高峰!THE BANDのRock Of Agesの完全盤?が発売。。

INFOは
デラックス盤収録内容(通常盤はDISC 1&2のみの内容になります)
DISC 1&2:4回のコンサートのベスト・トラックを収録! (29曲)
DISC 3&4:ニュー・イヤー・イヴ・コンサート の全貌をそのままノーカット、無編集でマスターレコーディングから史上初完全収録! (27曲)
DVD :DISC 1&2の中から25曲を 5.1サラウンド・サウンドで再現。+キング・ハーヴェスト、WSウォルコット・メディシン・ショウのライヴ映像。

間違いなく、バンドの最良の時期を記録され、それがオフィシャルで発表された名盤であり、このバンドの
評価を絶対的なものにした作品ですが、28.29.30.31日より、ベストトラックを収録。
そして、これで最終的?に、完全盤ということで、すばらしい企画。
気になる、DISC3,4の内容もやはり、絶頂期のものなので意外なほど、オリジナルに取り上げていませんが、THE BANDを堪能できますね。

DISC1,2は、デラックス盤+Strawberry Wine、Smoke Signal。DISC 3,4はニュー・イヤーズ イブ。

ただし、映像が2曲、これもありがたいが、なぜ2曲??
そして、2年位したら、4日間の完全版?とか??(爆)

聴き所は、ボブ・クリマウンテンがMIXのDISC 1,2。
そして、ノーカットのDISC 3,4。その、初登場音源が多いこと。。

しかし、DVDの音は25曲・・・・映像、2曲。まだ、後があるんじゃネーかと、思ってしまう、
何か半端な。。しかし、これでかなり満足なので。問題は??ないのだけど。。
結論は、すこし、聴き込んでから出るのでしょう。。。。


Disc 1 [CD]
1. The W.S. Walcott Medicine Show /  Friday, December 31
2. The Shape I'm In /  Friday, December 31
3. Caledonia Mission /  Thursday, December 30
4. Don't Do It /  Wednesday, December 29
5. Stage Fright /  Friday, December 31
6. I Shall Be Released /  Thursday, December 30
7 . Up On Cripple Creek /  Thursday, December 30 
8. This Wheel's On Fire / 火の車 Wednesday, December 29 
9. Strawberry Wine * /  Tuesday, December 28 
10. King Harvest (Has Surely Come)/  Friday, December 31 
11. Time To Kill /   Tuesday, December 28
12. The Night They Drove Old Dixie Dow /  Wednesday, December 29
13. Across The Great Divide /  Thursday, December 30

Disc 2 [CD]

1. Life Is A Carnival /  Thursday, December 30
2. Get Up Jake /  Thursday, December 30
3. Rag Mama Rag /  Friday, December 31 
4. Unfaithful Servant /  Friday, December 31 
5. The Weight /  Thursday, December 30 
6. Rockin' Chair /  Wednesday, December 29
7. Smoke Signal /  Tuesday, December 28 
8. The Rumor /  Thursday, December 30  
9. The Genetic Method /  Friday, December 31 
10. Chest Fever /  Tuesday, December 28 
11. (I Don't Want To) Hang Up My Rock And Roll Shoes /  Wednesday, December 29
12. Loving You Is Sweeter Than Ever /  Wednesday, December 29 
13. Down In The Flood (The Band with Bob Dylan) /  Friday, December 31
14. When I Paint My Masterpiece (The Band with Bob Dylan) /(ウィズ・ボブ・ディラン) Friday, December 31
15. Don't Ya Tell Henry (The Band with Bob Dylan) / (ウィズ・ボブ・ディラン) Friday, December 31
16. Like A Rolling Stone (The Band with Bob Dylan) / (ウィズ・ボブ・ディラン) Friday, December 31

Disc 3 [CD] - New Year's Eve At The Academy Of Music 1971 (The Soundboard Mix)
ニュー・イヤーズ イヴ コンサート (完全収録盤)
1. Up On Cripple Creek *
2. The Shape I'm In
3. The Rumor *
4. Time To Kill *
5. Rockin' Chair *  
6. This Wheel's On Fire *
7. Get Up Jake *
8. Smoke Signal *
9. I Shall Be Released *
10. The Weight *
11. Stage Fright

Disc 4 [CD] - New Year's Eve At The Academy Of Music 1971 (The Soundboard Mix)
ニュー・イヤーズ イヴ コンサート (完全収録盤)
1. Life Is A Carnival *
2. King Harvest (Has Surely Come)
3. Caledonia Mission * /
4. The W.S. Walcott Medicine Show
5. The Night They Drove Old Dixie Down *
6. Across The Great Divide *
7. Unfaithful Servant
8. Don't Do It *
9. The Genetic Method
10. Chest Fever *
11. Rag Mama Rag
12. (I Don't Want To) Hang Up My Rock And Roll Shoes *
13. Down In The Flood (with Bob Dylan)
14. When I Paint My Masterpiece (with Bob Dylan)
15. Don't Ya Tell Henry (with Bob Dylan)
16. Like A Rolling Stone (with Bob Dylan)

Disc 5 [DVD] ? Live At The Academy Of Music 1971 in 5.1 Surround Sound
5.1サラウンド サウンド
1. The W.S. Walcott Medicine Show
2. The Shape I'm In
3. Caledonia Mission
4. Don't Do It
5. Stage Fright
6. I Shall Be Released
7. Up On Cripple Creek
8. This Wheel's On Fire
9. Strawberry Wine *
10. King Harvest (Has Surely Come)
11. Time To Kill
12. The Night They Drove Old Dixie Down
13. Across The Great Divide
14. Life Is A Carnival
15. Get Up Jake
16. Rag Mama Rag
17. Unfaithful Servant
18. The Weight
19. Rockin' Chair
20. Smoke Signal
21. The Rumor  
22. The Genetic Method
23. Chest Fever
24. (I Don't Want To) Hang Up My Rock And Roll Shoes /
25. Loving You Is Sweeter Than Ever

Archival Film Clips ? December 30, 1971
アーカイヴ ・フィルム 
1. King Harvest (Has Surely Come) *
2. The W.S. Walcott Medicine Show *

  1. 2013/09/26(木) 00:31:20|
  2. オフィシャルBC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vancouver 72/The ROLLING STONES

VANCOUVER-72.jpg

ふるーい、CD、IMPの重要音源を。。


'72年、AUD,音質80点、バランスが良く、音は線が細いような気もしますが、クリアーで聴き疲れしない音。
ただし、Honky Tonk Womenでテープの傷みによる、けっこうな音揺れ、(他でも多少)Rip This Jointは途切れなど
完璧ではありませんが、残ってることに感謝したくなるくらいの音。

黄金期’72年の初日、有名音源ですが、STONESのBOOT至上、重要盤であり、音もよい!!そして、
初日に選曲された曲が興味深いもの。
LovingCup、Torn And Frayed、Ventilator Bluesという、メインストリートの中からの曲が演奏されているという、存在を知ったときには目が点になるほど・・・うそでしょ??でした。。LPのときですが。。
Gimme Shelterの2分過ぎのソロは初日から凄いもの、Honky Tonkはイントロがしょぼいですが、テープの傷みにも関係してるのか??LovingCupは出だしで、ジャックか何かを抜き差ししたような、雑音がありますが、演奏はカッコイイですねー。Torn And Frayedは若き日の、キースノ高いコーラスが最高!!
Ventilator Bluesはキースのスライド?これ、凄くレアですよね。テイラーの絡みも、凄く良い感じ、
昔、手にいてたときは、衝撃で、この曲を何回もリピート。。これぞ、ストーンズ!!なんて思いましたが、消されてしまう・・厳しい選曲。Sweet Virginiaはキースのコーラスがやや小さく残念、でも、演奏は最高。
You Can't Always~もテイラーのビブラートまで目立ち、鳥肌が。。。Rip This Jointはイントロが欠けてフェードインですが、すこしですね。
最後は、スタジオアウトテーク、I DON'T CARE、ピアノとボーカルだけでしめやかに??(笑)

IMPの名音源!!重要音源です。

Pacific National Exhibition Forum, Vancouver, British Columbia, Canada, June 3, 1972

DISC 1

1.Brown Sugar
2.Rocks Off
3.Gimme Shelter
4.Bitch
5.Tumbling Dice
6.Happy
7.Honky Tonk Women
8.LovingCup
9.Torn And Frayed
10.Ventilator Blues

DISC 2

10.Sweet Virginia
11.You Can't Always Get What You Want
12.Midnight Rambler
13.All Down The Line
14.Bye Bye Johnny
15.Rip This Joint
16.Jumpin' Jack Flash
17.Street Fighting Man
18.I DON'T CARE


IMP-CD 022-023

  1. 2013/09/25(水) 15:36:04|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

The Frankfurt Tapes 1973(Vol,2)/The Rolling Stones

FRANKFURT-2.jpg

'73年、AUD、音質78点、モノラルですが、クリアーで、すこしエコーがかかっちゃう感じ。会場中ほどからの音?ベースに深いエコーがかかった音ですが、広がりはあります。と、前日と同じ表現で・・コピペ。。失礼しました。・・こちらがやや、席が後ろ??エコーが微妙に深いか??しかし、1STSHOWと凄く似た音ではあります。
Brown Sugarから、テイラーのソロが目立ちます。Gimme Shelterはここでも凄まじいい演奏、やや、キースの音が引っ込んでますが、3分あたりのツインリード??(爆)このへんは凄いです。この日の演奏が、73年のGimme Shelterの1番凄いでしょう大賞受賞作品です。しかし、Star Starってのは、いまも昔も自身無げに始まります。なぜでしょう??
キースは弾き方がわかってるんでしょうか??ははは。。Dancing With Mr.Dはテーラーのスライド、リードが微妙な音まで聞こえる、テイラーFANにはたまらないもの。ややバランスが・・ともいえなくないですが。そのバランスで、Midnight Ramblerも、どうキーすに細かく絡むのか!が、思い切りわかる音。Honky Tonk Womenで出だし、激しく音をはずすキース、しかし、ここでもものすごい流れるフレーズが炸裂。
中盤から微妙に歪みがありますが、テイラー絶好調を捉えた、凄い音源。
Gimme Shelter、Honky Tonk、おいしゅうございます。。。。

ジャケ裏のミック、ぐにゃぐにゃ??写真もレア??


Sep.30 1973 Festhahalle,Frankfurt,West-Germany (2ND Show)


1.Brown Sugar/2.Gimme Shelter/3.Happy/4.Tumbling Dice/5.Star Star/
6.Dancing With Mr.D/7.Angie/8.You Can't Always Get What You Want/
9.Midnight Rambler/10.Honky Tonk Women/11.All Down The Line/
12.Rip This Joint/13.Jumping Jack Flash/14.Street Fighting Man
  1. 2013/09/24(火) 15:11:39|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Frankfurt Tapes 1973(Vol.1)/The Rolling Stones

FRANKFURT-1.jpg

出現したときは、高音質に飛び上がって喜んだ、なつかシーを音源を。。

'73年、AUD、音質85点、モノラルですが、クリアーで、すこしエコーがかかっちゃう感じ。会場中ほどからの音?
ベースに深いエコーがかかった音ですが、広がりはあります。73年を代表する高音質音源ですよね。
全体には程よいエコーで、臨場感がある音。タダシ音切れがいくつか。Gimme Shelterの55秒あたりから、FOしてFIします。。。Midnight Ramblerのスロー部分「BOSTON」のところやAll Down The Line最後にも途切れがすこし。。
テイラーのフレーズは、滑らかさを通り越して、ややどっかまで行ってしまってる?感じも。Brown Sugarは2人のギターがど派手に目立ち、出だしから迫力の音。
Gimme Shelterなどは72年と比較して、自由に飛び回るフレージングを感じますね。Tumbling Diceの空中浮遊ソロ?もどこまでも伸びてゆく・・・・あーー、We Miss YOUなんて感じで、これを聴くと、次々に73を聴きたくなります。途中、マイクがぼこぼこなったりしますが、関係なく無視して入り込めるのは、演奏の凄さ??
Dancing With Mr.Dも名演、Angieの前の雑音からすると、テープの傷みもギリギリのところでしょうか?
変な音揺れみたいなものも感じますが、曲が始まると意外と大丈夫。。Midnight Ramblerの迫力も
凄いし、1分55秒過ぎからの疾走感は凄いもの。やや静かになったとき、なんとなく会場の盛り上がりを感じます。
ミックのハープも凄いんだよねー。。ギリギリまで大きい音?。Rip This Jointはやや割れ気味な音。
なぜか後半、エコー感も薄まります。Street Fighting Manは1分あたりの、テイラーのギターの伸びはチキンスキン。
ものすごい絡みの連続です。ハードな73年後半のスゴーい音源。。

この音源、GUTEN ABEND FRANKFURT、(VGP266)という、後発のビニギャン盤は、Ramblerの途切れは解消してます。音はイコラで低音をあげている感じです。


Sep.30 1973 Festhahalle,Frankfurt,West-Germany (1ST Show)



1.Brown Sugar/2.Gimme Shelter/3.Happy/4.Tumbling Dice/
5.Star Star/6.Dancing With Mr.D/
7.Angie/8.You Can't Always Get What You Want/
9.Midnight Rambler/10.Honky Tonk Women/11.All Down The Line/
12.Rip This Joint/13.Jumping Jack Flash/14.Street Fighting Man
  1. 2013/09/23(月) 01:17:45|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TORONTO 1989 1ST NIGHT/THE ROLLING STONES

130911013507.jpg

'89年、SBD,音質、94点、超高音質SBD、またまた「WOLFGANG’S VAULT」から、ほぼ?完璧音源が。
Steel Wheelsツアー、3日目のトロント公演初日!!
この日は古くからTSPのゴールドなジャケで、もこっとしたビデオ音源??で、出ていた日ですね。
このMIXはステレオといっても、ギターがどちらのスピーカーからも出てくる中央よりなMIXで、どちらが
どちらだかわかりにくい感じ、そのほかはステレオで広がりも。しかし、音はもう凄い!!というところまで。。
しかも、今回のカット部分がPlay With Fireの演奏終了直後、ということで、曲でのカットは無し。これも最高ですね。
まだ3日目、サポートのアップタウン・ホーンズが加わってなく、マット・クリフォードのシンセからのサンプリング音なんですね。昔の音はたいしたことのない音だったので、そんなことも気づかず。。
しかし、逆に盛大でうるさいと思うオイラには、特にマイナスな感想は無し。。ははは。。
Start Me Upでバックにいきなりトチリがあります。しかし、曲数が多い割には安定した演奏。Play With Fire、One Hit 、Dead Flowers などレア曲演奏のこの日が、最高な状態で聴けるように。
Play With Fire は驚きでした。。しかし、でででで・・と、へんに下がるアレンジがかっこいいとは思えず・・・。。
キースのぺちぺちいう、ギターが印象的。Dead Flowersはレパートリーに入ったか???と思い喜んだけど。。やはり。。。いろいろな曲で、やはり、ビルのベースも気になります、独特なロールを。。Dead FlowersやTumbling Diceでのベースラインが気持ちよい。
そして、クラプトンのいないLittle Red Roosterも、今ではなんか新鮮に聴こえます。Sympathy For The Devilはミックがフライング?ミックが飛び出して、ピアノが入ります。音がよいだけに、Gimme Shelterのリフも弾かない2人のギターがすべて、オブリ??だけで乗り切る異様?な感じも受けたりなんかして。。しかも、この曲ではギターの音もわりとショボイ感じ。
やはりこのツアー、ギターの役割は低いなーー。しかも、なんか構成がふわふわ?アブナイ・・・
Before They Make Me Runのイントロ怪しい。など、、いろいろありますが、
定番SBD音源が完全盤に、この価値は大きいです。。。

WOLFGANG’S VAULT凄いのでますねーー。覗いてない方はぜひ、ものすごく渋いLIVE音源までいろいろ。。
75とか、出ないかなーー・・・・。。。



Live at CNE Stadium, Toronto, Ontario, Canada 3rd September 1989

Disc 1 (77:16)
1. Continental Drift 2. Start Me Up 3. Bitch 4. Sad Sad Sad
5. Undercover Of The Night
6. Harlem Shuffle 7. Tumbling Dice 8. Miss You 9. Ruby Tuesday 10. Play With Fire
★3:03 - 3:30 補填11. Dead Flowers 12. One Hit 13. Mixed Emotions
14. Honky Tonk Women 15. Rock And A Hard Place
16. Midnight Rambler

Disc 2 (67:06)
1. You Can't Always Get What You Want 2. Little Red Rooster
3. Before They Make Me Run4. Happy 5. Paint It Black
6. 2000 Light Years From Home 7. Sympathy For The Devil
8. Gimme Shelter 9. It's Only Rock'n Roll 10. Brown Sugar 11. Satisfaction
12. Jumping Jack Flash
  1. 2013/09/22(日) 00:34:06|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MYTHOLOGY / PRE-BLACK SABBATH

130911013236.jpg

'68年、AUD,音質75-70点。古びた感じですがまあ、十分聞ける音ではあります。
サバスの全身バンドMYTHOLOGYという、アイオミ、ビルがいたバンドの音。
そして、SABBATHがまだEARTHという名前だったころの音が収録されています。
1-9、これが驚き、アイオミがクラプトンファンだったんでしょうか?クリームのカバーバンドといった感じ。テクも完成されていて、なかなかのうまさ。
Steppin' Outはブルジー・・・てか、クリーム。All Your Loveはあ、あのきめのフレーズが入りませんが・・アレンジはカラプトンから??・・・そんな感じ。Morning Dew、Spoonfulなど・・・オールマンの全身バンドもそうですが、やはり当時のアマチュア、ブルースロックバンドの選曲はこのへんですかね。。面白い。

そして、EARTH。オジーの声が聴けます。
『しかし3つめの「Thomas James」については、上記した海外ファンの調査によって「フェイクである」という見方が有力になっています。インストは存在自体がひとつのテイクとして面白く、興味深い内容になっています。そこで今回はあえてこのテイクを残し、フェイクという説が有力だという事をご了承の上で
「同時期に登場したテイクのひとつ」として、割り切ってお楽しみ頂きたいと思います。』
と、説明がありますが、Thomas James だけ、ブリブリに歪んだベース、JAZZYな展開?
トランペットソロが・・・・そしてこれだけ音がよい。。と言うことで、フェイク?でしょう。。
しかし69年、デビュー前、面白いです。

Live at Queens Hotel, Silloth, UK 13th July 1968


1. Steppin' Out 2. Top Of The Hill 3. All Your Love 4. Help Me 5. Dust My Broom
6. All That Jazz 7. Room With A View 8. Morning Dew 9. Spoonful

Chris SMith - Vocal Tony Iommi - Guitar Neil Marshall - Bass Bill Ward - Drums

Earth 1969 Demos

10. The Rebel 11. When I Came Down 12. Thomas James 13. Early One Morning Blues

Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
  1. 2013/09/21(土) 00:35:17|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOST BERLIN TAPE/BLACK SABBATH

LOST-BEERLIN.jpg

前日のサバス、ベルリンのボーナス音源CDRでオーディエンスソースが付属してます。

’70年、AUD,70点、ノイズが大きく良好な、とはいえませんが、「全曲収録」、完全盤があるんですねー。
ファンは聴きたいところ、Fairies Wear Boots、Wicked Worldをやっています。やはり、ここが無いと何か尻切れトンボで。。このプログレのような展開のFairies Wear Boots。間奏部分のアイオミのギターがたまりません。
「幾つかの曲でアタマ欠けが見られる点から、曲間では録音が止められ、テープが節約されていたようです」「'70年頃はテープが高価で貴重だったのです」とお店の説明に。。
そういえばーー、30年前、ビデオデッキがきたときも大変だったなー。ガキに4000円のテープはあまりにも高く、CMももったいないので、リモコンをを握り締めてCMを切ったり。。映画の2時間を録画しながら、CMを切るのは大変だったなーー。。ははは。。
さかのぼることその10年前、カセットデッキがきたときは、わけのわからない、会話?(なんだか覚えていない)や浪曲??じいちゃんがつかわなくなったテープを潰して使ってたな。。・・・昔話でした。。(爆)

音質的には、資料的になってしまいますが、70年のサバス、録音されているんですね。。70年だよ・・・
最後の2曲が聴けてうれしい、ビンテージ音源。



Live at Audimax, Der Freier University, Berlin, West Germany 26th June 1970

1. Paranoid 2. Iron Man 3. N.I.B. 4. Black Sabbath 5. War Pigs 6. Hand Of Doom 7. Rat Salad
8. Fairies Wear Boots 9. Wicked World

Ozzy Osbourne - Vocal Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
  1. 2013/09/20(金) 10:26:55|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BERN 1973 LOW MASTER/THE ROLLING STONES

BERN-1973-LOW-MASTER.jpg

こちらは、前日のBERN 1973 2ND NIGHT SECOND SHOWのボーナス CDR。つまりDACの音源と同じもの。。


'73年、AUD、音質73点、前日のBERN 1973のもう一つの音源。こちらは、クリアーさがあまりなく、もやっとした音。そしてヒスノイズもきつく、ごくたまにテープの伸びもあるので、音質的にはドラムがやや大きく聞こえますが、それでも73年のAUDの中ではまあまあ・・・
こちらはピークで微妙に歪む感じはそれほどないですが、こもリが大きく、音の変化も結構あり、そして、テイラーよりキースのほうが、若干大きい音。73年のまあまあの音が、2つぽんと。。。
奇跡的ですが。なにか中音域が目立つので、テイラーのフレーズが目立つときがあります。。
前日の音源と印象が変わるところも・・これが面白いですね。Gimme Shelterのソロも印象が違います。
Gimme Shelterは72,73の中でもベストテイクのいくつかに!!
まあ、音の変化がもあり、クリアーさもないので、やはりこの日の音源は、「BERN 1973 2ND NIGHT SECOND SHOW」に分がある感じですね・・。。

Live at Festhalle, Bern, Switzerland 26th September 1973 2nd Show

1. Brown Sugar 2. Gimme Shelter 3. Happy 4. Tumbling Dice 5. Star Star 6. Dancing With Mr.D
7. Angie 8. You Can't Always Get What You Want 9. Midnight Rambler 10. Honky Tonk Women
11. All Down The Line 12. Rip This Joint 13. Jumping Jack Flash 14. Street Fighting Man
  1. 2013/09/18(水) 00:06:09|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BERN 1973 2ND NIGHT: SECOND SHOW/THE ROLLING STONES

BERN-1973-2ND-NIGHT.jpg


'73年、AUD,音質78点。ピークで微妙に歪みあり、バランスはテイラーがでかく、ドラムがやや小さい、そして、若干の音の変化があり。という感じですが、まあ、73年のものですからこれでも、AUDとしては聞きやすい方。
この音源は、最近2種類が突然発見されたようで、GODFATHER「BEFORE THE AFFAIR」とDAC「SWISS MADE VOL.2」で出ています。こちらは前者と同一ソース。DACの音源に比べ、「周囲の音をあまり拾わずクリアー」な状態ということで。。
しかし、GOD~盤。これはなかなか、の音質のものを多数出す、なんでも屋?レーベルですが、処理などは甘く、
その音源も、ピッチが速く、ランブラーの1分以上ある途切れの補てんも、処理が悪かったのがこちらでは、改善。
’73はEURO73関連、などのおかげで、音質が良い印象が昔からありますが、ほかとなるとそれほど。。ウェンブリー
など、限られてるので。。
Gimme Shelter で、テイラーの素晴らしいプレイは相変わらず。ミックの力んだボーカルが印象的。Star Starもミックのボカーカルが力が入ってます。そして、73ヨーロッパのDancing With Mr.D。これのテイラーはSBDでもややはずしてる音源などもあり、この日の熱い演奏はなかなか。。 You Can't Always~でも、4分過ぎからののびやかなフレーズは、感動のフレーズ。テイラーの音が大きめなので、Midnight Ramblerなどは心配しましたが、なぜかこの曲では、それほど違いは、、まあ、音の変化は多少ありますが。.ボリュームを上げると、なかなかの迫力です。
ボリュームを上げて、聴く気が起きる音なのがポイント??
全編で、ピークでの少しのビビリ?歪みはありますが、クリアーで聴きやすい音は魅力的。
初心者向きではありませんが、まあ、テイラー期を聞きたい人にとっては、なかなかの音。
73の新音源、あといくつ出るのか???そうないでしょうねー。。。。
'73年、黄金期の聴ける駒が最良の状態になったのはうれしいところ。。


Live at Festhalle, Bern, Switzerland 26th September 1973 (2nd Show)

1. Brown Sugar 2. Gimme Shelter 3. Happy 4. Tumbling Dice 5. Star Star
6. Dancing With Mr.D 7. Angie 8. You Can't Always Get What You Want
9. Midnight Rambler 10. Honky Tonk Women 11. All Down The Line
12. Rip This Joint 13. Jumping Jack Flash 14. Street Fighting Man

Mick Jagger - Vocal, Harmonica Keith Richards - Guitar, Vocal Mick Taylor - Guitar
Bill Wyman - Bass Charlie Watts - Drums
Bobby Keys - Saxophone Trevor Lawrence - Saxophone Steve Madaio - Trumpet, Trombone,
Percussion
Billy Preston - Piano, Organ, Clavinet
  1. 2013/09/17(火) 00:11:46|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWEET HOME CHICAGO /The Rolling Stones

SWEET-HOME-CHICAGO-STONES.jpg


'97年、AUD,音質90点、すこしだけ距離がある音ですかね?しかしバランスも最高で、ベース、ドラムもきっちり。
これもでかい会場なので、この音はかなりのもの。
この日は、Sister Morphine,She's A Rainbowという、LIVでやらないでしょう?曲を突然やってしまった日で。。驚愕でした。。Sister~は何か様になってますが。。She's A Rainbowはロンが苦肉のスライドでチョイ間抜けです。でも、ほかはいいんですけどね。。曲の良さか。。リクエスト1位とかやってたけど。。
ほんとに1位なのかなーーー。。まあ、ジジイの客が多いとそうなるか??(笑)
19TH NERVOUS BREAKDOWNはベースが、ベンベンやってて、かわいいです。ALL ABOUT YOUはキースのギターフレーズも素敵。。
まあ、かっこいいですわーー。。しかし、WANNA HOLD YOUは出だしでこけます。。
LITTLE QUEENIEは観客をあおるミック、ノリがすごいです。。
LET IT BLEEDはギターソロが、前の曲の影響か??チャック・ベリーみたいに・・・ややいい加減な感が。。
RUBY TUESDAYのキースのコーラスがド渋いです。
ボートラには23日のソルジャー・フィールドが。。これも高音質です。

なかなか凄い選曲の高音質の音源。レーベルはCRYSTAL CAT!!最近なにも出ません。。


SOLDIER FIELD, CHICAGO, ILLINOIS, 25th SEP, 1997

DISC 1

(I CAN'T GET NO) SATISFACTION
IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT I LIKE IT)
BITCH
LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER
ROCK AND A HARD PLACE
SISTER MORPHINE
ANYBODY SEEN MY BABY?
19TH NERVOUS BREAKDOWN
OUT OF CONTROL
SHE'S A RAINBOW
MISS YOU
ALL ABOUT YOU

DISC 2

WANNA HOLD YOU
LITTLE QUEENIE
LET IT BLEED
THE LAST TIME
SYMPATHY FOR THE DEVIL
TUMBLING DICE
HONKY TONK WOMEN
YOU GOT ME ROCKING
START ME UP
JUMPIN' JACK FLASH
YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT
BROWN SUGAR
  1. 2013/09/16(月) 01:04:50|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHORZOW 1998/The Rolling Stones

CHORZOW-1998.jpg

'98年、SBD,音質87点、TV放送音源からということで、バランスは問題なく最高までは行きませんが良好。
いまのデジタル音声のような音ではなく、アナログの音という感じか。。まあTVの音という感じ。
チョーゾー、ちょろぞう?・・にはなりませんが・・読めない。。どこなんだ?ポーランドらしいです。
18曲とカットされた、メンバー紹介、ANYBODY SEEN MY BABY?など3曲は、まあまあの音で追加収録されています。演奏は、放送で気合が入ってるのか、凄くまとも(笑)です。
弦をはじく音が、びんびんHONKY TONK WOMEN、SBDの威力です。
YOU DON'T HAVE TO MEAN IT、まだまだ暑い夏のような夜。レゲエもいいですわ。さすがに放送用。。ボケ?はあまりありません。。
完璧な音のSBDまでは??・・・・・やや音が丸いか??でもこのレベルなら魅力的。
98年もそれほど、高音質ぞろいというわけでもないので、やはりこの音源は魅力的。
ジャケのキースの笑顔が良いね!!!


LIVE AT SLASKI STADIUM, CHORZOW, 14 AUG, 1998

DISC 1

1.(I CAN'T GET NO) SATISFACTION
2.LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER
3.FLIP THE SWITCH
4.GIMME SHELTER
5.IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT I LIKE IT)
6.SAINT OF ME
7.OUT OF CONTROL
8.PAINT IT BLACK
9.MISS YOU
10.YOU DON'T HAVE TO MEAN IT
11.YOU GOT ME ROCKING
12. LIKE A ROLLING STONE

DISC 2

13.SYMPATHY FOR THE DEVIL
14.TUMBLING DICE
15.HONKY TONK WOMEN
16.START ME UP
17.JUMPIN'JACK FLASH
18.BROWN SUGAR

19.ANYBODY SEEN MY BABY?
20.WANNA HOLD YOU
21. LITTLE QUEENIE

VGP-201
  1. 2013/09/15(日) 01:02:49|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sweet Home New York City/The Rolling Stones

BTB.jpg

'98年、AUD,音質98点、いったいどうやったらこんなよい音で・・・MSGでの録音で奇跡的な音ではないかと。
バランスも。。キースの音が目立つ気もしますが、それも長所か??
この年の、Satisfactionはキースノ音がなかなか凄いですが、この日もかなり。。なかなか凶暴に歪んでます。Might As Well Get Juicedが高音質で聴けますが、出だしのシンセ、そして、トレモロの音がカッコイイです。All Down The Line は頭でこけて入りますが、大事に至らず。。ロンの音が前半で出ないのか??あまり聴こえません。
この日のキースは、Thief In The Nightと、You Don't Have To Mean It!!この組み合わせもおつで。。いい感じです。
ゆるーい感じがいいですね。I Just Wanna Make~もなかなか良い音出てます。これが98年に響き渡るなんて、予想もつかなかった
曲。
Sympathy For The Devilはチャーリーがエンディングで間違えてますね。。ははは。。何とかこらえてます。
Brown Sugar はキースがイントロで迷いがある様子・・・チトつまずく。。
なんか間違い探しみたいですが・・・臨場感もあり、雰囲気も最高なMSG.
そしておまけではうれしい、Low Downが!!Memory Motelもよい音で、、ボーナスもなかなか高音質。
1月14日のMSGのもの。
超優良音源を出してくれたCrystal Cat Records。。ここも最近聞かないけど・・・なくなったんでしょうか??
超優良音源!!

Crystal Cat Records

Madison Square Garden, New York City, NY, Jan. 17 1998

1.Intro 2.(I Can't Get No)Satisfaction 3.Let's Spend The Night Together
4.Flip The Switch 5.Gimme Shelter 6.When The Whip Comes Down
7.Might As Well Get Juiced 8.All Down The Line 9.Saint Of Me
10.Out Of Control 11.Miss You 12.Thief In The Night 13.You Don't Have To Mean It

1.Intro 2.Little Queenie 3.I Just Wanna Make Love To You 4.Like A Rolling Stone
5.Sympathy For The Devil 6.Tumbling Dice 7.Honky Tonk Women
8.Start Me Up 9.Jumpin' Jack Flash 10.You Can't Always Get~
11.Brown Sugar
12.Low Down 13.Memory Motel 14.Little Red Rooster
  1. 2013/09/14(土) 00:29:54|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Live in Hamburg 1977/Ry Cooder

51MG87PN+RL__SL500_AA300_.jpg


こちらは、77年のハンブルグでのLIVE。普通に売られていますが、BOOTですかね。。
音質はよく、なにより内容が良いですね。。スタジオLIVEですが、ギターの音がたまらなく良いです。ダークエンド オブ~の音が、モロにライですね。。この音が聴きたいという!!TAMP EM UP MY SOLIDもアコギで
凄いテクを。
ワンミート~などのアコギの音も、凄く良く77年、全盛期のLIVEが高音質で。。
もちろんフラコとバンジォー、サックスなどいますが、わりと渋い演奏で。3人のコーラス
も入り、じっくり聞いてしまいます。最後はメキシコ語??エレキの音も良く、
アコギとエレキの曲、バランスよく堪能できます。
まあまあの画像でDVDも出ています。。


STAND BY ME
TATTLER
THR DARK END OF STREET
ONE MEAT BALL
FOOL FOR A CIGARETTE
TAMP EM UP MY SOLID
LET YOUR LIGHT SHINE ON ME
DO RE MI
GOODNIGHT IRENE
VOLVER,VOLVER
  1. 2013/09/13(金) 02:19:20|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUT THERE IN WINNIPEG/PAUL McCARTNEY

130910195809.jpg


'13年、AUD,音質86点、音は安定して良好です。やや風の音を拾ってるのと、中音音域が強いですが臨場感もあり、高音質です。多少の距離がある音ですかね。。しかし、聴き易い音で安定しています。Blackbird、Here Todayんもアコギの曲でも、音も下がりません。
やっぱり、今回のツアーは、Your Mother Should Know、Lovely Ritaあたり、中盤が魅力的。
バックも鍛えられているのか、安定した演奏です。STONESみたいに毎日事件が起こらないところが
凄いのか、面白くないのか(笑)。この完成度で3時間弱を。。これが凄いところ。
この公演では、Mull Of Kintyreを演奏、バグパイプが入る演出をしてます。
こうして聴いていると、最近の録音レベルの高さは凄いですね。
高音質音源がいくつも。。驚異的。。




Live at Investors Group Field, Winnipeg, Manitoba, Canada 12th August 2013



Disc 1(66:58)
1. Intro. 2. Eight Days a Week 3. Junior's Farm 4. All My Loving 5. Listen To What The Man Said
6. Let Me Roll It (incl. Foxy Lady) 7. Paperback Writer 8. My Valentine
9. Nineteen Hundred And Eighty-Five 10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed
12. I've Just Seen A Face 13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her
16. Blackbird 17. Here Today

Disc 2(60:53)
1. Your Mother Should Know 2. Lady Madonna 3. All Together Now 4. Lovely Rita 5. Mrs. Vandebilt
6. Eleanor Rigby 7. Being For The Benefit Of Mr. Kite! 8. Something 9. Ob-La-Di, Ob-La-Da
10. Band On The Run 11. Back In The U.S.S.R. 12. Let It Be 13. Live And Let Die 14. Hey Jude

Disc 3(39:57)
1. Encore 2. Day Tripper 3. Hi, Hi, Hi 4. Get Back 5. Yesterday 6. Mull Of Kintyre
7. Helter Skelter 8. Golden Slumbers 9. Carry That Weight 10. The End
  1. 2013/09/12(木) 01:02:28|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live In San Francisco/ Ry Cooder Corridos Famoso

692.jpg


ライ・クーダーのLIVEが発売されましたねー。
フラコや息子のヨアキムがドラム。。そして、10人編成のメキシカンバンドがバック。
当然、テックスメックス色が強く、36年ぶりのLIVEアルバムですが、タイムトリップしたような・・・・
そのまま昔の・・・という感じです。
曲も古いものが多く、新曲は少なめ。お友達?のリンドレーがよくやる、Wooly Bullyなんかもやってたらします。
会場も「Show Time」がレコーディングされたのと同じサンフランシスコにあるグレイト・アメリカン・シアターだそうです。
続けて聞いて、時の流れを感じるか?感じないか??ちょっと、声が渋くなったかな??
これぞライ・クーダーな音です。。。



01. Crazy ’Bout an Automobile (Every Woman I Know)
02. Why Don’t You Try Me (Billy Young)
03. Boomer’s Story (Traditional / Carson Robison)
04. Lord Tell Me Why (Ry Cooder)
05. Do Re Mi (Woody Guthrie)
06. School Is Out (Gene Barge & Gary Anderson)
07. The Dark End of the Street (Chips Moman & Dan Penn)
08. El Corrido de Jesse James (Ry Cooder)
09. Wooly Bully (Domingo Samudio)
10. Volver Volver (Fernando Maldonado)
11. Vigilante Man (Woody Guthrie)
12. Goodnight Irene (Huddie Ledbetter & John Lomax)
  1. 2013/09/11(水) 08:25:09|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rolling Stones / Licks LA Theatre Gig 2002

rollingstones-licksLA.jpg

'02年、AUD,音質88点、凄く良く取れていますが、中低音が微妙ですが分離が悪い感じも。
小さい会場での録音のため、音もオンで、バランスも良く聴きやすい音です。
ホーンだけ、エコーがきつくかけてあり、固まってでるのがややうるさいか?
久々?のNeighbours、Hand of Fate、Dance Pt. 1 、ご本人登場のEverybody Needs ~、That's How Strong~、Going to a Go-Go、Rock Me Babyなど魅力的な選曲。
Neighbours、Hand of Fateは演奏も良く、あまりやらなかったわりは、この日は成功!
Everybody Needs ~、のご本人も、凄いパワーで、良い感じ。
That's How Strong~なんえ、60年代に戻ったようなおとです、まあホーンが豪勢過ぎる気もしますが。
Going to a Go-Goは81年のアレンジに似てますよねー。
Thru and Thruは途中のたるーい感じから、ドラムの音が凄く。なんかかっこいいですよね。
Can't You Hear~は、ジムケルトナーがゲスト、この曲で??という感じですが....
ミックのハープがうまい!なかなかの演奏です。Tumbling Dice の後半で、音がやや乱れますが
ほんの少し。大きな問題もなく、良質な音。面白い選曲を聞くには最高の2002年のLA。


Exile Records

AT THE WILTURN THEATRELA. CA Nov.4,2002

DISC 1

1.Jumpin' Jack Flash
2.Live with Me
3.Neighbours
4.Hand of Fate
5.No Expectations
6.Beast of Burden
7.Stray Cat Blues
8.Dance Pt. 1
9.Everybody Needs Somebody to Love
(Solomon Burke cover) (with Solomon Burke)
10.That's How Strong My Love Is
11.Going to a Go-Go

DISC 2

1.Thru and Thru
2.You Don't Have to Mean It
3.Can't You Hear Me Knocking (with Jim Keltner)
4.Rock Me Baby (B.B. King cover)
5.Bitch
6.Honky Tonk Women
7.Start Me Up
8.Brown Sugar
Encore:
9.Tumbling Dice
  1. 2013/09/10(火) 11:48:55|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRENCH MADE 95 /THE ROLLING STONES

FRENCH-MADE-95.jpg


90年代から2000年代が少ないので、90年代からの強化月間????多めに載せたりなんかして。。

'95年、AUD,音質89点。とても良く録れていて、近くで、やや荒々しさもあり、なかなかの音。
バランスもよく、目面しい、激レアセットリストを高音質で聴けます。
ストリップドの収録LIVE、特別なLIVEなだけに、演奏は力が入っていて、良い出来のものが多いですね。

YOU GOT ME ROCKINGあたりはボーカルがやや低い感じですが。当日の音。しょうがないですね。
HONKY TONK~からですね。これも良い出だし。1分半ほどでカウベルが、これは、
トラック割してほしいですよね。。長い!!
ALL DOWN THE LINEがスピード感がありよいですね。
BEAST OF BURDENはこのころまでは、イントロを、スタジオ盤のように弾いてますが。。。最近違いますね。
LET IT BLEED、ANGIEもオフィシャルでの使用がありました、そして、RIP THISも。
そして、DOWN IN THE BOTTOMなんかは凄くよいですね。
LET IT BLEEDはスタジオ盤にあるイントロを弾いたりして。会場の雰囲気も最高です。
荒々しい、CONNECTIONがかっこよく、そこからSTART ME UPまでの畳み掛ける様子は最高。
しかし、この日、何かあるであろう(爆)、IT'S ONLY ROCK'N ROLLでイントロが変で、タイミングが変に入り・・・。。。
まあ、ここがSTONESですね。レア曲満載で、新し目で出てくるのがI GO WILD?なんて感もありますが。
95年定番アイテム。

その後、ジャケが変り、イコライジングされて同タイトルの変更がありました。




THEATRE DE L'OLYMPIA LUNDI 3 JUILLET 1995

と、ジャケ裏に、フランス語でかかれてますが、7月3日月曜日だそうですね。
なぜ、普段書かない、曜日まで・・・一生懸命調べたんでしょうね。。(爆)
でも、フランス語で書かれてもわからず迷惑です。。

DISC 1

HONKY TONK WOMEN
TUMBLING DICE
YOU GOT ME ROCKING
ALL DOWN THE LINE
SHATTERED
BEAST OF BURDEN
LET IT BLEED
ANGIE
WILD HORSES
DOWN IN THE BOTTOM
SHINE A LIGHT
LIKE A ROLLING STONE
I GO WILD

DISC 2

MISS YOU
BAND INTRODUCTIONS
CONNECTION
SLIPPING AWAY
MIDNIGHT RAMBLER
RIP THIS JOINT
START ME UP
IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT I LIKE IT)
BROWN SUGAR
JUMPIN'JACK FLASH

VGP 59
  1. 2013/09/09(月) 20:55:50|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ORLEANS 1981/THE ROLLING STONES

130828051140.jpg

'81年、SBD、音質90点、音質、ミックスはかなり良ですが、音切れ、ノイズなど、多少の問題はありますが、
マルチトラック録音で、完成も入り、ギターもきれいに分かれてます。ロンがやや大きいく荒いところが目立つ
感じはありますが…荒れた演奏ではないので、それほど違和感もなし。
これもまた「WOLFGANG'S VAULT」の音源。
今回もLet Me GoとShe's So Cold、さらにライブの冒頭は同日オーディエンス録音にて補填と。
切れ目は同じです。なぜか、モノラルSBDの音源、(DACから「BLACK LIMOUSINE」がありました)が、AUDからの補てんです。この方が目立たないという判断ですかね。。まあ、それほどの違和感はありません。

演奏は81の中でも相当水準が高いもの。この中からオフィシャルなどに選ばれたのは、Let It Bleedのみ、
しかし、これは丸ごとオフィシャルリリースできるほどの演奏で、Let's Spend~やJust My Imagination、
Beast Of Burden、 You Can't Always~など、81年を代表する演奏。しかし、Little T & Aのイントロの荒々しさは・・・なんだかものすごいです。。つられてか、演奏自体もものすごい。。荒くてかっこいいです。
まあ、完璧な日などはあまりないSTONES,この日もHonky Tonk~で、間奏がクチャクチャになりますが、全体的に素晴らしい演奏を展開。こういうの聴くと、ほんとピッタリの時のSTONESはすごいなと。

しかし、ジャケ写真のアメリカンフットボールサルマタとジャケットは、誰か注意してあげなかったんでしょうか・・。。
このWGVのシリーズ、最後の最後まで収録されていて、花火の爆音(花火マニアにも最高??)やビル・グレアムの「サンキュー・ベリーベリー・・・」そして、終わりの曲、School Daysまでも入っているので、
LIVE会場に残ってる雰囲気まで味わえます。
名演のNEW ORLEANS !!!

Live at Superdome, New Orleans, Louisiana, USA 5th December 1981

Disc 1 (69:03)
1. Take The A Train 2. Under My Thumb 3. When The Whip Comes Down
4. Let's Spend The Night Together 5. Shattered 6. Neighbours
7. Black Limousine 8. Just My Imagination 9. Twenty Flight Rock
10. Going To A Go Go 11. Let Me Go 12. Time Is On My Side
13. Beast Of Burden 14. Waiting On A Friend 15. Let It Bleed

Disc 2 (64:00)
1. You Can't Always Get What You Want 2. Band Introductions 3. Little T & A
4. Tumbling Dice 5. She's So Cold 6. Hang Fire 7. Miss You
8. Honky Tonk Women 9. Brown Sugar 10. Start Me Up 11. Jumping Jack Flash
12. Satisfaction 13. The Star Spangled Banner / School Day
  1. 2013/09/08(日) 02:32:18|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PHOENIX 1981/THE ROLLING STONES

130828051106.jpg


'81年、SBD、音質90点、かなりの音質UPがなされた、これも、Wolfgang's Vaultで聴けるもの。
粗いながら迫力のSBDを聞かせてくれた名盤、SATISFACTION GUARANTEEDの日。
また、映画、「LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER」屋外公演部分が収録された公演でもあり、これこそ、オフィシャルブートで・・・と思ってましたが。。しかし、このような形でUPされとてもうれしい公演。なぜか??当然演奏がかなりよい日なのです。しかも、SATISFACTION GUARANTEEDで途中までだった収録も、JJF、Satisfactionも収録され、最後まで聞けるように。ShatteredとNeighboursの間にあるなノイズ(楽器のノイズ??)元からのようですが、曲間なので特に問題なし。

ほぼ完全な音で、コンプリート。。ほぼ、はテープチェンンジでの音切れ?Let Me Goの10秒??くらい、She's So Cold
は20秒ほど?これは当然、既発盤からつなぎ、ベースが強いやや荒い音が一瞬だけ飛び出します。しかしこれを埋めてくれる仕事のおかげで名演を楽しめます。
Hang FireやSatisfactionが正規で発表されてたりするこの日、メンバーも収録を意識してなのか、相当良い演奏です。
しかし、81は意識してといっても、かなり録音してるし、あの荒いハンプトンを発表する驚きなど。。頭がゴチャゴチャ。。
Let It Bleedが大迷走するのは笑えますが、他はなかなかの完成度。
ミックスは微妙に荒さが残ってる感じも、しかし、もうここまで来るとね。。
オフィシャルブートのエコー処理は、やはりああなるのか・・・など思ったり、聴き比べも楽しそうですが。。
たくさん出るので・・・・それは後々。。

SATISFACTION GUARANTEEDで超える音源が出そうそ書きましたが、とうとう!!
’81年の名盤をとうとう超える音源。すごいですね・・・。。


Live at Sun Devil Stadium, Tempe, Arizona, USA 13th December 1981

Disc 1 (71:20)
1. Take The A Train 2. Under My Thumb 3. When The Whip Comes Down
4. Let's Spend The Night Together 5. Shattered 6. Neighbours
7. Black Limousine 8. Just My Imagination 9. Twenty Flight Rock
10. Going To A Go Go 11. Let Me Go 12. Time Is On My Side 13. Beast Of Burden
14. Waiting On A Friend 15. Let It Bleed

Disc 2 (62:59)
1. You Can't Always Get What You Want 2. Band Introductions 3. Little T & A
4. Tumbling Dice 5. She's So Cold 6. Hang Fire 7. Miss You
8. Honky Tonk Women 9. Brown Sugar 10. Start Me Up
11. Jumping Jack Flash 12. Satisfaction 13. The Star Spangled Banner




  1. 2013/09/07(土) 00:33:37|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWEET SUMMER SUN/THE ROLLING STONES

SWEET-SUMMER-SUN.jpg

オフィシャルリリースが発表されましたね。やはり、ハイドパークでした。普通に・・・

タイトルは、ラビングカップの歌詞。。入ってないけど(笑)。良いタイトル。。

3LP付きまで出るようで。。

DVD,CD,BLURAY・・・・3枚組LPは・・・微妙。。いらないかな・・。。


イントロを直した甲斐もありましたね。。しつこい。。(爆)


映像はボーナスが。。



ディスク:1

1. スタート・ミー・アップ
2. イッツ・オンリー・ロックン・ロール
3. ストリート・ファイティング・マン
4. ルビー・チューズデイ
5. ドゥーム・アンド・グルーム
6. ホンキー・トンク・ウィメン
7. ユー・ガット・ザ・シルヴァー
8. ハッピー
9. ミス・ユー
10. ミッドナイト・ランブラー
11. ギミー・シェルター
12. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
13. 悪魔を憐れむ歌
14. ブラウン・シュガー
15. 無情の世界
16. サティスファクション
17. ダイスをころがせ(ボーナス映像)
18. 黒くぬれ(ボーナス映像)
19. ビフォー・ゼイ・メイク・ミー・ラン(ボーナス映像)
  1. 2013/09/06(金) 21:30:18|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Voodoo Lounge World Tour 94/The Rolling Stones

VLW94.jpg

懐かしのCDを。。


94年、AUD,音質80点、まあごくごく普通の音。近くもなく。。。しかし、オーデイエンスノイズがないとこが、聴きやすくこの音でも当時は夢中で、問題なく聞けましたね。今の水準では下げないといけないですかね。。
DATで録音することが普通になった当時、入力オーバーさえしなければ、そこそことれるように。あくまでもそこそこだけど・・・

記念すべき、94年の1日目。今見ても魅力的な選曲。
演奏もうまくいったりいかなかったり。。。しかし、セットリスト見るだけでもいいね。。
いきなり2曲目のアンダーカバーにも驚き。演奏もなかなか。しかし、Tumbling Diceはミックが入り遅れ、Rocks Offはイントロでミス。ものすごくうれしかったMemory Motelはよい演奏なのにCUTされてしまう。。。
Hot Stufはファンク色が強く、ホーンもド派手に取り入れたアレンジですが、出だしからもさっとした演奏。
ミックの後に、後追いで入るコーラスもなんだか・・・。この結果。久々に登場のこの曲、すぐにオミット。。
普通にミス・ユーに。。モータウン・ソングと紹介され、I Can't Get Next To Youはまあまあ。。
ブードゥーからたくさん演奏され、Brand New Carはどういう風にうねりを出してゆくのか??とても興味津々で・・・・しかし、これもオミット。。ややジミか?でもI Go Wildをやるんなら・・・(笑)
などとも思った選曲。今年のハイドパークみたいに、直してもよいから(爆)この日のオフィシャルBOOTが
あったらなんてね。。
この日の音源はいくつか。TSPが有名ですかね。最初に買ったこちらに愛着があったりして。。



RFK Memorial Stadium, Washington D.C., Aug. 1, 1994

DISC 1

Not Fade Away/Undercover Of The Night/Tumbling Dice/Live With Me/You Got Me Rocking/
Rocks Off/Sparks Will Fly/Shattered/Satisfaction/Beast Of Burden/Memory Motel/
Out Of Tears/All Down The Line/Hot Stuff

DISC 2

I Can't Get Next To You/Band introductions/Brand New Car/Honky
Tonk Women/Before They Make Me Run/The Worst/Love Is Strong/Monkey Man/I Go Wild/Start
Me Up/It's Only Rock'n Roll/Street Fighting Man/Band introductions/Brown Sugar/
Jumpin'Jack Flash
  1. 2013/09/06(金) 11:09:35|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Foottappers & Wheel Shunters Club Gig/THE ROLLING STONES

PARADISO-95.jpg


'95年、特殊音源?音質80点。特殊というのは規制が厳しかったこの特別LIVE。
AUD物は出ていないようで、近所の公園でこの模様を放映したものからの録音というへんてこりんな音源のようです。
ということで、もとはSBDで、それを録音したと言う変な音源。なかなかいいところもあるんですが、ミックのボーカルが風呂場みたいなエコーで。。。それでもイコライジングで直しているようですが。。
ボーカルは低いのに、ベースはまあまあ聞こえる。AUD録音とはまた違う音ですね。
レア曲満載の有名音源。STILL A FOOLは音も演奏もかっこいいです。
凄く魅力的なセットリスト、後に音質のUP版が出るかなーと期待していましたが、まったく。。
音がの残っているだけでも凄いことなんですが。。STILL A FOOLのなかなかの演奏は他でも披露できる演奏であったと。。JUMP ON TOP OF MEなどは、最近はなかなか聴かない曲。懐かしさすら。
BEFORE THEY MAKE ME RUNは失敗して、やり直してましが、やり直したイントロもまた変で・・(爆)
3曲も歌うサービス。
セットリストに夢があるね。。



LIVE AT PARADISO, AMSTERDAM, 27 MAY 1995

DISC 1

INTRODUCTIONS
NOT FADE AWAY
IT'S ALL OVER NOW
LIVE WITH ME
LET IT BLEED
BEAST OF BURDEN
ANGIE
WILD HORSES
SWEET VIRGINIA
DEAD FLOWERS
STILL A FOOL
DOWN IN THE BOTTOM
SHINE A LIGHT

DISC 2

LIKE A ROLLING STONE
JUMP ON TOP OF ME
CONNECTION
BEFORE THEY MAKE ME RUN
SLIPPING AWAY
MONKEY MAN
CAN'T GET NEXT TO YOU
ALL DOWN THE LINE
STREET FIGHTING MAN
RIP THIS JOINT
RESPECTABLE
  1. 2013/09/05(木) 15:09:00|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代官山へ

8月最後の日、夏の終わりはキルフェボンに行きたい!!と、言われ。。
自転車で代官山へ。。

DSC07725.jpg
マンゴーのタルト。中はコーヒーの風味のクリームだったりします。。
DSC07723.jpg
嫁はん、これが目的。。桃!!夏。。
DSC07721.jpg
ベリー、ベリー。。。だらけのタルト。。
ケーキで季節を感じるのか・・・・。。。。。。。。
  1. 2013/09/04(水) 01:46:02|
  2. おかし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Danger! Keep Behind Barbed Wire/THE ROLLING STONES

KEEP-97.jpg



’97年、SBD、音質87点。モノラルに近いSBDですがバランスはよいですね。生々しい感じの音で、ピークのときに微妙に歪むのと、プチッというのイズがたまに。どちらも、それほど目立つものではないので、大きなマイナス・・まあ、BOOT許容範囲か・・??
この音源の目玉は、Crazy MamaがSBDで聴けるというところ、やや、あぶなっかしい演奏ではありますが、ロックしててよい感じ。ロンも一応、ギターソロは思い出したか?なかなかファンキーなソロを。
Brown Sugarで音が小さくなって始まりますが、すぐ戻ります。
演奏はかなり良く、気に入っている音源。
Crazy MamaはLIVEに似合う曲ですが・・あまり演奏されませんね。。
ボートラは、MYVの10-Spotの放送音源。なのでこれもSBDで、音はよいもの。
シスターもるひねが高音質で聴ける音源です。なかなか熱いボーカル。カッコイイです。

雑に合成されたジャケ写が悲しい・・・・キースの頭・・レッチリのベースみたい・・・。。。涙。。

Fort Worth, TX 1st Nov. 1997
Disc 2 Tracks 11-15 Capitol Theatre,
Port Chester, NY 25th Oct. 1997

DISC 1
1. Intro
2. (I Can't Get No) Satisfaction
3. It's Only Rock'n Roll (But I Like It)
4. Let's Spend The Night Together
5. Flip The Switch
6. Gimme Shelter
7. Dead Flowers
8. Anybody Seen My Baby?
9. Bitch
10. Out Of Control
11. Star Star
12. Miss You
13. Band Introductions
14. All About You
15. Wanna Hold You

DISC 2
1. Stage Transfer
2. Little Queenie
3. Crazy Mama
4. You Got Me Rocking
5. Sympathy For The Devil
6. Tumbling Dice
7. Honky Tonk Women
8. Start Me Up
9. Jumping Jack Flash
10. Brown Sugar

Bonus Tracks
11. Tumbling Dice
12. Anybody Seen My Baby?
13. Sister Morphine
14. Out Of Control
15. Gimme Shelter
  1. 2013/09/03(火) 17:49:26|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOUTH AFRICAN LOUNGE/THE ROLLING STONES

130827202434.jpg


映像です。'95年、TV放送されたもので、昔からの有名映像ですが、画質上がり、保存盤的内容ですね。「Rock And A Hard Place」がカットされてます。まあ、カットがこれでよかったともいえますが。。
95年の来日公演の直前の南アフリカのヨハネスブルグ公演、定番ですね。
しかし、映像はくらめですが、カメラのカットがすばらしく、キースをアップで捉えるシーンなど、きっちり「おいしいいところ」が映されてるところが最高ですね。
出だしのの、メンバーのおしゃれオジサンというか、金がやたらかかっていそうな衣装も懐かしい。Sympathy For~の衣装も雑誌などでよく見かけた衣装ですね。
You Got Me Rockingの出だし、It's All Over Nowのソロのキースなどはわかってるねー。というところからでよい感じ。。Street Fighting Manでキースのギターの音が出ないところも、冷静に伸ばして乗り切る様子が。
また、ロン ウッドが、メンバー紹介でミックを紹介するのも名シーン。なので、キースは次のHappyでも、ホンキートンクマンとして紹介されて。。
完全盤とまでいかなかったのは残念ですが、最高の映像ですね。





Live at Ellis Park Stadium, Johannesburg, South Africa 25th February 1995

1. Intro. 2. Not Fade Away 3.Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking
5. It's All Over Now 6. Live With Me 7. Sparks Will Fly 8.Satisfaction
9. Out Of Tears 10. Angie 11. Midnight Rambler 12. I Go Wild 13. Miss You
14. Member Intro. 15. Honky Tonk Women 16. Happy 17. Slipping Away
18. Sympathy For The Devil 19. Monkey Man 20. Street Fighting Man
21.Start Me Up22.It's Only Rock'n'Roll 23. Brown Sugar 24. Jumping Jack Flash
  1. 2013/09/02(月) 15:16:02|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TAMPA 1994/THE ROLLING STONES

130730224932.jpg

'94年、SBD音質89点。高音質のボード音源、「WOLFGANG’S VAULT」によるものですが、ラフな感じの音で、輪郭がソフトな音ではあります。ギターのダイレクト感が凄く、サポートメンバーのバランスは低めなので、BANDの音を聴きまくるには最高です。ボード直結の音という感じですかね。
95年サンチアゴ公演に続いて「VOODOO LOUNGE」ツアーでの、SBD、しかも初登場。これはうれしいところ。
It's Only Rock'n Roll冒頭で頭切れがありますが、あとは完全収録。補填はありません。
この日の音源はAUDでもあまり出回ってないので、まあ。。。いきなり高音質のボード音源で聴けるという驚きの音源。
バランスもラフで、BOOTを聞く人にはホーンが途中まで聞こえない、キースのギターがやたら目立つ、という・・・最近出現のスーパーSBDはこの感じが多いですが・・・
まさか、ウルフギャングの人が、マルチトラックテープを手に入れて、STONESがめいっぱい出るマスタリングを・・・(爆)
そのおかげか、Shatteredのキースのギターはうねり、全体的にも独特なうねりが目立って面白いです。
94年は選曲が面白いですが、この日はBeast Of Burden~Far Away Eyes。これが最高!!Far Away Eyesの演奏は、たまにやったわりには奇跡?の出来で驚き。‌このキースはThe Worst。まあ、いいですわー。。しかし、これ、イントロで
やり直しという、カッコよさもやや落ちる・・・しかし、今年のハイドパークのオープニングは、オープニングといえど、やり直してもいいのではないかと思うひどさだったわけで。。
晴れの舞台での歴史的1曲目、そこを、やり直してよいかどうかは・・・・
父さん・・・判断できません。。。
で、リチャズはこの日は、やり直し。。渋く決めることができました。。
しかし、後半のSympathy For The Devil~、Monkey Man。。このリズムは20年近く前のBANDはできたが。。なかなか凄いノリ。
Monkey Manの刻んだリズムから、スライドが流れるように進む展開はいまさらながら、カッコイイ。。
女コーラスが、「もももも、もっももも・・・」と、ど派手に決めるのはなんだか。。いまだにここだけ嫌いです。。(笑)
SFMから怒涛のオンパレードですが、ばらえてーもあり、楽しめるブードゥー音源。。


Live at Tampa Stadium, Tampa, Florida, USA 22nd November 1994

Disc 1 (59:23)
1. Introduction 2. Not Fade Away 3. Tumbling Dice 4. You Got Me Rocking
5. Shattered 6. Rocks Off 7. Sparks Will Fly 8. Satisfaction
9. Beast Of Burden 10. Far Away Eyes 11. Doo Doo Doo Doo Doo
12. Love Is Strong 13. It's All Over Now

Disc 2 (73:56)
1. I Go Wild 2. Miss You 3. Band Introductions 4. Honky Tonk Women
5. Before They Make Me Run 6. The Worst 7. Sympathy For The Devil
8. Monkey Man 9. Street Fighting Man 10. Start Me Up
11. It's Only Rock'n Roll 12. Brown Sugar 13. Jumping Jack Flash
  1. 2013/09/01(日) 01:09:55|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (26)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (38)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (128)
お出かけ (73)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (77)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (152)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR