SYMPATHY FOR THE BOOTLEGS

音楽と日記のブログです。

U.S. TOUR 1973 COMPILATION(4CD)/LED ZEPPELIN

161207112810.png
'73年、SBD,音質90点、73のSBD音源でつなげたもの、CDRでのリリースがありましたが、プレスで登場。
やや細い音質を、なかなか見事に補正し、イコライズでステレオ感もだし、聴き易さも抜群です。
どうしてこの日を選んだかも、聴くと納得できたり。。「Celebration Day」はこの日のテイク、
ベースが最高だったり。。オルガンの響きからドラムが入るところもイイネー「Goergia On My Mind」
もう少し長く演奏してくれれば・・・なんてテイクですよね。「Misty Mountain Hop」の破壊力ある演奏も
ベストなチョイス。「Moby Dick」が収録していないのは・・・笑。
ボートラの音も最高で、このへんと迷った?チョイス?やっぱ宝珠のテイクです


Disc 1(49:08)
1. Intro (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
2. Rock And Roll (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
3. Celebration Day (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
4. Bring It On Home Intro(Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
5. Black Dog (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
6. Over The Hills And Far Away (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
7. Goergia On My Mind (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
8. Misty Mountain Hop (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
9. Since I've Been Loving You (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
10. No Quarter (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)

Disc 2(49:32)
1. The Song Remains The Same (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
2. The Rain Song (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
3. Dazed And Confused (Seattle Center Coliseum, Seattle, WA. USA 17th July 1973)

Disc 3(54:12)
1. Stairway To Heaven (The Forum, Inglewood, CA. 31st May 1973)
2. Heartbreaker (Kezar Stadium, San Francisco, CA. 2nd June 1973)
3. Whole Lotta Love (Kezar Stadium, San Francisco, CA. 2nd June 1973)
4. Communication Breakdown (Kezar Stadium, San Francisco, CA. 2nd June 1973)
5. Organ Solo (Madison Square Garden, New York City, NY. 29th July 1973)
6. Thank You (Madison Square Garden, New York City, NY. 29th July 1973)
7. The Ocean (Madison Square Garden, New York City, NY. 29th July 1973)

Disc 4(47:57)
Bonus Tracks

1. Rock And Roll (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
2. Celebration Day (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
3. Dazed And Confused (Municipal Auditorium, Mobile, AL. 13th May 1973)
4. Heartbreaker (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
5. Whole Lotta Love (Salt Palace, Salt Lake City, UT. 26th May 1973)
スポンサーサイト
  1. 2017/04/29(土) 17:51:09|
  2. LED ZEPPLIN 72-73
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK COVERS 4月28日

CO20170428.jpg
NHKカバーズ、斉藤和義、東京砂漠なんか出てきたり。。。南佳孝が出たりで!!イイネ!
  1. 2017/04/28(金) 23:27:30|
  2. ある日の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Simple Twist Of Fate ( Connectcut 88)

BDWM88.jpg
あまり、新音源もリリースがなく、ゆっくり大好きな音源を・・・という感じで。

名演!!ディランの88年。音源はKTS,WANTED MANで聴けます。
「Simple Twist Of Fate」
音は最高のSBDで、ここでも音質92点、FM並みの音としています。
G・E スミス、ホール&オーツやサタデーナイトライブでの活躍が有名ですが、
ディランバンドでの活躍も最高。
毎回演奏していた曲ではないけど、いくつか良好な音があるうちでもこれが最高!
パワフルに歌うディランにしっとり?ディレイのかかったギターが絡むところが最高!
そして、ディランの歌い方、抜けたような歌い方で、淡々と。そして、サビを同じリズムでそろえ、
そのあと、ギターソロが。。カッコいい88、コネチカットでの名演。


Bristil Connectcut Lake Compounce Apr,8,1988
  1. 2017/04/25(火) 23:57:33|
  2. 名演!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TEXAS INTERNATIONAL POP FESTIVAL 1969/LED ZEPPELIN

170328222003.jpg
'69年、SBD,音質90点。最高のボード音源として知られているテキサス・ポップ・フェスティバル。
アナウンスからステレオ感。歓声もきっちり入ったバランスも最高の音。
「PLAYS PURE BLUES」という名盤がありましたが、マスター・クオリティでAUDの補てんはなし。
やはり、プラントの声とギターのストレートな音が最高で聴けるこの音源はPLAYS PURE BLUES
というタイトルがはまってました。ベースだけを何回も聞いた音源でもあり、69のSBDの最強音源ですね。。
リピートしてしまう音!

Texas International Pop Festival, Lewisville, TX. USA 31st August 1969


(63:12)
1. Intro. 2. The Train Kept A Rollin' 3. I Can't Quit You Baby 4. Dazed And Confused
5. You Shook Me 6. How Many More Times 7. Communication Breakdown
  1. 2017/04/22(土) 23:55:40|
  2. LED ZEPPLIN 60’s
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blues Eric Clapton

EC-BLUES-85-LP.jpg
EC 音の良いSBDアナログブート。85年。年月日の表記がないけど・・・・
ジャケは全然違う年代だけど、カッコイイ!
  1. 2017/04/20(木) 23:56:39|
  2. LP BOOT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海浜幕張 ハンバーガー屋さん


DSC06184HHH.jpg
アウトレットとなり、ジェリーズウノというハンバーガ&メキシコ料理??
DSC06206HHHH.jpg
ジャークチキン  スパイシーで少し辛いチキン。。
DSC06199HHH.jpg
小学生は、チキンバーガーは辛いといわれ、照り焼バーガー。。
ハンバーガー、うまい!!今度行ったらハンバーガーだな。。
  1. 2017/04/19(水) 23:45:17|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海浜幕張 アウトレット

DSC06176HHH000.jpg
海浜幕張に 
DSC06171HHH1111.jpg
アウトレット 横浜より広い??ABCD棟、4か所を渡り廊下で移動する感じ。。
DSC06168222HHH.jpg
子供は楽しい店がないと、そうとう不満。。。お前の買い物が多いんだけど・・・ゲームないかな・・・を連呼・・・。。。
  1. 2017/04/18(火) 23:57:37|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Gaslight Tapes 1962 /Bob Dylan

Live-at-The-Gaslight-1962.jpg
’62年、AUD,音質90点、時代を考えればオフィシャル並みで、小さい部屋の目の前で演奏されて・・・・まあ、良い音です。
有名音源、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあったカフェ「ガスライト」での、ボブ・ディラン1962年10月のLIVE。
「Motherless Children」この歌い方が○。「Kindhearted Woman Blues」なども。
ブラウニー・マギー(Brownie McGhee)やリロイ・カー(Leroy Carr)の歌を集めて一曲にしたブルース「Rocks and Gravel」
も聴きもの。
62年の歌い方?ガスライトはストレートですごく好きです。
これですべてかのかわかりませんが、少しFOなどありますが、17曲、曲数の多さで○。。


1 Hard Rain 6:41
2 Don't Think Twice 3:09
3 Black Cross 4:00
4 No More Auction Block 2:55
5 Rocks And Gravel 4:58
6 Barbara Allen 7:49
7 Moonshine Blues 4:05
8 Motherless Children 3:11
9 Handsome Molly 2:46
10 John Brown 5:54
11 Ballad Of Hollis Brown 5:42
12 Kindhearted Woman Blues 2:30
13 See That My Grave's Kept Clean 3:26
14 Ain't No More Cane 1:59
15 Cocaine 2:57
16 Cuckoo Is A Pretty Bird 2:18
17 West Texas
  1. 2017/04/16(日) 15:05:56|
  2. BOB DYLAN 60'S-79
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トータリー・ストリップド ライヴ・アット・オランピア・パリ 1995.07.03/ザ・ローリング・ストーンズ

TSRS95.jpg
パリ、オランピア。95はパワフル。。
SETもこの日は、パワフルで好き。「ホンキー」から始まるのはやはり魅力的。「ビースト・オブ・バーデン」
から、中盤の選曲が最高。「リップ・ディス・ジョイント」の勢いが、うれしい、オランピア。
ブルーレイのリマスターもまあ、感じなくはない??微妙。。
CDのために買ってるのも・・。。


1. ホンキー・トンク・ウィメン ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
2. ダイスをころがせ ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
3. ユー・ガット・ミー・ロッキング ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
4. オール・ダウン・ザ・ライン ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
5. シャッタード ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
6. ビースト・オブ・バーデン ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
7. レット・イット・ブリード ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
8. 悲しみのアンジー ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
9. ワイルド・ホース ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
10. ダウン・イン・ザ・ボトム ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
11. シャイン・ア・ライト ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
12. ライク・ア・ローリング・ストーン ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
13. アイ・ゴー・ワイルド ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
14. ミス・ユー ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
15. コネクション ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
16. スリッピング・アウェイ ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
17. ミッドナイト・ランブラー ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
18. リップ・ディス・ジョイント ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
19. スタート・ミー・アップ ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
20. イッツ・オンリー・ロックン・ロール ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
21. ブラウン・シュガー ≪1995年7月3日 パリ/オランピア劇場≫
22. ジャンピン・ジャック・フラッシュ
  1. 2017/04/14(金) 02:04:21|
  2. ROLLING STONES 89-99
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜坂

DSC06295HHNN.jpg
太田区 桜坂
DSC06306HHNN.jpg
晴れならもっとイイんだけど!
  1. 2017/04/10(月) 23:26:12|
  2. S~T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ST. PAUL 2005/THE ROLLING STONES

170315111847.jpg
'05年、AUD,音質86点。やや高域が強めですが、臨場感があり高音質です。05年は数はありますが
音質では・・・超高音質が並ぶわけでもなく。。その中で、高音質で魅力的なSETのこの日。
「She's So Cold」もイントロなにか音が外れたり。「Beast Of Burden」「Rocks Off」、そして、
「Back Of My Hand」やキースの「Infamy 」などなど。。
後半は「Oh No, Not You Again」。これも05年という感じ。「Sympathy For The Devil 」で、ミックのボーカルが
不安定になるのはイヤモニの不調からか?最近はやっと少なったような。。
「FUEL FOR LIFE」というタイトルで出ていましたが、音質は変化なし。


Live at Xcel Energy Center, St. Paul, Minnesota, USA 6th September 2005

Disc 1(58:00)
1. Intro. 2. Start Me Up 3. You Got Me Rocking 4. She's So Cold 5. Tumbling Dice 6. Rough Justice
7. Back Of My Hand 8. Beast Of Burden 9. Rocks Off 10. Night Time Is The Right Time
11. Band Introductions 12. The Worst 13. Infamy

Disc 2(55:30)
1. Miss You 2. Oh No, Not You Again 3. Satisfaction 4. Honky Tonk Women 5. Sympathy For The Devil
6. Jumping Jack Flash 7. Brown Sugar 8. You Can't Always Get What You Want
9. It's Only Rock 'n Roll

Mick Jagger - Vocal, Guitar, Harmonica Keith Richards - Guitar, Vocal Ronnie Wood - Guitar
Charlie Watts - Drums

Darryl Jones - Bass, Backing Vocal Bobby Keys - Tenor Saxophone
Chuck Leavell - Keyboards, Backing Vocal Lisa Fischer - Backing Vocal, Percussion
Bernard Fowler - Backing Vocal, Percussion Blondie Chaplin - Backing Vocal, Guitar, Percussion
  1. 2017/04/09(日) 23:32:50|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dark Suit And White Cowboy Hat/ Bob Dylan

Dark-Suit-And-White-Cowboy-.jpg
'02年、AUD,音質90点。バランス、音質最高の02年のシャーロット公演。
この年は「Hallelujah~」のスタートが多いですね。02は歌い方も・・・・やや、同じ感じで
なかなか・・・慣れ?が必要な頃。「It's Alright, Ma~」はじっくり、しっかり進み、
歓声はやや入るくらいですが「Visions Of Johanna」で、盛り上がり、曲間も少し感じたり。1つ1つの
単語を感じるこの曲。そんな感じで聴くと良かったり。「Don't Think Twice~」も、イントロとハーモニカで
何の曲かまだ分からない?と思いますが、このへんは盛り上がってます。
早いロカビリー調の「Summer Days」ザクザク刻む「Rainy Day Women #12 & 35」がイイデスネー。
カントリーシンガーみたいなバッチリ決めたBOBのジャケ。イイ感じと思いよく見ると小さいし雑、笑。・・・。。。

Cricket Arena, Charlotte, NC FEB. 20 2002


1-1 Intro
1-2 Hallelujah I'm Ready To Go
1-3 Mr. Tambourine Man
1-4 It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
1-5 Searching For A Soldiers Grave
1-6 Tweedle Dee & Tweedle Dum
1-7 Positively 4th Street
1-8 Cry A While
1-9 High Water
1-10 Boots Of Spanish Leather
1-11 Visions Of Johanna
1-12 Don't Think Twice, It's Alright

2-1 Summer Days
2-2 Mississippi
2-3 The Wicked Messenger
2-4 Rainy Day Women #12 & 35
2-5 Country Pie
2-6 Like A Rolling Stone
2-7 Knockin' On Heaven's Door
2-8 Honest With Me
2-9 Blowin' In The Wind
2-10 All Along The Watchtower
  1. 2017/04/08(土) 11:19:13|
  2. BOB DYLAN 00-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Telemaster Live In '75/Roy Buchanan

ROY75.jpg
’75年、ハーフオフィシャル?なんだかよくわかりませんが、音質はオフィシャルクラス。
LIVE音源もやや流失している感じですが、表記によると、こちらは1-6が75年のSEP 15.
7.8が 73のAUG 27ということで、メンバーも違うLIVEですが、収録曲は最高ですね。
「Can I Change My Mind?」が収録でこれが最高。ロイの曲の中でも一番陽気?ボーカルに
味がありますね。。ベースの人が歌ってるのかな?ロイのもそもそ?ボーカルよりは良い感じ。
いや、このころはボーカルがいたみたいですね。。
メジャー音階の弾きまくりは最高で、オルガンの絡みが良い感じ。「Live Stock」のバージョンが
有名ですが、これはうれしい収録。「Running Out」は攻撃的なブルースで、これもレアなLIVE。
「Sweet Home Chicago」も素直な?アレンジ。「メシア」までが73ですが、一つのLIVEみたいな
つながりで違和感もなく75へ。
「Whole Lotta Shakin’ Goin’ On」のストレートな感じもロイらしいですね、「Sweet Dreams」は・・
やはり、LIVE IN JAPANが最高の出来のような感じですが、このLIVEは余裕を感じる演奏、
なぜ、こんな組み合わせかは不思議ですが、最高のSET??すごく良いLIVE盤なんだよね。。


01. Can I Change My Mind?
02. Running Out
03. Further On Up The Road
04. I Used To Have A Woman
05. Sweet Home Chicago (with Johnny Otis)
06. The Messiah Will Come Again
07. Whole Lotta Shakin’ Goin’ On
08. Sweet Dreams
  1. 2017/04/07(金) 04:30:44|
  2. オフィシャルR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジレンマ/斉藤和義

654586748654674897486745648.jpg
斉藤和義通算5枚目のアルバム。
作詞・作曲に加え、編曲・演奏・プロデュースを全て一人で手がけた作品。
名曲ぞろいの名盤。「郷愁」の「電車は走る~」が耳に残りますが、爆音で聴いたときに
何の音かわかりませんが、ギターのミュート音のようなものが。。これ何?
レゲエ調の「ジレンマ」。これも代表曲。「君が百回嘘ついても」はLIVEのバージョンが
好きですが、この、ドラムマシン調のアレンジと、スライドのゆるさがなんだか癖に。
「進め なまけもの」は有名ですが、歌詞が最高。「ドライブ」はバラード、ほとんどの曲が
LIVEで名演を残し、音的にも最高ですが、名曲。「幸福な朝食 退屈な夕食」は一人による
演奏、すべて一人・・・。。
テクよりも、目指す音が明確にあるということですかね。。「幸福な朝食 退屈な夕食」
など、名曲だらけの5枚目。。



1.僕の踵はなかなか減らない
2.ワッフル ワンダフル
3.郷愁
4.ジレンマ
5.すっぱいぶどう
6.君が百回嘘ついても
7.印象に残る季節
8.進め なまけもの
9.ドライブ
10.幸福な朝食 退屈な夕食
  1. 2017/04/05(水) 00:10:33|
  2. 斉藤和義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春~~

DSC06141KKEE.jpg
金町、江戸川付近。
DSC06136KKNN0000aaaaaa.jpg
桜も咲き始め!
  1. 2017/04/02(日) 23:58:33|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ATLANTIC CITY 2006/THE ROLLING STONES

170317190631AAA.jpg
'06年、AUD,音質89点、音が近く高音質で見ミックとキースがなかなかオンな音。06アトランティック。
「Sympathy For The Devil」と「You Can't Always Get What You Want」のイントロでやや途切れあり。
ノリノリの「It's Only Rock 'n Roll」その後、ミックもMCで、テレビ放送され、「アクセル、ジョン・リー、クラプトン・・・
と」ここでの過去のショウを紹介。「She Was Hot」「Loving Cup」と続き、「Streets Of Love」。
この曲、ミックのボーカルのうまさが光りますね。ロンがキラリと出てきたりね。
この日は、キースが「Connection」を高らかに。
「Under My Thumb」がこの位置も今となっては新鮮。
06のSETの魅力のあるこの日。後半、ややミックとキースがふらつくところも、聴きどころ!!


Live at Boardwalk Hall, Atlantic City, NJ. USA 17th November 2006 TRULY PEREFCT SOUND

Disc 1 (61:58)
1. Introduction 2. Jumping Jack Flash 3. It's Only Rock 'n Roll 4. Oh No, Not You Again
5. She Was Hot 6. Loving Cup 7. Streets Of Love 8. Ain't Too Proud To Beg
9. All Down The Line 10. Tumbling Dice 11. Band Introductions 12. You Got The Silver
13. Connection

Disc 2 (55:29)
1. Under My Thumb 2. She's So Cold 3. Start Me Up 4. Honky Tonk Women 5. Sympathy For The Devil
6. Paint It Black 7. Brown Sugar 8. You Can't Always Get What You Want
9. Satisfaction
  1. 2017/04/01(土) 23:54:53|
  2. ROLLING STONES 00~09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

SLLEPIN' MONKEY

Author:SLLEPIN' MONKEY
ROCK中心、ブートレグや名盤の紹介。

ROLLING STONES、ERIC CLAPTON、JEFF BECK,
BOB DYLAN,TOM WAITS,ALLMAN BROTHERS、
LED ZEPPLIN・・・・

音楽の話、ROCKを中心に

たまに邦楽・・・・日記

キャンプ、映画、おもちゃ、買い物。
熱帯魚など・・・・・
などいろいろ・・

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ERIC CLPTON 60's (13)
ERIC CLAPTON 70~74 (23)
ERIC CLAPTON 75~79 (40)
ERIC CLAPTON 80~89 (59)
ERIC CLAPTON 90~99 (54)
ERIC CLAPTON '00~'09 (47)
ERIC CLAPTON '10~ (47)
ERIC CLAPTON OUTTAKES (5)
ERIC CLAPTON& JEFF BECK2009-2010 (10)
GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON (8)
ROLLING STONES 60's (2)
ROLLING STONES 62~68 (5)
ROLLING STONES69-71 (28)
ROLLING STONES72-73 (61)
ROLLING STONES75-79 (38)
ROLLING STONES 80-88 (34)
ROLLING STONES 89-99 (74)
ROLLING STONES 00~09 (31)
ROLLING STONES 10~13 (28)
ROLLING STONES 14・15 (52)
ROLLING STONES 2016~ (12)
ROLLING STONES SOLO (25)
ROLLING STONES OUTTAKE (24)
STONES OFFCIAL 60’S (2)
BOB DYLAN ALBUMS (12)
BOB DYLAN 60'S-79 (31)
BOB DYLAN 80-99 (36)
BOB DYLAN 00- (32)
RAINBOW (39)
LED ZEPPLIN 60’s (8)
LED ZEPPLIN 70-71 (34)
LED ZEPPLIN 72-73 (24)
LED ZEPPLIN 75-77 (22)
LED ZEPPLIN 78- (11)
JEFF BECK 65~74 (23)
JEFF BECK 75~77 (30)
JEFF BECK 78~80 (24)
JEFF BECK 81~90 (3)
JEFF BECK 91~99 (6)
JEFF BECK 00~09 (11)
JEFF BECK 10~ (42)
RICHARD THOMPSON (16)
DEEP PURPLE (28)
PINK FLOYD (45)
YES (24)
TOM WAITS (26)
TOM WAITS OFFICIAL (20)
NEIL YOUNG (15)
ALLMAN BROTHERS 68-73 (25)
ALLMAN BROTHERS 74-87 (7)
ALLMAN BROTHERS 88- (21)
ALLMAN SOLO (15)
BLACK SABBATH (23)
VARIOUS (11)
A~C (37)
D~F (29)
G~J (25)
K~N (10)
O~R (34)
S~T (25)
U~Z (14)
オフィシャルA (3)
オフィシャルBC (30)
オフィシャルD (15)
オフィシャルE (13)
オフィシャルFG (11)
オフィシャルHI (5)
オフィシャルJK (33)
オフィシャルLM (14)
オフィシャルN (6)
オフィシャルOPQ (24)
オフィシャルR (17)
オフィシャルS (13)
オフィシャルT (23)
オフィシャルU (5)
オフィシャルVW (3)
オフィシャルXYZ (4)
邦楽あ~か行 (19)
邦楽さ~た行 (9)
邦楽な~は行 (3)
邦楽ま~や行 (12)
邦楽ら~わ (2)
おかし (15)
食べ物 (124)
お出かけ (69)
キャンプ (9)
映画・ドラマ (6)
ROLLING STONES LP BOOT (22)
LP BOOT (2)
本・雑誌 (24)
ジャケット (3)
これ名盤 (8)
etc (79)
RON WOOD (3)
NEW リリース! (73)
好きな歌詞 (2)
買い物 (4)
ある日の日記 (148)
ROCKの・・・・・・ (10)
面白い!! (3)
BLUES A-C (15)
BLUES D-G (0)
BLUES H-L (0)
BLUES M-P (0)
BLUES Q-T (0)
BLUES U-Z (0)
BRUCE SPRINGSTEEN (19)
カクスコ (3)
Fleetwood Mac (9)
おもちゃ (22)
THIN LIZZY (13)
DAVE MASON (15)
Velvet Underground (24)
LOU REED (6)
泉谷しげる (28)
好きな〇〇 (2)
Roots music (1)
PHISH (10)
PHISHな映像 (3)
エレカシ (13)
James Brown (2)
ナイアガラ (1)
DELUXE EDITION!!! (2)
熱帯魚 (32)
水槽 (9)
JACO PAS (3)
不思議な・・・・ (1)
デジタル化 (1)
ROCK POSTER (2)
レコード LP (5)
レコード EP (7)
名曲~~~!! (2)
オーディオ (2)
JAZZ (5)
Great performance! (1)
斉藤和義 (4)
BEST OF GREATEST HITS?? (1)
名演!! (1)

アクセス

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR