SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

2016BOOTLEGS

PARI1112016AAAAAA.jpg
2016、最高の音質大賞??17来日はメンバーが違うので。。。まだまだ弾きまくるBEKの最高音源!
OLYMPIA952016AAAAA484848.jpg
ネットから・・・スーパー音源、少ないですが。。。まだ何かあるでしょ??
RSRV752016AAAAA55545.jpg
これはうれしかった!!
2016DAGENHAMDP5565854515.jpg
けっこう効いた音。。
THIALF962016ECkkkkkkk.jpg
ECは98・・・意外な音源が・・・。。
2016BD555555359ASASAKOIJM.jpg
既発ですが、最高音質で、最高の内容。。。これはすごかった!!!!
スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 19:34:11|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOB DYLAN & THE BAND(Vol,2) / LOS ANGELS FORUM 1974

MVBD74BBBB.jpg
'74年、SBD,音質90点。バランスが良く高音質。丸い音ですが迫力もある音。バンドとのLIVEで有名な音源。
この日はLAでの2回。こちらはイブニングショウ。
「Most Likely You’ll Go Your Way」からの、スピード感。「It Ain’t Me Babe」のパワーボーカル。
「Ballad Of A Thinman」のボーカルの畳みかけ、絡むオルガン、そして、BEST盤のようなBANDのSET。
早い口調の「She Belongs To Me」「It’s All Right, Ma,」のストレートなアレンジもこの時の特徴。
迫力のアコギSET。。
「Rag Mama Rag」はダイレクト感ありすぎ?楽器のバランスがガチャガチャしてますが。。。迫力があるとも・・・。。
「The Weight」はピッキングハモニクスがばっちり決まって。。笑。
ビルグラハムのあいさつが入りアンコール。。「Forever Young」からの、パワーで押し切る??
強烈なボーカルはものすごいですね。。「Blowin’ In The Wind」の荒々しいアレンジ。75~76の
LIVEに通じるものが。。
まあ、名演です。パワーを感じるLIVE。

The Forum, Los Angeles, CA February 14th, 1974 (evening)

Disc 3 (66:46)
Most Likely You’ll Go Your Way, Lay Lady Lay, Just Like Tom Thumb’s Blues, Rainy Day Woman #12 & 35,
It Ain’t Me Babe, Ballad Of A Thinman, Stage Fright, The Night They Drove Old Dixie Down, King Harvest,
When You Awake, I Shall Be Released, Up On Cripple Creek, All Along The Watchtower, Ballad Of Hollis Brown,
Mr. Tambourine Man, Knockin’ On Heaven’s Door

Disc 4 (70:08)
She Belongs To Me, Times They Are Changin’, Just Like A Woman, Gates Of Eden, Don’t Think Twice
It’s All Right, Ma, Rag Mama Rag, Endless Highway, The Shape I’m In, The Weight,
Forever Young, Highway 61 Revisited, Like A Rolling Stone,
Maggie’s Farm,
Bob Dylan gets Bill Graham on stage, Blowin’ In The Wind
  1. 2016/12/30(金) 18:19:45|
  2. BOB DYLAN 60'S-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOB DYLAN & THE BAND(Vol,1) / LOS ANGELS FORUM 1974

BD74BN-11.jpg
'74年、SBD,音質90点。バランスが良く高音質。丸い音ですが迫力もある音。バンドとのLIVEで有名な音源。
この日はLAでの2回。そのアフタヌーンショウ。
オープニングがカットされてますかね。。「Lay Lady Lay」のボーカルの迫力。。「It Ain't Me, Babe」の
パイののダイレクトな感じが好き。。派手な歌。。笑。と、絡むオルガン、ギターが最高。
「I Shall Be Released」のロビロバの音も最高。「Like A Rolling Stone」は勢い余るディラン。早く入りすぎたり。。
「The Weight」「Forever Young」の流れも最高!
オフィシャルの収録のための録音なので、演奏も最高な迫力音源。

The Forum, Los Angeles, CA – February 14th, 1974 (afternoon)
DISC 1
01. Lay Lady Lay/02. Just Like Tom Thumb's Blues/03. Rainy Day Women # 12 & 35/04. It Ain't Me, Babe/05. Ballad Of A Thin Man/06. Stage Fright (The Band)/07. The Night They Drove Old Dixie Down (The Band)/08. King Harvest (Has Surely Come) (The Band)/09. When You Awake (The Band)/10. I Shall Be Released (The Band)/11. Up On Cripple Creek (The Band)/12. All Along The Watchtower/13. Ballad Of Hollis Brown/14. Knockin' On Heaven's Door
DISC 2
01. She Belongs To Me (acoustic)/02. It's All Over Now, Baby Blue (acoustic)/03. The Times They Are A-Changin' (acoustic)/04. Just Like A Woman (acoustic)/05. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding) (acoustic)/06. Rag Mama Rag (The Band)/07. This Wheel's On Fire (The Band)/08. The Weight (The Band)/09. Forever Young/10. Highway 61 Revisited/11. Like A Rolling Stone/12. Blowin' In The Wind
  1. 2016/12/29(木) 23:56:23|
  2. S~T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハングリータイガー

DSC03490HT111.jpg
トレッサ横浜 ハングリータイガー
DSC04697HT222.jpg
小学生の子供と行くと 3回に1回はハンバーグ屋さん・・・・。。2つぺろりと食べる。。そのうち3つとか言いそうだ・・・。。
  1. 2016/12/28(水) 14:52:27|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SIZZLE GAZZLE渋谷

DSC04978SIZSIBU.jpgDSC04963SIZUSIBU3333.jpg
渋谷ヒカリエ 店頭の写真でここに
DSC04968SIZUSI22222.jpg
この絵は????・・
DSC04972KOKOKO.jpg
和風ハンバーグ!!
なんか、和風を選んでしまう。。
  1. 2016/12/26(月) 23:15:19|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live From The Midnight Sun /Led Zeppelin

LFMS-ZEP.jpg
'71年、AUD,音質84点。音が回る感じで、冒頭など、どうなんだ?という感じですが
71年、オーディエンスとしては、優良音源として知られ、「What Is And~」「Thank You」
などは、音の広がりがなかなかクリアで、ギターもキラキラと。。
音質は時代的には最高ですが、テープ節約か、曲間だけならまだ・・ですが、頭もかけている
曲もあり、「Thank You 」などは、オルガンソロとジャケに書いてよいのか?という感じで、
やや問題もあるのがこの日。
「Immigrant Song」はやや声がきつそうですが、迫力を感じる広がりからか、なかなか印象的な
テイク。 「Since I've Been Loving You」の素晴らしい臨場感と演奏でこのへんから
どっぷり入りこめます。
そして、この日。「JENNINGS FARM BLUES」そうとう昔のCDですが、そこで、SBDが出ている日。
いつか、SBDのロングバージョン?が!なんて片隅で思ってましたが、それから何年たったか。。
その中でも、ものすごい出来の「Celebration Day 」AUDの音でも、もの凄いうねりで、
初めて聞いた時の感動は・・。。でした。。アコースティック部分も音が良く、いつ聴いても
入り込む演奏。。「Communication Breakdown」の間奏部分のカッコよさも抜群。
曲間や頭の欠けはあるものの。。。いいんだよね。。



TDOLZ VOL.018

Toronto Sep 4 71

1 Immigrant Song
2 Heartbreaker
3 Since I've Been Loving You
4 Black Dog
5 Dazed And Confused
6 Stairway To Heaven
7 Celebration Day
8 That's The Way
9 Going To California

1 What Is And What Should Never Be
2 Moby Dick
3 Whole Lotta Love
4 Communication Breakdown
5 Organ Solo / Thank You
  1. 2016/12/25(日) 23:49:15|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FORT WORTH 1972 2ND SHOW/THE ROLLING STONES

161124123735.jpg
’72年、SBD,音質90点。。超超有名音源、レディジェンサントラという感じの、フォートワース
2ND。。「Brown Sugar」のイントロ部分の跡切れの補正も綺麗につながっております。
オフィシャルの音に近い??。ギターの音がマイルドな歪で、激しい音ではなくって、この音聴くと
意外とマイルドな感じというのが昔からの感想。
激しいフィラスペやNYの音がのほうが頭にこびりついてるのも事実。
この整理された音をを聞くと、73がさらに激しくなったのもわかります。。
「フィラスぺ」の中にもフォートワース・セカンドショーの音源があるのですが、
印象が違うのはBOOT音源の魔法か?? 「Midnight Rambler」などは、ややおとなしい音に
感じるのは贅沢か。。笑。
「Gimme Shelter」の粘るフレーズ、「Love In Vain」の抜群のスライド。
「FORT WORTH EXPRESS」という名盤も過去にありましたが、ピッチも正しくまた進化。
L&Gのサントラ。。永遠にオフィシャルにはならず、BOOTの最高峰に君臨する??


Live at Tarrant County Convention Center, Fort Worth, TX. USA 24th June 1972 2nd Show

(73:31)
1. Introduction 2. Brown Sugar 3. Bitch 4. Rocks Off 5. Gimme Shelter 6. Don't Lie To Me
7. Love In Vain 8. Sweet Virginia 9. You Can't Always Get What You Want 10. Tumbling Dice
11. Midnight Rambler 12. Band Introductions 13. Bye Bye Johnny 14. Rip This Joint
15. Jumping Jack Flash 16. Street Fighting Man
  1. 2016/12/24(土) 00:35:45|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUPERGROUPS IN CONCERT 1983/THE ROLLING STONES

161207112843.png

’81年、SBD,音質92点。有名なラジオ、SUPERGROUPS IN CONCERTの音源。
1983年3月19日の放送バージョン。
改訂版??呼べるなのか何だか...
「SUPERGROUPS IN CONCERT」82年、8月の放送バージョンと比べ、オフィシャルテイクが少なくなっています。
まあ、オフィシャルをラジオで流すのもまずかったからか?テイクが違ったりして面白くはありますが、
最大の欠点は、78年の音源が含まれており、78混ざりのBOOTも数多くありました。
まあ、日本の放送でも73と78などを、混ぜて放送したのもあった気がしますが。。。
当然、違和感は出てきます。。
曲順も「Beast Of Burden」が後ろに行きはしたものの、実際とは違う曲順。
当時のラジオの原盤としての面白さですかね。。

radio show records (3LPs) for broadcast on 19th March 1983

Disc 1 (57:44)
1. Introduction
2. Take The 'A' Train (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
3. Under My Thumb (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
4. Let's Spend The Night Together (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)
5. Shattered (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
6. Twenty Flight Rock (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
7. Going To A Go-Go (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
8. Time Is On My Side (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
9. Waiting On A Friend (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
10. Beast Of Burden (Rosemont Horizon, Rosemont, IL. 25th November 1981)
11. Black Limousine (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
12. Let It Bleed (Louisiana Superdome, New Orleans, LA. 5th December 1981)
13. You Can't Always Get What You Want (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)

Disc 2 (46:45)
1. Band Introductions (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
2. Tumbling Dice (Masonic Hall, Detroit, MI. 6th July 1978)
3. She's So Cold (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
4. Hang Fire (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
5. Miss You (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)
6. Honky Tonk Women (Sam Houston Coliseum, Houston, TX. 19th July 1978)
7. Brown Sugar (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
8. Start Me Up (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
9. Jumping Jack Flash (Sam Houston Coliseum, Houston, TX. 19th July 1978)
10. Satisfaction (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
11. The Star-Spangled Banner (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
  1. 2016/12/23(金) 02:14:08|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hot Dog In A Hallway /NOFX

169[1]
どっからこんな歌詞が・・・笑。。NOFX。

彼女、またパイを食べている
ルーベンサンドを2倍食べる
凄い食いっぷりの彼女
だから彼女を愛してる
.......

彼女の腕は僕の足より大きい
彼女が僕を抱くとき、呼吸できない

彼女の肉垂れると
彼女は、人間寝袋
..........
だから彼女を愛してる
  1. 2016/12/22(木) 23:50:18|
  2. 好きな歌詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンスタイル??

IONS-H0.jpg
近所のダイエー碑文谷が、改装??終えて、オープン。。イオンスタイル、碑文谷。。都内にも増えてきましたが・・・
イオンスタイル・・・・・変な名前。。笑。。時間がたつと変わるのか??
IONS-H1.jpg
「バル」があったり・・・
IONS-H2.jpg
子どもは
IONS-H3.jpg
こんなアイスを。。半分オープンで、半分は来春オープン。。イオンスタイル。。。
  1. 2016/12/21(水) 23:51:03|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八雲の蒸しパン屋さん

YAGU220000000.jpg
目黒通りから、自由通りに入ったところ。蒸しぱんやさん。。
YAGU2211111.jpg
チョコ、カレー、マヨコーン?シチュー?200円前後。。いろいろあって、魅力的!!
  1. 2016/12/21(水) 02:05:19|
  2. キャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUPERGROUPS IN CONCERT 1982/THE ROLLING STONES

161207112912.png

’81年、SBD,音質92点。有名なラジオ、SUPERGROUPS IN CONCERTの音源。
82年、8月の放送バージョン。「STILL LIFE」と重なるバージョンも多いですが、
やはり演奏が良いバージョンが多く、「Beast Of Burden」がこの位置?なんてへんてこな
曲順も独特なもの。
しかし、このミックス「Beast Of Burden」「 Let It Bleed 」などビルのベースラインが
目立ち、歌うよう?このへんのシンプルな曲のビルのフレーズは最高ですね。。
これまでもいろいろなCDなどに使われた音たち、フレーズがまで覚えているものも多く
今や懐かしの・・・。。
収録はCMはカット、それ以外はインタビューやDJのアナウンスなども完全収録。。
あまりにも短い「STILL LIFE」のデラックス版はこんな感じですかね。。


Taken from the original radio show records (3LPs) for broadcast on 28th August 1982

Disc 1 (48:56)
1. Introduction
2. Take The 'A' Train (Capital Center, Largo, MD. 7th December 1981)
3. Under My Thumb (Meadowlands Sports Complex, East Rutherford, NJ. 5th November 1981)
4. Beast Of Burden (Rosemont Horizon, Rosemont, IL. 25th November 1981)
5. Let's Spend The Night Together (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)
6. Shattered (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)
7. Black Limousine (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
8. Twenty Flight Rock (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
9. Going To A Go-Go (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
10. You Can't Always Get What You Want (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
11. Band Introductions (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
12. Let Me Go (Capital Center, Largo, MI 8th December 1981)
13. Time Is On My Side (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)

Disc 2 (45:22)
1. Let It Bleed (Louisiana Superdome, New Orleans, LA. 5th December 1981)
2. Just My Imagination (Running Away With Me) (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 19th December 1981)
3. She's So Cold (Capital Center, Largo, MD. 9th December 1981)
4. Hang Fire (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
5. Miss You (Hampton Coliseum, Hampton, VA. 18th December 1981)
6. Start Me Up (Rosemont Horizon, Rosemont, IL. 25th November 1981)
7. Jumping Jack Flash (Pontiac Silverdome, Pontiac, MI. 1st December 1981)
8. Satisfaction (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
9. The Star-Spangled Banner (Sun Devil Stadium, Tempe, AZ. 13th December 1981)
  1. 2016/12/18(日) 12:02:44|
  2. ROLLING STONES 80-88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ON THE LINE IN '89/TOM WAITS

855.jpg
'99年、SBD,音質90点。超高音質、最高な音のラジオ音源。
イタリア、フィレンツェのTHE TEATRO COMUNALE DI FIRENZE公演。
MULE VARIATIONSのツアー。。ジャケの89は間違いで99ですね。。新作からは
"GET BEHIND THE MULE"や"CHOCOLATE JESUS"、"HOLD ON"、"EYEBALL KID"、
"FILLIPINO BOX SPRING HOG"を。。"HOLD ON"名演です。そして、毎日変わるSETで
”Who Are You””(Looking For) The Heart of Saturday Night”” House Where Nobody Lives”
と、この日は、バラード名曲も最高な選曲。。最高音質で最高なSET。


Disc 1
1. Jockey Full Of Bourbon 3:44
2. Earth Died Screaming 4:19
3. Jesus Gonna Be Here 4:15
4. Get Behind The Mule 7:09
5. Chocolate Jesus 6:01
6. Hold On 7:09
7. Eyeball Kid 12:27
8. Tango Till They're Sore 4:02
9. That Feel 3:45
10. I Beg Your Pardon 3:30
11. Briar And The Rose 3:12
12. Innocent When You Dream 6:44
Disc 2
1. 16 Shells From A Thirty-Ought-Six 7:40
2. Shore Leave 5:02
3. Strange Weather 3:58
4. Who Are You 5:28
5. Fillipino Box Spring Hog 9:02
6. In The Colosseum 4:54
7. Temptation 5:19
8. Cold Water 5:46
9. (Looking For) The Heart of Saturday Night 4:12
10. House Where Nobody Lives 3:47
11. Big In Japan 5:44
  1. 2016/12/17(土) 23:53:10|
  2. TOM WAITS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるもち家

MARU12161111.jpg
京都伏見稲荷のお菓子さん。渋谷、フードショー。。
MARU1216222.jpg
テッカテカ。。ぶるぶる震えるタコ焼き器??みたいなのでコロコロ。。
みたらし、あんこ、抹茶。。。面白。。。
  1. 2016/12/16(金) 23:52:39|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハングオーバー!

HO2016.jpg
ハングオーバー!大ヒットのおバカ脚本。。。
サブタイトルの「消えた花婿・」・・・・が、写真にないところが・・・。。。
二日酔い?まあ、あほな二日酔いでまき起こりすぎる??
いかにもアメリカのコメディー!!登場人物のそれぞれ、キャラの強さが成功??
  1. 2016/12/15(木) 23:53:34|
  2. 映画・ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

ABTI.jpg
2013年のイギリス、アメリカ合作によるSF恋愛映画??どんな映画??なんて見たら。。まあ、凄い脚本。
タイムトラベルができる主人公の・・・・
脚本家・映画監督のリチャード・カーティスの引退作ということで、ノッティングヒルの恋人などなど。。
凄い人ですが、それにふさわしい傑作ですね。。
脚本も抜群で、「ラブ・アクチュアリー」なんかもすごく好きで。。
主演のレイチェル・マクアダムス。。この時、33、4歳??意外でした。。笑。。
SF恋愛映画。。なるほどね。。
主役のお父さんが好きなのが「ニック・ケイブ」最高の場面で流れます。。

  1. 2016/12/14(水) 23:54:34|
  2. 映画・ドラマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RONDO creperie

JC161110000000000.jpg
自由が丘、歩き回り・・・・入ったお店。。ロンドクレープリー。。オシャレな名前・・・俺は覚えられないけど・・・笑。。
JC16111.jpg
お??デカい!!CPはイイね!!
JC161113333.jpg
セットのサラダスープ。。
JC16222.jpg
私は定番????
JC161114444.jpg
広くて居心地がよい店内。。なかなかのCP。。
  1. 2016/12/13(火) 17:57:34|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WANTAGH 2000/JIMMY PAGE & THE BLACK CROWES

161129204734.jpg
'00年、PRO SHOT。高画質な変なプロジェクト(笑9。。ジミー・ペイジ&THE BLACK CROWES。
当初から驚きの選曲が面白く、オフィシャル未収の曲も面白かったので、「Misty Mountain Hop」
「In The Light」は日本盤ボートラもうれしかったSET。この映像には、さらに未収曲がたくさんです。
「In The Light」はプラントのキラキラボーカルではないなーーー。。なんてことも思いますが、意外と
聴けるボーカル。。それより、オリジナルの音に近い演奏が刺激的で、ギターが分厚いので迫力もあり、
良く?聞こえたりね。。
「The Wanton Song」「Hots On For Nowhere」「Bring It On Home」オフィシャル盤やDVDの
『LIVE AT THE GREEK 1999』にはない曲がうれしい映像。
「The Wanton Song」。。カッコイイねーーー。。


Live at Jones Beach Theater, Wantagh, NY. USA 10th July 2000


(141:09)
1. Intro. 2. Celebration Day 3. The Wanton Song 4. Misty Mountain Hop 5. Hots On For Nowhere
6. No Speak No Slave 7. Sick Again 8. What Is And What Should Never Be 9. Horsehead
10. Oh Well 11. Ten Years Gone 12. In My Time Of Dying 13. I Can't Be Satisfied
14. Your Time Is Gonna Come 15. Remedy 16. The Lemon Song 17. In The Light 18. Shapes Of Things
19. Nobody's Fault But Mine 20. Heartbreaker 21. Bring It On Home 22. She Talks To Angels
23. Out On The Tiles 24. Whole Lotta Love

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.141min.
  1. 2016/12/11(日) 21:31:59|
  2. A~C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOAD'S PLACE 1990/BOB DYLAN

161105020611.jpg
'90年、音質90点、音が近く大迫力、バランスも最高で、ごくたまに微妙なひずみはありますが
トーズ・プレイス。クラブでの公開リハーサル・ギグということで、雰囲気も最高。理想的な音。
歓声もやや入りますが、臨場感があり、リハーサルといっても、普通のLIVEと変わりありません。
G. E. Smithなどバンドも、2.3年?このころになると、息もぴったり。
有名音源ですが、オープニング・ナンバー「Walk A Mile In My Shoes」の完全収録ということで、
もやもやも解消。別音源からのパッチですが、完璧!!音も補正されて完璧な4時間。
バラード「Where Teardrops Fall」の粗イ演奏、「セントオーガスチン」も
この年のアレンジらしい。。「It Takes A Lot~」あたりから、やたら盛り上がり、会場の
ヒートぶりが想像以上。。
「What Was It You Wanted」なんてのも、30THで、ウイリーネルソンが渋く決めてましたが、
こちらはロックなアレンジ。バラード「Lenny Bruce」「Man Of Peace」も久々?
ライ・クーダーが浮かぶ「Across The Borderline」、そして、名曲連発。
3rd setは、クリス・クリストファーソンの「Help Me Make It Through The Night 」
トラベリング・ウィルベリーズの「Congratulations」。。これはリクエストで、突如始めた?レアです。
そして、「Dancing In The Dark」!出だしは盛り上がっていませんが、サビあたりから。。盛り上がり
歓声が凄い感じに。スプリングスティーンの曲で、会場が大合唱のになるってのも・・。。。。
4th setも、たまらないバラードが・・・
「Where Teardrops Fall」「I'll Remember You」「Precious Memories」など。。たまらないSET。
圧巻の名曲とカバーの4時間。マスターテープからということで、決定版で。伝説のリハ!笑。
まあ、伝説のLIVE。完全版。

Toad's Place, New Haven, Connecticut, USA 12th January 1990

Disc 1 (1st set) (54:56)
1. Walk A Mile In My Shoes 2. One More Cup Of Coffee 3. Rainy Day Women # 12 & 35
4. Trouble No More 5. I've Been All Around This World 6. Political World
7. Where Teardrops Fall 8. Tears Of Rage 9. I Dreamed I Saw St. Augustine
10. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry 11. Everybody's Movin'

Disc 2 (2nd set)(40:02)
1. Watching The River Flow 2. What Was It You Wanted 3. Oh Baby It Ain't No Lie
4. Lenny Bruce 5. I Believe In You 6. Man Of Peace 7. Across The Borderline
8. Leopard-Skin Pill-Box Hat 9. All Along The Watchtower

Disc 3(3rd set) (69:53)
1. Tight Connection To My Heart (Has Anybody Seen My Love) 2. Political World
3. What Good Am I? 4. Wiggle Wiggle 5. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
6. Pay The Price 7. Help Me Make It Through The Night 8. Man In The Long Black Coat
9. Congratulations 10. Dancing In The Dark 11. Lonesome Whistle Blues 12. Confidential
13. In The Garden 14. Everything Is Broken

Disc 4(4th set) (79:48)
1. So Long, Good Luck And Goodbye 2. Where Teardrops Fall 3. Political World 4. Pretty Peggy-O
5. I'll Remember You 6. Key To The Highway 7. Joey 8. Lay Lady Lay
9. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) 10. When Did You Leave Heaven?
11. Maggie's Farm 12. I've Been All Around This World 13. In The Pines 14. Highway 61 Revisited
15. Precious Memories 16. Like A Rolling Stone

Bob Dylan (vocal & guitar), G. E. Smith (guitar), Tony Garnier (bass), Christopher Parker (drums)
  1. 2016/12/10(土) 12:50:33|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BE-PAL(ビーパル) 2016年 11 月号

BEPA.jpg
少し前に出た11月号。BE-PAL11月号。。今頃気づき入手。35年前の創刊号から、より抜き復刻版が。
表紙の真ん中、35年前の表紙。。これが復刻。。
そうとう、懐かしかったり。。
ダッチオーブンなんて知りもしない頃。。
アイテムの写真を眺めてるだけで面白い!!
  1. 2016/12/09(金) 23:58:11|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Black Rain Tour Edition

OZZY-BR-TOU.jpg
Black RainTourの Edition。 日本盤に収録の「Nightmare」と「I Can't Save You」のほかに1曲。
このアルバムらしいボートラ。
そして、1~3は、このアルバムの代表曲になる3曲のLIVE!!これはなかなかいい感じ。。まあ、演奏は、わりと
そのままですが(笑)。。
あの、ヘビーな音がどれだけ再現?なんて感じで、。。うん、ヘビー。。
大好きな「Here For You」のライブはうれしかったですね。この曲。OZZYも気に入っていたのか?わりと演奏は
していたようですが、あとの2曲はあまり回数が少ないか?LIVEでは、所持しておらず。。これも貴重。
DISC 1はアルバムメイキングシーンなど、PCで見れる映像付き。


1. I Don't Wanna Stop
2. Not Going Away
3. Here For You
4. Nightmare
5. I Can't Save You
6. Love To Hate
  1. 2016/12/08(木) 23:59:16|
  2. オフィシャルOPQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Black Rain/Ozzy Osbourne

OZOZ-BLA.jpg
OZZY、2007年。安定感のあるアルバム作りのオジー。ゴリゴリのギターもいつも通り。笑。
「Not Going Away」「Black Rain」ヘビーな音、眠気も吹き飛ぶゴリゴリの音はZakkのお得意?
「I Don't Wanna Stop」の変なメロ。いかにもオジーらしいと。。
そして、わりと4曲目あたりに来る?きれいなメロ、「Lay Your World On Me」
そして、名曲なんじゃない?の「Here For You」なかなかのクオリティーの
アルバム、LIVEでもっと演奏してほしかった曲もけっこうありましたが。。。
ヘビーなOZZY。



1. Not Going Away
2. I Don't Wanna Stop
3. Black Rain
4. Lay Your World On Me
5. The Almighty Dollar
6. 11 Silver
7. Civilize the Universe
8. Here For You
9. Countdown's Begun
10. Trap Door
  1. 2016/12/07(水) 21:14:59|
  2. オフィシャルOPQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL/BOB DYLAN

BOB-D-HOL.jpg
'65年、SBD,音質86点、当時の録音としては問題もなく優良。90年代後半に発掘された
超優良音源。
エレクトリックバンドのディランが始まった65年、エレクトリック化で大騒ぎになった
話は有名でフォレスト・ヒルズ。。それよりも前の公演なんですね。。。
当時は「Desolation Row」をどう演奏してるの??が最大の疑問でしたが、聴いたら・・
弾き語りで・・・。。しかし、聴きどころは、アレンジが進む??前の名曲たち、
前半が弾き語りで、やや頭欠けで「Tombstone Blues」バンドの得意なアレンジ?
そして、「It Ain't Me, Babe」のバンド演奏、これも新鮮なアレンジ。。ロビロバと
キーボードのかんそうがカワイイ最高のテイク!!
オリジナルのスタジオ録音に近い「Ballad Of A Thin Man」。。キーボードが響き
ボーカルの後ろに流れる雰囲気が最高。「Like A Rolling Stone」のシンプルアレンジ。
バンドサウンドが最高な音のハリウッドボウル。。


Hollywood Bowl, Los Angeles, California 3rd September 1965

Disc 1 (42:04)
1. She Belongs To Me 2. To Ramona 3. Gates Of Eden 4. It's All Over Now, Baby Blue
5. Desolation Row 6. Love Minus Zero/No Limit 7. Mr. Tambourine Man

Disc 2 (42:56)
1. Tombstone Blues 2. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
3. From A Buick Six 4. Just Like Tom Thumb's Blues 5. Maggie's Farm
6. It Ain't Me, Babe 7. Ballad Of A Thin Man 8. Like A Rolling Stone 9. Announcement 

Bob Dylan (vocal & electric guitar), Robbie Robertson (guitar), Al Kooper (organ), Harvey Brooks (bass), Levon Helm (drums)
  1. 2016/12/04(日) 23:58:43|
  2. BOB DYLAN 60'S-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DEFINITIVE PARIS 2016/JEFF BECK

D-PARI.jpg
'16年、AUD,音質95点、超高音質でバランス最高です。やや音圧も感じるくらい近く、音響もよい会場のせいか
部分的にはオフィシャル??なんて音です。
LOUD HAILER TOUR 2016・・・・・の中ですが、なぜか、トリオ演奏とボーカル。女性デュオBONESなしでのLIVE。
そして、ジミーがいるので、「Little Wing」「Going Down」。。
うれしい、「Led Boots」「People Get Ready」

けっこう目玉?「Over Under Sideways Down」「Shapes of Things」!!
「Over Under Sideways Down」はミュート気味のバッキング、ストレイのロックディスタウン?まあ、もともと
そういうリズムですが。。「Shapes of Things」はややすよーで、ロッドの時のバージョンみたいでヘビーで
カッコイイです。ギターの音もシンプル。。エフェクトが過多ではない音が魅力。。
「Blue Wind」「Led Boots」もトリオの演奏はフランジャー系が入るときもありますが、シンプルな音で
ウニウニ?してなくて良い感じ。。笑。「Led Boots」はやや迷い?弾きまくりというより音を選びながら。。
「People Get Ready」の場内の響き、きれいです。。
なかなか最高の選曲に超高音質。。名盤になりますね!!!


Live at Salle Pleyel, Paris, France 24th October 2016

Disc 1(46:00)
1. Freeway Jam 2. Lonnie 3. Morning Dew 4. Little Wing 5. Even Odds 6. You Know You Know
7. Shapes of Things 8. A Change Is Gonna Come 9. Stratus 10. Over Under Sideways Down

Disc 2(52:45)
1. Blue Wind 2. Led Boots 3. Red House 4. People Get Ready 5. Big Block 6. Rollin' & Tumblin'
7. Superstition 8. A Day In The Life 9 Little Brown Bird 10. Going Down

Jeff Beck - Guitar Rhonda Smith - Bass Jonathan Joseph - Drums Jimmy Hall - Vocals
  1. 2016/12/03(土) 11:48:15|
  2. JEFF BECK 10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フルレンジ 平面

TAGUSP.jpg
田口音響研究所というところのスピーカー。。
けっこうすごい!!
定格入力10W 最大入力20W
  サイズ 幅108×高さ128×奥行150
  製品価格 ¥120,000(税抜 ペア)
  1. 2016/12/01(木) 23:53:06|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Quatre 柿の木坂店

QUE2.jpg
柿の木坂 駒沢公園近く。。Quatre。
子どもはモンブラン好き
QUA1.jpg
バゲットサンドはシンプル!!
  1. 2016/12/01(木) 02:48:48|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (13)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (40)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (31)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (123)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (73)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (15)
BLUES D-G (0)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (0)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR