SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

HUNTER VALLEY 2014/THE ROLLING STONES

HUNTER-VALLEY-2014-STONES-C.jpg

'14年、AUD,音質91点、音は近くバランスもよく、超高音質。バスドラの音を大きく拾っておりかなりよい場所から。。音はやや硬質な印象ですが、良い音がそれ程ないであろう、オーストラリア・ツアーでこの音は貴重。たまに音の変化がありますが、まあ、悪くはならないので大きな問題はなく。あまり曲目のお面白さもすくなく、良い音の代表音源を聴くには最高の音で、SETも目新しさわなないものの、ミックの不調から回復した?ばかりのこのころ、"Doom And Gloom"などが落ち、キースが3曲!という面白いもの。”Let's Spend The Night Together”はキースのコーラスを大きく捕えており、歌詞の間違いも(笑)元気でほほ笑ましい演奏。
この日選ばれた”Dead Flowers”はうれしい選曲ですが、なんかモタッーーとした演奏。慎重すぎた?”Paint It Black”は臨場感もあり最高の音。音が近いので、”You Got The Silver”のギターもばっちりで、アコギの迫力まで感じます。ミックも元気な感じで、後半もよい演奏。”Midnight Rambler”はたまに、はずれそうになりますが、迫力の演奏、粗さが良いですね。”Gimme Shelter”での冒頭、スネア音がどこからか響くような、変な現象もありますが、臨場感があるようにも感じ。。”You Can't Always~”はブレイクも決まり、なかなかよい演奏。15年はまた、テイラーさんの活躍も多くみたいですが。。。
せめて?この曲はテイラーに・・・なんていつも思うこのごろ。。。終わりも掛け合いに進むノリノリのバージョンで、やや強引に終わりますが、この日の調子の良さが。。
適度にあれながら(笑)、パワーを感じる演奏、音もよく、YOU Tなどの音も多くなると予想される最近の音源ですが、これはオリジナル音源で、オーストラリアツアーを代表する音になりますね。


Disc 1 (71:11)
1. Intro 2. Jumping Jack Flash 3. Let's Spend The Night Together 4. It's Only Rock'n Roll
5. Tumbling Dice 6. Dead Flowers 7. Rocks Off 8. Paint It Black 9. Honky Tonk Women
10. Band Introductions 11. You Got The Silver 12. Before They Make Me Run 13. Can't Be Seen
14. Midnight Rambler (with Mick Taylor)

Disc 2 (58:21)
1. Miss You 2. Gimme Shelter 3. Start Me Up 4. Sympathy For The Devil 5. Brown Sugar
6. You Can't Always Get What You Want (with The Sydney Philharmonia)
7. Satisfaction (with Mick Taylor)
スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 12:26:23|
  2. ROLLING STONES 14・15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MAKE NO MISRAKE/KEITH RICHARDS

MAKE-NO-MISYAKE-FRONT.jpg
キースの名曲。MAKE NO MISRAKE!!
MAKE-NO-MISTEKE.jpg
シングルは、EDITバージョンが入ってたりします。。
  1. 2015/01/30(金) 21:07:52|
  2. ROLLING STONES SOLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Promise The Darkness On~のDVD!!

PROMISE-6.jpg

6枚組み、闇に吠える街 The Promise The Darkness On The Edge Of Town StoryのLIVE DVD。
78年のLIVE。映像はまあまあ、時代的にこんなものでしょう。しかし、音は臨場感もあり、大迫力。これが素晴らしい!!
HOUSTON '78 BOOTLEG HOUSE CUT として、見られるこの映像。
78年のLIVEを堪能できます。リバーの曲も演奏されており、BEST盤みたいなLIVEですが、
”Independence Day””Fire”などや、最高に盛り上がる”Tenth Avenue~”や
ブルースらしい”Quarter To Three”まで、最高のLIVE。映像があるのも驚きでしたが、クオリティーも最高!!!

01.Badlands / バッドランド
02.Streets Of Fire / ストリーツ・オブ・ファイア
03.It's Hard To Be A Saint In The City / 都会で聖者になるのはたいへんだ
04.Darkness On The Edge Of Town / 闇に吠える街
05.Spirit In The Night / 夜の精
06.Independence Day / 独立の日
07.The Promised Land / プロミスト・ランド
08.Prove It All Night / 暗闇へ突走れ
09.Racing In The Street / レーシング・イン・ザ・ストリート
10.Thunder Road / 涙のサンダー・ロード
11.Jungleland / ジャングルランド
12.The Ties That Bind / ザ・タイズ・ザット・バインド
13.Santa Claus Is Coming To Town / サンタが街にやってくる
14.The Fever / ザ・フィーヴァー
15.Fire / ファイア
16.Candy's Room / キャンディーズ・ルーム
17.Because The Night / ビコーズ・ザ・ナイト
18.Point Blank / ポイント・ブランク
19.She's The One / 彼女でなけりゃ
20.Backstreets / 裏通り
21.Rosalita (Come Out Tonight) / ロザリータ
22.Born To Run / 明日なき暴走
23.Detroit Medley / デトロイト・メドレー
24.Tenth Avenue Freeze-Out / 凍てついた十番街
25.You Can't Sit Down / ユー・キャント・シット・ダウン
26.Quarter To Three / クォーター・トゥ・スリー
  1. 2015/01/29(木) 23:01:35|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jam 1979 10月

2015JAM28-FRONT.jpg
1979年、ジャム。ミック ジョーンズの表紙。
2015JAM28-1.jpg
ロンウッド インタビュー!
2015JAM28-2.jpg
ミック テイラー!!豪華!
2015JAM28-3.jpg
デイブ エドモンズ!全盛期だね。。
2015JAM28-5.jpg
憧れたなー、こんな感じ。。。
  1. 2015/01/28(水) 11:02:44|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ROLLING STONE 1975 12月号

RSM1975-01261.jpg
ストーンズよ 夜の闇へ・・・・スゴイデスネー。。
R STONE 75年!!
RSM1975-01263.jpg
LIVEレポート。
RSM1975-01264.jpg
有名写真。。。。
RSM1975-01262.jpg
NS-451・・・26500円・・・・・・知らないほど古い。。。。。
  1. 2015/01/26(月) 16:29:19|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shattered In Europe/Rolling Stones

SHATTERD-IN-EUROPE.jpg

なつかしの名盤を。。

'82年、SBD,音質89点、ほぼモノラル?のような音ですが、迫力がありクリアーなボード直のような音。
微妙にビチビチいうノイズなどや音の変化はありますが、なかなかの高音質。
懐かしいTSPの名盤ですが、ごっそり曲が抜けているが。。。
"Shattered"のラスト13秒あたりは81年ツアーのラジオ音源Pontiacからのようで、音の変化もわかる、やや雑な繋ぎ。”Black Limousine”””Just My Imagination”の迫力ある演奏は印象的。
”Under My Thumb”のイントロが詰まったようなギターから始まりますが、珍しく?キースが弾けてます。。
ギターが大迫力の、82年のクリアーSBD,AUD音源もありますが、完全盤はないのか?ということにどうしても。。
オフィシャルリリース以外では、まともな?82のSBDはなく・・・高音質のシャンテリー・レースはあまり増えないですね。。まあ、演奏回数もやや少ないですが。。あれ?話がそれた。。
サックスソロが渋い”Angie”が高音質で聴ける82年のSBD。ジャケ写真も左端が変な感じ?TSPにしては何か雑な感じですが、音はよい名盤ですね。。
DISC2に不思議なJAMが・・。。だらーーン。。6曲収録。。酔っ払いのJAM?不思議な・・・


Stadio San Paolo,Napoli,Italy July.17 1982

1 Under My Thumb
2 When The Whip Comes Down
3 Let's Spend The Night Together
4 Shattered
5 Neighbors
6 Black Limousine
7 Just My Imagination
8 Introductions
9 Little T&A
10 Angie
11 Tumbling Dice
12 She's So Cold
13 Hang Fire
14 Miss You
15 Honky Tonk Woman
16 Brown Sugar
17 Start Me Up

Disc 2 (Bonus CD)
1 Hard Travellin'
2 Hit The Road Jack
3 Rock'n'roll Jam
4 He'll Have To Go
5 Lonesome Whistle
6 Will You Love Me Tomorrow

The Swingin' Pig
  1. 2015/01/25(日) 12:31:13|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Paris 1976 2nd Night/ROLLING STONES

paris1976-2nd.jpg


'76年、SBD,音質87点、映像、DVDとその音声から作られたCDとのセット。YOU TUBEに出てきた映像のようで全体的にぼやけて、32インチくらいのTVで何とか。。。正面からの1カメですが、見やすい感じ。
しかし、映像はスタート前、男が火吹きのパフォなどからで、 ”You Can’t~”の途中まで。
音のバランスの問題はややありますが、76のおいしいところはカバーされており、AUDでは聴けましたがSBDで聴けるように。。
テレビで放送された映像のメインは6月6日で、映像に関しては6月5日以外の公演で構成されており、5日や収録なし?という感じでしたが、出てきました。
演奏が悪いと言う感じもなく、良い感じを選んだだけとも取れますが、こちらはワンカメ、バンド側の記録用ということですかね。。バランスで"Get Off Of My Cloud"あたりのビリーのピアノのバランスが大きくなったり、ボーカルのバランスが・・・・など少しありますが、76のSBDののなかでも、良質。
”Star Star”などの巨大風船が失敗して、やや中途半端に。。古めかしいぼやけた映像でも、タイムスリップできる魅力もあり。。76の魅力は感じられるネタですね。。


DVD(66:47)
1. Introduction 2. Honky Tonk Women 3. If You Can’t Rock Me / Get Off Of My Cloud
4. Hand Of Fate 5. Hey Negrita 6. Ain’t Too Proud To Beg 7. Fool To Cry
8. Hot Stuff 9. Angie 10. Star Star 11. You Gotta Move 12. You Can’t Always Get What You Want

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.66min.

CD(66:51)
1. Introduction 2. Honky Tonk Women 3. If You Can’t Rock Me / Get Off Of My Cloud
4. Hand Of Fate 5. Hey Negrita 6. Ain’t Too Proud To Beg 7. Fool To Cry
8. Hot Stuff 9. Angie 10. Star Star 11. You Gotta Move 12. You Can’t Always Get What You Want
  1. 2015/01/24(土) 13:03:40|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKYO 2014 5TH NIGHT/BOB DYLAN

140422232031.jpg
'14年、AUD,音質93点、超高音質の収録です。バランスも完璧、音質もクリアー。完璧。ともいえる音源。
微妙に歓声を所々に。しかし、臨場感もあります。と、以前紹介しているもののプレス物なので。。
2度目のこの日なので、プレス盤の紹介ということで。。。
昨年のBEST音源ともいえるこの音、”Waiting For You””Huck's Tune”を完璧な音で聴ける、14のディラン
の完璧な音源。14年のBEST、名盤のひとつ!!!

Live at Zepp DiverCity, Tokyo, Japan 5th April 2014

Disc 1(48:47)
1. Things Have Changed 2. She Belongs To Me 3. Beyond Here Lies Nothin' 4. What Good Am I?
5. Waiting For You 6. Duquesne Whistle 7. Pay In Blood 8. Tangled Up In Blue 9. Love Sick

Disc 2(58:32)
1. High Water (For Charley Patton) 2. Simple Twist Of Fate 3. Early Roman Kings 4. Huck's Tune
5. Spirit On The Water 6. Scarlet Town 7. Soon After Midnight 8. Long And Wasted Years
9. All Along The Watchtower 10. Blowin' In The Wind
  1. 2015/01/23(金) 20:42:58|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CRAZY MIX /Keith Richads

CRAZY-MIX.jpg

'88年、AUD,音質76点。スタジオテイク2曲と、LIVEの組み合わせ。スタジオアウトはかなり高音質。
”She Put The Mark On Me”はJAM風。。長いです。シンプルなR&R。そして、LIVEは懐かしいCD。。"TALK IS CHEAP"ソロ・ツアーの最終日、12月17日"RUN RUDOLPH RUN"や未発表の "CRAZY MIXED UP WORLD"が演奏されています。、ジョニー・ジョンソンが参加しています。。
しかし、音はやや不明瞭で、ピアノはイマイチ聴こえないですかね。。このツアーはイマイチ音源に恵まれず、アイテムも少ないですが、 "CRAZY MIXED UP WORLD"というレア曲。”I Could Have Stood You Up”のような楽しいR&Rです。。まあ、ソロで思いっきりキーが違って、メロメロになりますが、たまに聴きたいこの曲。。少しレアななつかしーー音。。


DEC.17.1988, NEW JERSEY &ETC.


It Means A Lot
She Put The Mark On Me
Take It So Hard
How I Wish
Crazy Mixed Up World
Before They Make Me Run
Too Rude
I Wanna Be Your Man
Little T & A
Connection
Run Rudolph Ran
It Means A Lot


TERRAPIN RECORDS
  1. 2015/01/22(木) 22:54:04|
  2. ROLLING STONES SOLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パティスリー ヤナギ 八雲店

2015YANAGI.jpg
都立大学駅近く。。パティスリー タダシ ヤナギ 八雲店で。。

お気に入りの店です!!
  1. 2015/01/21(水) 20:19:09|
  2. おかし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥の丸焼き!ガーリックライス詰め!!

201516CI.jpg

ダッチオーブンで、丸焼き!!オーブンで焼くよりさらに肉が柔らかく。。

ローストチキンより、「丸焼き」のほうが食った気になるね。。。 ??

  1. 2015/01/19(月) 17:19:00|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALONE AND TOGETHER/Bob Dylan & The Dead

DYLAN--DEAD1.jpg
DYLAN6DEAD2.jpg

'87年、PRO SHOT、やや粗いですが、当時の映像としては十分、TVをビデオに録画した程度ですかね。。
上下に映像がぶれるところなどもありますが・・・カメラの揺れのようですが、まあまあ。何台ものカメラを使っているので、ごく一部。
オフィシャルで部分的にリリースはされましたが、あまりにも短くて。。その完全盤ですかね。。
前半のデッド、そして、デッドをバックにの、奇跡の共演。それが、映像と高音質で見られる最高のもの。”Stuck Inside of Mobile~”のデッドに配慮?笑。。歌い方も素直で最高です。アレンジがあまりないのと、スティールギターなどの美しい響きが堪能できます。
6回しか行われていない、貴重なものなので、それだけでもね。。”Ballad of a Thin Man””Chimes of Freedom”そして、デッド側からのリクエスト?”Queen Jane Approximately”最高の映像です。。。



Giants Stadium, East Rutherford, NJ, USA Jul 12, 1987

HELL IN A BUCKET / WEST L.A. FRIDAY / GREATEST STORY EVER TOLD /
LOSER / TONS OF STEEL / TAKE A STEP BACK / RAMBLE ON ROSE /
WHEN I PAINT MY MASTERPIECE / WHEN PUSH COMES TO SHOVE / THE PROMISED LAND
BERTHA / MORNING DEW / PLAYING IN THE BAND / DRUM SOLO - SPACE /
THAT'S IT FOR THE OTHER ONE / STELLA BLUE / THROWING STONES / NOT FADE AWAY

DYLAN SET
SLOW TRAIN* / STUCK INSIDE OF MOBILE WITH MEMPHIS BLUES AGAIN*
TOMORROW IS A LONG TIME / HIGHWAY 61 REVISITED* / IT'S ALL OVER NOW, BABY BLUE* /
BALLAD OF A THIN MAN* / JOHN BROWN / THE WICKED MESSENGER /
QUEEN JANE APPROXIMATELY* / CHIMES OF FREEDOM* / JOEY / ALL ALONG THE
WATCHTOWER* / THE TIME THEY ARE A-CHANGIN'* /
encore
TOUCH OF GREY* / KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR* / JPD ENDING /
  1. 2015/01/18(日) 22:25:33|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MARQUEE 1992/KEITH RICHARDS & THE X-PENSIVE WINOS

150106191408.jpg
'92年、AUD,音質85点、バランスよく臨場感のある音。「メイン・オフェンダー」ツアーのマーキー!!キースのソロは
TVで放送されたので、2回のソロツアーは、何とかTV放送やオフィシャル発売があり、全体像がありがたく見られますが、
ほかのAUDソースにはあまり恵まれてなかったような。。。マーキーという小さい会場。会場にはミックとクリスのジャ
ガー兄弟もいたようですが、リラックスしたLIVE、なかなかゆるい感じで楽しい・・・ややだらけた、いい感じ?の展開です。
まあ、1STがすごいアルバムだったので、新曲は当時やや落ちるなーという印象でしたが。。笑。。”Eileen””Wicked
As It Seems”など今聞くとキースらしいなーと。。”Gimme Shelter”は、ミックが「あんな難しい曲うたわなくてもね・・」
なんて当時言ってましたが。。。キース作なのかな??? ”Yap Yap”のゆるい感じが最高で、会場の臨場感も良いですねー。”Hate It When You Leave”は、良いですねー。。。キースのボーカル!
小さい会場で、雰囲気が良いリラックスした高音質音源。。良いですわーーー。。



Live at Marquee Club, London, UK 2nd December 1992


Disc 1(44:11)
1. Take It So Hard 2. Eileen 3. Wicked As It Seems 4. Gimme Shelter 5. Too Rude
6. Yap Yap 7. How I Wish 8. Big Enough

Disc 2(40:46)
1. 999 2. Time Is On My Side 3. Hate It When You Leave 4. I Could Have Stood You Up
5. Bodytalks 6. Band Introduction 7. Will But You Won't 8. Happy
9. Whip It Up
  1. 2015/01/17(土) 13:51:45|
  2. ROLLING STONES SOLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺のフレンチ イタリアン

ORENO20151
青山 俺のフレンチ・イタリアン 人気店。入れないと思ったら・・・意外と入れてしまいました。。
ORENO20152.jpg
エビ アヒージョ!!
ORENO20153.jpg
ホタテのフリッター。。ソースがおいしい!
ORENO20154.jpg
ファアグラとトリュフとリゾット。けっこうなボリューム。。
ORENO20155.jpg
デザートはこんなのを。。
その日のスペシャルは、時間限定で注文できず、残念。。。けっこう時間規制があり。。
突然行くと立ち食いですが、予約の人は、イス席で優雅に??食べてましたーーー。。。
  1. 2015/01/16(金) 23:56:35|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カバー アート

ROCK-COVER-ART.jpg
ロック ジャケの本。ヒプノシスなどなど。。。。これは興味深い!!!
  1. 2015/01/14(水) 02:05:29|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAGUE 1976/THE ROLLING STONES

HAGUE-76.jpg

'76年、AUD,音質78点。観客のど真ん中にマイクを置いた?という感じの音ですが、録音場所は前のほうなのか?意外と音は近く感じ、ベース、バスドラが響くので、10列目の混乱?のなか、おじさんの横で録音されたと言う感じの、ブートらしい音ですねー。ややこもった感じですが古くからある音で、懐かしい音でもあります。Honky Tonk Womenの意図不明なエディット、You Can't Always Get What You Wantの1:18で元からカットがあり、It's Only Rock'n Rollの頭切れの問題もあります。。
”Honky Tonk Women””Hand Of Fate”はおっさんの歌う声が高らかに聴こえたリ、観客の歓声フィルターの向こうにストーンズが聴こえるという感じ。。90分テープでの収録か?「一曲目のHonky Tonk Womenが、いきなり約2分のショート・エディット版になっており」とありますが、その後は良好。すべて、歓声としゃべり声のフィルターを超えてSTONESが聞こ
える感じ。喋りが静かな”Hot Stuff”あたりからは意外と聞けます。”You Can't Always~”はコーラス部分を、観客歌う部分はやや呪文のように聴こえます。この日のSTOESの演奏はかなりノッテおり、雰囲気がわかり楽しい音源てところですかね。'76年の代表音源という感じでではない。。。・・ハーグでの実況盤という感じですかね。。最後まで、まあまあ収録されているので、どうしてもハーグを聞きたい人には最高か??笑。。

Live at Stadion F.C. Den Haag In Het Zuiderpark, The Hague, Holland 30th May 1976

Disc 1
1. Honky Tonk Women 2. If You Can't Rock Me / Get Off Of My Cloud 3. Hand Of Fate
4. Hey Negrita 5. Ain't Too Proud To Beg 6. Fool To Cry 7. Hot Stuff 8. Star Star
9. You Gotta Move 10. You Can't Always Get What You Want

Disc 2
1. Band Introduction 2. Happy 3. Tumbling Dice 4. Nothing From Nothing 5. Outa Space
6. Midnight Rambler 7. It's Only Rock'n Roll 8. Brown Sugar 9. Jumping Jack Flash
10. Street Fighting Man

Mick Jagger - Vocals Keith Richards - Guitar, Vocals Ron Wood - Guitar
Bill Wyman - Bass Charlie Watts - Drums

Ian Stewart - Piano Billy Preston - Keyboards, Vocals Ollie E. Brown - Percussion, Drums, Vocal
  1. 2015/01/13(火) 03:35:42|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Heavy 'n' Jazz/Stuttgart Aria

HEAVYN-JAZZ.jpg

ビレリ・ラグレーン、セルジュ・ブリンゴルフとの1986年の演奏。
”Broad Way Blues”はヘビージャズ?にふさわしい。。ビレリもJAZZYな演奏。”Bluma”はギターソロですね。後半、オクターバーを使ったソロはカッコイイデスが・・・無理やり?”Smoke On The Water”は・・・・・どうもね。。まあ、いつものパターンですが。。
”Medley”はジャコの好みと、これまたビレリを好む、ジャコがわかる気がする展開。ここからの”Teen Town ”のジャコは最高。ベースがモロジャコ節?なんか魚系みたいな表現。。”Star Spangled Banner”はウェザリポ時代を思い起こさせるベースソロ。”Reza”はロック的なギターとの絡み。このへん好みです。”Honestly”はハーモニクス
を使ったソロ。。”Invitation ”は、天才ジャコを見せつけるソロ。。3分過ぎのウェザリポ時代にもよくやっていた、テープディレイのループでベースソロ。これがね!!
もうたまりません。。そして最後、ジャコの壮絶なベース、ハーモニクス、5分過ぎの
ジャコが!!たまりません。。良い意味で、下品なカッコよさが!!

01. Broad Way Blues 02. Bluma/Smoke On The Water
03. Medley: Purple Haze/Third Stone from the Sun/Teen Town
04. Star Spangled Banner 05. Reza
06. Honestly 07. Invitation



Bireli Lagrene(Guitar), Jaco Pastorius(Bass), Serge Bringolf(Drums),
  1. 2015/01/11(日) 23:05:28|
  2. JACO PAS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live in Italy /Jaco Pastorius

LIVE-IN-ITALY.jpg

今日はジャコのLIVEの中でも大好きな、86年、イタリアのLIVEを。

ジャコ・パストリアス(b)、ビレリ・ラグレーン(g)、トーマス・ベレッツ(ds)というメンバー。
1曲目は、ビレリという人、ロックな感じで、ディストーションギターな感じで、スモーク・オン・ザ・ウォーターが出てきたり。。この人、ジミヘン入れたり、その辺ジャコとあうのか?
3分過ぎくらいからの、ドライブするジャコのベース、12分過ぎから高速フレーズと絡むギター。魅力的です。”I Shot the Sheriff”はやや目面しいのか?レゲエを弾くジャコと歪んだリードギター、面白い場面。”Continuum ”はベースソロ。”Fannie Mae”はお気に入りですねー。演奏回数も多いですねー。ボーカルはなし。。ビレリのミス多し。。(笑)
”Black Market”はギターがメロを。。ジャコのベースはリバーブがかかり、オリジナルとは雰囲気が違いますが、やはり名曲、ウェザリポの曲は和みます。3分台の絡みは最高。
ギターのミスも多いですが、まあ、発表されるとも思わないLIVE??
最後は”Satin Doll”JAZZな感じで。。ビールを飲んで、その後、ワイン?お気に入りです。



1 Improvisation No. 1/Teen Town 13:46
2 I Shot the Sheriff 10:31
3 Continuum 1:56
4 Fannie Mae 7:32
5 Black Market 7:56
6 Satin Doll 8:16
  1. 2015/01/10(土) 16:04:49|
  2. JACO PAS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の水槽2

EBI20150109.jpg

ルリー・シュリンプがまたタマゴを。2匹!!

11月くらいからタマゴを抱えたエビがいますが、同じエビかどうかわ分からず。。しかし、何か立て続けに

抱卵することもあるようで、少しづつ子エビが増えています。

レッド・ビーに挑戦したいですが。。。。サイズがこれより小さく、デリケートな宝石。。

魚と一緒は無理かな。。。
  1. 2015/01/09(金) 23:32:32|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOLO PERFORMANCE IN JAPAN(Vol.3)/RICK WAKEMAN

RICK-JAPAN-08-3.jpg


リックの6枚組みより。’08、'86年の東京を。

’08年、AUD,音質87点、良く取れていますが、丸い音で'14年のものと比べると、ダイレクト感は
少ないですが、ノイズも少なく、高音質。”Catherine Howard”はシンセが入り'14年とは違い、
全体的にシンセが多く使われ、印象はだいぶ違いますね。 ”And You And I”は、シンセとピアノ
が混ざって、うねうねしていて・・・なんだか凄い音に。。”Wonderous Stories”もう、シンセ
サイイザーソロ。。”Catherine Of Aragon”はピアノで、この年も素晴らしい演奏。

'86年、AUD,音質85点、これも綺麗に録音されており、アナログチックな音ですが、この時代とし
ては高音質、マイクが何かにすれる音が、冒頭、リックの紹介や、1曲目などに。。イコライズで
高音域をあげているのか?拍手がややキンキンしますが、時代的には高音質ですね。
1986年10月28日青山スパイラル・ガーデンで行われたピアノ・ソロ・ライブで、けっこうクラシカ
ルな曲ばかりならんでいますが、”Waterfalls”はスゴイテク。。やや、ミスったりなんかしてま
すが。。86年の音としては、高音質。短いですが貴重。。
ソロの歴史の集大成。歴史が詰まってます!!


Billboard Live Tokyo, Tokyo, Japan 21st July 2008 (2nd Stage) TRULY AMAZING SOUND
Spiral Garden, Tokyo, Japan 28th October 1986 TRULY AMAZING SOUND



Disc 5(72:14)
Live at Billboard Live Tokyo, Tokyo, Japan 21st July 2008 (2nd Stage)

1. Pachelbel's Canon In D 2. Catherine Howard 3. Morning Has Broken 4. And You And I
5. Wonderous Stories 6. The Dance Of A Thousand Lights 7. Jane Seymour 8. The Meeting
9. Merlin The Magician 10. Catherine Of Aragon 11. Help/Eleanor Rigby 12. The Jig

Disc 6(26:46)
Live at Spiral Garden, Tokyo, Japan 28th October 1986

1. Introduction 2. Dandelion Dreams 3. Stepping Stones 4. Heather Carpets 5. Quiet Valleys
6. Waterfalls 7. Outroduction
  1. 2015/01/08(木) 16:28:19|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOLO PERFORMANCE IN JAPAN(Vol.2)/RICK WAKEMAN

RICK2014-JAPAN-2.jpg
リックの素晴らしい音源!!6枚組みより。2014の東京を。

'14年、AUD,音質92点、生のピアノでのLIVEということで、音質の評価は難しいですが、大坂と比べると、少し距離があるか?しかし綺麗に収録されています。選曲も変らず”Catherine Of Aragon Catherine Howard”は素晴らしい出来。大阪では、大阪弁。東京では無理?に日本語を多くしてはないようで。。
しかし、MCでこんなにしゃべる人という感じではなかったので意外。。
”Morning Has Broken”などの、生のピアノのきらきら感が良いですね。
ピアノのダイレクト感は、大阪よりも弱いですが、ピアノでのソロコンサートで、空気感もありつつ素晴らしい音になっているかと。。。前半の流れるようなピアノが聴けるSET最高です!!


Live at Tokyo International Forum Hall C, Tokyo, Japan 1st July 2014

Disc 3(49:29)
1. Pachelbel's Canon In D 2. MC 3. Catherine Of Aragon Catherine Howard 4. MC 5. Morning Has Broken
6. MC 7. Journey To The Centre Of The Earth 8. MC 9. The Meeting 10. MC
11. Merlin The Magician

Disc 4(50:55)
1. The Jig 2. MC 3. Life On Mars 4. MC 5. Dance Of A Thousand Lights 6. MC 7. King Arthur Suite
8. MC 9. And You & I 10. Wonderous Stories 11. MC 12. Help / Eleanor Rigby 13. MC
14. Gone But Not Forgotten
  1. 2015/01/07(水) 11:00:33|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOLO PERFORMANCE IN JAPAN(Vol.1)/RICK WAKEMAN

RICK-WAKEMAN-2014-SOLO.jpg

新年にふさわしい?素晴らしい音!!リックの6枚組みより。2014の大阪を。。

'14年、AUD,音質94点、生のピアノでのLIVEということで、音質の評価は難しいですが、ギフトアイテムと比べても、はるかにクリアーで、相当難しい録音を、強烈な高音質でで収録している素晴らしいアイテム。”Eleanor Rigby”などで、微妙な雑音?など、ごくたまにありますが、問題ないレベルかそ。。。
リック・ウェイクマンのソロピアノ・・・・。。よくわからなく。まあ、クラッシックっぽい?
曲が並び、自分にはあまり・・と、思っていたら、LIVEを見に行けばよかったと。。とても後悔しました。。
まあ、内容は、ピアノでリックのソロの部分が、美しく、スゴイテクで、続く。そして、飽きない。飽きさせないのは、やはり、テクなんですかね。。まあ、アホみたいな感想ですが、流れるように続く旋律が素晴らしいですね。
試聴し、”カノン ニ長調”でびっくりしましたが、演奏も完璧で、音の広がりも最高。”And You & I””Wonderous Stories”が、目当て?で・・・という感じの人も多いのでは。とも思いますが、YES関係ではなくとも、楽しめる素晴らしいLIVE。
”Help / Eleanor Rigby”のアレンジも凄いですねーー。。
イエス、ソングス、そして、ウエイクマン ファンには、ぜひ聴いてほしい音源ですね。。


Live at Sankei Hall Breeze, Osaka, Japan 30th June 2014

Disc 1(46:58)
1. Pachelbel's Canon In D 2. MC 3. Catherine Of Aragon Catherine Howard 4. MC 5. Morning Has Broken
6. MC 7. Journey To The Centre Of The Earth 8. MC 9. The Meeting 10. MC 11. Merlin The Magician

Disc 2(53:04)
1. The Jig 2. MC 3. Life On Mars 4. MC 5. Dance Of A Thousand Lights 6. MC 7. King Arthur Suite
8. MC 9. And You & I 10. Wonderous Stories 11. MC 12. Help / Eleanor Rigby 13. MC
14. Gone But Not Forgotten
  1. 2015/01/06(火) 10:21:11|
  2. YES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレファントカシマシ 新春ライブ 2015 1/4 日本武道館

ERE150104.jpg

「エレファントカシマシ 新春ライブ 2015」 日本武道館

セットリスト

1.「序曲」 夢のちまた
2.DEAD OR ALIVE
3.ココロのままに
4.今はここが真ん中さ!
5.悲しみの果て
6.デーデ
7.おかみさん
8.風に吹かれて
9.精神暗黒街
10.ジョニーの彷徨
11.真冬のロマンチック
12.リッスントゥザミュージック
13.昔の侍
14.普通の日々
15.明日への記憶
16.あなたへ
17.赤い薔薇
18.今宵の月のように
19.I don't know たゆまずに
20.赤き空よ!
21.ズレてるほうがいい
22.俺たちの明日
23.大地のシンフォニー
24.Destiny
25.桜の花、舞い上がる道を
26.なからん
27.雨の日も
28.明日を行け
29.新しい季節へキミと
30.FLYER
31.ガストロンジャー
32.ファイティングマン

アンコール

33.平成理想主義
34.笑顔の未来へ
35.ハナウタ~遠い昔からの物語~
36.涙

アンコール2

37.待つ男

武道館2DAYS、”赤い薔薇”が出ました。。久々に聴けましたーーー。

WOWOWの中継も全て放送されたようなので、安心して?楽しみに!!
  1. 2015/01/05(月) 08:21:53|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレファントカシマシ 新春ライブ 2015 1/3 日本武道館

2015SET-LI.jpg
エレカシ、武道館2DAYS。昨日のSET

1部屋
2おまえとふたりきり
3ココロのままに 
4パワー・イン・ザ・ワールド
5デーデ
6悲しみの果て
7今はここが真ん中さ!
8始まりはいつも
9精神暗黒街
10季節はずれの男
11真冬のロマンチック
12彼女は買い物の帰り道
13昔の侍
14もしも願いが叶うなら
15シグナル
16あなたへ
17赤き空よ!
18今宵の月のように
19笑顔の未来へ
20ズレてる方がいい
21俺たちの明日
アンコール
22大地のシンフォニー
23Destiny
24桜の花、舞い上がる道を
25なからん
26新曲
27明日を行け
28新しい季節へキミと
29FLYER Amazon
30ガストロンジャー
31ファイティングマン
32so many people
33ハナウタ~遠い昔からの物語~
34花男

今日はWOWOWで生中継!昨日のも見たいけど。。。

さて、生で見てきます!!
  1. 2015/01/04(日) 11:52:20|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お正月3

NASU15010333.jpg
那須のお正月。いや、日本の各地のお雑煮を食べたいので、お味見。。海老とやや甘みのある醤油味。これ、那須の味???ご飯と雑煮・・・・へんな組み合わせに。。ん。。雑煮にピンがあってないですが・・・笑。。

NASU15003.jpg
まあ、アウトレットなどに。雪はそれ程積もらなく。。。
NASU150100032.jpg
雪は積もってましたが、普通に駅まで。。お正月休み。終わり!!
  1. 2015/01/03(土) 23:07:11|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お正月2

SAN1.jpg
お正月、引き続き、お休みでございます!
SAN111111.jpg
屋外の温泉から流れたお湯も凍る、氷点下2・3度??最低気温は-5。。毎日雪がパラパラと。。
SAN3
刺身、カニ、カニ味噌焼き・・・・やっぱり、ビュッフェスタイルでは、酒の肴?が中心に。。
SAN2.jpg
子供は・・・・ステーキですね。。笑。。。
  1. 2015/01/02(金) 16:05:35|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけまして

DSC08697.jpg
凄い雪・・・・明日大丈夫かな。。。けっこう降り出しました。。

そんな中ですが、今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2015/01/01(木) 20:07:35|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (13)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (40)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (31)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (123)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (73)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (15)
BLUES D-G (0)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (0)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR