SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

上野毛 更科

KAMONOGESARASI00011122222.jpg
上野毛駅から4 ・5分?更科。
KAMONOGESARAS00000000.jpg
金魚が泳ぐ庭
KAMONOGESARASI11111.jpg
この風景がいいのね。。今の季節だとやや寒いですが・・・。。あんまこういう光景も少なくなり。。
KAMONOGESARASI444445555.jpg
ランチ 1000円、かき揚げとそば。
KAMONOGESARASI5555566666.jpg
天丼とそばでも1000円。。落ち着くお店。。。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/27(月) 10:43:48|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1980 Tour Rehearsal Monitor Mix/LED ZEPPELIN

LZ1980TR.jpg
’80年、SBD、音質84点。バランスもよく高音質。ヨーロッパ・ツアー前のリハーサル音源ですね。
どれも、80年のLIVEそのものという音で、40分弱ですが、「Achilles Last Stand」「Stairway To Heaven」
など、うれしい曲。。荒々しい演奏でまじな感じのリハが聞けるのも面白いですね。音も高音質で
各楽器の音、特にベースの音は特徴あるあの音。「Achilles Last Stand」のディレイの使い方も
雑な感じですが、ペイジらしい・・・? 「Stairway To Heaven」の間奏部分もディレイ?リバーブ?
極端な使い方が80年・・・・。。音が悪かったり、だらだらなリハも多いですが、このリハは
全編出現しても聴けるかな?という面白いもの。。


(39:33)
1. Silence 2. White Summer/Black Mountain Side 3. Kashmir
4. Achilles Last Stand #1 5. Achilles Last Stand #2 6. Stairway To Heaven
  1. 2017/02/26(日) 23:07:46|
  2. LED ZEPPLIN 78-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hold The Fort (Lock Up The Warehouse)

HOLD-THE-FORT-LOCK-UP.jpg
'76年、SBD,音質89点、バランス最高のサウンドボード。完璧に整理された音ではないですが、迫力最高です。
DISC1は16、MAY。DISC2、1-5は3 MAY。6-10は18 MAYと記載。つぎはぎな感じですが、音質の変化がなく
もともと、同じような流失SBDなのかもしれませんね。という感じで、何も違和感がなく、素晴らしいSET。
76年、5月は集中してSBDがあるので、オフィャルの録音?正式に収録していたのかも、演奏も最高です。
「Shelter From The Storm」の演奏も意外とと少ないので、高音質はうれしい収録。
そして、「I Want You 」の76バージョンを高音質で聴けるのはレア。。
つぎはぎな感じですが、統一感ある音で1つのショウとして聴けるのが魅力なけっこう昔のCD。。


Disc 1

Mr Tambourine Man
It Ain't Me Babe
Vincent van Gogh
Maggie's Farm
One Too Many Mornings
Mozambique
Isis
Blowin' In The Wind
Railroad Boy
Deportee
I Pity The Poor Immigrant
Shelter From The Storm
I Threw It All Away

Disc 2

Stuck Inside Of Mobile
You're A Big Girl Now
Rita Mae
Lay Lady Lay
You're Gonna Make Me Lonesome
I Want You
Going Going Gone
Idiot Wind
Knockin' On Heaven's Door
Gotta Travel On
  1. 2017/02/25(土) 23:55:44|
  2. BOB DYLAN 60'S-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NOT GUILTY/KEITH RICHARD


KRNG1111.jpg
キース ハーダー ゼイ カムなどのLP BOOT 
KRNG2222.jpg
KRNG33333.jpg
レコード 緑!!
  1. 2017/02/23(木) 23:36:39|
  2. ROLLING STONES LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FIRE DOG斉藤和義

51BF8GST0XL.jpg
FIRE DOG(ファイアー・ドッグ)斉藤和義,4枚目のアルバム。
ロックしてるFIRE DOGで、けっこうロックなアルバムに変わったか?
なんて最初はそんな感じでしたが、「空に星が綺麗」のバラード、フォーキーな
「大丈夫」、こんなスローなバラードもやるの?なんて思った「桜」。
「大丈夫」はシングルバージョンもあります、シンプルなこっちが断然好き。
「あの高い場所へ」と「FIRE DOG」名曲「砂漠に赤い花で」激しいですが、ばらえてーいろいろの
アルバム。6.7.8もたまらないなー・・・





1.FIRE DOG
2.砂漠に赤い花
3.男よ それが正常だ!!
4.何処へ行こう
5.僕は眠い
6.空に星が綺麗〜悲しい吉祥寺〜
7.大丈夫
8.桜
9.あの高い場所へ
10.老人の歌
11.通りに立てば(飛ばすぜ!宮ニィ)
  1. 2017/02/22(水) 23:55:29|
  2. 斉藤和義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PEOPLE GET READY

JBECKPGR.jpg
BECK & ROD PEOPLE GET READY こんなジャケでした。。。手抜き??笑。
  1. 2017/02/21(火) 23:57:40|
  2. レコード EP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MADISON SQUARE GARDEN 1970(Vol.2)/LED ZEPPELIN

MSG70.jpg
'70年、AUD,音質81点。聴き易い音で低音にやや歪を感じたりしますが、臨場感もあり、何よりベースの音がきっちり聞こえ
驚異のドライブが聞ける音に感謝!アフタヌーンより録音位置は近いかも?
この夜の70年のLIVEが聴けたのも、2004年か。。CD時代になり、やっと出現した夜の部。伝説のLIVEと。。
アフタヌーンショウもなかなかですが、これを聞くと、爆発したドライブが、やたらイマジネーションを掻き立てられる?
SBDではない分、完璧ではないところがあるとすれば??などとも思いますが、凄まじいエネルギーを感じる演奏。
「Thank You」のきれいな曲はざらついて感じるかもしれませんが、「Immigrant Song」「Heartbreaker」のド迫力の
演奏はもう。。
「Communication Breakdown」猛烈。、曲中「Gallows Pole」に入るところもゾクゾク。
そして、演奏のすさまじさもですが、目玉はまだまだあり、リトル・リチャードの曲など「The Girl Can't help It」、
「Whole Lotta」でメドレーの後、まだまだメドレーが出たのにも驚き。そして、「How Many More Times」が最後、
ここにも、挟み込まれる曲があり、これも驚愕でしたが「Whole Lotta」のリフ?がまた出てきた?という感じで「Cadillac」
そこからの、、おもーいシャッフルのメドレー。。そして、「Blueberry Hill」。。凄すぎる70年、最終公演。
70年の最強LIVEは、どちらも「Blueberry Hill」が。。なんてね。
驚異の2ショウのMSGの夜。いつ聴いても効きすぎるな。。


Madison Square Garden, New York, NY. USA 19th September 1970 Evening Show

Disc 3 (70:28)
1. Introduction 2. Immigrant Song 3. Heartbreaker 4. Dazed and Confused 5. Bring It On Home
6. That's Way 7. Bron-Yr-Aur 8. Since I've Been Loving You 9. Organ Solo 10. Thank You

Disc 4 (74:36)
1. What Is and What Should Never Be 2. Moby Dick
3. Whole Lotta Love (medley incl. Let That Boy Boogie,
Dust My Broom, Bottle Up and Go, Lawdy Miss Clawdy,
Some Other Guy, Train Kept a Rollin', I'm a King Bee,
Baby Don't You Want To Go, C.C. Rider)
4. Out On The Tiles
5. Communication Breakdown (incl. Gallows Pole)
6. The Girl Can't help It (medley incl. Talking About You, Twenty Flight Rock)
7. How Many More Times (medley incl. Cadillac, Blueberry Hill)
  1. 2017/02/20(月) 01:12:12|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MADISON SQUARE GARDEN 1970(Vol 1)/LED ZEPPELIN

4545454646543454.jpg
'70年、AUD,音質82点。年代を的には音が良く、「移民」は出だしの不安定さはややありますが、70年の
音源のなかでは聴きやすい優良音源として、有名なMSG、第一部のショウ。
ジミ・ヘンドリックスの訃報よりに、コメントもあったショウなんですね。
時代的にどんどんな長くなる演奏時間。このショウも昼の部で2時間近く。
そんな中で、安定したライブを演奏できるのも70年。「Since I've Been~」がややコンパクトな展開。
アナログ時代MSG70年といえばこのショウ。
「Thank You」と「What Is and What~」がありがたかった時代に聞いた音ですが、アコギパートも
含めバランスの良い音で、安定してる音源。
長年MSGの良さを伝えたショウ。一日2回のショウのわりには?手抜きもないMSG。
しかし、イブニングショウが出現したのはそうとう後で。。やはり、一部はゆるくは感じたり。。
ジミへのコメの後「What Is and~」声が突き抜ける感じがね。
何よりヨーロッパから帰りMSGで1日2回・・・。そして、夜へ。。


Madison Square Garden, New York, NY. USA 19th September 1970 Afternoon Show


Disc 1 (68:37)
1. Introduction 2. Immigrant Song 3. Heartbreaker 4. Dazed and Confused 5. Bring It On Home
6. That's Way 7. Bron-Yr-Aur 8. Since I've Been Loving You 9. Organ Solo 10. Thank You

Disc 2 (43:28)
1. What Is and What Should Never Be 2. Moby Dick
3. Whole Lotta Love (medley incl. Let That Boy Boogie, For What It's Worth, Honey Bee)
4. Communication Breakdown
  1. 2017/02/19(日) 11:49:00|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PITTSBURGH 1972/THE ROLLING STONES

RSTONES-PITSBURGH.jpg
'72年、SBD、音質84点。まあまあ?有名72ボード音源ですね。VGP「AN AMERICAN AFFAIR」その後、
「THE ROYAL DORAGON」でやや音が改善。もこもこしたSBDでしたが、フレージングがはっきり聞こえ
魅力的ではありましたが。。以前の「THE ROYAL DORAGON」でも、かなり聴いていましたが、この音質
UPはなかなか凄いものが。。
「Sweet Virginia」の未収録は「THE ROYAL DORAGON」で補てんされていましたが、こちらはなし。
そして「Street Fighting Man」の途中で終わるところはそのまま。。
左右にくっきり分かれ、リアルなキースとテイラーの音。このリアルさは、「Happy Birthday Nicky」
と同じような、リアルな音で最高!!
バリバリとした音で、しかも、バリバリ入りながら始まる、「Brown Sugar」「Bitch」のキースの音も
リアル。「Gimme Shelter」もなかなかの演奏。「Tumbling Dice」のギター絡みが最高。
「You Can't~」はヒスが結構多いですが、1分23秒のテイラーのスイッチングがリアルで、はじめてきく音みたい。
「Midnight Rambler」も良い演奏。
聴き比べの「THE ROYAL DORAGON」のめちゃめちゃカッコイイジャケはいまだに最高なんだけどね。。
音質のアップ版としては、凄すぎる、2UPくらいしているのでは??なんて感じで、一気に72のトップクラス音源に。。


Live at Civic Arena, Pittsburgh, PA. USA 22nd July 1972

(65:45)
1. Brown Sugar 2. Bitch 3. Rocks Off 4. Gimme Shelter 5. Happy 6. Tumbling Dice
7. Love In Vain 8. You Can't Always Get What You Want 9. All Down The Line
10. Midnight Rambler 11. Band Introductions 12. Bye Bye Johnny 13. Rip This Joint
14. Jumping Jack Flash 15. Street Fighting Man
  1. 2017/02/18(土) 12:40:52|
  2. ROLLING STONES72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブッシープレコ

BPUKOKOKO111.jpg
久々に熱帯魚。。ブッシープレコ。。結構、大型な種類が多いプレコの中で、5CM?6CM。。30CM水槽で飼える面白いヤツ。
BPUKOKOKO2222.jpg
モソモソ、苔食べたり・・・・おとなしいので、ルリーシュリンプと一緒でも大丈夫。。
餌を入れると、その時だけ早く動く。。カワイイーー。。。
  1. 2017/02/17(金) 01:17:03|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HARLEM SHUFFLE[12 inch Analog] /ROLLING STONES

HARLEM-SHUFFLE-12.jpg
HARLEM SHUFFLE 12インチ
RS-HS-LONDON.jpg
LONDON MIX
RS-HS-NY.jpg
NY MIX。
  1. 2017/02/16(木) 11:18:35|
  2. レコード EP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

異色の絶品グルメ図鑑

SEKAIHA555555.jpg
NHK「世界入りにくい居酒屋」の本。
世界中の居酒屋のやや雑なレシピが載ってます。
でも、日本でどうやって作るんだ??の生肉のレシピもいろいろ。。笑。。異色すぎるわ・・。。
  1. 2017/02/15(水) 23:57:44|
  2. 本・雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GUNS N' ROSES LP

G-N-ROSES-APPE.jpg
GUNS APPETITE LP
G-N-ROSES-A-22233333333.jpg
中身はこんな
G-N-ROSES-A--5144365445.jpg
あステッカーつきでした。。
  1. 2017/02/14(火) 14:02:41|
  2. レコード LP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lonesome Town /BOB DYLAN

BD-LONSOME-TOWN.jpg
'86年、SBD,音質87点、バランスは最高で音質も直っぽい音ですが、その中では整理された音、
ただし、ややですが音が揺れたり、音量変化はけっこうありますが、若干なので大きな問題はなし。
トム ペティーとのツアーの代表的な優良音源で、懐かしいウォッチタワーレーベル。
HBとのアレンジはどれも最高で、ストレートなアレンジにつられたのか?ディランの歌い方も素直。
そのストレートなアレンジが、ディランの歴史上一番POPな感じも。。
なぜかこの年、そのストレートなアレンジで、オリジナル曲を堪能したいけど、カバーもやたら多い。
この日も、多めです。
タイトル曲の「Lonesome Town」はこのわりと多いカバー。
この年の「I'll Remember You」のアレンジはうっとり。「It's Alright, Ma」のテンションの高い演奏も
BEST!
オフィャルブートで出るべき年なんだろうけどね。。「Seeing the Real You at Last」ややレア?
ライ クーダーで有名な「Across the Borderline」までやっちゃつて。。
「Uranium Rock」は「WIGGLE WIGGLE」みたいなアレンジのカバー。コーラスももの凄いです。。
トムという優秀なシンガーがコーラスできるのに、なぜか、ゴスペル調、強烈コーラスがいる86。
そこだけが、やや疑問なツアーですがアレンジ最高なこのツアー。
オフィャルブートでリリースしてほしい86。。それまではこれね。。


Sydney, February 24, 1986


Disc one
Justine
Positively 4th Street
Clean Cut Kid
I'll Remember You
Trust Yourself
That Lucky Old Sun
Masters of War
Bye Bye Johnny
Straight Into Darkness
Hard Rain (solo)
Girl Of the North Country (solo)
It's Alright, Ma (solo)
I Forgot More Than You'll Ever Know
Just Like a Woman
I'm Moving On
Lenny Bruce


Disc two
When the Night Comes Falling From the Sky
Lonesome Town
Ballad of a Thin Man
Rock-n-Roll Star
Refugee
Rainy Day Women
Seeing the Real You at Last
Across the Borderline
I and I
Like a Rolling Stone
In the Garden
Blowin` in the Wind
Uranium Rock
Knockin' On Heaven's Door
  1. 2017/02/12(日) 23:57:09|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Live on Air 1980/EAGLES

EAGLESONA1980.jpg
'80年、SBD、超高音質SBDです。ハーフオフィシャル?ラジオの音でバランスは最高ですが、1曲目「Hotel California」
にテープの傷み?よれるところがあり、エアチェック音源なのか?その後は良好です。KWN-FM?の放送との説明もありますが
1980年3月4日LAフォーラム??80年のLIVEなのか?音源はあまりなかったので、うれしい音源。
オフィシャルも、8?を隠した変なジャケですが、いろんな年を混ぜているのであのジャケ?昔からジャケも謎ですが。。
アフィシャルに入らなかった、「In The City」 「King Of Hollywood」「The Sad Cafe」「Those Shoes」が収録。
スーパーバンドのわりに?SBD音源も少ないイーグルス。マスターもあるのでは??なんて思いますが。。
「Hotel California」が終わったあとの、異様な歓声(笑)もものすごい、リアル。


01. Hotel California
02. Already Gone
03. In The City
04. King Of Hollywood
05. The Sad Cafe
06. Lyin' Eyes
07. I Can't Tell You Why
08. Those Shoes
09. Heartache Tonight
10. One Of These Nights
11. Turn To Stone
12. The Long Run
  1. 2017/02/11(土) 22:01:03|
  2. D~F
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Atlantic Albums /England Dan & John Ford Coley

ENGDJF.jpg
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーの4枚のアルバムにボートラを入れた2CD。
ブランディーのCMソング「Keep Your Smile」はBEST盤に入らず。延々とLPでしか・・・。。
2015年にライノマーク?で出たんですね。USシングルと日本のみのシングル「Keep Your Smile」
がやっと日の目を。。
しかし、アルバム4枚にボートラまでいれて2枚に入っちゃうのね。。。

DISC1

22. In It For Love (Bonus Track)
23. Why Is It Me (Bonus Track)
24. Keep Your Smile (Bonus Track)
KEEPYSM.jpg
シングルのジャケ。なつかしーー。。
  1. 2017/02/10(金) 15:23:32|
  2. オフィシャルE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Best of(LP)/England Dan & John Ford Coley

englajf-best-1111111.jpg
国内盤。
日本盤アナログで良く聞いたレコード。ベスト盤ですね。「ソルジャー・イン・ザ・レイン」なんて、きれいなハーモニーに
突然、プログレみたいな展開で・・・TOTOの親戚みたいなアレンジですが、初期の名曲ばかり。。
そして、日本盤、ジャケに「Keep Your Smile」と後から載せたような位置に。。笑。
アメリカ盤はなし、???。ブレンディーの有名CMソングだったのにね。。。そもそも、この曲、ブレンディー
用に作った曲らしく…BEST盤には入らないわな。。。
englajf-best-2222222.jpg
無理やり?1曲目に。。
englajf-best-33333.jpg
アメリカ盤。。
Keep Your Smile・・・・・名曲!つづく・・
  1. 2017/02/09(木) 10:20:58|
  2. レコード LP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブッシュウィック べーカリー&グリル

BDGT1111.jpg
グランツリー武蔵小杉,洋食屋さん。大宮勝雄とメゾンカイザーの監修?ランチはパン食べ放題、ドリンクもフリー。
ということで。監修?が良くわからないけど。。笑。
BDGT0000111112222.jpg
メゾンカイザーっぽい?パン。笑。
BDGT2222.jpg
2度挽き?3度挽き?ソーセージのような細かい肉のハンバーグに、子供は違和感?
「食べたことないハンバーグ」?という感想。なれると?美味しいとか。。。
BDGT33333.jpg
トマト風味のクラムチャウダーは、イイ感じ。
ランチはお得??ディナーメニューもちと興味。。。
店名がなんだか・・・覚えにくい。。
  1. 2017/02/08(水) 03:15:35|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Poet and The Players/Bob Dylan and The Band

POET--THE-PLAYERS.jpg
'74年、SBD,音質89点、リアルな直結SBDという感じ。バランス最高で、ステレオ感もきっちり、
音の粗さまで聞こえ、曲間に歓声がやや聞こえる感じ。
完全版ではなく、DISC2の「The Weight」から、ほぼ同じ音でつながれているのか?そんなことを書いている
ところもありますが、ダブらない曲で、同じような音質で「Blowin' In the Wind」まで、リアルな音が最高です。
「Most Likely~」での独特な音のあのベース、そして、右からオルガンが。。ギターソロのつまり?具合が最高です。
「Just Like Tom」のギターソロのフレーズも良いですね。。
ディランは大会場でのLIVEですが、何か落ち着いてる?余裕の歌という感じ。
安定した高音質と迫力あるステレオとリアルな音が最高なNY74。

Madison Square Garden, 31afternoon Jan 74. T


Disc 1
Most Likely You Go Your Way
Lay Lady Lay
Just Like Tom Thumb's Blues
Rainy Day Women #12 & 35
It Ain't Me Babe
Ballad Of A Thin Man
Stage Fright [The Band]
Night They Drove Old Dixie Down [The Band]
King Harvest [The Band]
When You Gonne Wake Up
Up On Cripple Creek [The Band]
All Along The Watchtower
Ballad Of Hollis Brown
Knockin' On Heaven's Door

Disc 2
The Times They Are A-Changin'
Don't Think Twice
Gates Of Eden
Just Like A Woman
Its Alright Ma (I'm Only Bleeding)
Rag Mama Rag [The Band]
This Wheel's On Fire [The Band]
The Shape I'm In [The Band]

Oakland 2/11/74Oakland?
The Weight [The Band]
Forever Young
Highway 61 Revisited
Like A Rolling Stone
Maggie's Farm
Blowin' In the Wind
  1. 2017/02/05(日) 16:56:13|
  2. BOB DYLAN 60'S-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MONTREUX 1971 DAY 1 (2CDR)/LED ZEPPELIN

ZEP71MONKKKKKK.jpg

'71年、AUD、音質85点。バランスはVoが大きく、クッキリ。。71年としてはそうとう良いほうで、迫力も感じます。
わりと新しく発見された録音で、プラントの好調ぶりが、ノリノリのLIVEが聞ける音。最近ネットを介して登場した同公

演決定版。Stairway To Heavenの6:20~6:40テープ劣化、8:14 付近でやや不安定になったり、Celebration Dayの一部で
テープ劣化は既発同様。「Since I've Been Loving You」「Black Dog」「tairway To Heaven」のテイクも素晴らしい!
「Celebration Day 」はやや展開が不安定ですが、そこのスリリングさも聴きどころ。「What Is and What Should Never Be」
そして、「 Whole Lotta~」の展開も最高なんだよね!!高音質、そして、なにより疾走感のある音、なかなかのバランス
で、必聴音源!!

Montreux Casino, Montreux, Switzerland 7th August 1971


Disc 1(54:42)
1. Introduction 2. Immigrant Song 3. Heartbreaker 4. Since I've Been Loving You
5. Black Dog 6. Dazed And Confused 7. Stairway To Heaven

Disc 2(47:09)46:41
1. Going To California 2. That's The Way 3. Celebration Day
4. What Is and What Should Never Be 5. Whole Lotta Love (medley incl. Let that Boy Boogie, That's Alright Mama, Ramble On, Gamblers

Blues, I'm a Man, Honey Bee)
6. Weekend
  1. 2017/02/04(土) 23:40:51|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WONDERFUL FISH/斉藤和義

WFSKZ.jpg
斉藤和義3RD、「WONDERFUL FISH」。アルバムで聞いたのは、このアルバムからでした。
もちろん「歩いて帰ろう」が最高で、アルバムとしても名曲ぞろい。
「WONDERFUL FISH」はこんなのもやるの?という感じ?おしゃれに始まり。。
「déjà vu」パーカッション、広がる音のアレンンジ、イイネーー。「走って行こう」の
リズム、心地よい。「ポストにマヨネーズ」のキースがやるファンク?みたいなこの曲、実話らしい・・
怒りのパワーが好き。POPな名盤。


1.WONDERFUL FISH
2.走って行こう
3.歩いて帰ろう
4.何となく嫌な夜
5.寒い冬だから
6.ポストにマヨネーズ
7.レノンの夢も
8.例えば君の事
9.déjà vu
10.無意識と意識の間で(アルバム・ヴァージョン)
11.引っ越し
  1. 2017/02/03(金) 23:59:31|
  2. 斉藤和義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEAT CLUB 1972/JEFF BECK GROUP

170131202759.jpg
'72年、PRO SHOT。「Definitely Maybe」が有名な、BEAT CLUBの映像。5曲追加され完全版なのか?2010年。
最近になっての出現なんですね。ケーブルTVなどで72LIVEとして放送されていますね。
コージー・パウエル/マックス・ミドルトン/クライヴ・チェアマン/
ボブ・テンチの時代。動く姿が見られることと、スタジオではあるものの、口パクではない演奏は驚異的。
「Got The Feeling」「Situation」から、代表曲のオンパレード!!生々しさも最高!!

Live at the Beat Club, Germany 25th March 1972

(35:47)
1. Got The Feeling 2. Situation 3. Morning Dew 4. Tonight I'll Be Staying Here With You
5. Going Down 6. Definitely Maybe

Jeff Beck: Guitar Bob Tench: Vocals Clive Chaman: Bass Max Middleton: Keyboards
Cozy Powell: Drums
  1. 2017/02/02(木) 23:58:43|
  2. JEFF BECK 65~74
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (17)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (42)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (53)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (9)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (35)
ROLLING STONES 89-99 (75)
ROLLING STONES 00~09 (33)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (53)
ROLLING STONES 2016~ (18)
ROLLING STONES SOLO (27)
ROLLING STONES OUTTAKE (26)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (39)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (35)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (31)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (23)
ALLMAN SOLO (16)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (38)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (129)
お出かけ (74)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (25)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (80)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (78)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (154)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (14)
BLUES D-G (1)
BLUES H-L (1)
BLUES M-P (2)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (33)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (2)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (3)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (2)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR