SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

CAJUN QUEEN'S AFTERNOON DELIGHT

CAJ1.jpg
アナログ、有名盤。
CAJ2.jpg
75バトンルージュ。Luxuryが聴けるうれしい音。。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 23:47:30|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

KYOTO 1972/ LED ZEPPELIN

KYOTO-72-ZEEEEEP.jpg
'72年、AUD,音質84点、「Black Dog」あたりから、 安定すると、音質はなかなか良い音で、上位マスターとのことで、ナチュラルな音質に。「Stairway To Heaven」は、この日の音源は二種類あるようですが、どちらも不完全で、完全版にはなりませんが、他は安定している音源。
演奏曲も少なめで、帰りの新幹線を気にしての演奏なんて話もある、最終公演。なにか、急ぎ足でテキトー?なんて噂が、
評価を下げられた感のある京都で。。。あまり注目を集めない公演ではありましたが、演奏はよいし、音もそこそこ高音質で、特に「Black Dog」のドラムの響きなんかが好きな音源で、72の日本公演物語の結末が。。。
そして、「The Campaign」と紹介している「The Song Remains The Same」も聴きどころの演奏。
ところどころ、ペイジが外しても、リズムの安定感が良く、始まりと終わりの曲でも特別な72、「Over The Hills 」の位置も感慨深い公演です。。そして、プラントの歌、声も良く、何よりも最後の日本の記録。やはりこれも特別。。。

Live at Kyoto Kaikan, Kyoto, Japan 10th October 1972

Disc 1 (56:10)
1. Intro. 2. Rock And Roll 3. Black Dog 4. Misty Mountain Hop 5. Since I've Been Loving You
6. The Song Remains The Same 7. The Rain Song 8. Dazed And Confused

Disc 2 (40:46)
1. Stairway To Heaven 2. Over The Hills And Far Away 3. Whole Lotta Love
4. Immigrant Song
  1. 2016/04/29(金) 23:53:43|
  2. LED ZEPPLIN 72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOB DYLAN APR. 25 2016

BD02016.jpg
Bob Dylan@Bunkamura Sibuya Apri 25 2016

もっと変わるかと思いきや、意外と固定なSET。でもいい感じでした。。

01. Things Have Changed
02. She Belongs to me
03. Beyond Here Lies Nothin'
04. What'll I Do (Irving Berlin cover)
05. Duquesne Whistle
06. Melancholy Mood (Frank Sinatra cover)
07. Pay in Blood
08. I'm a Fool to Want You (Frank Sinatra cover)
09. That Old Black Magic
10. Tangled Up in Blue

11. High Water (For Charley Patton)
12. Why Try to Change Me Now (Cy Coleman cover)
13. Early Roman Kings
14. The Night We Called It a Day (Frank Sinatra cover)
15. Spirit on the Water
16. Scarlet Town
17. All or Nothing at All (Frank Sinatra cover)
18. Long and Wasted Years
19. Autumn Leaves (Yves Montand cover)

20. Blowin' in the Wind
21. Love Sick
  1. 2016/04/28(木) 23:58:22|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JEFF BECK NEW

BECK1607.jpg
BECK、7月に新作?小出しのスタジオ版は含まれない??
01.The Revolution Will Be Televised
02. Live In Tha Dark
03. Pull It
04. Thugs Club
05. Scared For The Children
06. Right Now
07. Shame
08. Edna
09. The Ballad Of The Jersey Wives
10. O.I.L. (Can't Get Enough Of That Sticky)
11. Shrine
  1. 2016/04/27(水) 23:50:33|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くじら屋

16KUJI333165156165.jpg
くじらや屋さん。お刺身。
ss16KUJI444151654685154641.jpg
黒ビールで。。
16KUJI2254598484.jpg
から揚げ。
16KUJI15641465311525.jpg
くじらのち○ぽ。。2M。。
  1. 2016/04/26(火) 23:23:23|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BUDOKAN 2016 DAY 2/ERIC CLAPTON

201604ECEC002222.jpg
'16年、AUD,音質89点、ちょうどよい距離感?臨場感もよい感じで、ボーカルがクリアーです。
セットは初日と同じで、演奏も良い感じ。しかし、「Cypress Grove」のギターの音はへんな音。笑。
初日はゲストが3曲も参加という、異例な感じでしたが、この日は半来の。という感じ。
「I Dreamed~」の渋いポップさがいいですね。「I Will Be There」もよい感じ。
またこの曲?「Gin House」。。このECの音もすごいですね。。
後半は最近固定化しているますねー。
安定感抜群の2日目。中音域がクリアー。。


Live at Budokan, Tokyo, Japan 15th April 2016

Disc 1 (61:59)
1. Introduction 2. Somebody's Knockin' 3. Key To The Highway 4. Hoochie Coochie Man
5. Next Time You See Me 6. I Shot The Sheriff 7. Circus Left Town
8. Nobody Knows You When You're Down And Out 9. I Dreamed I Saw St. Augustine
10. I Will Be There 11. Cypress Grove 12. Sunshine State

Disc 2 (45:08)
1. Gin House 2. Wonderful Tonight 3. Crossroads 4. Little Queen Of Spades
5. Cocaine 6. High Time We Went
  1. 2016/04/25(月) 23:53:28|
  2. ERIC CLAPTON '10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BUDOKAN 2016 DAY 1/ERIC CLAPTON

160419203624.jpg
'16年、AUD,音質88点。適度に音が広がる臨場感で高音質。もう聞けるんですねー。
クラプトン初日です。
「Somebody's Knockin' 」から、以外?でもない感じの演奏で。。
会場では、アコーディオンの音がでかすぎるのでは?なんて思わなくもなかったですが
やはり、ここでも大きいような気も。。笑。
「Next Time You See Me」もね、はー、、ならよかったけど。。ここで、ポール
とは。。そして、エドがゲストが3曲、驚きでした。。音楽的なつながりは??
な感じですが。。
ここは特別感な、新曲がきちっり聴けてのSET。
最後の、 「High Time We Went」。。またーー。。な感じでしたが。
あれ、??文句が多く。。。しかし、特別?な日本公演が高音質。
音源はうれしいもの。この後に出る、プレスはこれ以上が予測され・・。


Live at Budokan, Tokyo, Japan 13th April 2016

Disc 1 (59:12)
1. Somebody's Knockin' 2. Key To The Highway 3. Hoochie Coochie Man 4. Next Time You See Me
5. I Shot The Sheriff 6. Circus Left Town 7. Nobody Knows You When You're Down And Out
8. I Dreamed I Saw St. Augustine 9. I Will Be There (with Ed Sheeran)
10. Cypress Grove (with Ed Sheeran) 11. Sunshine State (with Ed Sheeran)

Disc 2 (42:57)
1. Gin House 2. Wonderful Tonight 3. Crossroads 4. Little Queen Of Spades
5. Cocaine 6. High Time We Went
  1. 2016/04/24(日) 23:37:32|
  2. ERIC CLAPTON '10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOVE YOU LIVE MIXES(Bonus CDR)/THE ROLLING STONES

160412223650.jpg
'76年、SBD,音質92点。オーバーダブ前?素材が突然ネット上に上がった話題の音源ですね。
オフィシャルとの比較も面白いものですが、なんといっても「Hey Negrita」ですよ。オフィシャル
素材という感じでよいテイクです。「Angie」は昔から映像では有名ですが、これもオフィシャルで
ないほうが不自然とも。。「You Gotta Move」も14日のオハイオのようで、曲数は少ないですが
貴重な高音質音源。
まあ、音のほうも、75・76とオフィシャルで正規に出すべき時代になってきてるとと思いますが。。
楽しめる5曲。。
優良素材なので、あまり音はいじらずリリースしてほしいものです。。。


Unheard Mixes Straight From The 16-Track Master

(22:54)
1. Hot Stuff 2. Star Star 3. Angie 4. Hey Negrita 5. You Gotta Move

Tracks 1-4 : Recorded at Les Abattoirs, Paris, France June 1976
Track 5 : Recorded at Municipal Stadium, Cleveland, Ohio, USA 14th June 1
  1. 2016/04/23(土) 23:54:03|
  2. ROLLING STONES75-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1999

PRI-1999.jpg
大好きな名盤。。。LITTLE RED・・・たまらないな。。涙。
  1. 2016/04/22(金) 23:53:36|
  2. etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レコード探し 3?

WAL1.jpg
中目黒、住宅街にある、レコード屋さん。Walts。看板なし。。
WAL2.jpg
手ごろな値段のLPや、最近人気のミュージックテープ。古いデカラジカセなんかも売ってるお店。
イイ感じです。
  1. 2016/04/21(木) 23:57:03|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Home By Dawn(2016)/J.D. Souther

JD-SOUTH.jpg
J.D.84年発表のの4作目アルバムが、ボートラが入りリリース。「ユア・オンリー・ロンリー」から5年後作品。デヴィッド・ハンゲイト(b)、リンダ・ロンシュタット(vo)、ドン・ヘンリー(vo)、ティモシー・B・シュミット(vo)など、いつもの?仲間の参加と
きっちり作り上げる曲の良さが光ります。ポップな「Home By Dawn」やDJ節?な雰囲気の曲
バラードなど、佳曲揃いですね。ピアノのバラード、「I'll Take Care Of You 」はデモバージョンも。
完成されてます。リンダとの「Hearts Against The Wind」もどカントリーですが、ボツがもったいないほどの曲。
「Little Girl Blue」はアコギとピアノが目立つらしい曲。 「Girls All Over The World 」は
ブラシで始まり、JAZZYな曲、どれもボツガもったいないほどのもの。
JDのドラムの音(何でもやるのね......)や期待を裏切らないサウンドが最高のアルバムに、ボートラまで良く
ウエストコースト・サウンドを堪能できます。。




01. Home By Dawn
02. Go Ahead And Rain
03. Say You Will
04. I'll Take Care Of You
05. All For You
06. Night
07. Don't Know What I'm Gonna Do
08. Bad News
09. All I Want
10. Hearts Against The Wind / Linda Ronstadt&JD Souther
11. I'll Take Care Of You (Demo)
12. Little Girl Blue
13. Girls All Over The World

  1. 2016/04/20(水) 23:52:05|
  2. オフィシャルJK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たつみ  しょうゆラーメンね。。

TATU1604111.jpg
用賀にのラーメン屋さん、たつみ。
TATU1604222.jpg
この感じが何か落ち着くね。。
TATU1604333.jpg
シナそば。。定番のおいしさ!
  1. 2016/04/19(火) 23:54:56|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WHEELS OF CONFUSION(Vol.2)/BLACK SABBATH

72.73のレア音源を収録した2枚組より72年のDISC1を。BSA73.jpg


'73年、AUD、音質78点、やや古びた音ですが中音域が出ており、ボーカル、ギターが
はっきりしているので、聴きやすい音。「VOL.4」ツアーの貴重なライヴ音源。こちらも
レア曲、「Changes」!
「Changes」は名曲でありながら、やはり演奏の問題で・・・ですかね。アイオミがピアノ、
ギーザーがメロトロンを担当のようで、演奏風景を想像すると、そうとう地味?笑。。
まあ、味わい深い演奏です。「Cornucopia」もレアで、当時のAUDソースは少ないようで、
ヘビーな音は伝わります。
しかし、この音源は、「Changes」!!ですね。。レア音源の良好音源。。


Live at Hordern Pavilion, Sydney Showground, Sydney, Australia 16th January 1973

Disc 2

1. Introduction 2. Tomorrow's Dream 3. Sweet Leaf 4. War Pigs 5. Snowblind 6. Changes
7. Iron Man 8. Cornucopia 9. Wicked World 10. Guitar Solo 11. Jam 12. Wicked World(reprise)
13. Embryo/Children Of The Grave 14. Paranoid

Tony Iommi - Guitar Ozzy Osbourne - Vocals Geezer Butler - Bass Bill Ward - Drums
  1. 2016/04/18(月) 23:53:41|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WHEELS OF CONFUSION(Vol.1)/BLACK SABBATH

BLACK-S-WC-72.jpg

72.73のレア音源を収録した2枚組より72年のDISC1を。

'72年、AUD、音質79点、やや古びた音で、ややひずみが発生する場所があるものの、
中音域が太く迫力もあり、ボーカル、ギター、が良好なので72年としては良質とも。
「VOL.4」ツアーの貴重なライヴ音源。このころは、SETがやや流動的だったようで
「Under The Sun」と「Wheels Of Confusion」というレアテイクが聴けるLIVE。
「Wheels Of Confusion」はエンディング付近で10秒ほど、テープチェンジらしいカットあり。
「Tomorrow's Dream」など、「VOL.4」から名盤からの曲満載で安定して聴ける
レア音源。「Wheels Of Confusion」!!

Live at Hollywood Bowl, Los Angeles, CA. USA 15th September 1972

Disc 1

1. Tomorrow's Dream 2. Sweet Leaf 3. War Pigs 4. Snowblind 5. Iron Man
6. Under The Sun(Every Day Comes And Goes) 7. Wheels Of Confusion
8. Embryo/Children Of The Grave
  1. 2016/04/17(日) 23:48:54|
  2. BLACK SABBATH
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Monsters of Rock Live at Donington 1980

32123211565.jpg
発売されましたねーー。。飛行機の轟音が懐かしいモンスターズ。
DVD収録が短いのが・・・・いまだにこれ??リッチーのおいしいところはいい感じだけど・・。
  1. 2016/04/16(土) 23:52:08|
  2. RAINBOW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Glad Rag Doll/diana krall

DIANA-K-RAG-D.jpg
ダイアナ・クラール,12年のアルバム。
Tボーン・バーネットによるプロデュースで、マーク・リボーも参加。なんだか、もろにTOM WAITSしている曲もあり・・・。。
Tommy LiPumaさんが続きましたが、変えたかったのか。。
過去にも。TOM WAITSのカバーもあるので、あの音も好きなのでしょう。
ハスキーなボーカルはいかにもな。。曲のよさは感じが変わっても、○。
マーク・リボーがTOMのときと、同じ音。TOMファンはニヤリですが。。
ジャケの写真・・・・凄く良い感じに撮れてますが。笑。



  1. 2016/04/15(金) 02:13:01|
  2. オフィシャルD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TALK OF THE TOWN/PRETENDERS

PRET-ANA1.jpg
PRETENDERS、LP BOOT。ラジオ音源??当時は最高の音でした~~。ぼやけた写真ですが音は最高!
PRET-ANA2.jpg
8からは、EP?。フィラーに最適?
  1. 2016/04/14(木) 03:09:20|
  2. LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の熱帯魚

BLAMORI11111.jpg
ブラックモーリーという、真っ黒なかわいいヤツ
BLAMORI22222.jpg
ネオンテトラなどに比べ、やや大きいので、ほかの魚を追い回すかと思い入れませんでしたが。。。
藍藻という、緑のコケのように見えるもの・・・・・・
コケではないのですが、緑のノリ??アメーバ状に増えて、気持ち悪く、ニオイもカビのようなにおいで・・・
これ、なかなか除去が大変なので、薬を・・・・と思ってましたが、
ブラック モーリーを2匹。。
1か月後、ほぼ藍藻を食べてくれました。。
ほかの色のもーりに比べ、ブラックが一番食べるとの話ですが、すごい効果。
真っ黒でかわいいし、藍藻も食べるし、ほかの魚も追い回さず。。
くいしんぼうで、一日中ぱくぱくしてますが、水草水槽の強い味方!
  1. 2016/04/11(月) 23:55:56|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MY FATHER'S PLACE 1980/THE JOE PERRY PROJECT

JPP-1980-FP.jpg
'80年、SBD,音質84点、ボードからの音かと思ったら、FM音源なんですね。やや丸い
音ですが、高音質。ベースがカバーしているので、ジョーの音も薄く感じさせなく、なかなか好調な
ジョーのギター。「Same Old Song And Dance」などは、なかなかの迫力で、ボーカルもやはり、タイラー
に似た感じですが、やはり、こういう人を選んでしまうのが・・・笑。
えーー、こんな曲を??の「Heartbreak Hotel」のカバー。そして、これもアレンジがなかなか。。
「Walk This Way 」は、ギター1本でも、かなりハードでキッチリ、カッコイイ。
好きだった「Let The Music Do The Talking」ジョーのギターが、ややボーカルにかぶり過ぎ?なんてアレンジも。。
ナツカシー、JOE PERRY PROJECTのSBD音源。。

Live at My Father's Place, Roslyn, New York, USA 29th March 1980

(64:22)
1. Same Old Song And Dance 2. Get The Lead Out 3. Pills 4. Discount Dogs 5. Reefer Headed Woman
6. Ready On The Firing Line 7. Bone To Bone 8. Heartbreak Hotel 9. Shooting Star
10. The Mist Is Rising 11. Talk Talk 12. Bright Light Fright 13. Break Song 14. Band Introduction
15. Walk This Way 16. Rockin' Train 17. Life At A Glance 18. Let The Music Do The Talking

Joe Perry - guitar, vocals Ralph Morman - vocals David Hull - bass Ronnie Stewart - drums
  1. 2016/04/10(日) 22:34:31|
  2. G~J
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OSAKA 1972 2ND NIGHT/LED ZEPPELIN

OSAKA722ND.jpg
'72年、AUD,音質85点、バランスよく、エコーやや深い音ですが、しっとり?ナチュラルな音で、
聴き疲れがしないところが良いですね。
「近年改めてマスターからデジタル・トランスファーしたバージョンを元にしているのです。」ということの
効果なのか?このレーベルの特徴、イコライズ感が無いのが良い感じで、補正、特にピッチが丁寧に補正されている
のはありがたい~~!!
「Rock And Roll」の演奏、プラントもなんとか声が。。で、やや安心のスタート。ジミーのソロ、これぞ!!
なんて感じ。そして、「Since I've~」を聴くなら、72、大阪。ただ昔からそう感じているだけですが。。
「The Rain Song」のしっとりは癖に。。もう何十年も・・・。「Dazed And Confused」も来日公演最高?
そしてこの日のハイライト、メドレー大会になり、10曲??最強のネドレー。。
ブルーベルと並ぶ 名カバー、「Stand By Me」このかわいいイントロ、これは打ち合わせになったのか?
ペイジが突然はじめたのか?永遠の・・・。。
昔からの有名音源がナチョラルで補正もされて登場でした。。

Live at Festival Hall, Osaka, Japan 9th October 1972

Disc 1 (74:00)
1. Rock And Roll 2. Black Dog 3. Over The Hills And Far Away 4. Misty Mountain Hop
5. Since I've Been Loving You 6. Dancing Days 7. The Song Remains The Same
8. The Rain Song 9. Dazed And Confused

Disc 2 (68:13)
1. Stairway To Heaven 2. Moby Dick 3. Whole Lotta Love 4. Stand By Me 5. Immigrant Song
  1. 2016/04/09(土) 16:03:22|
  2. LED ZEPPLIN 72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

In the Ranch /Keith Urban

KU-INTR.jpg
Keith Urban、97年のアルバム。ギターとバンジョーが刻む、1曲目。カントリー調のギター、
ジャケ3人のシンプルな音。「Homespun Love」アコギがザクザク刻む曲、デッキー・ベッツが弾きそうな
ギター?10曲目、「Clutterbilly」はアップテンポのインスト、ギターのテクが盛りだくさん、後半の
ワウから、ブルージーなギターをはさむカントリー調の曲、んーーー、スパーなギターです。
「Ghost in This Guitar」は80年代のロック?なんかなつかしのアレンジ。
もともとはThe Ranchというバンドでのアルバム。このアルバムだけで解散、そして、ソロへ。。。
カントリーロックが心地よいアルバム。



01. Walkin' in the Country
02. Homespun Love
03. Just Some Love
04. Some Days You Gotta Dance
05. My Last Name
06. Desiree
07. Freedom's Finally Mine
08. Hank Don't Fail Me Now
09. Tangled Up in Love
10. Clutterbilly
11. Man of the House
12. Ghost in This Guitar
13. Stuck in the Middle
14. Billy
  1. 2016/04/07(木) 23:59:13|
  2. オフィシャルJK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Keith Urban NEW!

KU-NEW-1604.jpg
キース アーバン 新作が出ます!久しぶり。
454515KU20161616.jpg
だれ?という方はGreatest Hitsを。。ほんの少しカントリーなROCK、名曲たくさん!
  1. 2016/04/05(火) 23:33:46|
  2. NEW リリース!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和 醤油ラーメン

MEG-ISI-11.jpg
目黒駅kら白金方面へ 3・4分 「維新」へ
MEG-ISI-22.jpg
何回か来ているので トリのチャーシュー??と思っていたので、特醤油らぁ麺を
MEG-ISI-33.jpg
和 な味の 醤油に合いますね。。味玉、豚・とりチャーシュー・ワンタン入り。豪華な和 醤油。。
  1. 2016/04/04(月) 23:55:53|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAYTON 1972/JEFF BECK GROUP

DAYTO-72.jpg
’72年、AUD,音質78点、ギター、ボーカル、ドラムとクリアーに聞こえる音源。ただしテープの傷みが
多く、キュルっと音が入り、途切れてしまうところが多く、そこがなければ・・・という音源。
コージードラムが勢いよく入る、「Ice Cream Cakes」カッコイイー!オープニング。
この時代にこのスペーシーなサウンドは・・・!ピアノ、ベースもなかなか良いバランス。
「Tonight I'll Be~」などでも、傷みが多く。。
「Situation]や「Got The Feeling 」はやはり強烈。
音が良いだけに傷みが残念・・・マスターテープなのか?どうかはわかりませんが、
テープが元気なら・・・・と思わずにはねーーー。。有名音源ですが、傷みなしは存在しない??笑。。

Live at Hara Arena, Dayton, Ohio, USA 11th May 1972


1. Ice Cream Cakes 2. Morning Dew 3. Keyboard Solo 4. Going Down
5. Tonight I'll Be here Staying With You 6. Glad All Over 7. Definitely Maybe 8. Jeff's Boogie
9. Situation 10. I've Been Used 11. Let Me Love You 12. Got The Feeling
  1. 2016/04/03(日) 23:58:50|
  2. JEFF BECK 65~74
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OSAKA 1972 1ST NIGHT/LED ZEPPELIN

ZEP-OSAKA72.jpg
'72年、AUD,音質87点。エコーがやや広がり、会場に響き渡る感じがとても良い、名録音。この日は「Dancing Geisha」
などの有名盤でおなじみの10月4日の大阪。マスター・テープからの収録ということで、高音質でナチュラル。
声が裏返りながらも・・というプラントですが、R&Rはやや心配な出だし。ドラムが迫力のある音で、これも
この音源の楽しみ。当たり前ですが71にはない曲たちがたくさん聞けることがうれしい72。その中でも
ドラムの響く曲は最高です。「Misty Mountain Hop」「Dancing Days」は大好きな音。
「Since I've~」のペイジさんもなかなか。「Stairway To Heaven」も絶妙なエコーで幻想的に聴こえる感じが
イイネー。。「Whole Lotta Love」は出だしのボンゾの激しい音だけでもう。。 「Heartbreaker」も
ベース、ドラムのタイトさが最高。「移民」はプラントさんもかなり危なく・・ペイジさんも粗く、
最後にふさわしい荒れ狂い方も○。何回聴いたかわからない音源ですが、やはり最良の音で聴く72は
最高です。


Live at Festival Hall, Osaka, Japan 4th October 1972

Disc 1 (49:46)
1. Intro. 2. Rock And Roll 3. Black Dog 4. Over The Hills And Far Away
5. Misty Mountain Hop 6. Since I've Been Loving You 7. Dancing Days 8. Bron-Yr-Aur Stomp
9. The Song Remains The Same 10. The Rain Song

Disc 2 (69:42)
1. Dazed And Confused 2. Stairway To Heaven 3. Whole Lotta Love 4. Heartbreaker
5. Immigrant Song
  1. 2016/04/02(土) 23:38:30|
  2. LED ZEPPLIN 72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BRISTOL 1976/BLACKMORE'S RAINBOW

RAINBOW-BRISTOL.jpg
'76年、AUD,音質79点。ややこもった感じですが、バランスはまあまあ。ボーカルが何かざぁーっと?
した感じの収録で、やや特殊な感じですが、演奏を知るには聴きやすく、そのまま安定しています。
「Kill The King」の強烈なギターは、これが完璧な音なら・・・。。いや、凄いです。
「Man On The Silver Mountain」「Stargazer」と演奏は絶好調で凄まじいもの。
ややこもり気味ながら、なぜかギターの迫力が凄まじい音。
音は並ですが、演奏の強力さに最後まで一気に。。


Live at Bristol Hippodrome, Bristol, UK 31st August 1976


Disc 1(47:50)
1. Over The Rainbow 2. Kill The King 3. Mistreated 4. Sixteenth Century Greensleeves
5. Catch The Rainbow 6. Lazy 7. Man On The Silver Mountain
8. Blues/Man On The Silver Mountain (reprise)

Disc 2(46:15)
1. Keyboard Intro 2. Stargazer 3. Still I'm Sad incl. Keyboard Solo
4. Drum Solo feat. 1812 Overture 5. Still I'm Sad (reprise)
6. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  1. 2016/04/01(金) 23:49:00|
  2. RAINBOW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (57)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (73)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (21)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (15)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (22)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (30)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (115)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (3)
ある日の日記 (144)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR