SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

WERCHTER 2014/THE ROLLING STONES

140716184658-6666.jpg

'14年、AUD,音質89点、音も近くバランスもなかなか良く高音質!!中音域が厚い感じで、聴きやすい音です。
元音源は、ネット音源マスター。イコライズがよい感じで、音質に特に大きな問題も有りません。小さな問題は・・・やや、オーデイエンスノイズが大きいところも少し。”It's Only Rock'n Roll”の1分53秒当たりは言葉がわかれば煩いかも。。(笑) ”It's Only~”
は適当な観客のハナウタや、騒ぐ声も。”Rambler”のイントロハープ部分は音が左右にゆれ、マイクがすれる音が
入りますが、その他は大きな問題もなし。
この日はボビー・ウーマックが前日に亡くなったと言うことで、"It's All Over Now"が演奏されました。
突然の演奏のわりによい感じ。ミックもMCで追悼を。。。そして”Wild Horses”も演奏。これもまあまとめています。(笑)”Can't Be Seen”は荒々しくも元気で良いですね。
そして、”Midnight Rambler”はアメリカやツアー最初のころよりテイラーさんが良いですね。
ベースも太く、曲中にややおしゃべりが多いので、ヘッドフォンなどでは気になるところがあるかも・・・
ですが、迫力、太さが魅力的な音です。


Live at TW Classic Festivalpark, Werchter, Belgium 28th June 2014

Disc 1 (71:48)
1. Intro. 2. Jumping Jack Flash 3. You Got Me Rocking 4. It's Only Rock'n Roll
5. Tumbling Dice 6. Wild Horses 7. Doom And Gloom 8. It's All Over Now 9. Out Of Control
10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)

Disc 2 (54:52)
1. Miss You 2. Gimme Shelter 3. Start Me Up 4. Sympathy For The Devil 5. Brown Sugar
6. You Can’t Always Get What You Want (with Dekoor Close-Harmony)
7. Satisfaction (with Mick Taylor)

スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 18:16:00|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOLO PIANO SHOW IN TOKYO 2014/RICK WAKEMAN

140729185555.jpg

'14年、AUD,音質88点。生のピアノの演奏でのLIVEはあまり聴く機会がないですが、ものがリックウェイクマン!!ギフトCDですがなかなかの音。
これよりも数段素晴らしい、音源がリリースされていましたが・・・・そもそも、ピアノの独奏中心のLIVEというのはどうなのか?Gレイクさんはカラオケで、ベースを弾きながらのLIVEをしましたが・・・・、うーん。という感じで。
しかし、このLIVEは音を聴いたとたん、行かずに後悔。。さすが、ウェイクマンという感じです。
”Morning Has Broken””Journey To The Centre Of The Earth”など、テクニック、才能を見せつけられる音。
”And You & I / Wonderous Stories”も最高で、素晴らしいLIVEの様子が!
この音源は、お店のギフトCDRですが、少量発売された音源は、これよりも素晴らしく、
視聴はしたものの、完売で変えませんでした。。後悔。。。、、



Live at Tokyo International Forum Hall C, Tokyo, Japan 1st July 2014

Disc 1(50:09)
1. Pachelbel's Canon In D 2. Catherine Of Aragon Catherine Howard 3. Morning Has Broken
4. Journey To The Centre Of The Earth 5. The Meeting 6. Merlin The Magician

Disc 2(52:17)
1. The Jig 2. Life On Mars 3. Dance Of A Thousand Lights 4. King Arthur Suite
5. And You & I / Wonderous Stories 6. Help / Eleanor Rigby 7. Gone But Not Forgotten

  1. 2014/08/29(金) 23:01:40|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PORI JAZZ 2014/BOB DYLAN

140826194335.jpg


'14年、音質86点、拍手の音がやや大きく、ややボワーンとした響きはありますが、
拍手の音がないところではなかなか良好です。
2014年夏のヨーロッパ・ツアー最終日、7月17日のポリ・ジャズ・フェスの音。やや大会場なんですかね?
(日本公演などに比べてですが)まあ、広がりのある音ですが、拍手が大きいところは、バワボワ?
そこらへんで、ギフト音源と言うことですかね。
しかし、選曲は面白く魅力的。
LIVEの出だしは”Things Have Changed””She Belongs To Me”と、日本公演を思い出す感じですが、
その後は・・”To Ramona””Shelter From The Storm”など最高!
ロカビリーみたいな、”The Levee's Gonna Break”このバンドの合いますねー。
”Desolation Row”も魅力的ですねー。日本公演とは、出だしと終わりは同じですが、
ほかは違い魅力的な音源!


Disc 1(39:55)
1. Intro 2. Things Have Changed 3. She Belongs To Me 4. Beyond Here Lies Nothin'
5. To Ramona 6. The Levee's Gonna Break 7. Shelter From The Storm 8. Cry A While

Disc 2(55:59)
1. Girl Of The North Country 2. Summer Days 3. Desolation Row 4. Tweedle Dee & Tweedle Dum
5. Lonesome Day Blues 6. A Hard Rain's A-Gonna Fall 7. Thunder On The Mountain
8. All Along The Watchtower
  1. 2014/08/28(木) 23:37:42|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂場 元浅草

SUNAB1.jpg

昔から上野界隈で、食事に連れて行かれてたせいか、大好きな店。
元浅草、砂場。  豚のつけそば。
SUNABA2.jpg
カツ丼、すぐに食べると大火傷します!!(笑)最高にうまい!!

大量に揚げておいたカツを煮て出すろくでもない店とは違います。

なんか、安らぎさえ。。。東京の味!!
  1. 2014/08/27(水) 23:46:20|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live At The Capitol Theater, Passiac, Nj, Sept / Bruce Springsteen

287.jpg

スプリンングスティーン、78年のNEW JERSEY CAPITAL THEATERのLIVEが発売されますねー。
オフィシャル75年もうれしかったですが、順番に・・・と思っていたらその後何も。。
このあとは、リバー・・・と、順番に出て欲しいものです。。。



ディスク 1
01. Badlands 02. Streets of Fire 03. Spirit in the Night 04. Darkness on the Edge of Town
05. Independence Day 06. The Promised Land 07. Prove It All Night 08. Racing in the Street
09. Thunder Road 10. Meeting Across the River 11. Jungleland 12. DJ Chat with John Scher


ディスク 2
01. DJ Chat with John Scher 02. Vin Scelsa Interview 03. DJ Chat 04. Kitty's Back
05. Fire 06. Candy's Room 07. Because the Night 08. Point Blank 09. Not Fade Away
10. She's the One
  1. 2014/08/26(火) 23:55:46|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

URBAN JUNGLE THE ROLLING STONES JAPANESE BROADCAST/THE ROLLING STONES

URBAN-J-90.jpg



'90年、PRO SHOT、時代的にソフトな輪郭ではありますが、時代的に録画モノでははコレで最高かも。。
しかし、今まで見ていたのはのは海外での放送バージョン、こちらは国内でのもの。放送されていたことさえ知りませんでした。。(忘れただけか??)
2日間行われたバルセロナ公演からの抜粋で、14日のPaint It Blackがオフィシャル「Flashpoint」に、13日の2000 Light Years From Homeがシングル「Highwire」に収録。”Terrifying””Rock And A Hard Place””Almost Hear You Sigh”は、海外バージョンとは違い未収。”Harlem Shuffle””Angie””Mixed Emotions””Can't Be Seen””Midnight Rambler””You Can't Always Get What You Want””Gimme Shelter”も収録で80分弱ですが、URBAN JUNGLEを代表する映像なだけに、うれしい映像です!!


Live at Estadi Olimpic, Barcelona, Spain 13th & 14th June 1990
The Urban Jungle European Tour


(79:50)
1. Continental Draft(14th June) 2. Start Me Up(14th June) 3. Sad Sad Sad(14th June)
4. Tumbling Dice(14th June) 5. Miss You(14th June) 6. Ruby Tuesday(14th June)
7. Honky Tonk Women(13th June) 8. Happy(13th June) 9. Paint It Black(14th June)
10. 2000 Light Years From Home(13th June) 11. Sympathy For The Devil(14th June)
12. Street Fighting Man(14th June) 13. It's Only Rock'n Roll(13th June)
14. Brown Sugar(13th June) 15. Jumping Jack Flash(13th June) 16. Satisfaction(14th June)

Mick Jagger - Vocal, Guitar, Harmonica Keith Richards - Guitar, Vocal Ronnie Wood - Guitar
Bill Wyman - Bass Charlie Watts - Drums

Bobby Keys - Tenor Saxophone Chuck Leavell - Keyboards Matt Clifford - Keyboards
Sophia Jones - Backing Vocal Bernard Fowler - Backing Vocal Lorelei McBroom - Backing Vocal

(The Uptown Horns) Arno Hecht - Tenor Saxophone
Bob Funk - Trombone Crispin Cioe - Alto Saxophone Paul Littereal - Trumpet
  1. 2014/08/25(月) 22:31:58|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恒例の・・・三浦

MIU241
三浦・・・今日は天気は・・・イマイチ。。。しかし、泳がない大人は快適。。この時期もクラゲはいない。。良かった・・
MIU243.jpg
ホテルは、マホロバ。恒例です。バイキング。
MIU242.jpg
ここの名物、マグロ茶ずけ。。贅沢感あり。。ここはお得感がありますねーー!!
  1. 2014/08/24(日) 22:32:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海!!

海!!今年はこれで最後かな。。
MIURA2.jpg
三浦海岸へ。
MIURA1.jpg
もう夏の雲ではないような。。
海を満喫しています。ビールもね。。。。




  1. 2014/08/24(日) 01:05:09|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TERMINAL PORT /ERIC CLAPTON

clapton_terminal_port.jpg



'90年、AUD,音質89点、ややシャンシャンしていますが、ギターは最高の音。ベースがやや弱いですかね。
しかし、会場の盛り上がりも拾いつつ、臨場感たっぷりです。テープの傷みか?若干ですが左右に音が揺れる感じがあるところはありますが、それ程気になる感じではないですかね。
1990年「ジャーニーマン・ジャパン・ツアー」の最終日、12月11日の横浜アリーナ公演の音源で、会場はなかなかの盛り上がりですが音はわりと近く、”No Alibis”などからは歓声があまり聞こえなくなります。
ここでのソロも微妙に音の選びを感じるフレージングですが、90年、最高の演奏。
”White Room ”は、Phil Palmerがなかな良いですねーーー!
”Cocaine”ではファースト・ソロをフィル・パーマー、セカンド・ソロをグレッグ・フィリンゲインズ。。
???なにか事故?体調不良?なにがあったのかわかりませんが、見せ場の曲でこれは??
しかし、全体的に何かそんなことを感じる演奏でもなく、90のECの最高のステージを高音質で味わえます。。
音も広がりがあり、最高の90年、横浜!!


Live at Yokohama Arena, Yokohama, Japan 13th December 1990


Disc 1 (49:37)
1. Opening 2. Pretending 3. No Alibis 4. Running On Faith 5. I Shot The Sheriff
6. White Room 7. Can't Find My Way Home 8. Bad Love

Disc 2 (75:48)
1. Before You Accuse Me 2. Old Love 3. Badge 4. Wonderful Tonight 5. Band Introduction
6. Cocaine 7. Auld Lang Syne / A Remark You Made 8. Layla 9. Crossroads
10. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton - Guitar, Vocals Phil Palmer - Guitar Nathan East - Bass Steve Ferrone - Drums
Greg Phillinganes - Keyboards Ray Cooper - Percussion Katie Kissoon - Backing Vocals
Tessa Niles - Backing Vocals
  1. 2014/08/22(金) 23:38:38|
  2. ERIC CLAPTON 90~99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ODDEROYA LIVE 2014/BOB DYLAN

140729190207.jpg


’14年、AUD,音質84点、ノルウェーのクリスチャンサンで行われたフェスティバル「Odderoya Live」出のステージと言うことで、距離感もややあり、1曲目、オーディエンスノイズに埋もれ、様子はわかりますが、粗い音でやや遠くからステージを見ている感じですかね。
しかし、ステージの雰囲気はよくわかります。
で、選曲ですよね。来日公演とはかなり違う選曲。来日は・・・・けっこうお年もあり(笑)固定にしたのかな?これからはこんな感じ?などと思ってましたが・・・ぜんぜん違う。。うらやましい選曲。
ミディアムテンポでシンプルな、”Shelter From The Storm ”そして、大曲、”Desolation Row”ですねー。アコギの刻みとピアノで進むシンプルなもの。しそて、”Ballad Of A Thin Man”もこのバンドらしい、シンプルなロックバラード?良いですねー。
こと後のディランも、注目ですねー!!


Live at Odderoya Live, Kristiansand, Norway 12th July 2014

Disc 1(49:53)
1. Intro. 2. Watching The River Flow 3. Don't Think Twice, It's All Right
4. Just Like Tom Thumb's Blues 5. To Ramona 6. The Levee's Gonna Break 7. Shelter From The Storm
8. Cry A While 9. Girl From The North Country 10. Summer Days

Disc 2(49:09)
1. Desolation Row 2. Tweedle Dee & Tweedle Dum 3. Lonesome Day Blues
4. A Hard Rain's A-Gonna Fall 5. Thunder On The Mountain 6. Ballad Of A Thin Man
7. All Along The Watchtower
  1. 2014/08/19(火) 10:55:15|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の工作??

夏の工作?・・

子供のジオラマ作り。。。。うーーーーん。手間がかかる。

やはり、Nゲージってのは、子供だけでは・・・。。。。大変。。。
  1. 2014/08/16(土) 15:27:08|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Planes, Trains And Eric / Planes, Trains And Eric Eric Clapton

news1917193.jpg

クラプトン、映像発売が発表されましたねー!!日本公演の各地のベスト・テイクを中心にシンガポール、ドバイ、
バーレーンでの公演を収録!!貴重なリハーサル/サウンドチェックや移動のシーン、日本でのエピソードがたっぷり語られるインタビューも収録ということで、楽しみ!!!

Tell The Truth 
Pretending 
Crossroad 
Driftin' 
I Shot The Sheriff 
Little Queen Of Spades 
Layla 
Wonderful Tonight 
Key To The Highway 
Before You Accuse Me 
Tears In Heaven 
Cocaine 
【ボーナス映像】
Nobody Knows You (When You Down and Out)
Alabama Woman
  1. 2014/08/14(木) 23:44:58|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BERLIN ON FIRE/THE ROLLING STONES

BERLIN.jpg

'14年、AUD SHOT。ベルリン映像です。You Tubeにアップされた当日の映像より高品質なものを選り抜きらび、全曲収録した一枚になっています。画質的にはPCで、幅20CMくらいで見れば・・という感じですが、良いものを選べば音も近く、雰囲気は良いものが多いですね。目玉”Waiting On A Friend”の映像も粗いながらきっちり。。
しかし曲間は、カットが多いので演奏の感じはわかりますが、全曲見れるのは文明の進化!
”Out Of Control”でミックがずれる感じは、会場でもおとが上下しているようで、STONESほどのバンドでも、このへんは何度となく出るようですね。ポールなんかの今年のLIVEでは、そんな感じはあまりないので、STONESのスタッフに問題が??(笑)。。。。
この日はなかなかの好調な演奏、”Get Off Of My Cloud”は良い演奏ですが、キースもポーズが決まります。
ボーナスは長めの35分の、当日のハイライト映像集を追加収録してあり、ベルリンの好調さは伝わります!!



Live at Waldbuhne, Berlin, Germany 10th June 2014

(153:49)
1. Intro 2. Start Me Up 3. You Got Me Rocking 4. It's Only Rock 'n Roll 5. Tumbling Dice 
6. Waiting On A Friend 7. Doom And Gloom 8. Get Off Of My Cloud 9. Out Of Control
10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor) 15. Miss You 16. Gimme Shelter 17. Jumping Jack Flash
18. Sympathy For The Devil 19. Brown Sugar
20. You Can't Always Get What You Want (with the Fabulous Fridays)
21. Satisfaction (with Mick Taylor)

22. Highlights
Intro / Start Me Up / Doom And Gloom / Honky Tonk Women / Miss You / Gimme Shelter / Jumping Jack Flash / Sympathy For The Devil / Brown Sugar / You Can't Always Get What You Want / Satisfaction
  1. 2014/08/13(水) 23:22:56|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BERLIN 2014/THE ROLLING STONES

BERLIN-2014.jpg

'14年、AUD、音質89点、バランスも良く音も近く、臨場感も最高です。音は最高ですが、不思議なノイズがあります。
「オープニングのSEの間を始めとしていくつかの箇所で非常に癖のあるノイズが入ってしまうという問題があり」とあり、特に”Tumbling Dice””Waiting On A Friend”になにか壊れたブザーがのような音が頻発する音源だったようですが、それをかなり除去したとのことで、”Waiting On A Friend”を、大音量やヘッドフォンで聴くとやや気になるかも知れませんが、BGM程度ならそれ程。。。
まあ、”Waiting On A Friend”という、 初登場目玉曲!ノイズは何もここで・・・となりますが、高音質で、演奏回数が少ないこの曲、出来は凄く良いですねー。聴けるのは幸せ!!
”Start Me Up”でやや心配なイントロですが(笑)。。。”It's Only Rock 'n Roll”の前半はミックが何か不安定、”Out Of Control”はなんだかもう。。またイヤモニになのか?ハズレます。歌い方にも不安が。。。テンポめちゃくちゃで・・・・こんなに聴こえないんですかね。。。
リクエスト・コーナー、”Get Off Of My Cloud”は素晴らしい演奏、ノリがありますねー。
”Can't Be Seen”はダルな演奏で、ギターソロもはずれ。。。この曲固定なのにね(笑)。
ノイズもできる限りは除去され、レア曲の登場のベルリン。あちらこちら、ミスはありますがリアルな音と、リアルな緊張?(慣れて、でもないですが)が味わえるベルリン!


Live at Waldbuhne, Berlin, Germany 10th June 2014


Disc 1 (74:36)
1. Intro 2. Start Me Up 3. You Got Me Rocking 4. It's Only Rock 'n Roll 5. Tumbling Dice
6. Waiting On A Friend 7. Doom And Gloom 8. Get Off Of My Cloud 9. Out Of Control
10. Honky Tonk Women 11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)

Disc 2 (53:20)
1. Miss You 2. Gimme Shelter 3. Jumping Jack Flash 4. Sympathy For The Devil 5. Brown Sugar
6. You Can't Always Get What You Want (with the Fabulous Fridays)
7. Satisfaction (with Mick Taylor)

Mick Jagger - Vocals, Guitar, Harmonica Keith Richards - Guitars, Vocals
Charlie Watts - Drums Ronnie Wood - Guitars

Mick Taylor - Guitars Darryl Jones - Bass, Vocal Bobby Keys - Tenor Saxophone
Chuck Leavell - Keyboards, Backing Vocals Lisa Fischer - Backing Vocals, Percussion
Bernard Fowler - Backing Vocals, Percussion Tim Ries - Horns, Organ Matt Clifford - French Horn
  1. 2014/08/12(火) 20:45:31|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏  読書 (笑)

LIFE.jpg

ライフ キースさんの本。いまさらですが・・・・いや、前々から読んで、、、、

しかしあまりにも子供時代の話が長く、そこはやや飛ばし。。今頃読み終わり。

子供のころの経験、細かいことまで。。。驚きでした。。。

わりと最近死にかけた事故の話は。。。。ラッキーな人!!

ろんうっどさんの話がないですが・・・(爆)・・・どうなってんの???
  1. 2014/08/11(月) 22:54:38|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MADRID 2014/THE ROLLING STONES

MADRID-2014.jpg

'14年、AUD,音質90点、音が近く、バランスもよく、ベース、ドラムも抜群のバランス。やや左よりからの録音ですかね?微妙な音の変化、会話などの拾いもありますが、音がオンで、臨場感として歓声もよいバランスに感じます。ややまわりの声は大きいところもありますが、レーベル独自の高音質オーディエンスマスターからと、うれしい音。
”Jumping””You Got Me Rocking”という、なかなか鉄板の前半、そして、”Angie”ですね。イマイチありがたみは薄いですが、この日は目玉、リクエスト・コーナー、”Like A Rolling Stone”ありがたみ、薄い?笑?
何か会場もあまり盛り上がってもいませんが・・・・(笑)。候補にも上がってなかった"Like A Rolling Stone"が登場し、演奏されるというなかなかの茶番劇???ミックのお気に入り???
いやいや、ツアー初登場なので!!そして、なぜか??定番?”Out Of Control”というSET。
なにか、曲目紹介も「Can't Be Seen With You」と、勝手に変えてしまっているキース、ボーカルは歌詞を忘れたのか?なにかボソボソ・・・・。
こに日は、ギターの音も大きく芯があり、迫力の音はよい感じ!”Midnight Rambler”のテイラーはへんてこりんなメロのフレーズから入りますが、良いリード!
”Start Me Up”から勢いが増す演奏は聴いていて気持ちよい演奏!”You Can't~”はこの日もエンディングがリプライズ、これがある日は演奏が良い?ミスは多いものの
のってる演奏は良いですね!

Live at Estadio Santiago Bernabeu, Madrid, Spain 25th June 2014

Disc 1 (73:08)
1. Intro 2. Jumping Jack Flash 3. You Got Me Rocking 4. It's Only Rock'n Roll 5. Tumbling Dice
6. Angie 7. Like A Rolling Stone 8. Doom And Gloom 9. Out Of Control 10. Honky Tonk Women
11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)

Disc 2 (60:23)
1. Miss You 2. Gimme Shelter 3. Start Me Up 4. Sympathy For The Devil 5. Brown Sugar
6. You Can't Always Get What You Want (with JORCAM Joven Coro) 7. Satisfaction (with Mick Taylor)

  1. 2014/08/09(土) 12:10:45|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

VIENNA 2014/ERIC CLAPTON

EC 2014 VIENNA

'14年AUD,音質86点、音はなかなか近く、バランスも良好、マイクの近く、特に左のほうで会話が聞こえ、やや気になるかなーという感じです。拍手もやや大きいですが演奏は、まあ、普通に。。プレゼントCDRですが、優秀な音源。
体調不良があったりで大変なツアーでしたが・・・・・皆さん張り切り過ぎ?PMさんやJBさんやKRさん・・・
まあ、こんなハードなスケジュールで・・・と・・・・気持ちもとんでもなくお若いと。。
オープニングは”Somebody's Knocking”で渋く?”Pretending”はワウ深く、なかなか好調。”Tell The Truth”なかな好調。そして、JJの”Crazy Mama”ですねー。雰囲気たっぷり、アコギとオルガンが良い雰囲気。JJのカバーアルバム後は、もっと選曲が増えて欲しいくらいよい感じ!
”Tears In Heaven”は最近このレゲエ感が強いアレンジですね。左でオヤジが気分よさそうに歌い上げてる音がばっちり(爆)。この日はSETが少し違い、”Gine House”の代わりに”Wonderful Tonight”が。
アンディーも良いときもありますが、”Gine House”などやや怒鳴る感じの歌い方は好きではなく。
”Wonderful Tonight”の方が。。。。(笑)日本公演同様、ややテンポが速い、スタジオ盤のようなアレンジ。”Cocaine”もワウの音がなかな良く、短いソロですがいいですねー。。
会話、拍手がやや入りますが、なかなかの内容。演奏もなかなか良いウイーン!!!

Live at Stadthalle, Vienna, Austria 26th June 2014

Disc 1(56:51)
1. Intro 2. Somebody's Knocking 3. Key To The Highway 4. Pretending 5. Hoochie Coochie Man
6. Tell The Truth 7. Driftin' 8. Nobody Knows You When You're Down And Out 9. Crazy Mama
10. Tears In Heaven 11. Layla

Disc 2(40:00)
1. How Long 2. Wonderful Tonight 3. Crossroads 4. Little Queen Of Spades 5. Cocaine
6. High Time We Went

Eric Clapton - Guitar / Vocals Andy Fairweather Low - Guitar / Vocals
Chris Stainton - Keyboards Paul Carrack - Keyboards / Vocals
Dave Bronze - Bass Henry Spinetti - Drums Michelle John - Backing Vocals
Sharon White - Backing Vocals
  1. 2014/08/08(金) 22:54:44|
  2. ERIC CLAPTON '10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Detroit 1972 /PINK FLOYD

DETROIT-1972-FLOYD.jpg


'72年、AUD,音質73点、遠めで、後方からゆっくりLIVEを眺めてる?様な気分になる音です。72年のAUDギフトタイトルCDRなので、こんなもんですかね。。(笑)
低音に歪みが微妙にありますが、低いところで?安定していて、聴けない音ではないですが、劇場で演劇の音声を聞いているみたいですね。
「マスターは近年フロイド音源専門サイトによりアップ」と言うことで、貴重な音ではあるようです。ステレオで右左の音がやや不安定だったり、ダークサイドは不完全ではありますが、最後の”Blues”これが聴けてよかった!!
「最後の BLUES のみ突然音が良くなるのも謎で、そこのみ案外別音源なのかも知れません。」
と説明されていますが、音が良く、ギルモアの生き生きとした素晴らしいギターが響き渡る素晴らしい演奏は、ここだけでもリピート!!
そして、このジャケ、プレスのウェンブレーにも使われていますが、実際はこの日の写真らしく、ダブルネックを持った!!カッコイイショットですねー。これフェンダー・・・どういうダブルネックなのか??12弦ですよね??。。。いるのか??
何の曲で使われたのか??
”Blues”がかっこよすぎる、これを聴くだけでも良いデトロイト!

Live at Ford Auditorium, Detroit, Michigan, USA 27th April 1972

 Disc 1
 
  1. Breathe
  2. On The Run
  3. Time
  4. Breathe (Reprise)
  5. The Great Gig In The Sky
  6. Money
  7. Us And Them
  8. Any Colour You Like
  

 Disc 2
  1. One Of These Days
  2. Careful With That Axe, Eugene
  3. Echoes
  4. Set The Controls For The Heart Of The Sun
  5. Blues
  1. 2014/08/07(木) 15:53:12|
  2. PINK FLOYD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZEP Deluxe Edition

964.jpg


Led Zeppelin 4とHouses Of The Holyのデラックスの内容が発表されましたねー。

うーん、未発表はなかっですねー。。少し残念。

しかし、テイクの違いはあるようなので、それを楽しみに!!


DISC 2
別MIXなどを収録したコンパニオン・オーディオ・ディスク

01. ブラック・ドッグ(オーバー・ダブ・ギター) 02. ロックン・ロール(オルタナティブ・ミックス)
03. 限りなき戦い(ミックス・フロム・ヘッドリィ・グランジ) 04. 天国への階段(サンセット・サウンド・ミックス)
05. ミスティ・マウンテン・ホップ(オルタナティブ・ミックス) 06. フォア・スティックス(オルタナティブ・ミックス)
07. カリフォルニア(マンドリン・ギター・ミックス) 08. レヴィー・ブレイクス(オルタナティブ・UK・ミックス)


DISC 2
コンパニオン・オーディオ・ディスク
01. 永遠の詩(ギター・オーバー・ダブ・ミックス) 02. レイン・ソング(ピアノ・マイナス・ミックス)
03. 丘のむこうに(ギター・ミックス) 04. クランジ(ラフ・ミックス)
05. ダンシング・デイズ(ラフ・ミックス) 06. ノー・クォーター(ラフ・ミックス)
07. オーシャン(ワーキング・ミックス)
  1. 2014/08/06(水) 23:30:47|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PORTLAND 1980 2ND NIGHT/BOB DYLAN

PORTLAND-1980-DYLAN.jpg

'80年、AUD,音質85点、バランスもなかなかで、やや古臭い?中域が太く、ヒスが少しあり、ラジカセで聴いてるような音ですが、なにかその音がいい味?の80年のLIVE。
ま、キリスト3部作のころで、一般には人気がややないか?
過去のヒット曲がなし、当時も評価はやや低くく、その後、このツアー後期になると有名曲も入りましたが、80年ツアー序盤、有名曲?まるでなし。しかし、今曲目見ると、”Gotta Serve~””I Believe In You””Precious Angel””Slow Train”” Solid Rock””In The Garden ”などなど、別にキリスト教になったからと言って、曲がの質が落ちるわけもなく、このへんのアルバムからの名曲がたくさん聴けるという利点?も。
音も近く、変化もなく安定した音なので、最近はリリースもない80年を堪能できます。LIVEは、まず、コーラス4人で始まり、まあ、アメリカの教会でのステージ?ゴスペル感たっぷりで。。
DYLANは7曲目、”Gotta Serve Somebody”から。オルガンがなかな幻想的な”I Believe In You”!!これはカッコイイ!! テープチェンジか?くい気味に入る”Man Gave Names To All The Animals”
ですが、レゲエで、コーラスと歌われるアレンジは、ボブ・マーリーしていて、これもこの時期だけか?
”Precious Angel”はPOPで、アレンジも軽く良いですね~~。”Slow Train”は文句なくカッコイイです。
”Gonna Change My Way~”などのストレートなROCK。こんなの初心者はむしろこのへんの方が聞きやすいかも。。
なんて思う歌い方。”!Do Right To Me Baby”はアルペジオのリズムと歌が印象的で、なんか目立ちませんでしたが
好きになりました。”Saving Grace”もオルガンが美しいアレンジ。冷房が聞いた部屋で聞くと、よけい涼やか。
この後も、一番演奏回数が多い?”In The Garden”、名曲ですねーー。シビレルーー。
最後2曲は、ゴスペル調?派手なコーラスと。。。
なんだか、キリストツアー?にふさわしすぎて、構成までそんな感じ。
近頃はあまり、お目にかからないこの時期の初登場音源。スバラシー内容です。

Live at Paramount Theatre, Portland, Oregon, USA 12th January 1980

Disc 1(79:04)
PEEPLES / HAVIS / DENNIS / YOUNG
1. Can I Ride 2. It's Gonna Rain 3. Look Up And Live By Faith 4. Show Me The Way
5. Freedom At The Wall 6. This Train

BOB DYLAN
7. Gotta Serve Somebody 8. I Believe In You 9. When You Gonna Wake Up 10. When He Returns
11. Man Gave Names To All The Animals 12. Precious Angel 13. Slow Train 14. Covenant Woman

Disc 2(62:32)
1. God Uses Ordinary People (Mona Lisa Young) 2. Gonna Change My Way Of Thinking
3. Do Right To Me Baby (Do Unto Others) 4. Solid Rock 5. Saving Grace 6. Saved
7. What Can I Do For You? 8. In The Garden 9. Band Introduction 10. Blessed Be The Name
11. Pressing On

Bob Dylan (vocal & guitar) Fred Tackett (guitar) Spooner Oldham (keyboards)
Tim Drummond (bass) Terry Young (keyboards) Jim Keltner (drums)
Carolyn Dennis (background vocals) Regina Peeples (background vocals)
Regina Havis Mona Lisa Young (background vocals)
  1. 2014/08/05(火) 11:04:34|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROME 2014/THE ROLLING STONES

ROME2014.jpg


'14年、AUD,音質87点。元音源は、ネットにアップされたMDによる録音だそうです。しかし、MDだからと言って悪いわけではないでしょうが、中音域が強い音で、UPされた音に、低音を厚めにミックスし、補正をしてあるようで、微妙に特殊な音という感じはありますが、ベース、ドラム、も確実に聴こえ、音の回りもないことから、録音位置はかなり近く良好です。曲により左の手拍子、そして、たまーーーに入る、マイクに何か当たるのか?大きくはないですが「ボコッ」と入ることもありますが、良く言えば、臨場感いっぱい?十分な音に仕上がっている?という感じです。
このCDのおまけのほうのDVDが先に載せてしまいましたが、”Let's Spend The Night Together””Streets Of Love ”
などがSET INしており、”Streets Of Love”では、テイラー??まあ、寡黙なスパーギタリストであったテイラーも、チャーリーが言うように、ひょうきんなおじさんになり、おおよそ関係ない??曲でも平気で出てくるのは驚きですが、これが今のテイラー??キースがアコギで、ロニーとテイラーが。テイラーのレスポールが唸っているか?というとなんだかわかりませんが、最近のテイラーのソロは、こんな音ではあります・・・。。
しかし、この曲でのテイラーは、はっきりいってどうでも良く、観客が合唱する盛り上がりが感動的で、この選曲がはまり、最高の見せ場。しかし、"Doom And Gloom"はいつものなんだか・・・ギクシャク。。。なんだか・・。。
そして、。イタリアまで来て、なぜ、ジョン・メイヤー??の”Respectable”ですが、なかなかへっぽこで・・・。
なんか、ブルースでもやればよいのに・・・。。なんて思ってしまいます。
”Let's Spend~””Midnight Rambler”はなかなかの出来。。”Midnight Rambler”は、イントロJAM?のあと、突然始まる感じですが、勢いが!!しかし、イタリア観客おしゃべりは曲間でもなかなか。曲中でもイタリア語がわかれば、
何かわかるんでは??なんて感じで、話すアホ?の声はまあ、やや。しかし、スリリングな演奏。テイラーのギターも最高で、こんな演奏が出来るのに、どぅむあんど・・・・。。。。。
イントロが決まるとうれしい?(爆)”Start Me Up”この日は最高です。
やや変った音ですが、聴き続ければなかな良質な域まで行っており、話し声はウルセーイタリアですが、ノリが良いせいか、後半も盛り上がり、なかなかの演奏。”Satisfaction”の大合唱もなかなか。盛り上がりまくりのLIVE。
なかなかに。。。

Live at Circo Massimo, Rome, Italy 22nd June 2014

Disc 1 (74:32)
1. Intro 2. Jumping Jack Flash 3. Let's Spend The Night Together 4. It's Only Rock'n Roll
5. Tumbling Dice 6. Streets Of Love (with Mick Taylor) 7. Doom And Gloom 
8. Respectable (with John Mayer) 9. Out Of Control 10. Honky Tonk Women
11. Band Introductions 12. You Got The Silver 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)

Disc 2(55:21)
1. Miss You 2. Gimme Shelter 3.
4. Sympathy For The Devil 5. Brown Sugar
6. You Can't Always Get What You Want (with Coro Giovanil Italiano)
7. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2014/08/04(月) 02:22:22|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊東 オレンジビーチ 海の家

ITOU0802.jpg
ホテルのプール、カキ氷、ビール、無料!!??スゲー!
ITOU8022.jpg
海の家のメニュー、湘南みたいなメニューではありません(笑)。
ITOU8023.jpg
でも、正統派。コレだよね。。
ITOU8025.jpg
やけにのりが緑??
ITOU8024.jpg
おでん。結局おつまみ系で・・・。。。
  1. 2014/08/02(土) 11:38:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊東良い天気~~!

ITOU801.jpg
伊東、朝から海、ひどく暑くはないので、ビールを飲んでれば・・・・・・・(笑)
ITOU802.jpg
こんな和懐石のような、先付、八寸、・・・・・と。。すごい食事が。。。
しかし、個室?で食べるので堅苦しくなく、食べ方も知らんものでも、緊張せず・・・???
ITOU803.jpg
こんな刺身盛りは久しぶり~~~~~。。金目やホウボウ。炙ったイカの刺身は初めて食べました。。
ITOU805.jpg
メインは味付きのだし汁でのしゃぶしゃぶ。そのあと雑炊でした。
ITOU804.jpg
その他もいろいろ、椀物はにゅうめん。まあ、滅多に食べれないものばかり。
ITOU806.jpg
デザートは4種類から選べます。当然家族で違うものを頼み・・・・。。
まあ、すごい豪華な!!!

  1. 2014/08/01(金) 22:00:58|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (13)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (40)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (31)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (36)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (124)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (73)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (15)
BLUES D-G (0)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (0)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (1)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR