SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

MUSIC FAIR

MF-20173MIYASAI.jpg
斉藤和義×エレカシ!!今宵の月でしたね。。斉藤さん、きーがきつそうでしたが、良かった~。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/31(金) 23:55:29|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミン亭

MIN170000.jpg
下北、中華。ミンテイ。
MIN1744444.jpg
有名店ですよね。。もう何年来てるか。。
MIN1722222.jpg
白菜がのってるだよね。。
MIN1733333.jpg
チャーハンは、チャーシュウの色かな?全体的にピンク!!
全部みん亭の味。
  1. 2017/03/29(水) 23:55:34|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

at tramps tonight/BOB DYLAN


'99年、AUD,音質90点。バランスが良く高音質。かなり高音質ですがCDR何がちょっと。。
この年は、SETがころころ変わり、魅力的ですが、BOBのギターがやたら強引で、弾きすぎる
ギターが間奏をぶち壊すのが・・・笑。「Most Likely You Go Your Way」の勢いが最高です。ATTRAMPS99.jpg

「Not Dark yet」は結構演奏回数が多いですかね。。「Alabama Getaway」なんかも取り上げています。
この日は、Elvis Costelloがゲストで、「I Shall Be Released」を。
バンドの演奏が結構良いんだけど、弾き語りも多く、ボブのエレキのソロは・・・。。




July 27, 1999 New York, New York



Disc 1

Oh Babe, It Ain't No Lie (acoustic)
The Times (acoustic with harp)
Boots Of Spanish Leather (acoustic)
John Brown (acoustic)
Visions Of Johanna (acoustic)
Seeing The Real You At Last
Ballad Of A Thin Man
Most Likely You Go Your Way
Every Grain Of Sand
Tombstone Blues
Not Dark yet


Disc 2
Highway 61 Revisited
Love Sick
Like A Rolling Stone
It Ain't Me Babe (acoustic with harp)
Not Fade Away
Blowin' In The Wind (acoustic)
Alabama Getaway (Hunter/Garcia)
I Shall Be Released (w/Elvis Costello)

Love Minus Zero
Highlands
  1. 2017/03/26(日) 23:51:39|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HOUSTON 2005/ROLLING STONES

RSBB200151201.jpg
'05年、AUD,音質94点、音が近く低音に張りがあり、適度に歓声も入り絶妙な臨場感とリアルな音。
この音源は、もともと高音質AUDでリリースされていましたが、曲間が毎回フェイドアウト・・・まあ、
人気のない・・というか、ダメな編集でした。
マスターはそのようなことが無いようで、超高音質録音が完全版で聴くことができます。
もうSETには入らないかな?の「Oh No, Not You Again」たいして、復活しなくていいかな?の「Rain Fall Down」笑。。などや、
なかなか安定した?演奏の「Dead Flowers」 、勢いのある「Bitch」、そして、この日のキースの音は
歪が強く、やや凶暴な音で全編。「Slipping Away」のイントロもすごい音で。。臨場感ある「Infamy」これがうれしいですね。。
「Honky Tonk Women」のギターもギンギン。
大会場でのここまでの高音質はなかなか珍しいくらいの高音質。2005のスーパー音源!!



Live at Toyota Center, Houston, Texas, USA 1st December 2005

Disc 1 (61:53)
1. Introduction 2. Start Me Up 3. It's Only Rock'n Roll 4. She's So Cold 5. Tumbling Dice
6. Oh No, Not You Again 7. Rain Fall Down 8. Dead Flowers 9. Bitch
10. Night Time Is The Right Time 11. Band Introductions 12. Slipping Away 13. Infamy

Disc 2 (53:23)
1. Miss You 2. Rough Justice 3. Get Off Of My Cloud 4. Honky Tonk Women
5. Sympathy For The Devil 6. Brown Sugar 7. Satisfaction 8. You Can't Always Get What You Want
9. Jumping Jack Flash
  1. 2017/03/25(土) 21:33:50|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

All Time Best Album THE FIGHTING MAN デラックス盤 DVD

ELE30BOX111.jpg
(Disc1) 1995.6.21 下北沢シェルターLIVE映像(9曲収録)
M-1.夢を見ようぜ
M-2.ライヴにせかされて
M-3.悲しみの果て
M-4.baby自転車
M-5.孤独な旅人
M-6.baby baby
M-7.さよならばかり
M-8.始まりはいつも
M-9.花男

(Disc2) 2016.12.27 下北沢シェルターLIVE
M-1.夢をみようぜ
M-2.デーデ
M-3.星の砂
M-4.孤独な旅人
M-5.悲しみの果て
M-6.四月の風(ファーストバージョン)
M-7.愛の日々
M-8.過ぎゆく日々
M-9.明日があるのさ
M-10.真冬のロマンチック
M-11.珍奇男
M-12.夜と朝のあいだに…
M-13.ゴクロウサン
M-14.Baby 自転車
M-15.うれしけりゃとんでゆけよ
M-16.OH YEAH!(ココロに花を)
M-17.お前の夢を見た(ふられた男)
M-18.花男

EN1.ハナウタ~遠い昔からの物語~
EN2.ファイティングマン

デラックス、内容は95年と16年の下北シェルターのLIVE。
「四月の風」のファーストバージョン?思い入れがあったバージョンなんですかね。
よく、完成バージョンにつられないなーと。。笑。
「ゴクロウサン」なんかも。。これ聞くと、スライダース思い出したりなんかして。。
  1. 2017/03/24(金) 03:07:16|
  2. エレカシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

All Time Best Album THE FIGHTING MAN デラックス盤

ELE30BOX222.jpg

エレカシ、デビュー30周年BEST。デラックス盤は、LIVE DVD、レアトラックス付き。
  1. 2017/03/23(木) 17:19:17|
  2. エレカシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STREAMER COFFEE

00000157BBB.jpg
祐天寺と学芸大駅、中間?駒沢通り、東横線ガード下。
DSC05785BBB.jpg
広々!!
00000164BBBBB.jpg
混雑したコーヒー店なら、それほど入りたくないけど、空間がイイネ。
DSC05793BBBB.jpg
落着き。。。
  1. 2017/03/22(水) 17:26:54|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chuck Berry 1926-2017

CBERRYHM.jpg

chuckberry002[1]
1926-2017!!!
  1. 2017/03/19(日) 09:02:46|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONDON TRAIN COMING 1981/BOB DYLAN

170217222225.jpg
'81年、AUD,音質89点クリアーな透明感がある音。程よい距離で臨場感も最高です。
ややヒスが流れるところから、クリアーなゴスペル調コーラス。高音質の予感。。。ややベースが弱いですが、
高音質で臨場感抜群です。
3曲目までは、コーラス隊がゴスペル調のコーラスで、で、4曲目はリードボーカルが
男、そして、コーラスがつき「ハレルヤーー」などとうたっているので、本編だか何だかわからないはじまり方ですが。。
キリスト3部作の時期のLIVEですが、初期は有名曲を一切演奏としないう感じで、賛否が強かったツアーですが、
79.80と続き、このころは、声に負けたか?いろいろ織り交ぜて。。な81ですが、この日は特にすごいレア曲が!!
5曲目・・・なかなか待たされますが、歓声とともに。「Gotta Serve Somebody」
そして、きれいなオルガにのせて「I Believe In You」、そして、エレキの爽やかなイントロで、なんと「Here Comes The Sun」
ビートルズもレア。。ワンコーラスほどで「Girl From The North Country」へ、この美しさは感動的!
この時期よく演奏された、「Let's Begin」これも最高の出来で、響き渡るディランのボーカルは高音質
AUDの良さが!!
そして、大好きなデイブ・メイソンの曲と紹介し始まるのが、「We Just Disagree」好きだったのかよっ。。。
という感じですが、笑。まじな演奏です。ロンドン・コーリングのカバーくらい驚き!!
「Lenny Bruce」や「Heart Of Mine」のオルガンが響く音質が最高に良い感じ。ジム・ケルトナーのドラムもイイ感じ!
広がりのあるきれいな音と、クリアーで安定感のあるステレオで81の名盤になりますね。。

Earls Court, London, July 1st 1981

CD1
01. Come On In This House 02. It's Gonna Rain Again 03. Show Me The Way
04. Saved By The Grace Of Your Love 05. Gotta Serve Somebody 06. I Believe In You
07. Like A Rolling Stone 08. Till I Get It Right 09. Man Gave Names To All The Animals
10. Maggie's Farm 11. Here Comes The Sun 12. Girl From The North Country 13. Dead Man, Dead Man
14. Simple Twist Of Fate 15. Ballad Of A Thin Man 16. Slow Train 17. Walk Around Heaven All Day
18. Let's Begin

CD2
01. Shot Of Love 02. Lenny Bruce 03. Mr. Tambourine Man 04. Solid Rock 05. Just Like A Woman
06. We Just Disagree 07. Masters Of War 08. Forever Young 09. Heart Of Mine 10. Watered-Down Love
11. When You Gonna Wake Up 12. In The Garden 13. Band Introductions 14. Blowin' In The Wind
15. It's Alright, Ma (I'm only Bleeding) 16. Knockin' On Heaven's Door
  1. 2017/03/18(土) 09:50:50|
  2. BOB DYLAN 80-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONDON 1976/LINDA RONSTADT

170228202342.jpg
'76年、PRO Shot。画質は良好ですが、でかでかとタイムカウンターが入ります。音質も良く、カウンター
は大きめですが画質はきれい。
アサイラム系のバックが固めていますが、ギターはワディ・ワクテルですよねー。なかなか渋いプレイですが
バンドのうまさとともに楽しめLIVEです。
リトル・フィートの「Willin'」、イーグルスの「Desperado」・・・・ここまでやるの?な感じの、ストーンズの
「Tamblin' Dice」。。カバーは・・・多すぎでは?という感じですが、カントリーロック?な音は良い感じです。。

Live at the New Victoria Theatre, London, UK 13th November 1976


1. Introduction 2. Lose Again 3. That'll Be the Day 4. Love Has No Pride
5. Silver Threads and Golden Needles 6. Willin' 7. It Doesn't Matter Anymore
8. When Will I Be Loved 9. Crazy 10. The Tattler 11. Lo Siento Mi Vida
12. Member Introduction 13. Love Is A Rose 14. Hasten Down the Wind 15. Tracks of My Tears

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.48min.
  1. 2017/03/17(金) 18:23:57|
  2. K~N
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華屋さん 学芸大学

GFUTA1111.jpg
学芸大学駅から30秒??中華、二葉。。
GFUTA2222.jpg
何でもあります。。
GFUTA333333.jpg
今や、映画のセットみたいな店内。。
GFUTA44444.jpg
Nゲージも!!
GFUTA55555.jpg
半チヤン。。中華屋さんのラーメン!!最高なんです!!
  1. 2017/03/13(月) 23:24:38|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SENDAI 2017/JEFF BECK

2017JBSENDAI.jpg

'17年、AUD,音質95点。超高音質、バランス、臨場感も完璧で、オフィシャル録音?なんて、錯覚してしまうような音。
曲間の歓声やノイズまできれいで完璧。
17ツアーはBonesの参加で、・・・そこから賛否、という感じもありますが、BECKは快調に飛ばしております。笑。
「Lonnie On The Move」は・・・ギターがまたすごい音ですね。。ギターなんだか、シンセなんだかを通りこし。。
「You Know You Know」なんか、最高のフレーズが。。
「O.I.L.」なんかのBECKは久々のJP?カッティング。新曲の中では気に入っているこの曲、生き生きしているのは
Rhonda Smithだったりして。。「Thugs Club」の奏法と「Scared For The Children」のきれいな演奏も
今回の目玉。2017の2回目の日本公演の完璧音質。これ以上あるのか??2017JAPAN、。。

Disc 1 (47:18)
1. Introduction 2. The Revolution Will Be Televised 3. Freeway Jam 4. Lonnie On The Move
5. Live In The Dark 6. The Ballad Of The Jersey Wives 7. You Know You Know
8. Morning Dew 9. A Change Is Gonna Come 10. Big Block

Disc 2 (58:42)
1. Cause We've Ended As Lovers 2. O.I.L.(Can't Get Enough Of That Sticky) 3. Thugs Club
4. Scared For The Children 5. Beck's Bolero 6. Little Brown Bird 7. Superstition
8. Right Now 9. Goodbye Pork Pie Hat 10. Brush With The Blues 11. Going Down
12. A Day In The Life 13. Band Introductions

Jeff Beck - Guitar Rosie Bones - Vocal Carmen Vandenberg - Guitar Rhonda Smith - Bass
Jonathan Joseph - Drums Jimmy Hall - Vocal
  1. 2017/03/12(日) 21:59:12|
  2. JEFF BECK 10~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LIVE ON BLUEBERRY HILL/LED ZEPPELIN

1970LZ LOBH
'70年、AUD,音質86点、高音質、レア曲「Blueberry Hill」を演奏の有名音源・・・。。あくまで、初心者?
またはぼけたとき用の?メモなので、説明を入れて・・。。
「cobra source」あるいは「recorder 4」といわれる音源。
クリアーでステレオ感のある音源。少し前に、このソースのみの音源がありましたが、今回は、ZEPの音源を
綺麗につなぎ、見事な編集で有名な「Winston Remasters」の編集によるもの。
「cobra source」の特徴である「Bron-Yr-Aur」が始まってすぐに録音が終わってしまった箇所に関しては
TMOQモノ・ソースをパッチ。さらにZEP登場前の司会者によるアナウンス、「Moby Dick」後半から「Whole
Lotta Love」序盤にかけての欠損に関しては「recorder 5」のモノ音源を補てん。。
まあ、ここまでよい音源がそろう70のLAは完全版のほうが便利。。そして、ピッチも正確に合わせている点でも
安心。。
「Bring it On Home」の臨場感や、「What is and What Should Never Be」の音も
ヒスノイズの少なさやナチュラルな音、編集も最終編集?まあ、これだけソースがあると、組み合わせの
センスも問われ・・・・・。。。暫くは??この日も出ないのか?いや・・・。。。・・


The Forum, Inglewood, California, USA 4th September 1970

Disc 1 (57:37)
1. Introduction 2. Immigrant Song 3. Heartbreaker 4. Dazed and Confused
5. Bring it On Home 6. That's the Way 7. Bron-Yr-Aur 8. Since I've Been Loving You

Disc 2 (74:39)
1. Organ Solo 2. Thank You 3. What is and What Should Never Be 4. Moby Dick
5. Whole Lotta Love 6. Communication Breakdown 7. Out on the Tiles 8. Blueberry Hill
  1. 2017/03/11(土) 22:57:36|
  2. LED ZEPPLIN 70-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OAKLAND 1969 2ND SHOW RECORDER 2(CDR)/THE ROLLING STONES

170214230556.jpg
'69年、AUD,音質92点。ナチュラルでバランス最高の音。
この公演は高音質レコード音源、そして73分のディフソース、そしてサウンドボードと3種の音源が存在しています。
ということで、こちらはネット音源、約73分のセカンドソースをマスターリールから収録、とのこと。
Live with Me がテープチェンジにより前半が未収録ですが・・。。カットインの「Under My Thumb」 がフルで
聴けるという音源。そして、テープのヒスノイズとボコボコしたテープの傷みのよれ気味の音?なども少なく
リアルな音はすごいものが。。
このLIVEは「I'm Free」「Under My Thumb」がメドレーではないやつですね。。「Under My Thumb」の
キースのギターも最高。
「Sympathy for the Devil」はキースのソロの後のテーラーのソロ前、キースが誘うように、ギターを
ミュートしながら、なかなか入らないテイラー。オフィシャルのクロスしながら入れ替わるソロとはだいぶ違いますが、
リアルな緊張感も。。
クリアで鮮度最高の音、キースの音のリアルさは、SBDよりもリアルに感じるところも・・。。
テープの傷みの少なさや、音の上下、ヒスノイズの少なさもすごい音。。


Live at Oakland Coliseum, Oakland, CA. USA 9th November 1969 (Late Show)

(72:56)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. Carol 4. Sympathy for the Devil 5. Stray Cat Blues
6. Prodigal Son 7. You Gotta Move 8. Love in Vain 9. I'm Free 10. Under My Thumb
11. Midnight Rambler 12. Live with Me 13. Gimme Shelter 14. Little Queenie
15. Satisfaction 16. Honky Tonk Woman 17. Street Fighting Man
  1. 2017/03/10(金) 23:00:07|
  2. ROLLING STONES69-71
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドワーフクレイフィッシュ

DKF11111.jpg
ドワーフクレイフィッシュ。最小のザリガニの仲間」。。大きくなっても4CMほど。。
DKF222222.jpg
ただし、わりと攻撃的で、狭いところに何匹もは・・・。。。熱帯魚と一緒でも、スローなので、魚と一緒にできます。。
威嚇してハサミをふりまわすのがカワイイ。。
  1. 2017/03/07(火) 23:55:55|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YOKOHAMA 2003 2ND NIGHT/ERIC CLAPTON

2003ECYH2DDDDD.jpg
'03年、AUD,音質92点。バランスも良く、適度な距離で、横浜アリーナとしては、そうとうな高音質です。
バックの顔ぶれも....と、当時は変わりばえしないなー、などと思っていましたが、バリバリ弾くEC
エレクトリックの「Bell Bottom Blues」「 Layla」安定感は抜群。「I Shot The Sheriff」も好調な
フレーズが飛び出し、ロバート・ジョンソンの「Kind Hearted Woman」も演奏、ブルースのカバーをはさみながら
の選曲で、SBD並みのクリアーさは魅力。
この日の「Holy Mother 」の後半ソロ、好きなテイクです。。
日本公演の歴史の中でも代表作になる、高音質が魅力。

Live at Yokohama Arena, Yokohama, Japan 27th November 2003


Disc 1(61:41)
1. Intro. 2. When You Got A Good Friend / Crossroads 3. 4. Bell Bottom Blues
5. Reconsider Baby 6. Can't Find My Way Home 7. White Room 8. I Want A Little Girl
9. Got My Mojo Working 10. Hoochie Coochie Man 11. Change The World 12. Before You Accuse Me

Disc 2(54:53)
1. Kind Hearted Woman 2. Badge 3. Holy Mother 4. Lay Down Sally 5. Wonderful Tonight
6. Cocaine 7. Layla 8. Sunshine Of Your Love 9. Somewhere Over The Rainbow

Eric Clapton - Guitar, Vocals Andy Fairweather Low - Guitar, Vocals Nathan East - Bass, Vocals
Steve Gadd - Drums Chris Stainton - Keyboards
  1. 2017/03/05(日) 18:18:08|
  2. ERIC CLAPTON '00~'09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIRMINGHAM 2006/JEFF BECK & BUDDY GUY

170228203323.jpg
'06年、AUD、音質87点、ややエコーを感じ距離はある感じですが、高音から低音までバランスよく、安定感もありなかなかの音。
06年のバディーとのステージで、1枚目にバディー、2枚目にBeckですね。
この年は以前、富士スピードウエイの映像を載せていますが、バディーのsetは曲が多く、74分。「Strange Brew」なんかやっちゃてます。
beckは「You Never Know」のフレーズが最高。そして、フジの演奏もそうですが「Scatterbrain」が荒々しいながら、カッコイイ!!
「Two Rivers」「People Get Ready」の美しい流れ、エコーでソフトなこの音もイイ感じに。
ハードな曲での「Randy Hope-Taylor」「Vinnie Colaiuta」のリズム隊も完成度抜群。
17の日本公演では、やったりやらんかったりだった、「Blue Wind」も素晴らしくわけのわからないフレーズで、バリバリです。。
スタンリークラークの「Lopsy Lu」なんかもやっていて、アーム使いまくり。素晴らしいインストLive!

Live at N.I.A. Academy, Birmingham, UK 11th July 2006

Disc 1(73:52)
Buddy Guy
1. Going Down 2. Hoochie Coochie Man 3. Live Her With A Feeling 4. Fever
5. Stormy Monday 6. I've Got Dreams To Remember 7. Got My Mojo Working
8. Drowning On Dry Land 9. Rock Me 10. Boom Boom 11. Strange Brew
12. I'm A Man 13. Damn Right I've Got The Blues 14. Closing/Keep On Trucking

Disc 2(78:55)
Jeff Beck
1. Beck's Bolero 2. Stratus 3. You Never Know 4. 'Cause We've Ended As Lovers
5. Behind The Veil 6. Led Boots 7. Nadia 8. Angel (Footsteps) 9. Scatterbrain
10. Big Block 11. Two Rivers 12. People Get Ready 13. Star Cycle
14. Goodbye Pork Pie Hat(Intro.) 15. Blush With The Blues 16. Blue Wind
17. Lopsy Lu 18. Scottish One 19. Somewhere Over The Rainbow

Jeff Beck - Guitar Randy Hope-Taylor - Bass Vinnie Colaiuta - Drums
Jason Rebello - Keyboards
  1. 2017/03/04(土) 10:33:20|
  2. JEFF BECK 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルカドットローチ

DSC07644.jpg
コイ目ドジョウ科、、、、、ポルカドットローチ・・・5.6センチのドジョウの仲間。。。
動きも機敏で、餌を入れると飛び出してくるカワイイいヤツ。。。
  1. 2017/03/01(水) 23:40:29|
  2. 熱帯魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (8)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (39)
ERIC CLAPTON 80~89 (58)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (46)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (57)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (73)
ROLLING STONES 00~09 (28)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (37)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (7)
LED ZEPPLIN 70-71 (33)
LED ZEPPLIN 72-73 (21)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (15)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (13)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (22)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (30)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (23)
オフィシャルR (16)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (2)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (14)
食べ物 (115)
お出かけ (67)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (72)
好きな歌詞 (2)
買い物 (3)
ある日の日記 (144)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES (13)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (5)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR