SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

Rolling Stones Ohio

11214252_10153477780383287_2523778089417217023_n.jpg

オハイオ、ステッキーは増えないですね。。テイラーがいないならこんな感じでいいけど。。(笑)
Hang on Sloopyって、鼻歌かな??かわいい曲を。。
The Rolling Stones Setlist at Ohio Stadium, Columbus, OH, USA

1.Jumpin' Jack Flash
2. It's Only Rock 'n' Roll (But I Like It)
3. Let's Spend the Night Together
4. Tumbling Dice
5. Doom and Gloom
6. Bitch
7. Wild Horses
8. Hang on Sloopy(The McCoys cover) (First time played live since 1966)
9. Paint It Black (request)
10. Honky Tonk Women
11. Before They Make Me Run
12. Happy
13. Midnight Rambler
14. Miss You
15. Gimme Shelter
16. Start Me Up
17. Sympathy for the Devil
18. Brown Sugar
Encore
19. You Can't Always Get What You Want
20. (I Can't Get No) Satisfaction
スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 14:58:08|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Acoustic Radio 1973/Bruce Springsteen

777.jpg
UK盤で73年として、スタジオライブ•レコーディング、1月9日にボストンのラジオ局のライブ•
レコーディングの5曲と、4月31日ヴァージニア州リッチモンドで放送用にレコーディングした
6曲を収録。との説明。BOOTですかね。。73は貴重な音。。。。音がよければ良いけどね。。



WBCN FM Boston, Massachusetts, 9th January 1973
01. Satin Doll 02. Bishop Dance 03. Circus Song 04. Song to Orphans 05. Does This Bus Stop At 82nd Street? Alpha Sound Studios, WGOE FM, Richmond, Virginia, 31st May 1973
06. Satin Doll 07. Does This Bus Stop At 82nd Street? 08. Circus Song 09. Growin’ Up 10. New York City Song 11. You Mean So Much to Me
  1. 2015/05/29(金) 23:52:51|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Piano Guys Live at Red Butte Garden

PIANO-GUYS.jpg

少し前に、こんなLIVEに。。Piano Guys。。

基本、二人でピアノとチェロを演奏してますが、カバーとお笑いパフォーマンス?

LIVEと同じような「ショー」がそのまま。

YouTubeで代わる代わる弾くショウをゼヒ!!

スターウォーズのオバカ「演出」が良いですね。。


1. Opening
2. What Makes You Beautiful
3. Without You
4. Rolling in the Deep
5. Beethoven's 5 Secrets
6. Code Name Vivaldi
7. Cello Wars
8. A Thousand Years
9. Over the Rainbow/Simple Gifts
10. Bring Him Home
11. The Cello Song
12. Titanium / Pavane
13. Closing Credits
14. All of Me (Bonus Video)
15. Waterfall
16. Can't Help Falling in Love (Bonus Video)
  1. 2015/05/28(木) 04:07:09|
  2. O~R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の水槽 レッドビー

REDBESH1.jpg

レッドビー飼育に挑戦中?温度差、水質の変化などに結構弱いエビちゃんのため、雑菌、水の汚れを防ぐため
専用水槽へ。
そして、流木にはやした、ウイローモス、ビーのエサ、そして、隠れ家になりますが、これが問題。
別水槽に入れてた時は元気だったのに、光量は足りているはずなのに元気がなくなりました。。
ウイローモスが枯れてきて・・・。。。。

水質の悪化を嫌い、エビのエサ入れずに、ウイローモスだけで続けようと思ったとたん、中断。。。。
仕方なく、エサを投入、群がるエビたち。。。かわいい。。
あー・・・・水質・・・心配・・・・・
でも、うーーーん。。。予定通りに行かず。。

  1. 2015/05/26(火) 23:56:29|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STONES ZIP CODE 1ST NIGHT!!!!

15245125.jpg
2015のツアー、はじまりましたね!!
けっこう普通?のセット。予想通りか。。(笑)まあ、こんなものでょう。。
song voteがStreet Fighting Man・・・・まあ、これも、演出。

Sticky Fingersのコーナー??テイラーを戻してー!!笑。。

01.Jumpin' Jack Flash
02.It's Only Rock'n Roll
03.All Down The Line
04.Tumbling Dice
05.Doom And Gloom
06.Bitch
07.Moonlight Mile
08.Can't You Hear Me Knocking
09.Street Fighting Man
10.Honky Tonk Women
11.Slipping Away
12.Before They Make Me Run
13.Midnight Rambler
14.Miss You
15.Gimme Shelter
16.Start Me Up
17.Sympathy For The Devil
18.Brown Sugar

19.You Can't Always Get What You Want
20.(I Can't Get No) Satisfaction
  1. 2015/05/25(月) 22:55:52|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CISCO AND THE TEA PARTY 1969 /FLEETWOOD MAC

FWM-CT.jpg
音質87点、SBDでバランス最高、テープにやや傷み、低音も微妙に歪みっぽいですが、音色などはよいので、迫力もあり
じっくり聴けます。ベースの音も良く出ていて、わりと迫力も。
”Oh Baby”はスライドが目立つプロフェッサー的な面白いリズムの曲。”Got A Good Mind To Give Up Livin”。。。BBが亡くなってしまいましたね。。BBをひとしきりきいて、この名演を聴きたくなり。。。深ーいブルーズの音を。リバーブギターが刺さります。”Loving Kind”ギターが絡む最高の演奏。”Rattlesnake Shake”は図太い音で迫力の演奏。
”Oh Suzanna”はハープでさわりを。。すぐに ”Twist And Shout”そして”Long Tall Sally”へ。
R&R大会。。たまーに、ぷちっと音がするSBD音源、(時代的に)抜群の高音質なので、ラジオショウディスクからなのか??
マックは高音質が多く、最高ですね。。最後は、クラプトンとのJAM。ほんとにJAMという感じですが、結構カッコいい!!
大好きな70年の音。。6弦ベースを弾くPグリーンのジャケも良いです!

Live At Boston Tea Party, Boston, Massachusetts February 8th 1970

01. Oh Baby/02. Like It This Way/03. Got A Good Mind To Give Up Livin/04. Stop Messin Round/05. Loving Kind/06. Baby Please Set A Date/07. Rattlesnake Shake/08. Madison Blues/09. Jenny Jenny/10. Oh Suzanna / Harmonica Thing/11. Twist And Shout/12. Long Tall Sally
Live At Fillmore West, San Francisco, CA January 17th 1969
13. Unissued Jam (with Eric Clapton)
  1. 2015/05/24(日) 22:34:43|
  2. Fleetwood Mac
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BANQUET UK ORIGINAL MONO LP/ROLLING STONES

150501211227.jpg
ベガバン、MONO LPからの音源。
Original UK LP 1st pressing, Decca, LK 4955(Matrix A: 4A, Matrix B: 2A)からというもの。
ステレオとモノラル二種類のミックスでリリースされたベガバン。オフィシャルCDはステレオだけで、モノ・ミックスはCD化されたことがないということで、当時のミックスの違いなども味わえます。
聴いた感じは、モノなのにわりと広がりを感じ、初期のモノラルとステレオほどの違いは・・・とも思いますが、コンディションが最高に良い、初回盤。マトリックス4A/2Aのの音を手軽に聴けるのは良いですねー。
こんな企画がないと聴く機会はなかなか。。
”Sympathy For The Devil”のイントロ、ミックの叫びが繰り返し入り、最後の女の人?のシャベリが入らない違いは、これが目玉か??まるで違うのでわかりますが・・・・そのほかは?ミキシングにより、何か出てない音があったりなかったりは・・・良くわかりません。
ただ、音が固まって聴こえる感じや、音の輪郭の違いなど面白いです。超名盤だけに、モノラルの貴重盤を手軽に聴ける
のは、嬉しいですねー。。


(41:07)
1. Sympathy For The Devil 2. No Expectations 3. Dear Doctor 4. Parachute Woman
5. Jigsaw Puzzle 6. Street Fighting Man 7. Prodigal Son 8. Stray Cat Blues
9. Factory Girl 10. Salt Of The Earth
  1. 2015/05/23(土) 03:23:48|
  2. ROLLING STONES 62~68
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015 STONES

2015520STONES SET
おーー!!なのか?予想通りか??”WHEN THE~”か。。。
”I GOT ~”聴きたい!!”ROCK ME~”は当然か。。。
どんな演奏だったのか。いろいろ思ってしまう。。。
  1. 2015/05/21(木) 20:44:03|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANOTHER NIGHT / Wilson Bros.

2015-WIL-BRO.jpg
綺麗な音が聴きたくなって。。棚を凝視。。
たまーに聴く、AORの名盤、ウィルソン・ブラザーズ。。
イングランド・ジョン&ジョン・フォード・コーリーらに楽曲を提供していた、スティーヴとケリーのソングライター・チーム??ウィルソン・ブラザーズ。。79年にと書かれています。ン&オンリー・・。。
出し尽くしたのか?
そして、TOTOよりも??印象に残った??なんて話もよくある、スティーヴ・ルカサーのギター。。でも、「スティーブ・ルカサーが全編でギターソロを弾いている」と思っていましたが、”ANOTHER NIGHT ”のすばらしいギターソロは違うみたいですね。。で、2曲目以外がルカサー??でよいんですかね。。
”JUST LIKE A LOVER KNOWS”なんていかにも。。ですが。。
”ANOTHER NIGHT”はTHE HOLLIESのカバー、”CAN WE STILL BE FRIENDS”はTodd Rundgrenのカバーで、”CAN WE STILL BE FRIENDS”はそのまんま、という感じですが、まあ変えると失敗する曲??
”FEELING LIKE WE'RE STRANGERS AGAIN ”のサスティーンは頭の中に延々と残る音。
”TAKE ME TO YOUR HEAVEN”もスティーヴィー・ウッズのほうが好きだけど、ほぼ同じのアレンジが、悪くはない。。まあ、トータルに完成された名盤ですね。。


1FEELING LIKE WE'RE STRANGERS AGAIN / 愛にひとりぼっち
2ANOTHER NIGHT / アナザー・ナイト
3THANKING HEAVEN / 愛をありがとう
4SHADOWS / シャドウズ
5JUST LIKE A LOVER KNOWS / 恋人たちの予感
6LOST AND A LONG WAY FROM HOME / 終わりなき旅路
7CAN WE STILL BE FRIENDS / 友達でいさせて
8TICKET TO MY HEART / チケット・トゥ・マイ・ハート
9TAKE ME TO YOUR HEAVEN / 君のすべてを今夜
10LIKE YESTERDAY / ライク・イエスタデイ
  1. 2015/05/20(水) 21:48:39|
  2. オフィシャルVW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bluetoothポータブルスピーカー

SONY--SONY-SRS-X2.jpg
SONY SRS-X2、Bluetooth対応、ワイヤレスポータブルスピーカー。さすがSONYという音質。安くて、高音質。
SRS-BTX300という、幅が30CM?ほどの物も使っていますが、低音はそちらのほうがもちろん上ですが、すっきりした音、手のひらに乗るくらいのサイズで、旅行、営業車、などに活躍!!
Boseも使ってみましたが、低音が出るというよりは、ややブーミーで、クリアーさがなく・・、手放してしまいました。。
このサイズで、この値段でこんな音が出るのは、凄いですねー。条件で選択肢も多い Bluetoothスピーカー。
これ以上の進化があるのか??楽しみ!!
  1. 2015/05/18(月) 23:41:49|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE CALM & THE STORM/LED ZEPPELIN

ZEP-71-BUDOKSN.jpg

'71年、AUD,音質74点。ZEP、71の923の別音源ですね。モノラルオーディエンス。このブログでは「First Attack of The Rising of The Sun」を過去に。こちらは「First Attack~」の本編より少し音が遠く、DISC4のオマケ音源よりは、歪がなく聞きやすい音。
という感じでしょうか。”Whole Lotta Love””Communication Breakdown”ではノイズが入ってしまいますが、まあ、完全収録ではないので。。このような音源の楽しみは・・・どのような雰囲気であったか?ですかね。。
すでに9種??ソースがある、923ですが、このソースでは、何かのんき?な会話が。。「木に登って・・・」「知らねーよ・・・アー知ってるしってる。。。」とか、何か騒ぎを見物に来たような雰囲気で・・・ZEP 71の会場、熱気に包まれた、興奮と緊張感・・・とかいう感じがなく。。(爆)こんなものなのね。。
友達2.3人でLIVEに行き、ポケット付近か肩につけたマイクが、まあまあ音を拾ってる、という感じで。。
何でこんな選曲かは。。。テープの節約??71ドキュメント。時代の音いっぱいな音~~。。。

Live at Budokan, Tokyo, Japan 23rd September 1971

(79:03)
1.Introduction 2.Immigrant Song 3.Heartbreaker 4.Since I've Been Loving You
5.Black Dog 6.Dazed And Confused 7.Stairway To Heaven 8.Whole Lotta Love
9.Communication Breakdown
  1. 2015/05/17(日) 16:25:51|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pb/LED ZEPPELIN

PB-ZEP.jpg
'70年、SBD,音質89点、クリアーな音で、ボーカルのバランスがやや大きく、以前のせたPBと比べても、
平面的な音ではなく、綺麗で立体感を感じる音です。SBDですが、微妙にドラムの音量が変わったり、ベースがやや細かったり。。
というのは変わらないようですが、クリアーな分バランスまで良く聞こえるような。。。
『メガレア「Pb」オリジナルLPのミント・コンディション盤から細心の注意を払ってCD化。』という、LP BOOT復刻シリーズですが、元のLPがこれだけクリアーな音だったことに驚きです。有名盤、TMOQ盤「MUDSLIDE」やPBのCD化は音質が劣化してのものだったようですねー。カナダのラジオで放送されたものが元だと言われている音源ですが、それなら、マスターがそろそろ出てきても。。。という音源ですが、70年の音がこれだけ良いということだけでも。。
”Thank You”のオルガンとボーカルの音は美しいですねー。 ”What Is And What Should Never Be”などもギターがやや小さい気もしますが、クリアーで雰囲気のある音は魅力的。”We're Gonna Groove ”なども重くはないですが、ドラムがくっきりでPB、70年のSBD、べたーっとした音があまり好きではありませんでしたが、そこはSBDという感じで聴いていましたが、これは結構なランクアップ?まあ、オリジナルを聴いてた人からはランクダウンしていた音ですが、手軽に高音質で再生できる魅力的なモノに。。。"
"Whole Lotta Love"の原型に近い感じの演奏も凄く短くはありますが、バシッと決まるかっこよさが。。
”Since I've Been Loving You”のプラントの声がたまりません!!!

Live at Pacific Coliseum, Vancouver, BC. Canada 21st March 1970

(38:48)
1. Introduction 2. Heartbreaker 3. Thank You 4. What Is And What Should Never Be
5. Communication Breakdown 6. We're Gonna Groove 7. Since I've Been Loving You
8. Whole Lotta Love
  1. 2015/05/16(土) 21:17:12|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドIII45周年記念盤 スーパー・デラックス・エディション(Vol.3)/The Velvet Underground

VELVET-3-LIVE-1.jpg
The Velvet Undergroundの6CD、LIVEDISC音源のDISC 5.6を。

LIVE AT THE MATRIXでのNOVENVER 26&27 1969ですね。

どうしても1969LIVEと比べるわけですが、音はやたら良く、生々しく、ヒスノイズも感じなく、(まあ、このバンドの場合
音が音でも、プラスに作用?したりして、あまり不満もないですが。。)まあ、凄い音です。
そして、1969と重ならない曲も多数。しかし、入っていてほしい曲もなかったり・・・1969のデラックス?かなにか出るのかと思ってしまいます。。(笑)”FEMME FATALE””NEW AGE””I'LL BE YOUR~”なんかが入っていない!!
というのもあるし、逆に”THERE SHE GOES AGAIN””AFTER HOURS””PALE BLUE EYES”などなど、うれしいですねー。。

ただ、”I’M WAITING FOR THE MAN”なんかCUT INぎみ?にはいるところなどがあり、ぎりぎりの線で集めているのか?
元がどうだかわかりませんが、必死に集めてるならうれしいですが、2日間ならまだあるだろうという?出し惜しみはないのか?
なんて思いもありなんだか良くわからず。(笑)
リアルな音で聴く”VENUS IN FURS””WHAT GOES ON”も迫力の音。
このLIVEのためだけでも価値のあるBOXでした。。。

ディスク 5
LIVE AT THE MATRIX
01. I’M WAITING FOR THE MAN * 02. WHAT GOES ON * 03. SOME KINDA LOVE **
04. OVER YOU * 05. WE’RE GONNA HAVE A REAL GOOD TIME TOGETHER *
06. BEGINNING TO SEE THE LIGHT ** 07. LISA SAYS ** 08. ROCK & ROLL **
09. PALE BLUE EYES * 10. I CAN’T STAND IT ANYMORE *
11. VENUS IN FURS * 12. THERE SHE GOES AGAIN *


ディスク 6
LIVE AT THE MATRIX
01. SISTER RAY *** 02. HEROIN * 03. WHITE LIGHT/WHITE HEAT **
04. I’M SET FREE * 05. AFTER HOURS *
06. SWEET JANE **(* previously unreleased performance** different
source mix of this performance appears on 1969: The Velvet Underground Live***
different source mix of this performance appears on The Quine Tapes Box Set)
  1. 2015/05/15(金) 15:16:21|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドIII45周年記念盤 スーパー・デラックス・エディション(Vol.2)/The Velvet Underground

VELV-3S2.jpg

The Velvet Undergroundの6CD、スタジオ録音のDISC 4を。

DISC4は、VUとANATHER VIEWを混ぜたみたいな曲目ですが、音がやたら良くなって、音圧もあり、ベースが迫力があり・・・MIXの違いに結構驚きです。”ROCK & ROLL”はなぜか音がしょぼいですが。。ところで、この曲はⅢのこれに・・・でよいんですかね??レコード会社の関係で、出してしまおうという感じなのか?まあ、ANATHER VIEWの時からの話ですが。。
69年にセッションしたもの、ということでのまとめなんですね。。何か違和感。。この中にも傑作曲がたくさんで、”I'M STICKING WITH YOU””CONEY ISLAND STEEPLECHASE”LIVEで有名な”WE’RE GONNA HAVE A~”など、最高のテイク。まあ、発表済みばかりですが。。”RIDE INTO THE SUN”はインストのほう。これが最高に好きで、歪んだギターソロのメロは歌入り以上にぐっと来ます。今回のMIXギターが前に出ていて最高です。ボーカル入りは入れない??
昔のバナナのBOXに入ってた曲は、なかったりなんだか良くわかりませんが。。。どういう選び方かは疑問ですが、
音は凄くよくなり。。。。。MIX違いだけで、あまり期待しないで聴いたら意外と良かったり。。。。

ディスク 4
1969 SESSIONS
01. FOGGY NOTION (original 1969 mix) + 02. ONE OF THESE DAYS (new 2014 mix) + 03. LISA SAYS (new 2014 mix) + 04. I'M STICKING WITH YOU (original 1969 mix) + 05. ANDY'S CHEST (original 1969 mix) + 06. CONEY ISLAND STEEPLECHASE (new 2014 mix)+ 07. OCEAN (original 1969 mix) 08. I CAN'T STAND IT (new 2014 mix) + 09. SHE'S MY BEST FRIEND (original 1969 mix) + 10. WE’RE GONNA HAVE A REAL GOOD TIME TOGETHER (new 2014 mix) + 11. I'M GONNA MOVE RIGHT IN (original 1969 mix) 12. FERRYBOAT BILL (original 1969 mix) 13. ROCK & ROLL (original 1969 mix) 14. RIDE INTO THE SUN (new 2014 mix) +(+ previously unreleased mixes)

  1. 2015/05/14(木) 09:36:18|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドIII45周年記念盤 スーパー・デラックス・エディション(Vol.1)/The Velvet Underground

VELVET3D.jpg
The Velvet Undergroundの6CD、スタジオ録音の1.2.3を。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドIII。45周年記念盤だそうです。。50周年はどうすんのかね。。(笑)
6CD、スタジオ盤のDISC 1.2.3。
“The Val Valentin Mix”“The Closet Mix”“Promotional Mono Mix”・・・・・凄いですねー。。
わけがわかりません。ここまでくるとMIX変えれば、いくらでもリリースができるんじゃないかと。。。
Promotional Mono Mixは・・・まあ、モノなんだなーと。。で、The Closet Mix??よくわかりませんが
これが一番良かったりします。ボーカルがクッキリという感じ。”PALE BLUE EYES”名曲のミックス違いは
まあ、悪くはないなという感じ。
しかし、もともと、ボーカルの感じが曲ごとに違うので、不思議なアルバム。。という感じも。。
”THAT’S THE STORY OF MY LIFE””WHAT GOES ON” ”BEGINNING TO SEE THE LIGHT”と録音
の仕方が違う??とも思う感じがありますが”THE MURDER MYSTERY”の違いも面白いですが・・・・
もの凄く、マニアックという言葉が。。
いかにもベルベット的??な”AFTER HOURS”ボーカルのMIX違いでもやはり。。。結構良かったり。。
DISC3の11.”WHAT GOES ON”はシングル用、短いバージョン。” The Closet Mix”が一番良かったり。。
まあ。当然、最後まで続く??デラックス・・・ネタがあるのか???


ディスク 1
THE VELVET UNDERGROUND (“The Val Valentin Mix”)
01. CANDY SAYS 02. WHAT GOES ON 03. SOME KINDA LOVE 04. PALE BLUE EYES 05. JESUS 06. BEGINNING TO SEE THE LIGHT 07. I’M SET FREE 08. THAT’S THE STORY OF MY LIFE 09. THE MURDER MYSTERY 10. AFTER HOURS


ディスク 2
THE VELVET UNDERGROUND (“The Closet Mix”)
01. CANDY SAYS 02. WHAT GOES ON 03. SOME KINDA LOVE 04. PALE BLUE EYES 05. JESUS 06. BEGINNING TO SEE THE LIGHT 07. I’M SET FREE 08. THAT’S THE STORY OF MY LIFE 09. THE MURDER MYSTER 10. AFTER HOURS 11. BEGINNING TO SEE THE LIGHT (alternate “Closet Mix”)


ディスク 3
THE VELVET UNDERGROUND (“Promotional Mono Mix”)
01. CANDY SAYS 02. WHAT GOES ON 03. SOME KINDA LOVE 04. PALE BLUE EYES 05. JESUS 06. BEGINNING TO SEE THE LIGHT 07. I’M SET FREE 08. THAT’S THE STORY OF MY LIFE 09. THE MURDER MYSTERY 10. AFTER HOURS 11. WHAT GOES ON 12. JESUS
  1. 2015/05/13(水) 02:08:30|
  2. Velvet Underground
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROCK COVER ART

R-COVER.jpg
ジャケの本、この手のはでかいサイズが多いけど、お手軽サイズ。
まあ、カラーが多いわけでもないけど、やはり気になり。。。やっぱり買ってしまいます。。
  1. 2015/05/11(月) 21:38:32|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EMPROYMENT & ARTISTIC/FLEETWOOD MAC

FWM-EMPSOYMENT.jpg
'70年、SBD、音質89点。バランスは良く、少し高音が強いですがバランスも良く最高。ラジオ音源のようで、マスターからですかね。高音質です。歓声などはあまり聴こえず、臨場感は・・・スタジオLIVEみたいな感じですが、音質がよいのでピーターのギターと70年の完成した、ブルースFWMを堪能できます。
1曲目、カットインしてきて1分ない演奏ですが、その後は高音質で安定していてすばらしいです。
"Albatross"のツインのハモリは息ぴったり。たまに、小さく「ボツッ」と入るので、ラジオ放送のLPからの音なんでしょうか。。しかしそれくらいで音は最高。”Doctor Brown”はエルモア調のどブルース。
”Talk With You”はシャツフルを刻むギターと、グリーンのBB的なフレーズが気持ちいいですね。
”The Green Manalishi”の演奏は最高!
70年の超高音質SBD音源!!カッコいい音、フレーズが詰まってます。
j裏の曲目は間違いだらけで・・・なんだかね。。。

Live At Warehouse, New Orleans February 1st 1970

1.Like It This Way(CUT IN)2. Got To Move
3. Madison Blues 4. Albatross 5. Doctor Brown
6. Talk With You 7. The Green Manalishi8.Comin' Your Way
9. Tiger 10.Sandy Mary 11. Twist And Shout
  1. 2015/05/10(日) 18:04:08|
  2. Fleetwood Mac
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UNRELEASED LIVE ALBUM FROM 1986・1987/ERIC CLAPTON

150421230631.jpg

'86-'87年、SBD,音質97点。ほぼ完璧な音でオフィシャルでリリースされるはず?だった音を収録ということのようです。音質がやや硬いよう名も感じもしますが、超高音質でこのままリリースできる?そんな音質です。
『エリック・クラプトンの、「公式」になるはずだったライブアルバムを本来の形でリリース」』となっておりますが、”Further On Up the Road”が2回入っていたり、”Let it Rain”のイントロがなかったり・・・不思議な感じも。。”Further On~”の2回目は当時、やや話題だった、ロバート・クレイが参加、まあ、オフィシャルでゲスト参加は好きではないですが、どちらか迷った上の2テイク??
(1)、(4)のドラムサウンドはドラムが2台聞こえ、フィル・コリンズが全公演に参加し、ということで両公演は、S.フェローンとのツインドラムの日、特に必要でもない(爆)ツインドラム。
”Hung Up On Your Love””Miss You”での熱いソロが聴けます!!”Let it Rain”の力んだソロはなんか良いですね。マーク・ノップラー参加とありますが・・・どこ?まあ、好きなギタリストですが、クラプトンバンドには合わない?ロバート・クレイもいらないし。。音に合わない感じが。。
リリースされていても、人気は??微妙なLIVE盤になった?しかし、この時代はR&Rショウの頂点?ともいうべき時代ですかね。
その時代を刻んだアンリリースド ライブ。。

Disc 1 (36:03)
1. Crossroads (1) 2. White Room (1) 3. Hung Up On Your Love (1)
4. Wonderful Tonight (2) 5. Miss You (3) 6. Tearing Us Apart (4)

Disc 2 (44:52)
1. Holy Mother (3) 2. Badge (5) 3. Let it Rain (5) 4. Layla (1)
5. Further On Up the Road (6) 6. Crossroads (5) 7. Further On Up the Road (5) (*)

(*) Special Guest Robert Cray

(1) 1987-01-12 - Royal Albert Hall, London, England
(2) 1987-04-26 - Civic Center, Providence, Rhode Island, USA
(3) 1987-01-10 - Royal Albert Hall, London, England
(4) 1987-01-11 - Royal Albert Hall, London, England
(5) 1987-04-27 - Madison Square Garden, New York, New York, USA
(6) 1986-07-14 - National Exhibition Centre, Birmingham, England
  1. 2015/05/09(土) 22:05:12|
  2. ERIC CLAPTON 80~89
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEY CLAUDINE DANCE BACK IN JAIL AGAIN/THE ROLLING STONES

HEY-CLAUDINE.jpg

'78-'79、SBD 音質86点、やや高音が丸くアナログ的なマイルドな音か。。「1982年ドイツでリリースされたアナログ盤ブートレッグ「Hey Claudine: Dance Back In Jail Again」を、オリジナル原盤より復刻。」というもの、FOXES IN THE BOXES VOL.3のオマケCDRですが、当時こんな高音質のLPがあったとは・・・
とはいえ、完成テイクに近い物が多くどこが違うの?みたい音が多いですが、”I Think I'm Going Mad”はコーラスが多いような・・。。”Dance”は印すとですが、ボーカルが乗ったテイクがほしいですね。
2つのテイクがあるんだから、ボーカルの違うテイクがもっとあっても。。。”Emotional Rescue”はミックスがぜんぜん違うのか?ロンのベースが目立ちます。しかし、「FOXES IN~」のような、ボーカルのかぶさりはなく、結構普通?7分弱のテイク、後半はやや間抜けなギターが。。
聴きやすいまともな?テイクだけを選んだLP?でも、当時は ”We Had It All”と”Let's Go Steady”というキースの名演だけで涙だった音。

Taken from original German LP (TAP 003)

(46:50)
1. Calidine (acoustic version) Pathe Marconi Studios, Paris, France Mid January - 2nd March 1978
2. We Had It All Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
3. Let's Go Steady Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
4. Indian Girl Pathe Marconi Studios, Paris, France 11th September - 19th October 1979
5. I Think I'm Going Mad Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
6. Let Me Go Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
7. Dance (instrumental promo version)
8. Emotional Rescue (long version) Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
9. Snd It To Me (diff version) Pathe Marconi Studios, Paris, France 21st June - August 1979
10. Summer Romance Compass Point Studio, Nassau, Bahamas Mid January - 8th February 1979
  1. 2015/05/08(金) 23:54:45|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプの夜は

2015LANTA050506.jpg
相模湖プレジャーフォレスト GWはまだ虫もそんなに・・・と思ったら結構。。。で、ランタンはは虫除け(虫集め?)と
照明用と2つ以上は。。。
で、お気に入りはユニフレームのガスランタン コンビニでも売ってるカセットコンロが使えるので、ユニフレームで統一すると
専用のガスボンベやホワイトガソリンを探す必要がなく・・・・まあ、ホワイトガソリンはたいていキャンプ場で手に入りますが。。。セットするだけで2・3日?結構使えます。いろいろ試したいので、ポンピングしながらこれを使ったりね。。
2015SAGAMI-TRAIN-1.jpg
ご近所迷惑にならない小さーい音でかけたのは、TRAIN 久々に。。すごい星空の下でもあってたり。。
GW 静かな夜とビールとかすかな音量の音楽でした。
  1. 2015/05/07(木) 14:18:05|
  2. キャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日のお料理 

201sagamipu333333333.jpg
ジャガイモをダッジオーブン 下火で1時間
201sagamipu122222222.jpg
柔らかくなったら くりぬき ベーコン ハインツのハワイトソース そしてチーズを乗せてさらに30分
201sagamipu1.jpg
上火も使いこの炭 マッチでも付くヤツ 火持ちは長くないけど ちょっと使うときは便利!!
ベイクドポテト グラタン 超簡単料理!
  1. 2015/05/06(水) 09:51:52|
  2. キャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模湖プレジャーフォレスト

20150505111.jpg
キャンプシーズン 相模湖へ 相模湖プレジャーフォレスト 久々に来ています。
2015050522222.jpg
L字の2段ベッド 合理的!4人でばっちり。
今回はデラックス ログキャビン トイレ付 
2015050533333.jpg
バーベキュー台は ガスでワンタッチ まあ シンクも隣に 便利でお手軽で 飲んだくれ~~。。。。
  1. 2015/05/05(火) 23:46:54|
  2. キャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE TIES THAT BIND /BRUCE SPRINGSTEEN

TIES-THAT-BAND.jpg
'79年、SBD,音質94点、超高音質のリバーのアウトテイク・・・「THE TIES THAT BIND」と名付けられてマスターテープが完成していたものが、ボツ、そして、リバーへ。アナログチック?な音ですがほぼ完ぺきですかね。。
アウトテイクといっても、完成したものなので、JAMがだらだらというのも無く、きっちり完成しているものの、完璧な音。STONESのエモレスなどとJEMSによって公開されたもの。さすがのJEMS音源。
1. The Ties That Bind  オープニングはリバーと同じ、しかしボーカルがリラックスした感じ。2. Cindyはウトテイクとして有名なPOPな曲。3. Hungry Heartはピッチが高いようですが、まあそれほどの変化は。。
4. Stolen Carは昔からの有名テイク。5. Be Trueシングル曲ですが、別ミックス。6. The Riverは抑えた歌い方で、コーラスもなし。シンプルでよいですね。7. You Can Look (But You Better Not Touch)はロカビリー・バージョン。
これは有名テイクではありますが、ロカビリー好きのブルースらしいですね。。8. The Price You Payはミックスが違いますが、それより3番があり、LIVEで歌われる歌詞がもともとからあるテイク。9. I Wanna Mary Youはかなり印象が違いますが、ミックスで違いで結構な違いが!!10. Loose Endsも「TRACKS」とはまったく違うミックス
でこちらのほうがシンプルな印象。
超名盤のリバーだけに、お蔵入りテイクも重要音源、それがこの音質で!!


Recorded at The Power Station, New York City from June to September 1979

(39:02)
1. The Ties That Bind 2. Cindy 3. Hungry Heart 4. Stolen Car 5. (To) Be True 6. The River
7. (You Can Look) But You Better Not Touch 8. The Price You Pay 9. I Wanna Mary You
10. Loose Ends
  1. 2015/05/03(日) 12:18:03|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FOXES IN THE BOXES VOL.3/ROLLING STONES

FOXES-3.jpg
'79-'83年、SBD、音質93点、高音質でのスタジオアウトテイク1・2に続きリリースです。驚きの高音質で、ヒスノイズもなく超
高音質で1.2よりもさらに高音質。
「Vol.3」公開され、があちこちのレーベルから。。。。
「EMOTIONAL RESUCUE」1979年にレコーディングされた収録曲がメインで、「UNDERCOVER」音源がいくつか追加ですね。
”Indian Girl”はホーンが目立つバランス。”Emotional Rescue”が目玉ですかね。ミックのボーカルが重なったり、キースのボーカルも違い、別バージョンとして、オフィシャルと並べて聴けるテイク。”No Use In Crying”は完成少し前か?
”I Think~”もミックスが違い面白いです。”Where The Boys Go”もボーカルコーラスが違い。
”Undercover Of The Night”はギターのイントロが付き、はじまるぞーという感じ。カッコいい!!”We Had It All”も違うテイクのようで初期型?”She Was Hot”もボーカルが違い。
そして、”Keep It Cool”はボーナステイクですが21分、練っていたんでしょうねー。。長いテイク。
オフィシャル並みの音質で、オフィシャルと混ぜて楽しめる??オフィシャル並みの音。すごいですねー。

(56:59)
1. Indian Girl 2. Emotional Rescue 3. No Use In Crying 4. I Think I'm Going Mad
5. Where The Boys Go 6. Summer Romance 7. Undercover Of The Night
8. We Had It All 9. She Was Hot

Bonus Track
10. Keep It Cool (long version, pitch adjusted and remastered)

Emotional Rescue Sessions: Compass Point Studios, Nassau, Bahamas, January-February 1979 and Pathe Marconi Studios, Paris, France, June-October 1979

Undercover Sessions: Pathe Marconi Studios, Paris, France, November 1982-mid-March 1983 and The Hit Factory, New York, NY, early May-early August 1983
  1. 2015/05/02(土) 00:27:38|
  2. ROLLING STONES OUTTAKE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZURICH 1981 3 RECORDER MIX/BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BAND

SPRINGSTEEN-ZYRICH-81.jpg
'81年、AUD、音質74~78点。3 Recorder Mixとして、3つの音源を編集したもののようで、低音が歪んでいたりやや遠かったりで、LPなどからの音源で・・・まあ、昔の音ですが。。LPのころの音はこんなだったなと。。
近くてオンな音は「HALLENSTADION '81」ですが低音が歪む・・まあ、すべて完全盤かどうかも良くわかりませんが。。
Bonus CDRなので、音はねこんなものですかね。。。
”Who'll Stop The Rain”うれしいカバー良いですね。ストレートなカバー。。
歪がなく(やや遠い音ですが)良好な感じ。。。MIXしないで、全部この音源がなかったの?という感じ。。
まあ、どれが良いかは・・・好みか。。。”Rockin' All Over The World”も歪がなく、手拍子がやや大きく少し距離がありますが良好な音。
81年のSETが最高ですね。”Detroit Medley”の熱すぎる演奏も。。SPRINGSTEENもオフィシャルで、過去のLIVEを少しリリースしてほしいですねー。。81年、SET、演奏ともに最高なんだよねー。。


Live at Hallenstadion, Zurich, Switzerland 11th April 1981

The sources worked with were:
Recorder 1: Hallenstadion '81 (Winged Wheel)
Recorder 2: Hallenstadion Zurich 2LP (Ocean Records Original Black Vinyl Pressing)
Recorder 3: Live In Zurich 1LP (Boss Records Limited Edition 1000 Copies)

Disc 1(66:13)
1. Factory (Live In Zurich) - complete from recorder 3 source
2. Prove It All Night (Hallenstadion '81) 3. Out In The Street (Live In Zurich)
4. Tenth Avenue Freeze Out (Live In Zurich) 5. Darkness On The Edge Of Town (Live In Zurich)
6. Independence Day (Live In Zurich (4 seconds of Intro) > Hallenstadion Zurich)
- 4 seconds of Intro announcing song is only available on Live In Zurich source and is missing from Hallenstadion '81
7. Who'll Stop The Rain (Hallenstadion Zurich) 8. Two Hearts (Live In Zurich)
9. Promised Land (Hallenstadion Zurich / Live In Zurich (last 6 seconds))
- Hallenstadion Zurich source includes the complete intro missing from Hallenstadion '81
- Last 6 seconds of song is available on Live In Zurich and missing from Hallenstadion '81
10. This Land Is Your Land (Hallenstadion '81 (24 seconds of tune up dialogue) > Hallenstadion Zurich)
11. The River (Hallenstadion Zurich) 12. Badlands (Hallenstadion '81)
13. Thunder Road (Hallenstadion Zurich > Hallenstadion '81 > Hallenstadion Zurich)
- 26 seconds of crowd and dialogue missing on Hallenstadion Zurich between after the song ends and break announcement patched with Hallenstadion '81
- Hallenstadion '81 is missing the first few seconds of the harmonica intro but intro is complete on Hallenstadion Zurich

Disc 2(79:22)
1. Cadillac Ranch (Hallenstadion Zurich) - Hallenstadion '81 is missing 17 seconds of tune up/drum intro at the start of Cadillac Ranch, this has been patched with Hallenstadion Zurich which still may be missing a drum beat or two from a small cut but otherwise has the complete crowd and drum intro
2. Sherry Darlin' (Hallenstadion '81) 3. Hungry Heart (Hallenstadion '81)
4. Fire (Hallenstadion '81 (4 seconds of intro only) > Hallenstadion Zurich > Hallenstadion '81 (restored 10 seconds of audience in middle break) > Hallenstadion Zurich)
- 4 seconds of the song title intro was missing from Hallenstadion Zurich so I patched it from Hallenstadion '81, then I noticed on both Live in Zurich and Hallenstadion Zurich the middle break was shortened by about 10 seconds so in the interest of completeness I patched the missing middle crowd clapping section back in to reflect what actually took place at the show
5. You Can Look (Hallenstadion '81)
6. Wreck On The Highway (Hallenstadion Zurich) 7. Racing In The Street (Hallenstadion Zurich)
8. Backstreets (Hallenstadion '81) 9. Ramrod (Hallenstadion '81)
- start cut, no patch available
10. Rosalita (Hallenstadion '81 (to break before band intros) > Hallenstadion Zurich > Hallenstadion '81 (last 18 seconds))
- CDR Rockin' All Over The World doesn't list Rosalita as appearing, I don't know if it actually does or if it was cut due to only half of it being available
11. Born To Run (Hallenstadion '81) 12. Detroit Medley (Hallenstadion Zurich)
13. Rockin' All Over The World (Hallenstadion Zurich > Hallenstadion '81(8 seconds of music and 17 seconds total including audience and dialogue added to end)
  1. 2015/05/01(金) 01:45:24|
  2. BRUCE SPRINGSTEEN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (32)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (125)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (75)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (13)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (1)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR