SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

BROWN SUGAR & WHITE SNOW.100 YEARS AGO(Vol,1)/THE ROLLING STONES

BW1973.jpg


'73年、AUD,音質76点、懐かしいLP音源からの音。アナログ・ブート音源を原盤からというもの。アナログのときはよく聴いた音で、線が細いですが、ボーカルと中音域を捉えていて、エコーもありながら、まあまあ聴ける音ですね。”Gimme Shelter”などは、出だしが管楽器が目立つバージョン?ですが、途中からのテイラーは絶好調という感じです。”Midnight Ramblerと Honky TonkWomen"逆転して収録されてイところを修正。やはり、この年は、”You Can't Always ~””Midnight
Rambler”あたりが、最大の聞き物ですかね。安定した音で、ミックのボーカルが大きいので、迫力は感じられ、テイラーの流れるようなフレーズ、少し面白い音で始まるソロなんかも面白いです。ミスト
ーン?(笑)そこを、強引につなぐさまなども。。。
「11曲目のAll Down The Lineは、原盤では、頭切れとエンド切れの状態で2つのトラックに収録されていたのを、ワントラックに違和感無しに編集。更に、アナログ盤未収だった最後の3曲を、VGP盤の9月28日ミュンヘン公演(2ND SHOW)から補填。」こちらのほうが音が良い感じですかね。。
これで最後まで・・・ある程度流れの通りに。音も、やや聴きやすく補正されているようで、安定しているので聴きやすい音。
おまけ?の”Street Fighting Man””Gimme Shelter”も凄まじい演奏を選んでおり、音も良く。。
おまけのほうが良く感じてしまったり・・。。このへんは、モノラルSBD、TVのものとAUDをミックスしていますが、荒いですが迫力のある音。
本編は、線は細いし、ややキンキンしたところがありますが、安定しているので聴きやすい、73ドイツ!!

Disc 1
Live at Grugahalle, Essen, Germany 9th October 1973

Taken from the LP "Brown Sugar & White Snow"

1. Opening 2. Brown Sugar 3. Gimme Shelter 4. Happy 5. Tumbling Dice 6. Star Star
7. Angie 8. You Can't Always Get What You Want 9. Midnight Rambler 10. Honky Tonk Women
11. All Down The Line

Live at Olympiahalle, Munich, Germany 28th September 1973 (2nd show)

12. Rip This Joint (Aud) 13. Jumping Jack Flash (Aud) 14. Street Fighting Man (Aud/Sbd)
15. Brown Sugar (Sbd) 16. Gimme Shelter (Aud/Sbd)
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 06:23:43|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DREAMS AND NIGHTMARES/THE ALLMAN BROTHERS BAND

DREAMS-AND.jpg



'71年、AUD,音質74-79点。出だしのこもった音を聴くと、相当心配ですが2曲目あたりからは安定してきて、71の音としては良好。古くから有名な音源で10月15日、29日になくなるデュアンの生前、2週間ほど。
ところどころ、ミストーンはあるものの、やはり完成度は70年音とは違い密度の濃い演奏ですね。
この日の”Elizabeth Reed”は頭に焼きつく名演。そして、フィルモアでも演奏回数が少ない”Stormy Monday”そして、このころの新レパートリー、さらっと終わりますが”Revival”が聴ける音源。ボートラの表記はありません。。
”Elizabeth Reed”の凄まじさに、たまーーーに、引っ張り出す音源。


Syria Mosque Pittsburgh, PA OCT 15 1971


1. Statesboro Blues
2. Don't Keep Me Wonderin'
3. Done Somebody Wrong
4. One Way Out
5. In Memory Of Elizabeth Reed
6. Hot 'Lanta
7. Stormy Monday
8. You Don't Love Me
9. Revival
10. Trouble No More
11. Statesboro Blues *
12. Trouble No More *
13. Don't Keep Me Wonderin' *

* Bonus Tracks
  1. 2014/11/28(金) 11:21:21|
  2. ALLMAN BROTHERS 68-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1984 Tour 8mm Film Collection/BOB DYLAN

1984-8MM.jpg

’84年、AUD SHOT、まだまだビデオカメラの普及が少ない時代、8mmフィルムをまとめた映像ですが、まあ、思ったよりは良い映像?という感じで音も、まあまあ、ほとんどブチギレて通しで鑑賞できないので、資料的ですが、エレキギターを、ストラト、テレキャスとけっこう変えるディランがいたり、やたら幅の広い?テイラーさんが弾きまくっていたり・・・幅が広くなったのに、凄い?スーツ姿で、余計広く見えたり(笑)。。。
YOU Tにも84年の映像は少しありますが、みじかーいのが残念。
そして、映像最初に会場が映りますが、ディランとサンタナとあり、サンタナとのジョイント?
だったんですかねー。オフィシャル、ブートシリーズで完全盤が、ぜひ出て欲しい84、オフィシャルが出ているので、相当数テープが回っているはずですよねー。。祈!!

(105:09)
1. Arena di Verona, Verona, Italy 28th May 1984

Jokerman / Just Like A Woman / I & I / License To Kill / It's Alright Ma / Girl Of The N. Country / Every Grain Of Sand / Man Of Peace / Like A Rolling Stone / Blowin In The Wind / Tombstone Blues

2. Arena di Verona, Verona, Italy 29th May 1984

Highway 61 Revisited / Jokerman / Leopardskin Pillbox Hat / I & I / The Times They Are A-Changin' / Blowin In The Wind / Tombstone Blues

3. Sportpaleis Ahoy, Rotterdam, Holland 4th June 1984

Highway 61 Revisited / Just Like A Woman / Maggies Farm / Tangled Up In Blue / It Ain't Me Babe / It's All Over Now Baby Blue / Man Of Peace / Tombstone Blues / Forever Young

4. Stade De L'Ouest, Nice, France 17th June 1984

All Along The Watchtower / Just Like A Woman / Maggies Farm / I & I / License To Kill / Hard Rain.. / It's Alright Ma... / Simple Twist Of Fate / Like A Rolling Stone / It Ain't Me Babe / Don't Think Twice It's All Right / The Times They Are A-Changin' / Why Do I Have To Choose

5. Grenoble Alpexpo, Grenoble, France 3rd July 1984

Jokerman / All Along The Watchtower / I & I / Hard Rain
  1. 2014/11/26(水) 16:33:12|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EMERGED TO FIND JESUS/BOB DYLAN

BOB-D-MINNESOTA-2002.jpg

'02年、AUD,音質92点、バランスも良く、少しシャンシャンしますが目の前で演奏されている感じで、超高音質です。
まあ、この年はなにをとち狂ったか??”Brown Sugar”が連日出てきました。。なお、もの凄く?
真面目に演奏されて(爆)演奏はSTONESに近く、真面目なご様子・・・??けっこう面白いカバーが。。
そして、”In The Summertime”なんて、アコーステックな音で和んだ演奏。。そして、やたらメロディアスな演奏、これなんだっけ・・・と聴いていると、”The End Of The Innocence”・・・・ドン・ヘンリーのカバー、そして、”Old Man”。ニール・ヤングですね。これが20年も前なら大騒ぎ?
大問題?だったでしょうけど、カバーを楽しむ?ディラン。ネバーエンディングの繰り返しで、遊び心が?”Mutineer”はウォーレ・ンジボンの。。。と。。ちなみに、別の日でも、ウォーレンの別の曲などを。。しかし、この日は特にカバーが多く。DYLANの曲自体も最高の選曲、また、歌い方も前年ほど崩れ??ていなく(笑)、とてもききやすく、歌い方で敬遠してる方には是非と。
ボートラは、距離がややありますが、けっこう高音質なテイク。選曲が良いですね。
”Drifter`s Escape”のハードな演奏が最高。”SimpleTwist Of Fate"にざらざらとノイズが入ります。。
珍しいカバーを超高音質で聴ける、優良盤です。。


Xcel Energy Center, St. Paul, MN,

Disc 1
1.Seeing The Real You At Last
2.In The Summertime
3.Tombstone Blues
4.The End Of The Innocence
5.Watching The River Flow
6.Brown Sugar
7.Forever Young
8.It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
9.The Times They Are A-Changin'
10.Cold Irons Bound
11.Girl Of The North Country
12.Old Man
Disc 2
1.Honest With Me
2.Love Minus Zero/No Limit
3.High Water (For Charley Patton)
4.Mutineer
5.Bye And Bye
6.Summer Days
(encore)
7.Blowin' In The Wind (acoustic)
8.All Along The Watchtower

Live At The Xcel Energy Center
Minesota Oct 30, 2002 Bonus Tracks
9.Girl Of The North Country
10.Drifter`s Escape
11.Simple Twist Of Fate
Live At Uptown Thater Kansas City
Oct 28, 2002/12/17
  1. 2014/11/24(月) 10:34:09|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Earlybird/EAGLES

EAGLES-EARLYBIRD.jpg

'73年、SBD、音質90点、バランスも良く、イコライジングでやや高音がきつい気もしますが、こもったイーグルスはあまり魅力がないので、きれいな音で最高です。有名なBBCモノですが、
このバンド・・・有名バンドにしては、LIVE音源もなかなか少なく、貴重なLIVE音源ですねー。
”Train Leaves Here This Morning”というオープニング。良い雰囲気です。アコギの音が綺麗に響く”Saturday Night”ハーモニーが心地よいですねー。”Peaceful Easy Feeling”はリムショットがこれも心地よい。音が良いので車でも軽快に
響くので愛聴盤。2分21秒のところで音とび??何かずれますが・・・・謎です。
バンジョー大活躍な”Earlybird””Out Of Control”で、ハードなR&Rで終わる有名音源。
おまけの”Already Gone”は・・・やや歪んでいて残念。。

BBC Sessions, 5/4/73
Track 10 Live in Kansas 1976 with Alex Karras.

1. Train Leaves Here This Morning
2. Saturday Night
3. Peaceful Easy Feeling
4. Certain Kind Of Fool
5. Earlybird
6. Witchy Woman
7. Take It Easy
8. Out Of Control
9. Earlybird (Alternate Take)
10. Already Gone
  1. 2014/11/23(日) 23:31:57|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRUSSELS AFFAIR 1984/BOB DYLAN Feat. MICK TAYLOR

141120115816.jpg


'84年、AUD,音質89点、バランスも良く、音もクリアーで、やや分離は時代的にこんなものですかね。しかし、すべての楽器が良く聞こえ、14日のLIVEなども載せていますが、こちらの音は別格。
なんといっても、ミック・テイラー活躍の84年、テイラーのストーンズ以降、活躍したLIVEといえばこれ!!という感じですが、良質音源が少なくその中で、これは最高のところに??
”Jokerman”はLIVE盤に入れてもらえなかったですが、伸びやかなフレージングとディランの声が最高。”All Along The Watchtower”はスピード感ある演奏、テイラーの弾きまくり、最高です。
”Just Like A Woman”は歌い方、テイラーのたまにはいるギターがいいんですよねー。
ブルージーな”I & I””License To Kill”も最高の見せ場。そして、Greg Suttonの歌を入れて、弾き語りコーナーに。。。この年の”It's Alright, Ma”も歌い方が迫力があり最高!
”Ballad Of A Thin Man”もオルガンとテイラーのギター、最高です。まあ、このときのコリン・アレンとグレッグ・サットンのリズム隊が面白くないですが、Ian McLagan とテイラー。STONES?系??演奏はややベター・・・ですが、ディランとテイラーをじっくりと。。
”Simple Twist Of Fate”はテイラーが探り探り?何か迷いのある演奏。毎度やる演奏ではない感じで、テイラーに戸惑いが・・・(笑)。”Love Minus Zero~”のなにかさわやかなアレンジが軽快。そして、アンコールの”Tombstone Blues”からはサンタナが。。テイラーのフレーズが良かったりします。”Why Do I Have To Choose?”ウイリー・ネルソンの曲。テイラーがスライド、 あまりサンタナが目立たない感じ。。最後まで完璧な音。
ボートラ2曲も、拍手ややが大きい程度で高音質、本編ではない曲で、これもギターが2本聴こえたり
するので、アンコールのサンタな参加のものですかね??
84年は音源が少なく、高音質の音源の発掘が進んで欲しいですねー!!


Live at Stade de Schaerbeek Stadion, Brussels, Belgium 7th June 1984

Disc 1(72:33)
1. Highway 61 Revisited 2. Jokerman 3. All Along The Watchtower 4. Just Like A Woman
5. Maggie's Farm 6. I & I 7. License To Kill
8. I've Got To Use My Imagination (sung by Greg Sutton) 9. Mr. Tambourine Man
10. It Ain't Me, Babe 11. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding) 12. It's All Over Now, Baby Blue

Disc 2(63:40)
1. Masters Of War 2. Ballad Of A Thin Man 3. Simple Twist Of Fate 4. Every Grain Of Sand
5. Like A Rolling Stone 6. Tangled Up In Blue 7. Girl From The North Country
8. Love Minus Zero/No Limit 9. Tombstone Blues (w/ Carlos Santana)
10. Why Do I Have To Choose? (w/ Carlos Santana)

Bonus Tracks
Mungersdorfer Stadion, Cologne, West Germany 16th June 1984

11. Leopard-Skin Pill-Box Hat 12. Just Like Tom Thumb's Blues

Bob Dylan (vocal & guitar), Mick Taylor (guitar), Ian McLagan (keyboards), Greg Sutton (bass), Colin Allen (drums)
  1. 2014/11/22(土) 10:16:22|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ?メシ!!

DAIKOKU1.jpg
碑文谷、ダイエーの斜め向かいあたりにある、ムギトロが有名なお店。
大黒屋!少し贅沢なランチ!
DAIKOKU3.jpg
久々でしたが、とんかつなどのメニューも増えた??
DAIKOKU2.jpg
ちょうど、カウンターなどのお客さんが、帰り静かな雰囲気に。スピーカから???どこの音楽だろう?
ジャンルがややわからない?少し民族音楽ぽい曲が。。。落ち着く空間でもあります。
DAIKOKU4.jpg
メカジキは1800円。紅しゃけは1500円。写真失敗(笑)。。。
元々おコメ屋さんなどと目にしましたが、ムギトロ、お勧めです!!
  1. 2014/11/21(金) 15:20:43|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼飯~~~~

ESP-BIGOT.jpg
エスプリ・ド・ビゴ 。。自由ヶ丘のパン屋さん。駅からはやや離れてるところに。。インパクトのある看板。
ES-BIG2.jpg
これは初めてた買いましたが、始めての食感?クッキー生地かな??サクサクで、驚き。。
ES-BI-1.jpg
ハム、チーズ。。シンプルなバケットサンドが好きです。。。バケットがうまい!!
  1. 2014/11/20(木) 22:14:25|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エビス イタリアンへ。。 

PAST2.jpg
恵比寿にあるイタリアン。デッラ コリーナというところへ。。牛肉のラグーソース。
PASTA1.jpg
これが目当てのウニのパスタ!!豪華!
PASTA4.jpg
メインはクロムツ。。。
このバルサミコのソースが大好き!!
前菜、デザート、パン、ドリンク、コヒー付き!ランチで満足できます。
  1. 2014/11/18(火) 23:30:41|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Best Always 初回生産限定盤三方背BOX仕様 /大滝詠一

120.jpg

大滝詠一、究極?BEST発売ですね!!まあ、初回生産はカラオケが多いだけで、これはいる
のかどうだかですが。。シングルバージョン、そして、”夏のリビエラ”ですね。。これは、
正直。冬をご本人が歌ってるのを聞きたいのが本音ですが、ないなら・・・・・。。。

”夏のリビエラ”のも、シングルではなく。。ただ、冬の・・、が本人が歌ってないんです
かね・・・。。
これから、発掘が進むのか?どうだかわかりませんが、初登場は音源を歓迎!!



<●=New Mix、▲=Single Version、■=初CD化>
[Disc-1]+mono
●■01. ナイアガラ・ムーン(イン・ザ・プール Mix)*New Mix *初CD化
 ▲02. 12月の雨の日/はっぴいえんど(Single Version)
+▲03. 恋の汽車ポッポ(Single Version)
 ▲04. 空飛ぶくじら(Single Version)
  05. 指切り [from the album『大瀧詠一』]
  06. Cider'73'74'75 [from the album『Niagara Moon』]
  07. 楽しい夜更し [from the album『Niagara Moon』]
  08. 夜明け前の浜辺 [from the album『Niagara Triangle Vol.1』]
●■09. 幸せにさよなら/ナイアガラ トライアングル 山下達郎 伊藤銀次 大滝詠一 (Single Special)*New Mix *初CD化
  10. ニコニコ笑って [from the album『Go! Go! Niagara』]
  11. Cider '77(60秒) [from the album『Niagara CM Special Vol.1』]
  12. The Very Thought Of You /シリアポール[from the album『夢で逢えたら』]
▲■13. 青空のように(Single Version)*初CD化
  14. 真夏の昼の夢('81 Mix) [from the album『Niagara Calendar '78』]
▲■15. ブルー・ヴァレンタイン・デイ(Single Version)*初CD化
  16. 外はいい天気だよ '78 [from the album『Debut』]
●■17. 烏賊酢是! 此乃鯉 [from the album『Let's Ondo Again』] *New Mix *初CD化
  18. 夢で逢えたら *New Song

[Disc-2]
▲■01. 君は天然色(Single Version)*初CD化
▲■02. 恋するカレン(Single Version)*初CD化
▲■03. A面で恋をして/ナイアガラ トライアングル 佐野元春 杉真理 大滝詠一(Single Version)*初CD化
▲■04. さらばシベリア鉄道(Single Version)*初CD化
  05. オリーブの午后 [from the album『Niagara Triangle Vol.2』]
 ▲06. ハートじかけのオレンジ(Single Version)
  07. ROCK'N'ROLL 退屈男/大滝詠一 with Jack Tones (Single Only)
  08. CM Special Vol.2 [from the album『Niagara CM Special Vol.2』](Complete Version)
 ■09. Cider '83(60秒)*初CD化
  10. ペパーミント・ブルー [from the album『EACH TIME』]
 ▲11. バチェラー・ガール(Single Version)
 ▲12. フィヨルドの少女(Single Version)
  13. 夏のリビエラ [from the album『Snow Time』]
  14. 幸せな結末
  15. Happy Endで始めよう
  16. 恋するふたり
  17. 恋のひとこと~Something Stupid~ /竹内まりや Duet with 大滝詠一

[Disc-3]ボーナスディスク(カラオケ)※初回生産限定盤のみ
1、ナイアガラ・ムーン
2、幸せにさよなら
3、夢で逢えたら
4、ROCK'N'ROLL 退屈男
5、CM Special Vol.2
6、Cider '83
7、夏のリビエラ
8、幸せな結末
9、Happy Endで始めよう
10、恋するふたり
  1. 2014/11/17(月) 23:22:29|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Borgholm 2001 /BOB DYLAN

BOB-2001-BORGHOLM.jpg

'01年、AUD,音質91点、高音質レーベル、CRYSTAL CAT、音も近くバランス最高で、超高音質です。素晴らしく安定した超高音質です。アコギの音もきれいで目の前で演奏してるような音。
”Most Likely ~のアレンジがカッコイイ。。オリジナルに近いですが。。まあ、歌はけっこう崩した感じですが。。(笑)この年あたりはこんな感じですかね。”Leopard-Skin~”などは、王道ですね。
最高の演奏。なにか、ボブがアコギを持つ曲が多く、アレンジもストレート。最近のピアノばかりのボブとは違うボブが新鮮ではあります。
選曲はもう、すごいですね!BEST OF!と言うような。。”Forever Young”の演奏はなんだか凄く良く、歌声が沁みます。ノリノリの”Cat's In The Well”で終わる、超高音質音源。
ボートラは、本編より、やや距離がある感じですが、かなり高音質。”Where Teardrops Fall”はスティールギターと、盛り上がる歓声がよい感じ。ボートラのよさも最高です。。
さすがのCRYSTAL CAT!!


Sweden July 3, 2001

Disc 1
Intro
Duncan And Brady (acoustic)
Mama, You Been On My Mind (acoustic)
Desolation Row (acoustic)
Tombstone Blues
Lay, Lady, Lay
Most Likely You Go Your Way
Ballad Of Hollis Brown (acoustic)
It's All Over Now, Baby Blue (acoustic)
Tangled Up In Blue
Tonight I'll Be Staying Here With You
Drifter's Escape
Leopard-Skin Pill-Box Hat

Disc 2
Country Pie
Like A Rolling Stone
Girl Of The North Country (acoustic)
All Along The Watchtower
Forever Young (acoustic)
Highway 61 Revisited
Blowin' In The Wind (acoustic)
Cat's In The Well

Bonus:
Simple Twist Of Fate
To Be Alone With You
Where Teardrops Fall
Things Have Changed
Bob Dylan thanks
Bonus tracks: Stadhallee braunschweig, germany july 5th 2001
Except Australia, march 2001 oscar award
  1. 2014/11/16(日) 23:17:59|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Breeze An Appreciation Of Jj Cale / Eric Clapton

EC JJ CALE BREEZE

クラプトン、&フレンズ?ですかね。JJのトリビュートアルバム。。

音が良いですねー。クラプトンがJJとのアルバムを作るとき、クラプトンの意志が伝わらず、JJの名作の焼き直しをしたかったようですが、「昔のことをやってどうする?」とのJJの考え?で、共作の新譜になった(笑)という経緯を、インタビューで見ましたが。。
これが作りたかった音ですかね。。JJの音を出しています。。まあ、選曲はこんなところですかね。。。もっとやって欲しい曲もありましたが。。
”3.someday””9.songbird””Train To Nowhere”は・・・あまり知らないな。。???
レイナードなどでも有名な、”Call Me the Breeze”は、もうまんま?の音で、クラプトンの枯れた声もいいですねー。”Rock And Roll Records”はトムも入り。。まあ、嗄れた声の人を集め?(笑)
ツインボーカル曲は、一緒にに歌い、どちらかが目立つという感じでもなく良い歌声も。。ウイリーは単独で目立ちますが。。(爆)ギターも参加者がそれぞれですが、個性をというより、JJっぽく弾いているような音が良いですね。
”Sensitive Kind”の気だる感じは雰囲気最高。”Magnolia”の音も良いですねー。ジョンが目立たないです。
”I’ll Be There”のドブロのスライドが良いですねー。ECのファーストに出てくるような音が最高。
”The Old Man And Me”はトムペティーのボーカルですが、JJのモノマネみたいに似ているところが・・・少しびっくり。
”Train to Nowhere”はマークのギターのリフ、ボーカルは、らしいアレンジ。"Don’t Wait"はジョンとですね。
これもオリジナルの雰囲気を残し。。どれも、JJの雰囲気をを残し・・・・まあ、JJが生きていたら、
ここまでオリジナルに近い音は造らないでしょうけど。。。JJに対する愛情が詰まった感じですかね。。
最高の音。JJファンにもマストな音ですね。。


1.Call Me the Breeze 3:06 – Eric Clapton
2.Rock And Roll Records 2:19 – Eric Clapton, Tom Petty
3.Someday 3:48 – Eric Clapton, Mark Knopfler
4.Lies 3:06 – Eric Clapton, John Mayer
5.Sensitive Kind 5:17 – Eric Clapton, Don White
6.Cajun Moon 2:27 – Eric Clapton
7.Magnolia 3:41 – Eric Clapton, John Mayer
8.I Got the Same Old Blues 3:02 – Eric Clapton, Tom Petty
9.Songbird 2:55 – Eric Clapton, Willie Nelson
10.Since You Said Goodbye 3:00 – Eric Clapton
11.I’ll Be There (If You Ever Want Me) 2:36 – Eric Clapton, Don White
12.The Old Man And Me 2:56 – Eric Clapton, Tom Petty
13.Train to Nowhere 4:51 – Eric Clapton, Mark Knopfler, Don White
14.Starbound 2:03 – Eric Clapton, Willie Nelson
15.Don’t Wait 2:46 – Eric Clapton, John Mayer
16.Crying Eyes 3:30 – Eric Clapton, Christine Lakeland
  1. 2014/11/15(土) 11:31:06|
  2. ERIC CLAPTON '10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水槽に!!

EBIEBI1.jpg

熱帯魚、はじめて数ヶ月、エビの赤ちゃんが!!ルリー・シュリンプ。。

卵を抱いてるエビが3びき、、、意外と簡単に生まれる???

写真に撮るのが難しいですが・・・中央、エビが2CM。。赤ちゃん?5ミリ無いくらい。。

生後2,3週????カワイイ!!

  1. 2014/11/14(金) 23:51:51|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sydney!!

2014STONES.jpg

12日!!みっくは大丈夫だった!!!?
Sweet Virginia!!いいねー!!
DOOMが抜けるというSETでした!!

1. JJF
2. It's Only Rock'n Roll
3. Respectable
4. Tumbling Dice
5. Sweet Virginia
6. Bitch
7. Paint It Black
8. Honky Tonk Women
- Band Introductions -
9. You Got The Silver
10. Before They Make Me Run
11. Happy
12. Midnight Rambler (with Mick Taylor)
13. Miss You
14. Gimme Shelter
15. Start Me Up
16. Sympathy For The Devil
17. Brown Sugar
- Encore -
18. You Can't Always Get What You Want
19. Satisfaction (with Mick Taylor)
  1. 2014/11/13(木) 23:57:42|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

That on the Road Look/Tony Joe White

TONY-JOE THAT

最高に好きなアルバムを。。
トニージョーのLIVE。71の録音らしく、「ライナーには本人の記憶を辿った結果、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにてCCRのオープニングを務めた時のレコーディングなのではないかという記載もあり」と言うことが有力というLIVE。内容は素晴らしく、初期の素晴らしいLIVE。
”A Night In The Life Of A Swamp Fox””Traveling Bone”などの1STからの曲。なかなか正統派の解釈?の”Stormy Monday”一番らしい??ファンキーな”My Kind Of Woman”これは最高!もちろん”Polk Salad Annie”は最高の演奏。アコースティックでの演奏も多く、ファンにはお宝音源となったCD。トニー・ジョーをここから入るのも良いかと。。スワンプの巨匠
の初期のLIVE、最高です!




1. Roosevelt And Ira Lee (Night Of The Mossacin)
2. Night In The Life Of A Swamp Fox
3. Rainy Night In Georgia
4. Mississippi River
5. Lustful Earl And The Married Woman
6. And Laura Mae Jones
7. Back To The Country
8. Band Introduction
9. Traveling Bone
10. Stormy Monday
11. My Kind Of Woman
12. Polk Salad Annie
13. That On The Road Look
  1. 2014/11/12(水) 23:39:47|
  2. オフィシャルT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでいいのか?

POST.jpg

千束で見かけたポスト。。。車道側向いてないのね。。。。

車からは入れられないポストでした。。。。(笑)
  1. 2014/11/11(火) 23:34:27|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

From The Vault L.A.Forum CD /ROLLING STONES

LA-75-CD.jpg

こちらは、DVDに付属のCD。7月13日との事で、映像は12日・・・・。。。
しかし、日付まで書いてありますが、真偽は???11日の可能性が・・・・。。
ということは、VGPの「L.A. CONNECTION」と同日ですかね。。
さすが、オフィシャル。凄い音ですね。当然、映像では隠せないミスも、音だけのCDは編集が多いような気もしますが、そこはオフィシャル。素晴らしい迫力を楽しんで。。
”If You Can't Rock Me〜Get Off Of My Cloud”は凄いのり!!75年の勢い!”Gimme Shelter”はロニーのががんばってますねー。”You Can't ~”はミックが素晴らしい!
”Fingerprint File”は、ロニーのベースとキースのギターがイイデスネー。音質のよさは凄い迫力できます。”Rambler”のミックのハープの音も迫力。オフィシャルの凄さ!!
演奏もかなり良いですねー。。中盤の盛り上がり!!まあ、全体的にミックのパワーは凄いですね。
日付からして謎ですが、ゆっくり楽しみたいですねーー。。
しかし、DVDのおまけのような扱いで、LIVE盤としての評価はなんだか。。。これからはこんな感じになってゆく???写真は海外のDVDのジャケですかね??CDにもジャケが欲しいような。。。


(CD 1)
1.Fanfale For The Common Man/2.Honky Tonk Women/3.All Down The Line/
4.If You Can't Rock Me〜Get Off Of My Cloud/5.Star Star/6.Gimme Shelter/
7.Ain't Too Proud To Beg/8.You Gotta Move/9.You Can't Always Get What You Want/
10.Happy/11.Tumbling Dice/12.It's Only Rock'n Roll/13.Band Introductions/14.Doo Doo Doo Doo Doo
(CD 2)
1.Fingerprint File/2.Angie/3.Wild Horses/4.That's Life/5.Outa Space/6.Brown Sugar/
7.Midnight Rambler/8.Rip This Joint/9.Street Fighting Man/10.Jumping Jack Flash/
11.Sympathy For The Devil
  1. 2014/11/09(日) 22:23:47|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

From the Vault L.A. Forum

STONES LA 75


STONES、LA!!きましたねー!!!音の印象は、ギターがくっくり!!
ロンの音が、でかいなーと。。荒々しく。。。まあ、編集もなく、ここが、From the Vault!という感じですね。
まあ、ロンが加入して、独特なグルーブを作り出した75、間違いだらけの演奏もリアルですねー。
HONKEYから、キースのリードに絡むロンも独特。。この年の目玉。「フィンガープリント・ファイル」は
最高にかっこいいですねー!
まさか映像まで・・・・の、75ですが。。81と、ほかに何が・・・・という感じですが。。73はないんでしょうね。。
そこがSTONES????
しかし、ステージに上がる前のメンバーのシーン、緊張感が感動的です。。75が高画質で見れるなんてね。。



1975年7月12日 アメリカ/カリフォルニア州ロサンゼルス LA

1.イントロダクション
2.ホンキー・トンク・ウィメン
3.オール・ダウン・ザ・ライン
4.イフ・ユー・キャント・ロック・ミー〜一人ぼっちの世界
5.スター・スター
6.ギミー・シェルター
7.エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
8.ユー・ガッタ・ムーヴ
9.無情の世界
10.ハッピー
11.ダイスをころがせ
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13.バンド・イントロズ
14.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー)
15.フィンガープリント・ファイル
16.悲しみのアンジー
17.ワイルド・ホース
18.ザッツ・ライフ
19.アウタ・スペース
20.ブラウン・シュガー
21.ミッドナイト・ランブラー
22.リップ・ディス・ジョイント
23.ストリート・ファイティング・マン
24.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
25.悪魔を憐れむ歌
  1. 2014/11/08(土) 23:17:21|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAM CRACKER 2/所ジョージ

TOKORO-JAM-C-2.jpg


所さんのオリジナルレーベル「Jam Cracker Record」からリリース!!こちらは、その2。??なんか気合入っている??このへんも、世田谷ベースか何かで聞いたことある曲も??
「なんで犬は走るんだ」がらしくて良いですねー。「コントロール」「オスプレイは飛んでゆく」は社会風刺?このへんも最近多くなった?「ドーナツで生きかえる」はところさんの日常か??「ああ、ひと休み」茶・茶・茶??
がアクセント、所さんワールド。。沖縄のバナナの歌「Banana's come true」早く食わないと
ぬたぬた・・・笑。。「鶉」「ジャガイモは早いんじゃない」がイイデスネー。
坂崎さんとの、フォーク調アルバムもつくってほしいなー。。。


01. センチメートル・ミリ
02. 情報通りの大満足
03. Banana's come true
04. なんで犬は走るんだ
05. コントロール
06. オスプレイは飛んでゆく
07. 夕暮れが終るまで
08. ドーナツで生きかえる
09. ああ、ひと休み
10. 甘長トウガラシ
11. 休日の国
12. 手を振って届いたかな
13. 鶉
14. ジャガイモは早いんじゃない
15. 私は神様を知っている(サービストラック)
  1. 2014/11/07(金) 22:49:22|
  2. 邦楽さ~た行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAM CRACKER 1/所ジョージ

JAM-C-TOKO1.jpg

所さんのオリジナルレーベル「Jam Cracker Record」からリリース!!
ニューアルバムは、エイベックスをやめたのかな??オリジナルレーベルから。。自主制作??
いかにも所さんらしく、最近の企画倒れのアルバムより、良くできてますねー。。
「アイスクリーム買いに行きましょうか」やや真面目な、所さんらしい曲、名曲!!(笑)
「百目柿だらけ」は得意のざわわ??が飛び出すけど、替え歌っぽくはあんまりなっていないです。。
面白。。「夏をあらためて」「やや赤鼻のトナカイさん」もらしい曲。。。セロリパセリ思い出しちゃった。。
この路線のところさんが一番良いですねー。。所さんワールド!!756円??なぜ??


01. アイスクリーム買いに行きましょうか
02. 100%
03. 肉祭り餅ぞえ
04. 全員棚の上
05. 百目柿だらけ(サトウキビ畑より)
06. アルミニウムダイヤル
07. 私は神様を知っている
08. 僕のバイクで帰らなきゃ
09. 夏をあらためて
10. 10月は、もう11月
11. やや赤鼻のトナカイさん
12. RCA 77DX
13. めんどくさいのが帰ってくる
14. 私は神様を知っている(サービストラック)
  1. 2014/11/06(木) 20:43:47|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

潮風公園

DAIBA11-11.jpg
お台場の公園へ
凧作り教室などというものが。。。子供がチャレンジ。。。
棒二本に、シッポをつけて・・・・・
棒も平行に2本、しっぽはバランスを取るのに、つながった紐を2箇所に・・・・
こんなので飛ぶのかと・・・・
DAIBA-22-33.jpg
驚愕!!異常に良く飛ぶ!!
まあ、教室開いて、飛ばないわけも・・(笑)
DAIBA-11-22.jpg
キリン??東京湾。。。風が気持ち良い!
  1. 2014/11/05(水) 23:52:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランチ・・・蕎麦

PAP_0000-1.jpg
昼は蕎麦が食べたい!!そんな気分で、碑文谷の蕎麦屋さんへ!!朝日屋・・・名前はなんだかそこらじゅうにある店名。
でも、綺麗なお店で、昼時でやや並んで・・・・・

SOBA2.jpg
お??日替わりのランチ、揚げたてテンプラと、炊き込みご飯、出汁巻き、蕎麦と。。
とろろ!!豪華じゃない!!

1080円、なかなか満足!!!
  1. 2014/11/04(火) 22:57:41|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hamburg 2002/Bob Dylan

Hamburg-2002-656565665.jpg

'02年、AUD,音質88点、高音質レーベル、CRYSTAL CATらしく、音も近くバランス最高で、超高音質ですが。。。。歓声もかなり拾っており、2,3曲目まではやや落ち着かない音ではありますが、その後の音は素晴らしく、強烈な高音質です。
オープニングはカントリータッチ?”Humming Bird”ですね。”Desolation Row”がこの位置も凄いものです。
何かメロウなアレンジ。。後期の名曲であると思う”Floater”はアレンジもあまりなくストレートでカッコイイデスね。”Subterranean Homesick Blues”も、歌詞をよく聴かないと、最初はなんだかわかりませんが、いい感じです。
和む、”Mama, You Been On My Mind”も最高!”Don't Think Twice,”はボーカルもそれ程崩さず、完璧!
”Leopard-Skin ~””Like A Rolling Stone ”も演奏のアレンジはオリジナルに近く、聴きやすい??もの。
場bb度演奏による”Blowin' In The Wind”でしっとり終わるLIVE.かなり素晴らしい内容!!!


Alsterdorfer Sporthalle, Hamburg, Germany 9th April 2002


CD1
1. Intro
2. Humming Bird
3. The Times They Are A-Changin'
4. Desolation Row
5. Girl From The North Country
6. Lonesome Day Blues
7. Floater (Too Much To Ask)
8. Subterranean Homesick Blues
9. Standing In The Doorway
10. Mama, You Been On My Mind
11. A Hard Rain's A-Gonna Fall

CD2
1. Don't Think Twice, It's All Right
2. Love Sick
3. Summer Days
4. Drifter's Escape
5. Leopard-Skin Pill-Box Hat
6. Country Pie
7. Like A Rolling Stone
8. If Dogs Run Free
9. Honest With Me
10. Blowin' In The Wind
  1. 2014/11/03(月) 21:35:37|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BUFFALO RICH STADIUM /ROLLING STONES

BUFFALO-97.jpg

古いCDを。。

'97年、AUD,音質87点、音が近く回ったエコーもないですが、低音が微妙に歪んだ感じはあります。音はスタジアムしててはとても良いですが、低音の問題と曲間切れ、Wanna Hold You イントロ、”Satisfaction””All AboutYou””Sympathy For The Devil”には途切れあり・・・と、知らないレーベル、ジャケもイマイチですが、音はまあまあ、で、”Memory Motel”ですよね。。
へへへ。。キースのコーラスも大きく、張りのあるミックのボーカル!!最高です!!”All About You”も最高!
まあ、曲間が無音になるのは最悪ですが、この日はこのレーベルしかないのかも。。

ボートラに9月のBLEED,SHE'S A RAINBOW,RUBY,UNDER MY~、と魅力的な選曲が・・・ですが、イントロ切ればかりで(笑)。。。うれしいのか、ややストレスか???音もまあまあなだけにやや悲しいボーナス。。。

Rich Stadium, Buffalo, New York, October 8, 1997

DISC 1

Satisfaction/It's Only Rock'n Roll/Bitch/Let's Spend The Night Together/Gimme Shelter/Sister
Morphine/Anybody Seen My Baby?/19th Nervous Breakdown/Out Of Control/Memory Motel/
Miss You/Band introductions/All About You/

DISC 2

Wanna Hold You/Little Queenie/Crazy Mama/The Last Time/Sympathy For The Devil/Tumbling Dice/
Honky Tonk Women/Start Me Up/Jumpin' Jack Flash/Brown Sugar
  1. 2014/11/02(日) 22:30:34|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

REUNION TOUR SAN FRANCISCO 1983/THE BAND

BAND-1983.jpg

'83年、PRO SHOT、TV映像ですかね。高画質です。83年、再結成時のLIVE,この後枯れ過ぎて??
けっこう渋い感じになりますが、ロビロバがいないなんて・・・・という、大きな事実があるわけですが。。この勢いのある演奏は!!!ギターもがんばっており、まあ、そっくりさん的なフレーズで、”ミステリートレイン”の弾きまくりは良いですねー。バンド全体の演奏が元気で、キングハーベスト””ステージフライト”と続くところはやはり、なかなかの見せ場。
リック・ダンコの元気な姿、ボーカル、コーラスの元気さが良いですねー。
ラストが”WILLIE AND THE HAND JIVE”なのが、らしいのか?うーん。。高画質で元気な演奏の
ニューイヤーズコンサート!!!

SAN FRANCISCO 31 DEC, 1983

RAG MAMA RAG
LONG BLACK VEIL
SHAPE I'M IN
IT MAKES NO DIFFERENCE
MILK COW
MYSTERY TRAIN
KING HARVEST
Stage Fright
The W.S. Walcott Medicine Show
YOU DON'T KNOW ME
CALDONIA
CHEST FEVER
JAVA BLUES
WILLIE AND THE HAND JIVE
  1. 2014/11/01(土) 15:02:17|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (10)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (29)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (14)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (24)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (120)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (73)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (15)
BLUES D-G (0)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (0)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR