SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

Live at the Cellar Door/NEIL YOUNG

CELLAR-DOOR.jpg

ニール ヤング、LIVEシリーズ?また出ましたね。

70年のソロLIVE。聴いて驚いたのがまず音が良い。生々しい音で、目の前で?という音。

昔は、”TELL ME WHY”のLIVEが聞きたくて、BOOTを探し回ったのに、またまた!

しかし、ゴールドラッシュのときのLIVEなので、名曲ばかり、すごいSETですね。
”CINNAMON GIRL”は、珍しいピアノで、なんか危なっかしいイントロですが。。
”FLYING ON THE GROUND IS WRONG”では、ピアノの弦をいじくってるのか、ホラー映画
みたいな音を出したりして、お遊び?
バッファローのときの曲も多く、ニールもバッファローでの高音質の音源がないことを
残念だといってましたが、どこからか見つかりませんかね。。
ピアノの演奏も多いですが、じっくり曲のいよさを味わえるLIVE。



1.TELL ME WHY
2.ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART
3.AFTER THE GOLD RUSH
4.EXPECTING TO FLY
5.BAD FOG OF LONELINESS
6.OLD MAN
7.BIRDS
8.DON'T LET IT BRING YOU DOWN
9.SEE THE SKY ABOUT TO RAIN
10.CINNAMON GIRL
11.I AM A CHILD
12.DOWN BY THE RIVER
13.FLYING ON THE GROUND IS WRONG
スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 02:15:49|
  2. オフィシャルN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BORN IN THE USA LIVE IN LONDON/Bruce Springsteen

BORN-IN.jpg

High Hopes の限定で付属するDVDより。

BORN IN THE USAの再現LIVEですね。前にもと仕上げたものかと思いきや、
こちらは、2013のロンドンのもの。
2009年のジャイアンツスタジアムのバージョンはBOOTで高音質で出ましたが、
今回はオフィシャルの映像ですねー。
”I'm On Fire””No Surrender”の流れは最高ですねーー。
リバー再現liveも映像でみたいですねー。
演奏に流れがあって最高にいい感じ。リバーも、もう一度やればいいけどねー。
  1. 2014/01/30(木) 13:03:51|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

High Hopes /bruce springsteen

HIGH-HOPES.jpg

スプリングスティ-ンの新作。なにかやわらかくなりすぎていた?感のある最近だったけど、熱さがもどり、初期の元気なおとに。1曲目から熱くて良いですね。
レイジのトム・モレロが7曲も参加していますが、1曲目からやたらそれらしいギターを。ちと面白いです。
”American Skin””The Ghost of Tom Joad”をスタジオ録音して持ってきたのはなぜなんですかね?
まあ、有名曲も入ってますが、かるーい”Frankie Fell in Love”や、アイルランド民謡みたいな音の”This is Your Sword”など、気に入ってます。
オルガンの故、ダニー・フェデリーシとクラレンス・クレモンズの音も入っていて、Eストリートらしい音、イイネ!


1. High Hopes
2. Harry's Place
3. American Skin (41 Shots)
4. Just Like Fire Would
5. Down in the Hole
6. Heaven's Wall
7. Frankie Fell in Love
8. This is Your Sword
9. Hunter of Invisible Game
10. The Ghost of Tom Joad
11. The Wall
12. Dream Baby Dream
  1. 2014/01/29(水) 16:16:06|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

30th Anniversary Concert Celebration

BOB1.jpg
ディランの30周年コンサートが完全盤?リリースされますね。凄くよい演奏だった、クラプトがカット無しで収録されたます。嬉しい!

ルー リード、ニール ヤング、ん??でも少ないな。。完全盤ではない?クラプトンが収録されるのはよかった!!


1. Like A Rolling Stone - John Mellencamp
2. Blowin’ In The Wind - Stevie Wonder
3. Foot Of Pride - Lou Reed
4. Masters Of War - Eddie Vedder/Mike McCready
5. The Times They Are A-Changin’ - Tracy Chapman
6. It Ain’t Me Babe - June Carter Cash/Johnny Cash
7. What Was It You Wanted - Willie Nelson
8. I’ll Be Your Baby Tonight - Kris Kristofferson
9. Highway 61 Revisited - Johnny Winter
10. Seven Days - Ron Wood
11. Just Like A Woman - Richie Havens
12. When The Ship Comes in - The Clancy Brothers and Robbie O’Connell with special guest Tommy Makem
13. War - Sinead O’Connor
14. Just Like Tom Thumb’s Blues - Neil Young
15. All Along The Watc htower - Neil Young
16. I Shall Be Released - Chissie Hynde
17. Love Minus Zero, No Limit - Eric Clapton
18. Don’t Think Twice, It’s Alright - Eric Clapton
19. Emotionally Yours - The O’Jays
20. When I Paint My Masterpiece - The Band
21. You Ain’t Goin’ Nowhere - Mary-Chapin Carpenter/Rosanne Cash/Shawn Colvin
22. ABSOLUTELY SWEET MARIE - George Harrison
23. LICENSE TO KILL - Tom Petty & The Heartbreakers
24. RAINY DAY WOMAN #12 & 35 - Tom Petty & The Heartbreakers
25. MR TAMBOURINE MAN - Roger McGuinn
26. IT’S ALRIGHT, MA - Bob Dylan
27. MY BACK PAGES - Bob Dylan/Roger McGuinn/Tom Petty/Neil Young/Eric Clapton/George Harrison
28. KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR - Everyone
29. GIRL OF THE NORTH COUNTRY - Bob Dylan
※以下ボーナス・トラック
*Leopard-Skin Pill-box Hat - John Mellencamp
*Boots Of Span ish Leat her - Nancy Griffith with Carolyn Hester
*Gotta Serve Somebody - Booker T. & The M.G.’s
  1. 2014/01/28(火) 17:21:59|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BREMEN 1998 COMPLETE EDITION /ROLLING STONES

BREMEN98.jpg
BREMEN2.jpg
チ〇〇〇??ファッショん??
MEMORY1.jpg
"し がだ まぁあぁぃん~~・・・・・”

映像です。'98年、9月2日ブレーメンでの映像ですね。
98年の定番映像で、音のほうは、「You Got Me Rocking」などでリリースされてましたね。
TV放送で、Bバビロンのコンプリートを高画質でみられます。
ステレオで音質も良く、”Satisfaction”ではじまるLIVEが迫力ある、キースの音で。
なんか見てたら、SAIT OF MEのフォーク ブルース、みたいな終わり方が素敵です。”Flip The Switch”など、もう出てこないであろう曲がたくさん。そして、”Memory Motel”をやってますね。キースのパートは”Thief In The Night”と”Wanna Hold You”というわりと変化球な選曲。毎度の、”Like A RollingStone”はキースのコーラすがめだって良いですね。
この日の映像は、ステージにあがるところから入って映像もありますが(このDVDはなし)、16曲90分に短縮されているものもあるので注意ですね。
”Memory Mote”のコーラスの後のキース、イイ顔だねー。。
'98年を代表するLIVE映像。

DISC1

Satisfaction/Let's Spend The Night Together/Flip The Switch/Gimme Shelter/Anybody Seen My
Baby?/Paint It Black/Saint Of Me/Out Of Control/Memory Motel/Miss You/

DISC 2

Band introductions/Thief In The Night/Wanna Hold You/It's Only Rock'n Roll/
You Got Me Rocking/Like A RollingStone/Sympathy For The Devil/Tumbling Dice/
Honky Tonk Women/Start Me Up/Jumpin' Jack
Flash/You Can't Always Get What You Want/Brown Sugar
  1. 2014/01/27(月) 21:23:38|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMPLETE BLUES NIGHTS 1990(Vol.3)/ERIC CLAPTON

BLUSNITE3.jpg

'90年のRAH、ブルースナイトを収録した6枚組みより、2月5日、DISC 5.6を。

'90年、SBD,音質92点、音質最高のSBDですね。バランスはもしかしたら、DISC 1,2よりはいじられていないのかもしれません。ギターの音が微妙に引っ込んでいると感じますが、これも超高音質で完全盤。
この音源は、オフィシャル、「24 Nights」のために正式にレコーディングされた日で、この日のテイクからはWorried Life Blues、Watch Yourself、Have You Ever Loved a Womanが「24 Nights」に採用されてますね。」
この日は、優秀な「Blues Night London 1990」が出ていましたが、”Wee Wee Baby”の曲中のフェイドアウト&フェイドインがあったので、これで完全盤高音質と言うことに。
この日も、”Sweet Home Chicago”などで、バディさんがしなくても良い(爆)爆発をしています。
早弾きなんだかクチャクチャなんだか良くわかないギターでね。。ははは。
一方エリックさんは、リラックスした演奏で、3日間でもこなれた演奏なんですかね、”Worried Life Blues”がカッコイイです。オフィシャルの採用されただけのことはありますね。やはり。

90年、BLUES NIGHTを高音質で聴くことができる最高のセットですね。まあ、ECより、バディー・ガイが目だった感があり、けっこうおなかいっぱいになりますが。。

Live at The Royal Albert Hall, London, UK 5th February 1990

Disc 5 (70:43)
1. Opening 2. Key To The Highway 3. Worried Life Blues 4. Watch Yourself
5. Have You Ever Loved a Woman 6. Johnnie's Boogie
7. Standing Around Crying / Long Distance Call
8. Member Introduction 9. Going Down Slow 10. You Belong To Me 11. Cry For Me
12. Howling For My Baby 13. Same Thing

Disc 6 (60:53)
1. Money 2. Five Long Years 3. Everything's Gonna Be Alright 4. Something On Your Mind
5. Sweet Home Chicago 6. My Time After A While 7. Wee Wee Baby

Eric Clapton - Guitar, Vocal Johnny Johnson - Piano Robert Cousins - Bass
Jamie Oldaker - Drums

Robert Cray - Guitar, Vocal (Going Down Slow, You Belong To Me,
Cry For Me, Howling For My Baby, Same Thing & encore)
Buddy Guy - Guitar, Vocal (Money, Five Long Years, Everything's Gonna Be Alright,
Something On Your Mind, Sweet Home Chicago & encore)
  1. 2014/01/26(日) 09:05:21|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMPLETE BLUES NIGHTS 1990(Vol.2)/ERIC CLAPTON

BLUESNIGHT.jpg

'90年のRAH、ブルースナイトを収録した6枚組みより、2月4日、DISC 1,2を。

'90年、AUD,音質88点、エコーが少し回った臨場感のある音、曲中のオーディエンスノイズがなく、バランスが良く距離感は感じますが、ベースの音も聴こえる高音質音源。2階席前列から録ったような音?
この高音質音源は初登場で、このときのオーデイエンス録音の中では最高峰でしょう。
この日からは、残念?ながら、”All Your Love”が”Watch Yourself”に変ってしまいます。
圧倒的に演奏回数が少ない”All Your Love”ですが、高音質で残されたので、まあ・・。。
”Have You Ever Loved A Woman”はスローで、じわーっと来る感じがいいですね。ジョーニー・ジョンソンのブギーピアノ。元気なころの音が聞けていいですね。転がってます。
この、キャスティングはくらぷろんの手柄ですね。

もう、この日の”Sweet Home Chicago”のガイさんはめちゃくちゃですね。。チト笑えます。
そこへ、冷静?なフレーズで入ってくるECは、大人?なフレーズ。
音は素晴らしいですが、演奏はラジオなどが入らないためか?意外と演奏が荒いのが面白いですね。
”Worried Life Blues”などもクラプトン、飛んでます。
超高音質でのブルースナイト、2日目。


The Royal Albert Hall, London, UK 4th, February 1990



Disc 3 (60:40)
1. Opening 2. Key To The Highway 3. Worried Life Blues 4. Watch Yourself
5. Have You Ever Loved A Woman 6. Johnnie's Boogie
7. Standing Around Crying / Long Distance Call 8. Going Down Slow
9. You Belong To Me 10. Cry For Me

Disc 4 (64:29)
1. Howling For My Baby 2. Same Thing 3. Money 4. Five Long Years
5. Something On Your Mind 6. Everything's Gonna Be Alright
7. Sweet Home Chicago 8. My Time After A While



  1. 2014/01/25(土) 00:11:29|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMPLETE BLUES NIGHTS 1990(Vol.1)/ERIC CLAPTON

131230154052.jpg

'90年のRAH、ブルースナイトを収録した6枚組みより、2月3日、DISC 1,2を。

'90年、SBD,音質98点、BBCラジオで放送された、有名音源ですが、マスターからということで、最高の音質です。オフィシャルとしてそのまま出せるレベル、しかし、オフィシャルのようになにか整えてはいない音にも感じられます。きれいじゃない分(整え過ぎな感じ)、迫力もあり最高の音で聴くことができます。
この日は、有名音源、Journeymanレーベル「Blues Night」の日ですね。あちらはBBCラジオの放送のエアチェック音源で、微妙にノイズ、レンジの狭さがありましたが、こちらは完璧。そして、”Have You Ever Loved A Woman”、”Howling For My Baby”、”My Time After A While”
が未収録で、今回その音源も。
初日は、”All Your Love”が最高の出来ですね。完璧と言えるんでは?
まあ、ロバート・クレイとバティー・ガイってのは、特に好きなギタリストではありませんが、それぞれの解釈やフレーズは聞いてて楽しいですねー。
"Standing Around Crying / Long Distance Call"も、この人にありがちな、無茶弾き(ここが嫌いなんだけど・・)いい感じ。まあ、「ブルース」という意識がきっちりあるんでしょう。しかし、”Five Long Years”
は・・・凄い声。。ギターもなにかヒステリックで、このへんはあまり。。(笑)
”Sweet Home Chicago”なども、好き勝手に挟み込む感じもあり、粗いJAMな感じ。凄いことに・・
という感じですね。。”Wee Wee Baby”のECのボーカルとギターが押さえに回ってる?ように感じるのは私だけか?しかし、粗いJAMもこれはこれで。。しかし、この曲の、オクターバーみたいな音とクレイのふん詰まったフレーズ。個性的・・。。

BBCで放送されながらも、ラジオエアチックとも思えない、音の悪いBOOTが出回った、90年のこの音源たちが、この音質で聞けるのは最高ですね。



The Royal Albert Hall, London, UK 3rd, February 1990

Disc 1 (74:06)
1. Opening 2. Key To The Highway 3. Worried Life Blues 4. All Your Love
5. Have You Ever Loved A Woman 6. Standing Around Crying / Long Distance Call
7. Johnnie's Boogie 8. Going Down Slow 9. You Belong To Me 10. Cry For Me
11. Howling For My Baby 12. Same Thing

Disc 2 (71:01)
1. Money 2. Five Long Years 3. Everything's Gonna Be Alright 4. Something On Your Mind
5. My Time After A While 6. Sweet Home Chicago 7. Hoochie Coochie Man 8. Wee Wee Baby
  1. 2014/01/24(金) 20:05:25|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOGETHER & APART LIVE 2010(Vol.4)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

JB41.jpg
JB42.jpg

JEFFBECK&ERIC CLAPTONのアメリカ、イギリス、カナダの映像を収録した4枚組DVDから、DISC 4の21,Feb,2013を。

'10年、AUD SHOT、高い位置からのSHOT、引き、3階あたり?映像はものすごく遠いですが、音も近くはないで
すが良好、スクリーンは角度が違うのか?ほぼ映らず、ひたすらステージを監視カメラのように映しているので
ステージがどんな感じかはわかりやすい映像。アップは少ないですね。
少ない公演回数ですが、このへんでSETは固定、BECKのステージでは、”Nessun Dorma”冒頭でBECKがモニタースピーカーにしりもちをついて、照れながら空を仰ぐシーンが。その後照れ隠しか?スピーカーに
座り弾く姿が。。
ECもセットは変らず、そうとう遠くからで、拍手は拾ってますが、演奏が埋もれる感じではないのでストレスなく聴くことができます。”I've Got A Rock n' Roll Heart”のオルガンの響きは良いですね。
臨場感もあり、”Moon River”など、きれいな余韻が。。
こんな遠くからでも、良好な音で。。録音機材の進化?いや、スピーカーや出音の調節なのか、音質はなかなか。

DISC 1の凄い映像が飛び切り凄いですが、他も高音質で楽しめますねーー。。



Disc 4
Live at Air Canada Centre, Toronto, Ontario, Canada 21st February 2010

Jeff Beck
1. Corpus Christi Carol 2. Bass Solo 3. Hammerhead 4. Mna Na Heireann
5. Brush With The Blues 6. Big Block 7. A Day In The Life 8. Nessun Dorma

Eric Clapton
1. Driftin' 2. Layla 3. Running On Faith 4. I've Got A Rock n' Roll Heart
5. Tell The Truth 6. Key To The Highway 7. I Shot The Sheriff 8
. Little Queen Of Spades 9. Cocaine

Jeff Beck & Eric Clapton
1. Shake Your Moneymaker 2. Moon River 3. You Need Love 4. Outside Woman Blues
5. Little Brown Bird 6. Wee Wee Baby 7. I Want To Take You Higher 8. Crossroads

COLOUR NTSC Approx. 133min.
  1. 2014/01/23(木) 12:53:54|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOGETHER & APART LIVE 2010(Vol.3)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

BC3.jpg



'10年、AUD SHOT、スクリーン ショットが多い映像で、18日と同じような映像。ベックのセットのうち前半30分
が未収で、3曲のみの収録。と言うことで、”Big Block2からの収録ですが、音が良く、ローンダのベース、
歪ませたりチョッパーしたり、目立ってます。
ECは”Little Queen Of Spades”が良いですかね。指弾きで入れるオブリ。そして、後半のECのソロは最高です。
ピアノのクリス、オルガンのウォルトが良いですね。
2人の共演はやはり、Little Brown Bird、Wee Wee Babyが好み、”I Want To Take You Highe”ってのは
ギター的には?あんまり盛り上がらないような。
しかし、MSGもドイルはいないので、ECが「ぶんじゃからからか・・・」なんて、いうコーラスをするなんてね。。
10年前は考えられない?19日MSG。


Madison Square Garden, New York, USA 19th February 2010

Disc 3
Live at Madison Square Garden, New York, USA 19th February 2010 AMAZING SHOT!!!

Jeff Beck
1. Big Block 2. A Day In The Life 3. Nessun Dorma

Eric Clapton
1. Driftin' 2. Nobody Knows You When You're Down And Out 3. Running On Faith
4. I've Got A Rock 'N Roll Heart 5. Tell The Truth
6. Key To The Highway 7. I Shot The Sheriff
8. Little Queen Of Spades 9. Cocaine

Jeff Beck & Eric Clapton
1. Shake Your Moneymaker 2. Moon River 3. You Need Love 4. Outside Woman Blues
5. Little Brown Bird 6. Wee Wee Baby 7. (I Want To Take You) Higher 8. Crossroads

COLOUR NTSC Approx.112min.
  1. 2014/01/22(水) 13:28:17|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOGETHER & APART LIVE 2010(Vol.2)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

JB18-MSG.jpg

JEFFBECK&ERIC CLAPTONのアメリカ、イギリス、カナダの映像を収録した4枚組DVDから、DISC 2の18,Feb,2013を。

'10年、AUD SHOT、正面からやや左上によったショットで、O2のようにハイビジョンカメラではないようですね。
音もMSGにしては高音質、しかし、BECKのステージで4.5分字幕だけになったり、ECのステージでは、スクリーンメイン、音はなかなかよいので音を聴きつつ、たまに画像。。ですね。
BECKのステージでは30人ほど?のストリングスとの共演、ロンドンより増えてますね。
”Hammerhead”と、やはり、”Big Block”がいいですね。しかし、”Led Boots”でチョッパーしてしまう、Rhonda Smithはやはり、プリンスだのチャカカーンの人?悪くはないですけどね・・・必要もないような(笑)。
ECのステージでは、”I've Got A Rock N' Roll Heart”ですね。まあ、ほんとはエレキバージョンが好きですが、曲は好きです。”I Shot The Sheriff”」で人差し指のチョーキングを繰り返すのは、なんか目面しい?
2人のステージもスクリーンショットが多いですが、真正面から見えるので、小さい画像でみるにはみやすいですね。
”Little Brown Bird”で、ベックが爆発?と思いきや、この日はそうでもなく、ECのスローなソロの後、アーミング
でのソロが多く、完全にJAMでその日の気分でやっているのがわかり、この変が面白いですね。
ツアー3日目公演、2月18日のニューヨークMSG公演でしたー。。



Disc 2
Live at Madison Square Garden, New York, USA 18th February 2010

Jeff Beck
1. Eternity's Breath 2. Stratus 3. Led Boots 4. Corpus Christi Carol
5. Bass Solo 6. Hammerhead 7. Mna Na Heireann 8. Brush With The Blues
9. Big Block 10. A Day In The Life 11. Nessun Dorma

Eric Clapton
1. Driftin' 2. Nobody Knows You When You're Down And Out 3. Running On Faith
4. I've Got A Rock N' Roll Heart 5. Tell The Truth 6. Key To The Highway
7. I Shot The Sheriff 8. Little Queen Of Spades 9. Cocaine

Jeff Beck & Eric Clapton
1. Shake Your Moneymaker 2. Moon River 3. You Need Love 4. Outside Woman Blues
5. Little Brown Bird 6. Wee Wee Baby 7. I Want To Take You Higher 8. Crossroads

COLOUR NTSC Approx.145min.

JEFF BECK & HIS BAND

Jeff Beck guitar / Jason Rebello keyboards / Rhonda Smith bass / Narada Michael Walden drums / (*)=with 30 Piece Orchestra

ERIC CLAPTON & HIS BAND : Eric Clapton - guitar & vocals / Chris Stainton ? keyboards
Walt Richmond ? keyboards / Willie Weeks ? bass / Steve Gadd ? drums /
Michelle John - backing vocals / Sharon White - backing vocals

  1. 2014/01/21(火) 13:22:12|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOGETHER & APART LIVE 2010(Vol.1)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

140109214127.jpg

JEFFBECK&ERIC CLAPTONのアメリカ、イギリス、カナダの映像を収録した4枚組DVDから、DISC 1の13、Feb,2013を。

'10年、AUD SHOT、真横からのショットで、高画質、音も超高音質、真横でもこんなに音がいいんですねー、という、
音の回りもない凄い映像。
録音するならビデオカメラでいいのではないかと思ってしまいますね。まあ、ドスッとくる低音なんかはないですが、中域がしっかりしていて聴き疲れしません。
ツアー初日となる2月13日のロンドンO2アリーナ、
日本公演とはメンバーもやや違い、そのへんも楽しめますが、やけに高音質。やはり、Narada Michael Walden のドラムは最高だね。Rhonda Smithの強烈なベースは、尖っていてなかなか凶暴な部分も。タルとはぜんぜん違うところがあり面白いですね。ベースソロも日本と同じような構成で入りますが、チッパーもは入り、最後は
ファズ?ギンギンに歪んだソロは、ウェザリポのジャコのソロを思い出してしまいます。ジャコのように歪ませてサスを効かせて、突然終わるやつね。。”Mna Na Heireann”はバイオリンとの美しい共演。
この日の”Big Block”は強烈です。”There's No Other Me”は with Joss Stone、ベックもノリノリ、
凄いフレーズが飛び出します。
ECは背をむけての映像から始まりますが・・・まあ、延々釘付けで見るわけでもないので、雰囲気は最高です。
”Driftin'”の素晴らしいソロ、いいですねー、高音質で録音者?の咳が入り、運転しながら聞いていたら、
リアル過ぎてで気色悪かったです・・・。ははは。
”Tell The Truth”はドイルがいないので、やや地味に感じますね。”Key To The Highway”もチト軽いアレンジなんだよなー。。ドッシリしたシャフルで聞きたいんだけどねー。。
BECK&ECのステージは、”Shake Your Moneymaker”からだったんですよね。スモーキングブギ?みたいなリズム。2人のステージのSETはソロとは違い、独特で面白いですねー。
”Moon River”みたいな曲に、ECのボーカルが合うのもなんか面白いなーと、”You Need Love”
は2人の息が合っていて、日本公演よりかっこいいかも。。”Little Brown Bird”BECKがソロの前になにかエフェクトをかけるんだけど、変な音(爆)。これは日本のほうがよかったーー。。
でも、ECのソロがいいのでチャラ?で・・・。。。
この日は”Hi Ho Silver Lining”をやってるんだよねー。。ECが先にボーカルをとるのがなにか笑ってしまいます。やや驚きの選曲でO2が終わるのでしたーー。。。
2人のステージになるとカメラマン?もお疲れのようで、かなりうまいアングルも、上向いたりフレームアウトしてたり。。ご苦労さん、あなたのおかげで、4年後でも楽しんでます。。
高画質高音質!!!


Live at The O2 Arena, London, UK 13th February 2010

Disc 1

Jeff Beck
1. Eternity's Breath 2. Stratus 3. Led Boots 4. Corpus Christi Carol * 5. Bass Solo
6. Hammerhead 7. Mna Na Heireann 8. People Get Ready 9. Big Block
10. There's No Other Me (with Joss Stone)11. I Put A Spell On You (with Joss Stone)
12. A Day In The Life

Eric Clapton
1. Driftin' 2. Layla 3. Nobody Knows You When You're Down And Out 4. Running On Faith
5. When Somebody Thinks You're Wonderful 6. Tell The Truth 7. Key To The Highway
8. I Shot The Sheriff 9. Wonderful Tonight 10. Cocaine 11. Crossroads

Jeff Beck & Eric Clapton
1. Shake Your Moneymaker 2. Moon River 3. You Need Love 4. Outside Woman Blues
5. Little Brown Bird 6. Wee Wee Baby 7. (I Want To Take You) Higher
8. Hi Ho Silver Lining

COLOUR NTSC Approx.153min.
  1. 2014/01/20(月) 03:44:37|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE TOGETHER(Vol.2)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

LIVE-TOGETHER2.jpg

'09年、AUD、音質90点、前日と同じく高音質でバランスよく、エコーも回ってなく良い感じです。
こちらのほうが微妙に音が丸いような。。しかし高音質で、安定してます。
ベックのステージは、”You Never Know ”での、トリッキーなフレーズから最高です。
音がよいので、”Cause We've~”でのタルのベースソロも、しっかりした音で○。
”Brush With The Blues”のゆっくり盛り上がる様はやはり最高。見せ場ですよね。ECのステージは、前日と同じように始まりますが、”Key To The Highway”がうれしいですね。”Little Queen~”もけっこう弾きまくるときもあるので、良いんですけどね。。
最初のギターソロは2世。いつもこのレズリースピーカーみたいな変な音。嫌いです。。ははは。
ECのソロは意外と短い・・・。。なんだよ。。でも、この日の”Sheriff”が熱いので良いです。
”Wonderful Tonight”も、この時のスロー過ぎないアレンジが好きです。
2人のステージは、”Brown Bird”” Wee Wee Baby”がやはり最高ですね。ソロの順番も違っていたりする2日間。面白いです。ベックらしい”Want To Take You Higher”クラプトンがスライの曲を演奏、アームスのころは考えられなかったですね。。
久々に2人の共演を。。高音質で聴けるようになり、最高!!


Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 22nd February 2009

Disc 4(53:08)

Jeff Beck
1. Introduction 2. The Pump 3. You Never Know 4. Cause We've Ended As Lovers
5. Stratus 6. Angel 7. Led Boots 8. Goodbye Pork Pie Hat
9. Brush With The Blues 10. Bass Solo 11. A Day In The Life
12. Big Block 13. Where Were You 14. Peter Gunn Theme

Disc 5(53:56)

Eric Clapton
1. Introduction 2. Driftin' 3. Layla 4. Motherless Child
5. Running On Faith 6. Tell The Truth 7. Key To The Highway
8. I Shot The Sheriff 9. Wonderful Tonight 10. Cocaine 11. Crossroads

Disc 6(47:10)

Eric Clapton & Jeff Beck
1. Introduction2. You Need Love 3. Listen Here/Compared To What 4. Here But I'm Gone
5. Outside Woman Blues 6. Brown Bird 7. Wee Wee Baby 8. Want To Take You Higher

EC Band
Eric Clapton - Guitar, Vocals Doyle Bramhall II - Guitar, Vocals
Chris Stainton - Keyboards Willie Weeks - Bass
Abe Laboriel, Jr. - Drums Michelle John - Backing Vocals
Sharon White - Backing Vocals

JB Band
Jeff Beck - Guitar Tal Wilkenfeld - Bass David Sancious - Keyboards
Vinnie Colaiuta - Drums
  1. 2014/01/19(日) 00:02:00|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE TOGETHER(Vol.1)/ERIC CLAPTON & JEFF BECK

140109214203.jpg

CLAPTONとJEFF BECKのIN JAPANが久々にリリースされました。4枚組、2月21日のDISC1.2.3を。


09年、AUD、音質90点、高音質でバランスよく、エコーも回ってなく良い感じです。わりと低音も拾っていて、バスドラもどっしり聞こえます。
この日の音源は、有名レーベルがこけた音という噂(笑)の音源だったため、仲間内で録ったものや、前日書いたDVDなんかを中心に聴いてましたが、これは安定感抜群で、安心音源です。
BECKのステージは、70年代の名曲が多く、それも驚きでしたが"The Pump"からという、まあ、変化球まあ、ECも”Driftin'”からという感じで、盛り上がりは最後に?という感じだったんでしょうか。
”You Never Know”は途中テンポが変るアレンジ、タルのベースも良好に聴こえます。
”Stratus”のギターの低音弦のうなりも響き渡り、 ”Angel”のキーボードとギターの響きもきれい。オーディエンスノイズが低いですね。どこで収録してるんだと言う感じ。
わりとベタな選曲の”Peter Gunn Theme”。。これも、なんか・・・期待できない選曲かなと思ったら、さすが面白いフレージング。でも、後半はアーミングが好きね。。ですね。。
ECのステージは、アコギで始まり、 ”Motherless Child”などは、微妙に距離があるかなという感じですが、バランスもよく、きれい直人です。”Tell The Truth”で、エンジンがかかるという感じでしたが、わりと抑え目な感じ。
EC& BECKは”You Need Love”で、抑え目に。やはり後半、”Brown Bird”あたりが最高。
”Wee Wee Baby”みたいな、ブルースで、BECKが弾きまくる。。このへんも、アドリブで2人が合図を出したり、向きあって楽しそうに進むステージは、なにか楽しい気分でした。
なにか、「対決」的な記事や、タイトルも目にしましたが、そんな感じではなく、融合という感じ。
高音質です!!



Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 21st February 2009

Disc 1 (52:36)

Jeff Beck

1. Introduction 2. The Pump 3. You Never Know 4. Cause We've Ended As Lovers
5. Stratus 6. Angel 7. Led Boots 8. Goodbye Pork Pie Hat
9. Brush With The Blues 10. Bass Solo 11. Blue Wind
12. A Day In The Life 13. Peter Gunn Theme 

Disc 2(59:04)

Eric Clapton
1. Introduction 2. Driftin' 3. Layla 4. Motherless Child 5. Running On Faith
6. Tell The Truth 7. Little Queen Of Spades 8. Before You Accuse Me
9. Cocaine 10. Crossroads

Disc 3(42:46)

Eric Clapton & Jeff Beck
1. Introduction 2. You Need Love 3. Listen Here/Compared To What 4. Here But I'm Gone
5. Outside Woman Blues 6. Brown Bird 7. Wee Wee Baby 8. Want To Take You Higher

Live at Saitama Super Arena, Saitama, Japan 22nd February 2009


  1. 2014/01/18(土) 01:02:14|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BIRDS CROSSING/JEFF BECK& ERIC CLAPTON

BECK--EC-F.jpg
JR-1.jpg
BECKTAL.jpg

2009年のBECKとCLAPTONの来日ライブの2月22日に映像と、21日と22日のBECK&CLAPTON
の競演部分のみの音を収録した1CDR2DVDRのセットから。

'09年、音質87点、AUD音声とAUD映像、やや高音がシャンシャンしますが、音もさほ
ど回ってなく良好。
映像は見に行った日なので、ぜひ、もう一度と思い、手に入れましたが、日本公演は
厳しいのか?この日も、BECKのステージは開始まりから5・6分、上のほうの何も映らない場所
に向いてしまいます、しかし、音はけっこう良く、まあ、音声を聴くのは良いですね。。(笑)・・・
ECの映像の方は、どこかに行って戻らないのか?けっこう多くのパートで、静止画をはさんで加工されてますが、
まあ、音を聞きながらたまに映像を見る程度のもの。2人のステージになるとやや安定して、
揺れながらではありますが良好。右側からなのでECが背中からの
SHOTにはなりますが、様子はよくわかります。

Little Brown Birdのベックの大爆発は、笑ってしまうほど凄いですね。ここをお気に入りの瞬間に。
"Wee Wee Baby"では、ECのフレーズまで、スペーシーに聴こえるのは気のせいか?BECKの存在が
JAMをいつもと違う方向に変えてる気もします。”You Need Love”はやや地味な感じですが、
”Listen Here~”は良い感じに組み合わさるという感じ。ドイル2世のボーカルはJAMにはさみ
込んだパートの1部にしか聴こえません。
笑顔で向き合い、真面目?に自分のパートをこなすBECKと、合わせながらもリラックスして、
楽しいんでいるかのようなECの姿が良いですね。

オフィシャルでも発売された
BECKのライブ、Ronnie Scott's Jazz のECとのパートも選ばれた曲が同じであったのは・・・
これがやりやすいんでしょうか?
2人のステージでは21日の”Little Brown Bird”が気に入ってますーー。



DISC 1

SAITAMA SUPER ARENA FEB, 22 '99

You Need Love
Listen Here -- Compared To What
Here But I’m Gone
Outside Woman
Little Brown Bird
Wee Wee Baby
I Want To Take You Higher

FEB, 21 '99

You Need Love
Listen Here -- Compared To What
Here But I’m Gone
Outside Woman
Little Brown Bird
Wee Wee Baby
Want To Take You Higher

DISC 2

FEB, 22 '99

The Pump
You Never Know
Cause We’ve Ended As Lovers
Stratus
Angel
Let Boots
Goodbye Pork Pie Hat/Brush Whith The Blues
Jeff & Tal Solo
A Day In The Life
Big Block
Where Were You
Peter Gunn


Driftin
Layla
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Queen Of Spade
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

DISC 3

You Need Love
Listen Here -- Compared To What
Here But I’m Gone
Outside Woman
Little Brown Bird
Wee Wee Baby
I Want To Take You Higher







  1. 2014/01/17(金) 10:34:28|
  2. ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

60TH BIRTHDAY LIVE IN LONDON 2004 2CAM-MIX/JEFF BECK

JEFF-BECK-60TH-BIRTHDAY.jpg
60TH-2.jpg
60TH-1.jpg


映像です。素晴らしいAUD SHOTの2004年。2つのカメラ映像を組み合わせていて、2階席?うまく切り替えされているので、凄く見やすい映像です。2004年、60歳の・・あー、もう、2014’。04に60なんだな。。。
ベースの音にはややエコーがかかりますが、音もかなりよく、AUDと言えど、普通にみられる質の高いもの。
”Cry Me A River”や”Blanket”で、ボーカルが参加するので、アクセントで良いですね。
このLIVE,ロン・ウッドがもお祝いに駆けつけています。アンコール、”People Get Ready”に参加・・・してますが。前半はヤンハマーの横に座ってるだけ。立ち上がったら、女性ボーカルとおちゃらけて・・・すこしカッチンングしてます。曲終了後、マイクを持って、BECKにお祝いを。
良い光景が。。しかし、ロンが参加という感じではありません。まあ、前日も出ていて、2日目は、出番が削られている??(爆)まあ、そんなことはないでしょうが、参加曲がこの曲でよかった・・。。
”Freeway Jam””Brush With The Blues””Where Were You”など、迫力のギターが見られます。


LIVE AT RAH,24TH、JUNE 2004

Resolution / Star Cycle / Freeway Jam / Roy's Toys / Big Block
Cry Me A River / Stratus / Goodbye Pork Pie Hat / Angels (footsteps)
Even Odds / Brush With The Blues / Nadia / Nothing But Love
Loose Cannon / Blanket / Rolling And Tumblin' / Blue Wind / Voyage Home
Cissy Strut (Gtr:Ronnie) / Led Boots/ A Day In The Life / Where Were You /
You Never Know / People Get Ready
  1. 2014/01/16(木) 15:22:21|
  2. JEFF BECK 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1983-2001(DVD)/JEFF BECK

140107204142.jpg

BECKのプロショット、TV映像集です。お店ボーナスDVDですが、素晴らしい品質!

”Sling Shot”アメリカでのTV放送ですかね。テレビなので、画質は良好。当然時代が時代だけに、やや粗いですが・・・。十分な画質。私的には、ギターショップてのは苦手で・・
その時期、ギターの音も変りすぎて、進化するBECKになかなかついてはいけませんでしたね。ギターの音も、当時のフェンダー最新ギター?レースセンサー搭載の音がこの音なのか?
そればかりではないですが、レースセンサーってのが嫌いになりました。。(爆)まあ、このアルバムがあまり好きではない。。散々待って、これ・・・という感じでね。。
しかし、だんだん聴くうちに、BECKの音にも慣れてきたのか、好きになった曲もいくつか。。まあ、ベースがいないことや、ARMSのBECKがあまりにも印象的だったこともあるのかな。。んで、人気の高いテリー・ポジオ。この人もけっこう苦手。。2時間も聴くと疲れます。
しかし、ここでの演奏はやはり凄いですね。まあ、音数が多すぎるのはダメなんでしょう。。
ロッキンオンで、JEFF BECKは「超合金という感じで・・・」なんて誰かが書いてたけど、
この演奏。その通りかな、なんてね。

”What Mama Said”はそのなれたころで。。。しかも、日本公演もBSで放送されたりで、この、ものすごい女が横で、わけのわからないフレーズを。。。
で、このTV出演のものは、音が生々しくて最高です。超絶ベースの音もものすごく、繰り返してみてしまう映像。この演奏をオフィシャルLIVE盤にして欲しかったですね。

”Dirty Mind”
ここでもベースがカッコイ!BECKは終始?アームを握っており、アーミングのしすぎではないかと(笑)。。何かウニウニ言い過ぎで。。。なんだか凄いです。もう、ストラトの伝道師と化している?

そして、ARMSのMSGは、タイムカウンターはあるものの、画質音も最高で、”Star Cycle”はギターの伸びから美しい。”Blue Wind”のできは最高ですね。
”People Get Ready”は、アンディー・まだ毛がある・フェアがいい感じです。しかし、これをきっかけに、ECとの長い付き合いが。。。ですね。何かと器用な人。イギリスでのテイクのほうがいいけど、これもいいですね。

最後は、サンフランシスコでのarms。画像はMSGより落ちますが、今まで見ていたものよりもきれいで、これまできれいなら文句なしですね。ヤンハマーが目立ってます。
Doug Wimbishてのも、良いベーシストでしたねー。

画質も最良で、BECKのすごい映像集。これは最高!!



American Television Appearances & ARMS Shows


(80:55)
1. Sling Shot (Arsenio Hall Show 16th December 1989)
2. What Mama Said (Late Night 22nd March 1999)
3. Dirty Mind (Craig Kilborn Show 22nd February 2001)

Jeff Beck appearances at Ronnie Lane's Appeal for ARMS

Madison Square Garden, New York 9th December 1983

4. Intro 5. Star Cycle 6. The Pump 7. Definitely Maybe
8. Blue Wind 9. People Get Ready 10. Going Down

Cow Palace, San Francisco 2nd December 1983

11. Intro 12. Star Cycle 13. The Pump 14. Definitely Maybe
15. Blue Wind 16. People Get Ready 17. Going Down

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.81min.
  1. 2014/01/15(水) 16:02:12|
  2. JEFF BECK 81~90
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRANKFURT 2013/BLACK SABBATH

140107204106.jpg


映像です。13年、サバスの12月、ドイツでのもの。
左斜めからのAUD SHOTでステージ全体が見やすい位置から。大画面でもわりと見られる高画質で
ステージの様子がわかります。
病気から復活したトニーの存在感は大きく、相変わらずへんな動きのオジーは見ていて面白いです。
”End Of The Beginning”や”God Is Dead?”など、新曲も、溶け込んで2時間、BEST選曲ですね。
しかし、この日はかなりオジーの音程が不安定、チト心配になるくらい。。お疲れ気味なのか??
昔のLIVEでは混ざりこんで、わかりにくいいギーザーのフレーズも、画像とともに見るとよくわかります。
やや不調のオジーは・・・さすがに、”Paranoid”ではきっちり決めてます。
オジーもアイオミもやや粗い演奏、リズムがわりと支えてる??
まあ、奇跡?の再結成LIVEなので、オリジナルメンバー3人を特に、目に焼き付けて。。楽しめる映像。





Live at Festhalle, Frankfurt, Germany 4th December 2013


1. War Pigs 2. Into The Void 3. Under The Sun 4. Snowblind 5. Age Of Reason
6. Black Sabbath 7. Behind The Wall Of Sleep 8. Bassically / N.I.B.
9. The End Of The Beginning 10. Fairies Wear Boots 11. Rat Salad 12. Drums Solo
13. Iron Man 14. God Is Dead? 15. Dirty Women 16. Children Of The Grave
17. Sabbath Bloody Sabbath / Paranoid

Ozzy Osbourne - Vocal Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Tommy Clufetos - Drums
Adam Wakeman - Keyboard

COLOUR NTSC Approx.120min.
  1. 2014/01/14(火) 18:10:58|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VOODOO AT HALLOWEEN/THE ROLLING STONES

140107204632.jpg

映像です。1994のハロウィンショウ。。LHのギフトタイトルですが、音質がなかなか素晴らしいもの。
説明には、「オークランド公演4日目、10月31日をスクリーン・ショット落としのプロショット映像で2時間16分に渡ってほぼ完全収録。」
画像はTVで見るにはやや粗く、圧縮したブロックが出てしまいますが、音がよいので、PCなどでみると良いですね。。
音には、たまにトラッキングずれづれの音が入りますが、SBD音源、そして、スクリーンショットなので、また違う角度からVOODOOを味わえます。ハロウィーンの日、ロニーの角のカチューシャ?
アホな頭でよい感じ。”Beast Of Burden”なんて、シットリ??した音で、和んでしまいます。
Honky Tonkマンは、”Before They Make Me Run””The Worst”ですね、キースをアップでとらえた映像もかっこよく○。
この日は、同タイトル「VOODOO AT HALLOWEEN」やTSPなどで出ていましたが、その元でしょうか?
映像も見れて、お得なDVD。




Live at Alameda County Coliseum, CA. USA 31st October 1994

Disc 1(57:26)
1. Not Fade Away 2. Tumbling Dice 3. You Got Me Rocking 4. Shattered 5. Rocks Off
6. Sparks Will Fly 7. Satisfaction 8. Beast Of Burden 9. Out Of Tears
10. Doo Doo Doo Doo Doo 11. Love Is Strong 12. It's All Over Now

Disc 2(78:37)
1. I Go Wild 2. Miss You 3. Honky Tonk Women 4. Before They Make Me Run 5. The Worst
6. Sympathy For The Devil 7. Monkey Man 8. Street Fighting Man 9. Start Me Up
10. It's Only Rock 'n Roll 11. Brown Sugar 12. Jumping Jack Flash
  1. 2014/01/13(月) 11:14:16|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレカシ さいたまスーパーアリーナ 2014

SAITAMA-1E.jpg
エレカシ25周年、さいたまスーパーアリーナを見に行きました。家族で行ったりなんかして。。。

アンコール?11そして、再?アンコール2曲、37曲、4時間?凄まじいLIVEでした。
大会場での、「ガストロンジャー」やたら早いテイク、感動しました。
「あなたのやさしさを~」最高でした。
「男は行く」でさすがに、疲れもみえた?宮本。4時間のLIVE・・・・初めてかも
しれません。延々、ドラムソロがあるわけでもなく、歌いっぱなし。恐ろしいヤツだ。。
最後は涙だったのか・・・
完全復活。凄いものを見てきた!!
WOWOWでは予定オーバー?最後、生中継で1曲かけたようですが、2月の放送を楽しみに。。
さて、今宵は録画したLIVEを。。4時間。。。。

セットリストは

01.sky is blue
02.奴隷天国
03.悲しみの果て
04.新しい季節へキミと
05.今はここが真ん中さ!
06.彼女は買い物の帰り道
07.リッスントゥザミュージック
08.ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ
09.Darling
10.シャララ
11.ココロをノックしてくれ
12.未来の生命体
13.デーデ
14.達者であれよ
15.今をかきならせ
16.やさしさ
17.珍奇男
18.男餓鬼道空っ風
19.風に吹かれて
20.傷だらけの夜明け
21.あなたへ
22.ハナウタ~遠い昔からの物語~
23.ズレてる方がいい
24.俺たちの明日
アンコール
25.今宵の月のように
26.さらば青春
27.昔の侍
28.旅
29.桜の花、舞い上がる道を
30.笑顔の未来へ
31.あなたのやさしさをオレは何に例えよう
32.so many people
33.生命賛歌
34.ガストロンジャー
35.ファイティングマン
アンコール2
36.男は行く
37.待つ男

すごい!!

SAITAMA-1.jpg
  1. 2014/01/12(日) 20:57:50|
  2. エレカシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRONT ROW ORIGINAL DAT MASTER/GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON AND HIS BAND

91GEORGEEC15.jpg


'91年、AUD,音質93点。東京ドーム公演ものですね。もう目新しい音源ではありませんが、音質が良いので、価値ある1枚。バランスがよく、ドームのエコーが感じない最高の音。
ラジカセで小さな音で聴くとラジオ音源のようです。この音源、「TOKYO 3 DAYS」というものでリリース済みらしいのですが、リマスターしてのリリースとのこと。「TOKYO 3 DAYS」を残念ながら持っていないので、どれくらい違うかがわかりませんが、日本公演の中でもトップクラスですね。「このマスターが最前列で録音されたものであったという価値を改めて見直し・・・」とあり、最前列からのようですが、最前列は音がよいのか???右か左どちらかにより、スピーカーの前に来るとよくなるのかはよく分かりませんが、これを聴く分にはドームの最前列はいーんですかね?となります。。
15日は・・・というより、ドーム公演は日本公演の中でも演奏がすごく良いと思われ、15日はオフィシャルで採用されたテイクも多いようですね。しかし、実際にブートを聴き込んでいるものには、ジョージが選んだテイクが良いんだかなんだか。。。クラプトンの最高のテイクと思われるものはすべて排除されていて、無難なテイクで構成されているように聞こえるのは、EC側から聴いたののの感想なんでしょうか??東京3日間から組直したいですわ。。ホント。
まあ、そういう見方が多いからか、オフィシャルがあるのに、別の日・・・となるのでしょうけど。。。
トータルでは14日が一番好きなんですが、この日もところどころ最高な瞬間がいくつか。
”Devil's Radio””Dark Horse””Pretending””While My Guitar Gently Weeps”
なんかが良いですね。14日は別レーベルからなかなかの音質で出ていますが、最近は見かけないので、これもリマスターを!!なんてね。。


Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 15th December 1991


Disc 1 (73:36)
1. I Want To Tell You 2. Old Brown Shoe 3. Taxman 4. Give Me Love
5. If I Needed Someone 6. Something 7. What Is Life 8. Dark Horse 9. Piggies
10. Pretending 11. Old Love 12. Badge 13. Wonderful Tonight

Disc 2 (65:50)
1. Got My Mind Set On You 2. Cloud Nine 3. Here Comes The Sun 4. My Sweet Lord
5. All Those Years Ago 6. Cheer Down 7. Devil's Radio 8. Isn't It A Pity
9. While My Guitar Gently Weeps 10. Roll Over Beethoven

George Harrison - Guitar & Vocals Eric Clapton - Guitar & Vocals Nathan East - Bass & Vocals
Steve Ferrone - Drums Chuck Leavell - Keyboards Greg Phillinganes - Keyboards & Vocals
Ray Cooper - Percussions Andy Fairweather Low - Guitar Katie Kissoon - Backing Vocals
Tessa Niles - Backing Vocals







  1. 2014/01/11(土) 16:38:36|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(BOX Vol.6)/ERIC CLAPTON

EC9P6.jpg

91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、DISC11.12の2月19日より。

'91年、AUD、音質83点、バランスもよく、このBOXのほぼ中ではやや音が落ちる感じで、やや音が引っ込んだ感じ。しかし、ホールエコーがわりと少なく、聴き易い音。やはり、高音部が強いですが。
ドラムは良好。ベースも聞こえるし、なかなかの音。この日だけ、ボーカルにもホールエコーを感じるという感じでしょうか。
90-91年のツアーの演奏は、なにか完璧すぎるというくらい、気合が入っており、この日もなかなかの
充実ぶり。
12枚、RAH6公演分という、ものすごいボリューム、高音質ばかりで、SBDは最高のもの、素晴らしいRAH91年を再確認できます。。



The Royal Albert Hall, London, UK 19th February 1991


Disc 5(72:56)
1. Layla Orchestral Intro 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith
5. I Shot The Sheriff 6. White Room 7. Can't Find My Way Home
8. Bad Love 9. Before You Accuse Me 10. Old Love

Disc 6(69:46)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine
5. A Remark You Made 6. Layla 7. Crossroads 8. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton - Guitar, Vocals Phil Palmer - Guitar Nathan East - Bass
Steve Ferrone - Drums Greg Phillinganes - Keyboards
Chuck Leavell - Keyboards Ray Cooper - Percussion
Katie Kissoon - Backing Vocals Tessa Niles - Backing Vocals
  1. 2014/01/10(金) 11:57:23|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DYLAN!!

DYLAN-SHIBUYA.jpg

見逃すな、この奇跡。  !!!! IN 渋谷駅
  1. 2014/01/09(木) 15:05:38|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(BOX Vol.5)/ERIC CLAPTON

9PIECE3.jpg


91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、DISC9.10の2月18日より。


'91年、AUD、音質87点、バランスもよく、このBOXの音源はほぼそうですが、ホールエコーが少なく
RAHでもなかなかの音で録音されています。録音位置まあまあ近いと思われます。

この日は、インフォによると
「2/18の元マスターではLaylaオーケストラル・イントロから冒頭の3曲、Pretending、No Alibis、
Running On Faithが未収録でした。24 Nightsに採用された日でしたので、Laylaオーケストラル・
イントロ、Pretending、No Alibis
とさらにI Shot The Sheriffの頭欠け部分を各種のオフィシャル・サウンドボードソースから補填し
て自然なクロスフェード処理を施し、完全収録に近づけました」

とあり、頭のあたりはオフィシャルから足し、”Running On Faith”は音源がないということで、
カットはありますが、変則的ですが、1曲欠けですねということに。。
ややシャラーンとした音で、ベースにエコーがかかって、やや聴こえない
ところはあるものの、RAHのものとしては、かなり聞きやすい音ですね。
オフィシャル部分との差はさすがにわかりはするものの、続けて楽しく聴ける、ナイス?な繋ぎ。
いいですねー。”Bad Love”の3分代後半のソロは最高ですよん。4分46秒(爆・こまかい・・・)
のビブラートが!!この部分が響き渡るといいですね。
この日は後半まで音質が落ちることなく、”Sunshine Of Your Love”まで、変化なく良い録音です。
このへんのポイントは高いですね。





Live at Royal Albert Hall, London, UK 18th February 1991

Disc 3 (66:24)
1. Layla Orchestral Intro 2. Pretending 3. No Alibis 4. I Shot The Sheriff 5. White Room
6. Can't Find My Way Home 7. Bad Love 8. Before You Accuse Me 9. Old Love

Disc 4 (68:36)
1. Tearing Us Apart 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine 5. A Remark You Made
6. Layla 7. Crossroads 8. Sunshine Of Your Love
 
  1. 2014/01/09(木) 02:44:57|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(Vol.4)ERIC CLAPTON

RAH2.jpg

91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、DISC5.6の2月17日より。

'91年、SBD,音質95点、ほぼ完璧に近い超高音質ソースですね。「Play With Fire」などEMPRESS VALLEYがリリースしたCDが有名ですが。新しいマスターを使用ということで、聞き比べてみましたが、あちらでもかなりの音質でしたが、それを超える音。
FM放送のアナウンスは入ります。”Layla Orchestral Intro”に若干かかる感じですが、まあ、イントロも長いのでそれほど気になるものでもありません。
演奏は、ラジオ収録を意識して、わりと無茶はせず。という感じでしょうか。しかし、
この時期は確実に弾くEC、素晴らしい瞬間がところどころに。
"Pretending"”I Shot The Sheriff"はSBDならではの、ワウの細かいニュアンスまでわかる音。
こういう派手なワウはこのころも派手な音でいいですね。そして一番派手?なソロが聴ける”Bad Love”絶好調です。”Old Love”はフレーズが細かく音を伸ばすソロじゃないので、もうちょいー。。ははは。
”Badge””Crossroads”など、けっこう完璧に決めるこの日は、選択されたものではなく1日のショウというところが、このころの充実ぶり。。
ほぼ完璧な音で出現した、91年の重要LIVE。この音質UPは大きいいですね。最高!!


The Royal Albert Hall, London, UK 17th, February 1991


Disc 7(75:48)
1. DJ Intro 2. Layla Orchestral Intro 3. Pretending 4. No Alibis
5. Running On Faith 6. I Shot The Sheriff 7. White Room
8. Can't Find My Way Home 9. Bad Love 10. Before You Accuse Me
11. Old Love

Disc 8 (72:01)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine
5. A Remark You Made 6. Layla 7. Crossroads
8. Sunshine Of Your Love 9. DJ Outro
  1. 2014/01/08(水) 13:26:37|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(Vol.3)/ERIC CLAPTON

9PIACE1.jpg

91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、DISC5.6の2月15日より。

'91年、AUD,音質86点、91年BOXの3のショウ。これも高音質です。バランスもよく、やや距離が感じますが、深すぎるエコーも少ない音、ギターの響きは臨場感があり良い音。残念なことに”Bad Love”はなぜか音質がこもってしまいます。”Before You~”からは復活。”Crossroads”でもやや音質が落ちる感じはありますが、ひどい乱れはありません。
90年のギターの音は、あのストラトのブーストが強すぎて、好みではありませんが・・・この時期EC自身も、ブーストに手を入れて、掛かり過ぎないようにした
との記事を読んだ記憶が。。そして、そのとおり、強弱もわからないほどかかっていたブーストも和らいで、まあまあ、(ものすごく好きだとは言い難い音なんですけどね。・・・)良い音に。。で、その良さが出ているのが、”No Alibis”ですかね。ダイナミックに鳴り響いて力強い音ですが、ひずみ過ぎはないですね。
ソロも最高。
この日の”Running On Faith”も最高のソロを聴かせてくれます。"White Room"も熱い演奏。かなり凄い!
この日は、Crossroadsが復活しております。
しかし、音が良い日ばかりで、ロイヤルアルバートだから、音が回っててもしょうがない・・・・という、感じはこのセットで通じなくなりますね。充実の演奏が聴ける15日!




Live at Royal Albert Hall, London, UK 15th February 1991

Disc 5 (74:34)
1. Layla Orchestral Intro 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith
5. I Shot The Sheriff 6. White Room 7. Can't Find My Way Home
8. Bad Love 9. Before You Accuse Me 10. Old Love

Disc 6 (68:40)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine 5. A Remark You Made
6. Layla 7. Crossroads 8. Sunshine Of Your Love
  1. 2014/01/07(火) 00:34:17|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(Vol.2)/ERIC CLAPTON

9PIECE2.jpg


91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、DISC3,4の2月14日より。


'91年、AUD,音質88点、わりと至近距離からでしょうか、ロイヤルアルバートホール特有のビチャビチャエコーもなく、こういう音が録れだなるんだなーと。前日に比べると、高温がやや強くシンバルなどに、シャンシャンシタ感じ、そして歪んではいませんが、かなりのギリギリの音圧を感じます。”Bad Love”あたりからやや音が細くなりますが、まあ、良好。
この日は。MID VALLEYの「WIRED」で有名な日。あちらはまるで、FM放送のような音で、丸くて太い音ですね。
こちらは、高音がシャラーンとしていて、やや甲高い音、まあ、タイプが違う音で、へんなエコーはどちらもないので高音質音源の別バージョンですね。
この日は”Pretending”が全編に渡り凄まじいソロを展開。
頭がこれだと期待が膨らみます。この日の”I Shot The Sheriff”は低音弦のオブリ、静かな入り、そして7分台のピークは最高。
静と動がいいですねー。Phil Palmerの活躍がやや聞こえる”White Room”この人がどれくらい活躍していたのかはやや分かり辛いです。まあ、スライドやツインリード、便利な人であるのは確か。
それにしても、この曲でもECのギターが爆発していて、1曲目の期待通り、なかなかすごい盛り上がり。
”Old Love”はかなりぶちぎれた速弾き。やや乱れ気味の早弾きも珍しいです。
13日と比べ、CROSSRODがセットから落ちたようですが、演奏のテンションが高く、聴きどころがたくさんある14日。
”Layla”のわざと途切れを使う、フレージングもいい味わいです。
これも、かなりの高音質、すごいですねー。


Live at Royal Albert Hall, London, UK 14th February 1991

Disc 3 (69:29)
1. Layla Orchestral Intro 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith
5. I Shot The Sheriff 6. White Room 7. Can't Find My Way Home
8. Bad Love 9. Before You Accuse Me 10. Old Love

Disc 4 (57:46)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine 5. A Remark You Made
6. Layla 7. Sunshine Of Your Love
  1. 2014/01/06(月) 21:43:41|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9 PIECE BAND 1991(Vol.1)/ERIC CLAPTON

9P1.jpg


91年のロイヤルアルバートホール、12枚組より、2月13日のDISC1,2より。


゜91年、AUD,音質88点、ロイヤルアルバートホール特有のビチャビチャエコーもなく、1部をのぞき音の
変化も少ないです。全体的にはRAHとしてはかなり高音質。”Pretending”の1:22~1:25、”No Alibis”の1:03~1:46の部分に大きくこもりがありますが、マスタリングにより音質を改善しました。とあります。
まあ、元がどれくらいのこもりかわかりませんが、この部分はやや音が落ちてしまいます。
しかし、この音質はかなり高音質で相当良い席での録音だと思われます。
この日は、珍しい曲は特にないですが、安定した演奏、改めて90~91はテンションのとかさを感じます。

”White Room”は気合のソロ、”Old Love”は、ジョージとのLIVEを超えるソロがないような気がしますが、この日は、音のチョイスが冴えてます。
”Sunshine Of Your Love”のソロは何かのメロを弾いてるのか?よくわかりませんが、イマイチな感じが・・・。この曲のコーラス・・・・・??、気合が高すぎるのか、コーラスは怒鳴りすぎで、聴き苦しい。。ちょとダメな感じです。
年末ギリギリにビックタイトル!!、その初日、初登場音源でしかも高音質。
なかなかの音源!!!


The Royal Albert Hall, London, UK 13th, February 1991


Disc 1 (71:21)
1. Layla Orchestral Intro 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith
5. I Shot The Sheriff 6. White Room 7. Can't Find My Way Home
8. Bad Love 9. Before You Accuse Me 10. Old Love

Disc 2 (66:17)
1. Badge 2. Wonderful Tonight 3. Member Introduction 4. Cocaine
5. A Remark You Made 6. Layla 7. Crossroads 8. Sunshine Of Your Love
  1. 2014/01/05(日) 02:47:33|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE ORIGINAL MASTER RECORDING Nasty Music/The Rolling Stones


NASTY-MUSIC-F.jpg
NASTY-MUSIC.jpg
と言うわけで??(笑)あけましておめでとうございます。

今日は酒を飲まないぞ、なんて思いながら・・・・・仕事を始めたり???
仕事場のオーディオ装置を正月中にセットできたので、CDをとっかえひっかえ・・・・
仕事してんだかなんだか。。。

で、棚からこんなものを。。

懐かしいCDを取り出してます。

もう、何回出ているんだという、ナスティーですね。棚に何枚もあります・・・

90年代のものなので、その後の、ノイズ除去などもまだまだまだで、”Gimme Shelter”は
パチパチ、レコードの針パチ?なども聴こえますが、音は最高な72年の混じっている、ナスティ-ですね。
いまさらこれから入るのは・・・疑問ですが、ここから入ってしまった人にはたまらない選曲。
ただ、自分で作るなら、”You Can't Always~”の場所はここじゃないなーー・・・なんて、思いながら。
しかし、音質が違う、73と72なのに、違和感はそれほどなし、たぶんあるのに、テイラーのギターの
音ばかり聴いているからでしょう(爆)。

まあ、このCDを誰に聴かせたいかって、一緒に来るテイラーさんに、(笑)”Gimme Shelter””You Can't Always~”
なんかまで弾いちゃって、この音、出してくれないかなー。。。なんて、酒びたりの頭で・・・・・

もう、書くCDもなくなるかなーなんて、けっこう前に思いながら、まだ書いてますが・・・・
今年あたりは、ネタ切れで書かなくなるのか?いや、3月あたりの来日で少し書くのでしょう(笑)。

そもそも、自分が混乱で・・・「なに持ってたっけ??」だの、「これもってたっけ?」{これなんだっけ?」
「これ良かったかな・・」なんてことで始まり・・・

わからなくなるので書き始めたメモが、BLOGに化けているブログなので
最近、ぼけた頭で読み返すと、馬鹿なことかいてるなーだの、間違いを見つけたり・・・・・

こんなブログですが、今年もよろしくお願いいたします!!

まあ、このブログにはピッタリの、ナスティー、CDの事はあまり触れてない(爆)ですが・・・・
テイラーの音、キースのRamblerの刻み、Doo×5のミックの歌いまわし。最強のLove In Vainかな??
なんて、まだ夢の中。。。
ぼちぼち・・・・



Oct.17 1973 Foret Nationale,Brussels,Belgium (1st Show)
Sep.9 1973 Empire Pool,Wembley,UK
July.26 1972 Madison Square Garden,NY


Disc 1
1.Brown Sugar(10/17 1st)/2.Happy(9/9)/3.Gimme Shelter(9/9)/4.Tumbling Dice(10/17 1st)/5.Doo Doo Doo Doo Doo(9/9)/6.You Can't Always Get What You Want(10/17 1st)/7.Dancing With Mr.D(10/17 1st)/8.Angie(10/17 1st)
Disc 2
1.Honky Tonk Women(10/17 1st)/2.Midnight Rambler(10/17 1st)/3.All Down The Line(7/26 '72)/4.Bye Bye Johnny(7/26 '72)/5.Love In Vain(7/26 '72)/6.Sweet Virginia(7/26 '72)/7.Rip This Joint(10/17 1st)/8.Jumping Jack Flash(10/17 1st)/9.Street Fighting Man(9/9)
  1. 2014/01/04(土) 14:21:01|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月には・・・・

MEGUROFUDOU.jpg
目黒不動へ、歩いて20分ほど。今年はややすいている印象。道路の車もやたら少ないような・・?
LEON-LION.jpg
レオンには、おもちゃを新しく。なぜかこれだけが異常に好きらしい。。。
1日中そばから離しません。。。色?形??なんなんだか・・・・・
OSHETI.jpg
実家の御節は、維新號というところの、中華御節。豪華ーーーー。。

そろそろ飲みすぎ・・・・胃が疲れた。。。
  1. 2014/01/03(金) 12:19:33|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (32)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (38)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (22)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (125)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (76)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR